+ Profile
+ Categories
+ Q & A
+ Selected Entries
+ Recent Comments
+ Archives
+ Links
+ Others
+ Mobile
網膜中心静脈閉塞症
今日のお昼は以下の手術を行いました。
・白内障手術 7件
・続発性翼状片手術 1件
無事に終わっています。

今日は、60歳女性の方が入院されました。
網膜中心静脈閉塞症(もうまくちゅうしんじょうみゃくへいそくしょう)
4月19日のブログも御覧ください。
http://blog.sannoudaiganka.jp/?cid=4924

血圧やコレステロール、喫煙などをリスクとして、血管がつまる病気(脳梗塞や心筋梗塞)を発症することがあります。本日の患者様も高血圧などがあり、最近、心筋梗塞の検査をされたばかりのとのことで、血管が狭くなっているようです。

網膜中心静脈閉塞症は、眼球内の網膜の血管、とくに中心部の静脈が詰まっってしまった病気です。
一回血管が詰まってしまうと、なかなか元通りにすることはできずに、レーザー治療や注射、手術などを行って、失明さえ防げれば成功。視力は0.1でも仕方ない。といった、重症度の高い病気です。


上が正常な右眼、下が病気の左眼です。
ややピンク色の細めの血管が動脈、どす黒い太めの血管が静脈です。
静脈の流れが悪く、先の方で詰まっているため、血液が渋滞して血管が太くなっています。血管の中で溢れてしまった血液が、しみだすように出血となっています。

詰まる範囲や程度、発症後の時間によって、治療法や予後に大きな違いが出るのですが、本日の患者様は、専門的には非虚血型(切迫型)と呼ばれる病態で、完全には詰まっておらず、発症からの時間も短いことが予想されました。(造影剤の検査にてかなり循環が悪いようで、今後さらに詰まってしまう可能性も否定はできませんが)

緊急入院していただき、血栓を溶かす点滴を行うことになりました。
出来るだけ元通りの目の状態に回復してくれるといいのですが。
(血栓を溶かす治療は、脳出血など命にかかわるリスクがあり、一般的には入院で行います。期待できる効果やリスクをきちんと医師と相談する必要があり、全員がこのような治療を行うわけではありません。切迫型でも造影剤の検査などで血流がまずまずよい場合には、経過を見守るだけの場合もあります。)


白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市)
| 網膜中心静脈閉塞症 | 18:23 | comments(2) | - |
網膜中心静脈分枝閉塞症:今日も緊急入院です。
今日の午後は小美玉市医療センターで6名の患者様の手術でした。
・白内障手術 5件
・眼瞼下垂症手術 1件
・硝子体手術 1件

午前中の外来で緊急入院の患者様がいらっしゃったので、その対応をしていたら、小美玉にいくのが遅くなってしまいました。外来手術の患者様は待ち時間が長くなってしまい、申し訳ありませんでした。

網膜中心静脈閉塞症(もうまくちゅうしんじょうみゃくへいそくしょう)

今日の緊急入院は、網膜中心静脈分枝閉塞症という病気の70歳女性の患者様です。ある程度の年齢になると、血圧やコレステロール、喫煙などをリスクとして、血管がつまる病気が出やすくなります。
血管が詰まる病気としては脳梗塞や、心筋梗塞が有名ですが、眼球内の網膜の血管、とくに中心部の静脈が詰まる場合を、網膜中心静脈閉塞症といいます。本日の分枝閉塞症は、上方半分の血管がつまっており、すべての静脈ではなく、枝分かれした先が詰まったという意味で、すべて詰まった場合に比べると軽症例と考えられます。
ただし、黄斑浮腫という合併症も伴っており、視力はすでに0.08まで下がっていました。

この病気の患者様がこられる場合、多くの患者様で発症後すぐにはいらしていただけず、「一ヶ月前から見えにくい」、「かなり前から見えにくい」というケースが殆どです。
発症から時間がたっている場合は、元に戻すというよりは、失明を防ぐためのレーザー治療や、少しでも視力を回復させる目的で手術を行うなどの治療を行います。しかし、なかなか難しい病気で、現代の医学ではどちらかというと予後が悪い病気といえます。

本日の患者様は発症後数日しかたっていないとのことで、血栓溶解薬の点滴を使用して、血流を再開させることチャレンジしてみることになりました。この治療が効果的であった場合には、元に戻すという方向での治療になりますので、よい結果が期待できます。本日は、黄斑浮腫という合併症もあり、ステロイド剤の注射や、アバスチンというホルモン製剤の注射も併用して行いました。
今日の段階としては、これ以上ない強力な治療と思いますが、どうにか回復して欲しいものです。
(血栓溶解剤の点滴はもちろん、その他の注射の治療も、副作用というか悪い結果がでるリスクは0ではありません。治療を受ける際は、どれくらいの効果が何%で見込めるのか、治療によって発現しうる副作用の種類や程度、発現率がどれくらいなのか、というものをきちんと担当医に確認するようにしましょう。)


ちなみに、昨日行った血腫除去術は非常によい結果で、明日退院となります。先週行った、眼窩底骨折の患者様も完璧に治っており(斜視・複視なし)、網膜剥離の皆さんも一度でなおっています。
最近、緊急手術の成績が良好でとてもうれしいです。
血栓を溶かすことはなかなか確率的に難しいのですが、今日の患者様もちょっと期待が大きくなってしまいます。なおれ、なおーれ拍手


白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市)
| 網膜中心静脈閉塞症 | 20:48 | comments(0) | - |
このページの先頭へ