+ Profile
+ Categories
+ Q & A
+ Selected Entries
+ Recent Comments
+ Archives
+ Links
+ Others
+ Mobile
医院の特徴と患者さんの選択
しばらくブログを更新しないと、様々な方面から元気がないの?と連絡を頂きますが、全くそんなことありませんよ!
・金曜の夜は丸の内で勉強会の講師(終電遅延・・・。)
・土曜は栃木県で手術(硝子体・緑内障など10件)
・日曜は京都で企業のアドバイザリー会議(新幹線日帰り)
・月曜は当院で手術などなど多数
・火曜は午後にひたちの眼科で硝子体7件
・今日は当院で白内障9件、硝子体8件、緑内障濾過手術2件
毎日パワフルに働いています!
(今日一番の難症例は宮井副院長の増殖糖尿病網膜症で、僕より大変そうでしたね。スタッフの皆さんはあとかたずけもあり大変でしたが、この重症度と件数で18時に終われるのは当院の誇らしいところ。いつもありがとう。)

今日は県外からの網膜剥離の紹介もありましたが、入院ベットが満床にて日帰り手術。明日前医様受診の約束でお戻り頂きました。
が、基本的には遠方からの手術は極力お断りしています。

あそこの医院ではOKなのに、ここではダメなの?という物事ってありますよね。
医院と患者さんにも相性があるのだと思います。
医師は基本的には受診された患者さんを診療する義務がありますが、基本的に当院はこんな医院です。ということに関して記載してみたいと思います。

当院の方針

 ̄麒の患者様の手術は、原則紹介状のある方のみ
本日の網膜剥離患者様は県外からですが、よく知った先生からの紹介です。治療後の観察も安心してお任せできます。このブログを見て頂くこともあるのか、わざわざ飛行機でいらして頂く患者さんが毎週必ずいます。ネットを利用するくらいですので、どちらかというとお若い患者さんが多いのですが、みなさんお仕事をされている方が多いようです。手術希望で来る時には「術後の観察も必ず来れます!」と多くの方が言うのですが、実際に手術が終わってしまうと予定通院が守れなかったり、「その週は仕事で。3週後ならこれます。」などと、なかなか受診が安定しないケースを多々経験しました。
手術って、予定通りの結果にならないことや、術後に使う点眼薬が合わないなど、様々なリスクがあるのです。手術をやってしまって、術後の診察ができない。どこかの先生に任せてしまおう。ということは僕たちにはできません。
信頼している知り合いの先生に任せる場合は別ですが、もし他院様で術後観察中にトラブルが起こった場合は、どちらの先生が責任を取るのでしょうか・・・。
苦労して遠方から受診して頂くのはとてもありがたいことですが、やはり手術は術後まで含めて責任をとれる状況でのみ引き受けたいと考えます。
(診療相談など、セカンドオピニオンは遠方からでも全く問題ありません。また遠方からでも紹介状があれば別です。紹介状の内容である程度のお相手の先生の考え方が判断できるものです。)

外来手術は付き添いが必要です
当院では、以前より視力に影響する手術を、外来手術で行う場合には極力付き添いをお願いしています。白内障手術がいくら簡単に終わるといっても「自分で運転してきました。」というのは僕はどうかと思うからです。
「お酒を飲んでも私は運転大丈夫。」「てんかんの薬を飲み忘れたけど、きっと僕なら大丈夫。」と口で言うのは自由ですが、万が一事故の時に相手の被害者の方にそんな言い訳が通用するでしょうか?
例えば、我が子が事故にあった時に、眼帯をしてる人や前日に白内障手術を受けた人が車から降りてきたら、みなさんは相手の人を許せますか?
もともと片眼で運転の資格を更新している人と異なり、手術後の片眼眼帯での運転はリスクが高いのは当たり前ですし、手術翌日の視力検査では両眼1.0が見えてもショボショボして見え方が不安定なことだってあるのです。
当院では手術によってある程度の目途(両眼白内障なら4日目から)と、実際の診察の結果をみて運転再開の日時をお伝えし、その期間の付き添いや、送迎(公共の交通機関含めて)が難しい人は入院をお勧めしています。
先月の実話ですが、県南のショッピングセンターで白内障手術を受けた患者さんが、夜になって目の具合が悪いと救急隊から紹介を受けました。まず手術当日に担当医と連絡が取れなかったことにビックリしましたが、さらに驚いたのは、片目がほぼ失明している目で、反対の目の白内障手術をして、そのままボンヤリした視界で、自分で車を運転して帰ったというのです。そして夜に眼圧が高くなり、当院を紹介されても運転ができないと。。。
「全て日帰りで対応できます!」と広告する医院が増えていますが、飲酒運転で、お酒を提供したお店にも罰則があります。術直後の患者さんが事故を起こしてしまったら、医院の責任は??。僕は怖くて手術できません・・・。
先日、認知症の方の運転免許に関して法令の改正がありました。基本的には認知症と診断を受けると免許の返納をお願いする方向になるようです。認知症薬を処方している医師は、患者さんの免許に関して刑事的責任はないようですが、民事的な責任は問われうる。という厳しいものになります。
手術直後の運転を許可した場合には、眼科医も民事的な責任は追及されうるということなのでしょう。
(手術を断りたくて書いているわけではありません。通院が困難な人、ある種の認知症の人、全身状態が悪くて心配な人は入院がベターだという意味です。)

6杁淌戞重症度の高い方の治療を優先します
医療って、万人に対して完璧な対応ができればそれに越したことはありません。多くの医者が若い時には、そこを目指すのですが、マンパワーもお金も有限ということに気が付き、自分たちにできる範囲で現実的にやれることが目標となっていくのだと思います。
多くの患者さんを治そうとすれば、どうしても待ち時間のコントロールがうまくいかなくなりますし、逆に患者数は少なくても念入りに診察したいという医院もあります。待ち時間というと自動会計システムやインターネット予約などの導入を考える医院もありますが、そこに経費をかけるなら、最高の手術機器や最新の検査機器の導入を夢見る医院もあるのです。
当院は第一に緊急度・重症度の高い治療を優先しています。「今手術が必要!」というケースがあれば、緊急手術で急に外来が中断して待ち時間が長くなったり、外来の担当医が変更になることもあります。
もちろん、それで待ち時間が延びてしまった患者さんには申し訳ないと思います。ただ、当院のかかりつけの患者さん本人が、急に重篤なケガや疾患を発症した時には、どの医院より早く治療ができるように尽力しているつもりです。
それがいいことか、悪いことかは人によって価値観が異なりますが・・・。

久しぶりの記載で長文になってしまいましたが、基本的にはかかりたい医院を選ぶのは患者さん自身ですし、なんでも相性だと思います。
ハキハキと指導する少し怖い先生を好きな患者さんもいるでしょうし、物腰が柔らかいと優柔不断に見えますが、優しいといわれる先生を好む患者さんもいるでしょう。
当院をよいと思っていただける方もいるし、他の医院様を希望される方もいるでしょう。
今日の投稿は当院を受診する際に参考にして頂ければと思います。
| クリニックのこと | 23:29 | comments(0) | - |
カーサ フェリーチェ (サービス付き高齢者向け住宅)
あけましておめでとうございます鏡もち
今年は申年。日本が活発で景気のいい1年になるといいですね。短いお正月休みでしたが書初めなどしてゆっくり過ごしました。

4日の仕事はじめから、当院は例年通りフル回転です。今週は手術が約50件、昨日も今日も網膜剥離の手術があり、ステロイドパルス療法などでの入院も2名(原田病・抗アクアポリン4抗体陽性視神経炎)と、申年らしい活発な1年になりそうです。

今日は山王台メディカルタウンの新施設、カーサ フェリーチェのご紹介です。
カーサ フェリーチェ 
(サービス付き高齢者向け住宅)

ご高齢での単身者やご夫婦など、ご自宅で過ごしにくくなった方が、老人ホームよりは自由度の高い施設で、適度な介護や医療と連携して過ごして頂くことができる施設です。
カーサ フェリーチェ(日本語訳:幸福の家)は山王台病院に併設され、透析・在宅酸素・胃ろう・人工肛門・留置カテーテル・インシュリンなどを含め、もしもの場合にも山王台病院での高度医療を早急に受けることができます。常磐線沿線など都内からの入居者様にもいらして頂いていますが、まだ若干名の空室を残しています。ご興味のある方はご連絡をどうぞ。
0299-56-3535

11月に行われた竣工式での写真をUPしてみます。
幕内先生らしいセンスあふれる素敵な内装・インテリアで、本日眼科を受診された入居予定の患者様からも、入居を楽しみにしているとの声を頂きました。
(写真の多くは素人の僕がスマートフォンで簡単にとったものです。実物はもっと明るく暖かな施設ですので、ぜひ見学にいらして下さい!)





お風呂も個室、大浴場など。


キッチンもキレイ。

ベッドルームもデザインが様々で、どの部屋にしようか迷いそうです。



サービス付き高齢者向け住宅は欧米に比べて、日本では遅れている分野とのことです。適度なプライバシーを保持しつつ、仲の良いかたを作って、ある程度の団体生活。ちょっと楽しそうですよね。
| クリニックのこと | 23:35 | comments(0) | - |
祝:ID 20000
今日は土曜日ですが開業医さんで朝8時半から夜の6時まで、休みなく手術をしました。有名な漫画家さんの網膜剥離など硝子体手術が15件、IOL縫着やIOL交換などなど、合計38件の手術を行いましたが上手くできて満足です。
車で片道1時間半くらいの開業医さんで、いつもは手術に集中するために運転手さんに往復の運転をお願しています。今日は運転手さんの都合が合わなくて、自分で運転してみました。職業柄というか慣れというか、手術をした10時間より往復の運転3時間の方が疲れる人は僕くらいでしょうか。
先日の東京モーターショーでは、自動運転の話題が多かったと聞いていますが、本当に実用化されたら助かるのだろうなと期待していますが、まだ時間がかかるのかな?


祝:ID 20000


今日の開業医さんもですが、僕がお手伝いをしている医院の多くはとても流行っていて、開業2〜3年程で2万人くらいの患者さんが来院されるようです。
当院は来院して頂く患者さんの多くが手術目的の紹介や、重症例のセカンドオピニオンであったり、コンタクトレンズの処方をお断りしたり、予約制なのでちょとした花粉症などでは受診しにくいのでしょうか?
なかなかカルテが増えないクリニックたったのですが、先日、とうとうカルテのIDが2万件になりました。僕が赴任した新規開業以前の眼科カルテが2000件くらい、内科や外科の入院患者さんのカルテもあるので、実際に宮井副院長と眼科のみでかかわった患者さんは15000人くらいでしょうか。
新規開院してもうすぐ6年たちますが、手術数の合計は10000万件近いので、患者さんのほとんどが外科的な治療目的という、非常に特殊な医院であるのは間違いないようです。来院して頂いた患者さんの皆さんに感謝いたします。


ちなみに、記念すべきID 20000番と、並びのいい20002番は、勝手ながら我が子のIDにしてしまいました。
実は、我が家に双子の赤ちゃんが誕生しました。(男の子と女の子)
仕事も忙しいですが、4人の子供たちと信じられないくらい忙しい、そしてにぎやかで充実した毎日を過ごしています。
仕事でもプライベートでも、支えてくれる多くの皆さんに助けられています。本当にありがとうございます。

| クリニックのこと | 22:54 | comments(2) | - |
9月16日 予約外の外来は休診になります。
大変申し訳ありませんが、
本日、緊急手術の紹介が多数あったため、
明日、9月16日は
予約外の患者様の診察は休診

とさせて頂きます。
重度の疾患で、緊急性の高いものはお引き受け致しますが、緊急性の低いものは、後日に予約をとって再検査となります。


久しぶりのブログ更新が、こんな内容ですみません。
更新が滞っており、多くの先生方から「体調が悪いのか?」などと、お気遣いのメールを頂きますが至って元気です。元気は元気なのですが、毎日、目の前の臨床・患者さんで手いっぱいという状態です。
ちなみに、宮井先生とあわせてですが、
昨日は、重度の網膜下血腫で緊急手術、その他20件
今日は、18件(ひたちの眼科さんでの網膜剥離の緊急手術含む)
明日は、白内障20件、眼内レンズ縫着2件、脂肪脱1件、緑内障2件、眼瞼下垂2件、硝子体手術7件・・・・計34件?の予定です。
当院は今年から毎週金曜日も手術日となり、そして土曜日も各所で出張手術です。

眼科医としては本当に充実しており、元気いっぱい頑張っています!!
| クリニックのこと | 17:51 | comments(0) | - |
保険医新聞
今日の午後は以下の手術を行いました。
・白内障手術 12件
・緑内障手術 2件(expessレクトミー1件、隅角形成術1件)
・眼瞼下垂手術(CO2レーザー ミユラー筋タッキング)2件
・網膜硝子体手術(茎離断) 5件
(糖尿病網膜症5件、黄斑円孔2件、黄斑分離/剥離1件)
みなさん無事に終わりました拍手
昨年や一昨年などのブログを見返してみると、1日に行う手術数が明らかに多くなっているのですが、医学の進歩、宮井副院長、そして何よりスタッフが優秀になっているおかげで、なんだかんだと5時40分には終わりました。早い!
同じ時間内に多くの患者さんの治療ができるのはとっても助かります。
スタッフの皆さんはいつも忙しいと思いますが、本当にありがとう。


今日、保険医新聞というのが来ました。
少し前に保険医協会様から取材依頼があったものの、つい忘れていたのですが、なんと僕の記事がのっていました。恥ずかしながら、一応UPしてみます。
(保険医協会様は、保険診療に関することを担っている団体になります。)



新聞の写真をのせても文字は見えないので、スキャナで読み取った本文を以下に。

会員さんこんにちは
きめ細かい情報で逆紹介、出張手術で医療連携

山王台病院附属眼科・内科クリニック 院長 栗原 勇大先生

―大学病院並みの手術件数(年間1568件)とお聞きしました。
 当院は開院して4年になります。難症例の白内障手術、網膜硝子体手術、緑内障手術を中心に力を入れてきました。今年から2人医師態勢になったので手術件数は2000件を超えそうです。予約制の外来や、コメディカルが優秀で医師は治療のみに専念したり、治療が終わった方は紹介元の医院にお戻りいただくなど効率の良い外来に努めています。


―逆紹介の時に心掛けていることはなんですか? また、紹介や逆紹介をすることによってどういう変化がありましたか?

 手術が終わってお戻りいただくときに紹介してくださった先生が困らないように、患者さんのデータをしっかり添えてお戻しするようにしています。
内科の先生からの紹介も増えていて、糖尿病関係の患者さんが非常に多いです。返事には眼底写真、今後の治療計画、薬のステロイドの血糖値へのリスク、相手の先生が本当に読むのだろうかというくらいたくさん書きます。内科の先生方とのコミュニケーションが取れた後は眼科に対する意識が高くなり、当院近隣の多くの先生に糖尿病患者を一度眼科に紹介しようという意識が根付いていますし、手遅れの状態となる患者さんが減ってきています。
 

―ホームページを拝見しますと、遠方から、北海道とか海外とかからも問い合わせがあるようですね。また、ブログも3年間で500件も書かれていますね。

遠方の患者さんはインターネットを見ていらっしゃる方が多いです。ブログも患者さんの許可を得て手術の画像などを載せています。
最初は「石岡市 眼科」と検索しても、僕らの施設はほとんどヒットしませんでした。僕の年齢と新しくできた施設ということで、患者さんから「手術できるの?」と言われました。1年経過して、手術件数が700件に積みあがり、ブログに書くことによって、石岡市に住んでいるのは高齢者の親でも、東京に住んでいるお子さんがブログを読んで、「この病院なら大丈夫だと思うよ」と言ってくれるのです。そうすると、患者さんにも安心して手術を受けてもらえます。

―県内はもとより、県外の施設でも手術を担当されていますね。
眼科の特徴として、比較的小規模のクリニックでも手術機械が揃えやすく、1〜2名の医師で手術が可能ということもあり、患者を当院に紹介していただくだけでなく、各地域のクリニックへ出張して手術をすることが増えてきました。現在、茨城、千葉、栃木の8つのクリニックに定期的に伺い、かかわる手術の総数は2500件を超えます。患者さんにとって遠方の医院で治療を受けることは負担が大きいですが、医師が効率よく移動することで、患者さんの負担を少なくできますし、かかりつけの先生も手術に直接関わることができます。
また、近年、網膜硝子体疾患に対する薬物療法が急激な進歩を遂げています。5年前に非常に優秀なルセンティス(一般名:ラニビズマブ)という硝子体内注射薬ができまして、静脈閉塞症、強度近視、糖尿病黄斑浮腫と、失明の原因の上位を占める疾患に次々と適応が広がっています。網膜手術を専門とする医師が注射も担っており、注射が順番待ちになっている地域がありますが、開業医の先生方に見学にいらしていただき、覚えてもらうようにしました。現在は開業医の先生がその地域で治療して、もしも、合併症が発生した場合には当院で緊急対応することを約束したり、インターネットを利用して検査や治療の相談をしたりと、非常に良い病診連携になっていると思います。

―これからも先生が地域の眼科医療のレベルアップに貢献されることを期待しています。


プロフィール
筑波大学医学専門学群卒業。筑波大学付属病院眼科医員、土浦協同病院 眼科医員を経て2010年、幕内会山王台病院附属眼科・内科クリニック院長となる。


| クリニックのこと | 19:07 | comments(0) | - |
アネックス新館
今日の午後は臨時でクリニックで手術を。
夜は知り合いの先生の医院で手術のお手伝いだったのですが、
それでも結構時間があって、夕方に久々に子供のお迎えに行けましたときめき

一昨日の9月1日、山王台病院新館(アネックス)の開院パーティーがありました!
山王台病院新館(アネックス)

日曜でしたが、僕は手術でちょっと遅刻してしまい、端っこからとった写真ですが、もっともっと沢山の方にいらして頂き、まずは乾杯ビール

(術後説明が控えていたので、なんと僕はノンアルコール悲しい

外観・庭

カメラを忘れて、携帯でとったので、写真がイマイチです・・・。
全体的に、もっともっと明るいのですが・・・。

ロビー・1階受付


3階

3階は、ピンク色が基調で元気な雰囲気です。

2階

2回は黄緑が多くて、より柔らかな印象。

キッチンや配膳室も病院とは思えないですよね?

浴室・洗面・トイレ


スタッフルーム(ナースステーション)

建物に負けないように、若々しく働かねば!

CT室・レントゲン室


リハビリ施設


そして一番気になる病室


いろいろなカラーやデザインの部屋があります。
「今日はどこに泊まろう?」なんて気分になっちゃいそう。
一緒に回った、僕の娘も「このホテルいいね!」という位です。

いつも、「病院らしくない、ホスピタリティーに溢れた環境を。」と熱く語る幕内理事長のこだわりの新館が出来たようです。
残念ながら、眼科の患者様の多くはアネックスに入院とはなりませんが、
来月の眼科の増改築も、きっと素敵な報告が出来ると思いますグッド
| クリニックのこと | 21:44 | comments(0) | - |
歯科口腔外科
増築工事に向けて、眼科内科クリニックの東側に工事用の仕切りができました。
駐車場に一部制限ができます。ご迷惑をおかけします。


今日のお昼は院内で白内障手術が14件ありました。
秋からの新体制(2診)に向けて、試験的に手術枠の変更をチャレンジしてみましたが、夕方の外来も滞りなく終わり、良い結果だったのではと思います。
新体制になって、手術の順番待ちが減るといいのですが。
と言いながらも、今日も網膜剥離の患者様がいらっしゃいました。両名とも明日手術です。どちらかというと順番待ちは伸びているような・・・。

左のかたは他院様で治療後ですが、矢印のようにかなり大きな裂孔で、ちょっと難しそう。頑張らねば。


歯科口腔外科
眼科の増築はこれからですが、一足先に歯科の工事が終わり、6月1日より山王台病院の本院にて歯科口腔外科が本格始動になったようです!
昼休みにちょっとのぞいた時に、携帯のカメラで簡単に撮影してみたので、upしてみます。(いい写真でなくてすみません。)

明るい渡り廊下から続く待合室。


病院というよりリラクゼーション施設を思わせる受付です。


ユニット?処置台?専門的になんというのかは分かりませんが、治療空間も個室性が高くて、本当に癒されそう。みんな寝ちゃうんじゃないかな?なんて。
歯科口腔外科、新しくてキレイで、いいなー。羨ましい。
眼科もどんな検査室ができるのか、今から3ヶ月後が楽しみです。

新しい先生も増え、審美歯科(歯のホワイトニング)などの分野も始まるようです。僕も時間が取れたら行ってみよう。先生方、よろしくお願い致します!!
| クリニックのこと | 23:50 | comments(0) | - |
増築・改装工事
今日の午後は臨時で硝子体手術3件と、その他いろいろ。夜も県内の医院様で硝子体を手術4件。かれこれ4週連続で毎週10件以上の硝子体手術を執刀しています。一番の専門と思っている硝子体手術が増えるのは、やりがいがあって楽しいです。
と、忙しさを理由に、病気のブログは滞っているのですが、
今日は嬉しい報告です。

山王台病院の新館(アネックス)の完成が近づいていますが、
眼科・内科クリニックの増築・改装工事も、
ついに来週から始まることになりましたときめき

工事後は、
・検査室が大幅に広くなります。
・特殊検査などが一部並列で行う事ができるように。
・診察ブースの増設により、基本的に2診体制になります。
・外来診療時間の増加、手術枠の増設
・外来待ち時間の短縮
・手術の順番待ちの短縮

などが期待されます。

工事は9月いっぱいの予定で、10月より上記目標に向けて頑張ります。
工事期間中は騒音など、入院患者様・外来患者様ともに大変ご迷惑をおかけしますが、お許し下さいませ。
| クリニックのこと | 22:14 | comments(0) | - |
最後の外来  小美玉市医療センター
今日は少ししんみりした気分です。

最後の外来  小美玉市医療センター
5年前に筑波大学からの派遣として、非常勤で勤務が始まった小美玉市医療センターですが、その後、山王台病院の常勤となってからは毎週外来・手術と、さらに数多くの患者様の診療に携わらせて頂きました。
5年間も関わると、重症で思い入れの強い患者様、家族みんなで通院してくれた患者様、何度も通院が途切れて怒ってしまった患者様・・・。たくさんの思い出があります。
もともと小美玉市の病院であった国保中央病医ですが、5年前に指定管理者として山王台病院(幕内会)が指定を受けました。今回、5年間の任期が満了し、山王台病院(幕内会)としては、医業の派遣が終了となりました。
3月は「先生に会いに来たよ。」と、顔を見に受診をしてくれる患者様も沢山いました。外来が混んでしまうので、なかなか長話はできませんでしたが、とても嬉しかったです。
お昼に外来が終わって、人気のない待合室と、だれもいない手術室を歩きましたが、なんとも言えない気分です。

5年間、小美玉市近隣の地域のためにどれくらい役に立てたかは不明ですが、少しは貢献できたのでしょうか。もう少し頑張るところがあったのかな?外来は待ち時間が長くなりがちでしたが、予約制にした方がよかったのか。モニターや、病気の説明など、分かりやすい医療の設備をもっと整えたほうが良かったのか。
かなりの手術を行いましたが、術後感染症(眼内炎)が1人も発生しなかっのは本当に良かった。
終わってしまってからの方が、いろいろと考えてしまいます。

長らく支えて下さった地域の患者様、そしてスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。

お住まいが近く、眼科内科クリニックへの受診が不自由でない場合には、引き続き診療をさせて頂ければと思います。

交通の手段など、通院が難しい場合には、現在も常勤の井上先生に診療の依頼をしてありますので、小美玉市医療センターでの通院を継続して下さい。
医療センター受診中でも、急に見えなくなった場合などは、遠慮なく山王台の眼科内科クリニックに電話を下さい。

最近受診をされて、紹介状などを受け取っている方は、そのままクリニックの予約をとって頂ければ大丈夫です。受診間隔が長期で、紹介状などもなしでクリニックに受診される場合は、現在お使いの点眼瓶(目薬)、もしくはお薬手帳を持参頂けると助かります。
小美玉市医療センターでの外来と異なり、基本的に完全予約制・予約優先の診療をしています。受診前にお電話にてご予約をお勧めします。
| クリニックのこと | 23:50 | comments(2) | - |
10000人
お久しぶりです。
あまりに忙しい状態で、更新をサボっていましたら、各方面の方々から、「大丈夫?なにかあった?」などのメールを頂きました。

元気で頑張っています!!
とにかく重症の患者様が多く、日常の臨床で手いっぱいの今日この頃です。茨城県は現在、緊急患者さんの受けれ可能施設が減っており、少し当院への紹介が増えているようです。準緊急手術も年末・年始までビッシリ。白内障の順番待ちはとうとう5月の連休にかかってきてしまいました。
来春に施設含めて、診療体制を強化しますが、それまでは現状で頑張るしかありません。

別件ですが、本日とうとう、クリニックの診察券・カルテのIDが10000を超えました。(特にお祝いはありませんよ。)

遠方の患者様から応援の手紙などを頂くことも多くなり、出来る限り頑張りたいところですが、今後もブログ更新はゆっくりなペースになります。すみません。
| クリニックのこと | 23:37 | comments(0) | - |
送別。
今日は茨城県を代表する、手術で有名な眼科の大先輩の先生に見学に来て頂きました。初めてお会いする先生に、自分の手術をみて頂くのは、少し緊張しますが、よい刺激になります。
手術内容は、
・眼瞼下垂症手術 2件(CO2レーザー:ミュラー筋タッキング)
・翼状片手術 1件(遊離弁移植)
・白内障手術 8件
・網膜硝子体手術(茎離断)3件
 (網膜中心静脈閉塞症での黄斑浮腫2件、黄斑前膜1件)
以上を行いました。
非常に順調で、16時半過ぎには終えることができました。


今日、初めてお会いした先生がいるかと思えば、今日はとっても寂しいお別れもありました。
当院が開院する時から、ずっと一緒に働いて頂いた、看護士さんが1名、ご家庭の都合などで退職となりました。実は当院を開院以降、眼科専属のスタッフが退職するのは、始めてのことです。
僕が医療に専念できるのは、周りのスタッフの支えがあるからこそです。今回、退職の看護士さんは、僕が就職する前から山王台で働いていて、以前に他の眼科様での勤務歴もあり、眼科の立ち上げ時から本当に尽力頂きました。
石岡市の患者様がいらしたときに、「あっ、○○さん。」と顔見知りの方も多かったですよね。採血も上手で僕のもお願いしていましたよね。
緊急手術の依頼も、いつも「いいですよ。大丈夫ですよ。」と、引き受けてくれましたし、毎朝、僕の散らかった机をキレイにしてくれて、本当にありがたかったです。

頂いたプレゼントに、こんなカードが入っていました。
夜に気がついて、しみじみしています。
こちらこそ、「とってもいっぱい、ありがとう!」です。
もし、仕事ができるお時間ができた時は、ここに戻ってきてくださいね悲しい
| クリニックのこと | 23:58 | comments(0) | - |
全体研修会:プロフェッショナルリズムの確立
今日は日曜日でしたが、重症の患者様が多く、午後は手術となりました。
・網膜硝子体手術 2件(茎離断2件、増殖1件)
(裂孔原生網膜剥離+黄斑前膜、黄斑円孔、眼球破裂後の網膜全剥離)
予定通りの手術ができました。

さて、今日は幕内会の全体研修会がありました。
「プロフェッショナルリズムの確立」
〜もうひとランク上の医療・介護を目指して〜

各部署が上記の題名で、発表を行いました。
同じ病院の仲間のこととはいえ、自分の仕事以外(僕なら目)の事って、目にする機会・時間がなく、他の部署(たとえば放射線科とか、リハビリとか、医事科とか)がどんな仕事をしているのか?というのはなかなかよく分かりません。

昨日も夜遅くまで、発表の練習を頑張っているグループを2つみかけ、今日は朝から夜まで、沢山の発表がありました。(僕は手術で半分以上見れませんでしが・・・。)
みんな頑張っているなぁ。と思うと、僕も頑張らなくてはと思います。
よりよい病院になるよう、前進するのはいいことですねグッド

僕は、最近は臨床(実際の患者様の診療をすること)が忙しく、なかなか人前で発表をしたり、公演をしたり。という時間がなかったのですが、今後は仕事を効率化して、そういう仕事をやる時間を作っていきたいと思いました。
| クリニックのこと | 22:48 | comments(2) | - |
山王祭 (夏祭り)
今日の夜は、山王台グループの夏祭りがありました

僕は3回目の参加です。あいあいや、ようようの入所者様、近隣の患者様たち、グループのスタッフ、ご近所のお子さん、沢山の人で賑わっていました。

朝の診察で病院に行った時から、多くのスタッフが準備に追われていました。
皆さん本当にご苦労様です。僕は申し訳ありませんが、開始後から参加。しかも、みんながビールをくれるので、ただ飲んでいるだけで・・・ビール
申し訳ないです。

ステージではブルースや民謡で盛り上がり、他にもおかめさんや、ひょっとこ、石岡では欠かせない獅子舞いも!



お獅子さんに、頭を噛まれるとお利口になると言われており、子供がガブリッ。

僕の頸椎ヘルニアも治るかな?ガブリッ。っと首を噛んでもらいました。


盆踊りも盛況!


夏の風物詩、スイカ割り。
僕も参加させて頂きましたが、一発で割れました!!
子供の前でわれたのが、嬉しくて、
今思うと恥ずかしいくらい、大人気なく喜んでしまいました・・・。

幕内理事長と!
上道先生と!
普段は浴衣なんて着ませんが、なかなか気分がいいものです。


これから、スタッフが夜な夜な練習を重ねた、よさこいの踊りがあったりと、まだまだ夜は長いのですが、僕にはみんなが気を使って、お酒を持ってきてくれまして。
明日も仕事なので早めに帰りました。準備も後片付けもしなくてすみません。
楽しいお祭りでした!ご苦労さまでした!
| クリニックのこと | 20:40 | comments(0) | - |
順番待ちが・・・。
今日は県南の開業医様で、白内障や硝子体の手術を行わせて頂きました。
無事に終えて良かったです。

とうとう、白内障などの、緊急性のない手術の順番待ちが10月になってしまいました・・・冷や汗
あまり長いと、手術を予約したことを忘れちゃったり、体調が変わってしまったりと、いろいろ困ることもあります。開院以来、着々と1日にできる手術数を増やして対応してきましたが、そろそろ、そういう対応では限界が近付いているようです。
次年度から、眼科医師の増員と施設の拡張を検討しているところですので、もうしばらくお待ち頂く形となりますが、ご了承ください。(緊急性のある病気は、適宜対応しています。)
実は、茨城県は眼科医が少ないことで有名です。
当院も決してサボっているわけではなく、一生懸命にやってもやっても追いつかないのです・・・。頑張ります。


そうそう、先ほど、新しい炭酸ガスレーザーの購入が決まりましたときめき
今度は眼科専門の器械ではなく、美容外科での採用が多いレーザーを購入してみました。主に、眼瞼下垂という病気の手術で使うのですが、炭酸ガスレーザーは、出血をさせないで皮膚や筋肉を切ることができるので、術直後からの見た目がキレイにできます。
美容目的ではありませんが、どうせやるなら、美容外科に負けないぞ!の気持ちでやらないと。(器械だけでも?)

切れ味がすごくいいのですが、他の特徴としては、実は今回の機種はいろいろなモードやハンドピースがついていて、なんとホクロやイボなんかも除去出来ちゃうんです!!
こっそり僕のホクロが消滅する状況を、あとでブログに載せてみますね。
注)当院はホクロも含めて、美容目的での手術は引き受けていません。すみません。

さっそく明日の手術から使用開始です。
僕は新しい手術器械が大好きで、まさにオタクな感じなのですが、早く使いたくてワクワクしてしまいますラブ
| クリニックのこと | 23:40 | comments(0) | - |
ようよう 石岡市 特別養護老人ホーム
今日は山王台グループ初の特別養護老人ホーム「ようよう」の竣工披露パーティーがありました。

僕は眼科のこと以外、あまり詳しくないので、間違っていたら申し訳ないのですが、特別養護老人ホームは主に65歳以上の高齢者で、身体的・精神的な障害があり、介護を要する人が入所できる施設のようです。


とてもよく晴れて気持ちのいい日です。


老人ホーム??というより、ホテルのようです。

寺本先生の陶器のモニュメントも素敵です。


全室個室。すばらしい。
部屋ごとに色合いなど異なりましたが、写真を撮り忘れてしまいました。

共用スペースやキッチンなど、大きく6つのユニットに分かれて、
テーマカラーなどが、それぞれのユニット毎に異なります。

うーん。ここに住んで、ここから仕事に通いたい。


メインキッチンかっこいい!

テラスも。晴れた日は最高ですね。


お風呂も素敵でしたが、僕のカメラでは暗い写真になってしまいました・・・。本当はもっと明るくて、とても広いです。


勝手に屋上に。赤が山王台病院。青が「あいあい」。眼科内科クリニックは2階建てで見えない・・・。緑は筑波山です!

これから草花に囲まれるであろう庭や、杉林。自然の雰囲気に癒されます。

高額な有料老人ホームとかではあるのかもしれませんが、通常の特別養護老人ホームで、こんな施設は見たことがありませんでした。僕がおじいちゃんになるころにも、同じような施設があるといいな。
新しい施設ができると、一緒に働くスタッフも増えます。施設が立派でも介護の仕事で一番大事なのはやっぱり人です。みんなで楽しく働くことができたらいいなと思います。

地域の医療福祉の重要な役割を担っていくであろう、「ようよう」の竣工式でしたが、僕はというと、

音楽を聴きながら、昼間からお酒を飲んで上機嫌でした。
(朝も夕方も入院患者様の診察・処置はしましたよ!念のため。)
| クリニックのこと | 21:47 | comments(0) | - |
遠方の患者様の手術
今日の午後はお休みの予定でしたが、最近あまりに重症の方が多く、臨時で手術となりました。
・白内障手術 5件
・緑内障手術(隅角癒着解離)1件
・網膜硝子体手術 4件(茎離断2件・増殖2件)
(増殖糖尿病網膜症2件、糖尿病硝子体出血1件、黄斑変性硝子体出血1件)
みなさん無事に終わり、成功と思います。
ただし、重症な方ばかりで、基本的には視力は回復はしません。

こんなカサブタだらけの人ばっかり・・・。専門的ですが、右の写真は双手法といって、カサブタがひどい場合のみに行う両手手術です。この方は50分もかかりました。

この目も大変で、網膜の後ろ側に血腫やカサブタがいっぱいあり、網膜に穴を開けて(青矢印)、カサブタなどを取り出しているところです。

良く見えるようにならないと、喜んではもらえないので、医師としてやりがいが微妙なのですが、手術しなければ失明です。失明を防ぐためには、だれかが手術を引き受けないとしょんぼり

さて、あまり医学的ではありませんが、今日の手術から一つ。
遠方の患者様の手術
開院後2年経ちましたが、重症例の手術を中心に、かなり遠方からも紹介を頂くことが増えました。コンステレーションもフル稼働です。

今日手術をした糖尿病の1名は、茨城県内の医院様からの紹介ですが、片道2時間くらいかかります。
お仕事がお忙しいようで時間がなく、なかなか手術に踏み切れなかったとのことですが、今回、手術のみ当院で、日帰りで受けて頂くことになりました。
午前中に初めてお会いして、午後に手術を行い、術後は明日もとの眼科様に戻るため、基本的にはもうお会いすることはありません。(合併症がなければ。)
手術には少なからずリスクがあるので、本来は術後も拝見したいところですが、今回、そのような手術をお引き受けしたのは、紹介頂いた先生がもともと知り合いであり、僕が医療技術を含めて、心から信頼している先生だからです。

ブログを読んで下さる方が増えて、東京都などの患者様の手術もちょこちょこあります。最近は東北地方や、関西からも手術の相談で受診していただいたり、お電話を頂くことが増えました。
とてもありがたく嬉しい事ですが、申し訳ありませんが、基本的には、きちんと落ち着くまでの間、術後の通院ができない患者様の手術はお断りしています。(信頼できる医療機関様からの紹介で、術後の管理をお約束頂いている場合は別です)

やはり、手術は完全に安全ではありません。術後もしっかりとした管理が必要です。セカンドオピニオンとして、意見のみ聞きたい。というのは、喜んでお引き受けしますが、東北や関西の方が手術を受けにくる。というのは現実的ではないと考えています。責任がもてませんので。
| クリニックのこと | 19:24 | comments(0) | - |
電話 心配な人リスト
今日は先週が連休でお休みだったせいで、午前の小美玉市医療センターでの外来が70名近くなってしまい、待ち時間が長くなってしまいました。予約制でないので、朝一番で来院される方が多く、2時間以上待っている人が沢山に・・・。本当にすみませんでした。
クリニックは予約制なので、来院時間や日程を割り振れる分、待ち時間が少なくてよいみたいです。小美玉も少しづつ変えていこうかな。と思います。

待ち時間以外にも、予約制のいいところがいくつかあります。
翌日の受診予定の患者様のカルテを予習して、必要があれば説明資料を作っておいたり。そして、何より役立っているのは、受診しなかった人が分かることです。
電話・心配な人リスト
僕は、子供で心配な症例とか、日帰り手術のあととか、気になることがあると、あまり遠慮なく患者様に直接電話をしてしまうので、たまに患者様たちにビックリされます。

予約制だと、当日来院されなかった方が把握できるので、その中から、
[估眈磴篥尿病などで、キチンと対応しないと、失明のリスクがある人
⊆蟒儻總甦で、経過観察が必要な人
を毎日ピックアップして、「心配な人リスト」というのを作成しています。
そして、各患者様ごとに、1ヵ月後とか、2ヵ月後とか決めて、期間を過ぎても受診がない場合には、一度だけ電話をするようにしています。

大体、月に1回、まとめて10名弱に電話をすることになりますが、一月にみる患者様は約1000名なので、「心配な人リスト」に載るのは、1%弱の患者様ということでしょうか?

今日は比較的、仕事が早く終わったので、3月や4月に受診をしていただけなかった方に電話をしてみました。
「忘れてた。」「ありがとう。」と言ってくれる方が多いのですが、たまには、あまり反応のない方もいらっしゃいます。

僕の患者さんが失明しちゃうのは、とっても嫌ですし、糖尿病や緑内障では、悪化して回復する見込みがなくなってから、失明を防ぐためだけに手術が必要になることも多く、そういう手術をするのも嫌なので、つい電話をしちゃうのでが、ちょっと自己満足か?と悩んでしまうことも多々あります。
受診しにくかった理由が「金銭的な負担が問題だったらどうしよう。」とか、「医療の押し売り?とか思われたらどうしよう。」という不安もあります。
でも、眼科医としては、きちんとした定期検診や外来治療で、悪化や失明を防げるのに。と思うと、ついつい電話をかけちゃいます・・・。
難しいなぁ・・・。
| クリニックのこと | 21:34 | comments(0) | - |
介護老人保健施設 あいあい 熱帯魚
今日は以下の手術を行いました。
・白内障手術 5件
・眼瞼下垂手術 3件(炭酸ガスレーザー:ミュラー筋タッキング)
・緑内障手術 2件(流出路再建)
・網膜硝子体手術(茎離断) 1件(増殖糖尿病網膜症)

みなさん無事に終わりました。
糖尿病の方は他院様の紹介でいらした、30代の患者様です。重症例でしたがキレイにカサブタが除去できました!
月曜は夕方から外来ですが、件数が多いので、スタッフがお昼休みを削って手術をさせてくれました。それでも、さすがに無理があったようで、夕方の外来開始が15分くらい遅れてしまいました。お待たせした患者様には申し訳ありませんでした。
夕方に網膜剥離の紹介がいらっしゃいました。まだ初期の段階なので明日の昼に手術の予定となりました。最近は発見後すぐに連絡・紹介をしてくれる先生が増えたので、手術後の成績がよくなって、視力1.0を保てることが多いようです。ありがたいです。


今日は、グループ施設の紹介です。
介護老人保健施設 あいあい
まだまだ足りないと言われていますが、主に、ご高齢の方が入所するための施設が日本中にはいろいろあります。
施設の特徴によって、介護老人保健施設、特別養護老人ホーム、ショートステイ、療養型病床(これは違うかも)、グループホームなど法で呼び方が決まっているようですね。
常勤の医師や看護士がいるとか、いないとか、医療行為に関してなど、いろいろな取り決めがあるようですが、恥ずかしながら、眼科医の僕はあまり詳しくありません・・・。すみません。

僕が知っているのは、「あいあい」には、約100名の高齢者が入所しており、一緒に食事をしたり、お話やカラオケをしたり、結構楽しそうにやっているな。という雰囲気だけです。体が不自由な方も多いので、介助を受けながら入浴をしたり。
そんなわけで、毎日楽しそうに見える「あいあい」ですが、年中行事・イベントが多いのも、個人的にはいい施設だな。と、好きなところです。
http://www.sannoudai.or.jp/aiai/event01.html
毎月、何らかのイベントがあり、僕もたまに誘われて参加します。
(僕はお酒を飲むだけで、あまり活躍しないせいか、最近、誘われなくなってきたような気もします・・・。赴任当時はもっと呼ばれていたような?)

朝礼の報告で、長く入所していて外出ができていない入居者様と、一泊で温泉に行ってきたという報告なども耳にします。眼科以外のスタッフとは、あまり触れ合う機会がありませんが、あいあいのスタッフから、そういう報告を聞くと、微笑ましいというか、なんだか気持ちがいいです。
あいあいの横に、もうすぐ桜が咲きますが、なにかイベントがあるのかな?楽しみですね。(あいあいのスタッフには無茶振りでしょうか?)

病院と同じく?(自己満足かな?)とてもキレイな施設で、雛祭りや節句など、季節に応じて飾り付けもありますが、最近、熱帯魚の大きな水槽ができました。

とってもキレイで、熱帯魚、エビ、ヤドカリなど、沢山います。

すぐ近くの別の水槽には、年始からいるタツノオトシゴも。だいぶ大きくなりました。

熱帯魚は「あいあい」1階、メインロビーにいます。山王台病院本院と、眼科クリニックの間の施設です。お暇な時間があればぜひ見てみてください。

「あいあい」は入所だけでなく、通所といって、通いで行事などに参加することでの利用者もたくさんいます。僕は、システムが良く分からないのですが、近隣の患者様でご興味があるかたは、是非お問い合わせください。


僕は、介護老人保健施設がなんなのか、特別養護老人ホームがなんなのか?実はよく分かっていませんが、幕内会では、この春から特別養護老人ホーム「ようよう」も開設予定です。
http://www.sannoudai.or.jp/index.html
だいぶ出来上がっており、やはり素敵な建物になりそうです。
こちらも、ご興味があればお問い合わせください。
| クリニックのこと | 23:54 | comments(0) | - |
山王台病院(本院) 改装工事
網膜剥離の患者様も経過良好で退院です。両眼の血管新生緑内障の患者様も経過良好ですが、さすがに一週間では退院出来ず、今週は持ち越しとなってしまいました。もうちょっと頑張って頂きます。

普段は殆どの時間を「眼科・内科クリニック」で過ごすので、山王台病院の本院にはあまり足を運ばないのですが、今日はちょっと用事があって、改装中の本院に行ってみました。
以前も書きましたが、本院では改装工事を行っています。(もうすぐ終了の予定です。)
http://blog.sannoudaiganka.jp/?eid=137305

「階段がキレイ。」と言うのを噂で聞いていたのですが、

壁面が、虹色のようなグラデーションの照明で出来ています。キレイですね。ちょっと足を止めて、見ていたくなる感じ。メインロビーと、採血室近くの1階から2階への2つの階段がこんな感じになっています。


これは、2階から3階病棟への階段の天井です。なんだかワクワクするデザインですよね。

入院のお部屋も、全てキレイになっています。患者様がいらっしゃるので、写真はupできませんが、個室なんて、その辺のホテルより余程・・・と言う感じ。外来の待合室も暖かい印象になっています。病院にいらした際は、いろいろ見てみてくださいね!
| クリニックのこと | 21:05 | comments(0) | - |
最新式MRI Ingenia3.0T
今日は一昨日記載した、最新式MRIでとれる画像を、一部ご紹介してみます。
http://blog.sannoudaiganka.jp/?eid=139113

Ingenia3.0T



上から、頸椎、腹部、乳房の画像です。
ブログにアップするために、仕方なくかなり画質を落としています。それでもこのキレイさ。ビックリしますびっくり通常のMRIとは全く違います。僕も首がちょっと悪いのですが、予約が空いてきたら撮ってほしいな。


これは前回も紹介した、全身拡散強調画像:body difussion。体に癌がないかなどを調べられます。


脳ミソの線維!


これもビックリする画像ですが、脳の血管です。
今までのMRIでは、細い血管は全くうつりませんでしたが、脳卒中に重要な卒中動脈なんかもうつるんですって。クモ膜下出血の原因となる脳動脈瘤もわずか2mmのものから発見できるようになりました。
眼科的にも、普通に眼動脈が見えます!!嬉しい!!興奮してしまいます。

教科書に載っているMRI画像とは比べ物にならない、細かさでとれるMRIですが、日本ではまだ数台しかなく、大学病院などにも同じ機種がないので、現時点ではどの眼科の教科書にも、これほどの画像を正確に論じているものがありません。
どうやって評価をしていいのか、これから勉強・研究しなくては。今までのものに比べて、診断能力が劣ることはあり得ませんが、もっともっと正確で、よい医療につながることは間違いありません。せっかくの素晴らしい器械です。眼科医としても新しい利用法を研究していきたいと思います。
目の画像も適宜upしていきますね。

今日の夜は眼科の沢山の先輩方と勉強会です。いってきます。
| クリニックのこと | 14:31 | comments(0) | - |
最新式MRI Ingenia3.0T
ちょっと遅れてしまいましたが、最近、医師として嬉しいことが。
実は、少し前から、山王台病院本院で、新型のMRI装置が稼働しています。

最新MRIの導入
PHILIPS社製 Ingenia3.0T

Ingenia3.0Tという機種のフルオプション搭載機器で、現時点では最高のMRIと言えます見る


人間の肉眼で体の内部をのぞく事は出来ません。(眼球は直接のぞける、非常にまれな組織です。)
体の中の状態を調べるために、昔から医療では、超音波(エコー)を使ったり、放射線を利用してレントゲンを撮ったり、さらに高度になるとCTで断面図を撮影したり。そのうち、磁場・磁力を利用してMRIという撮影が行われるようになりました。
MRIは、脳梗塞や脳腫瘍など脳の病気、脊髄の病気、腹部や女性器の病気、筋肉の病気、目の奥の眼窩の病気、現代の医学では、まだまだありとあらゆる病気の評価にとても役立ってきました。

今回、導入されたMRIはどこが新型かというと、
…名錣MRIは1Tとか1.5T(テスラ)と呼ばれる強さの地場を使用しますが、今回の機種は3T(3テスラ)という強い磁場を利用することで、画質が向上し、より詳細で正確な検査結果を得ることができます。また、検査時間も短く
なり、患者様の負担を減らすことができます。
3TのMRIは数年前から存在しましたが、ノイズの大きさや歪みが問題となることがありました。今回のPHILIPS社製のIngenia3.0Tは、特殊デジタルコイルの開発により、強い信号強度を得ることが可能な一方、ノイズや歪みを減少し、より高画質での撮影が可能です。
200cmと、非常に広い範囲での高速撮影が可能で、全身の撮影が行えるようになりました。
い海譴蕕砲茲蝓∩歓罰隼橋調画像の撮影によって、全身の癌検索や、癌の転移の確認などを行うことが可能になります。


これは、全身拡散強調画像:body diffusionの撮影ですが、体の様々な場所に癌が転移していることが、一回の撮影で分かってしまうのです。同じような検査を、これまではPETと呼ばれる、放射線物質(放射能)を体内に点滴で入れる検査で行ってきましたが、全く副作用のないMRIで行えるようになったことは非常に画期的です。
「全身に癌がないか調べたい。」みんなの憧れですよね。都内などで数十万円かけて、PETを取り入れた人間ドックを受ける方もいらっしゃいますが、MRIで同じような検査ができるようになるなんて、素敵です。(検査によって、得意な癌、不得意な癌がありますので、担当医とよくご相談下さい。)
僕の両親にも絶対に受けさせますが、今のところ、とにかくMRIの予約が混んでいるので、数ヶ月待ってから茨城に呼びたいなと。


これから、徐々にのせていきますが、眼科としてのMRIも取るたびにビックリしています。
専門的ですが、直筋や斜筋なんてあたり前。眼動脈や眼静脈、しかも眼動脈から涙腺に伸びる血管まで、追う事が出来ます。視神経周囲の脂肪なんかもくっきり。今まで、MRIではよくうつらなかったけど、たぶん視神経炎でしょう。なんて言っていた症例も、Ingenia3.0Tならあたり前のように撮影できるのではないかと。
新しい器械で、今まで見えなかった病気が、手に取るように分かる。こういうのって、医者としてはものすごく刺激的で、ワクワクします。幸せときめき

| クリニックのこと | 23:28 | comments(0) | - |
山王台病院(本院) 改装工事
今日の午後は特殊外来の患者様のみで、ちょっとのんびりです。

先月から、山王台病院(本院)の旧館部分の改装工事が始まっています。
騒音なども少なからずあり、ご迷惑をおかけする患者様もいらっしゃるかと思いますが、どうかご容赦ください。
旧館と言っても、まだ13年。僕が知っている一般的な病院の中では、かなりキレイなほうだと思っていましたが、今回、よりキレイに快適に。患者様に喜んでもらえたら。ということで、思い切った改修を行う事になりました。

病院をお休みにするわけにはいかず、少しづつ改装が行われている最中です。さっき、ところどころ覗いてみたのですが、終わった場所はとってもいい感じだったので、一部ご紹介いたします。


これは何だと思います??
本院のエントランス、正面受付の吹き抜けの天井に、待ち時間の患者様が少しでも気持ちよく過ごせるように。と設置された飾りつけですリース
今回はかわいいクマの飾りつけですが、シーズンごとに変更していく予定とのことで、今後も楽しみです!
医療行為とは直接は関係がありませんが、病気の時に少しでも心が穏やかになればいいですよね。



これは外来のトイレの入り口です。いかにもトイレ。とならないように、少しスペースを空けて矢印の部分で内扉になっています。センサーの自動ドアで、重いドアを開ける必要はありません。病院は不本意ながら、患者様同士でバイキンを移し合ってしまうリスクがある施設ですが、出来るだけ自動にして手で直接触れる部分を減らすことで、感染を予防する効果もあります。


女子トイレには入れないので、男子トイレのみ撮影してみました。(女性の方は色とか違うかも?)
うーん、キレイよつばのクローバーインテリアデザイナー?設計士?だれかは分かりませんが、いいセンスです。病院というよりはシティーホテルのようです。
注)これは眼科クリニックではありませんよ。

個人的な意見ですが、自分が通院する病院の水周りが汚いと、ちょっと清潔感が・・・。と不安に思ってしまい、トイレなどがキレイだと安心します。。(潔癖なのか??)

眼科・内科クリニックは、築3,4年でとってもキレイだと思ってはいるのですが、ちょっと本院をうらやましく思う今日この頃です。

今日は眼科の先生の新年会に誘って頂きました。いろいろ情報交換・勉強をしてきたいと思いますが、明日も外来と午後は準緊急の手術なので、二日酔いに気をつけなくては(笑)
| クリニックのこと | 16:00 | comments(0) | - |
新年の改装 スリットランプ
ブログを初めてもうすぐ10ヶ月。
Q&Aなども利用して頂くこともたまにはあり、社会貢献・眼科医療の理解に少しでも役に立っているといいなと思います。
黄斑変性などの質問を頂いたのですが、きちんとブログを書いていれば、Q&Aという形でなくてもいいのか?と思うと、もっとどんどん病気の記載をしなくてはいけないようです。頑張らなくては。
(迷惑メールのような書き込みも多くなってしまったのですが、どう対応していいのか難しい問題です。なにかいい方法があればいいのですが。)


今日もクリニックのお話です。
以前にブログに書いたのですが、眼科で必ず使う、目を拡大して診察する器械で、細隙燈顕微鏡検査(スリットランプ)という物があります。
2011.10.19 Wednesday
http://blog.sannoudaiganka.jp/?cid=5107
このスリットランプですが、手術の器械やOCTなどと違って、あまり開発が進まず、実は10年以上前からほとんど変化がありません。(極最近は照明がLEDの物が出来て、少し省エネだったりしますが、診察の能力には変化がありません。)

当院は殆どの設備が最先端のもので取り揃えてあるのですが、実はこのスリットランプだけは、僕がこの医院に来る前から病院にあるもので、10年弱の歴史物らしいです。

パッと見はキレイなのですが、よーく見ると、皆さんがお顔を乗せるピンク矢印のプラスチックの部分に少しキズや黄ばみがあったり、緑矢印の机の部分は薬品をこぼすなどでシミがあったり、水色矢印の台座は、みなさんの靴や荷物があたるせいか黒ずんでいたりします。
もちろん、毎日机も拭いていますし、お顔を乗せる部分は1人診察するごとに消毒薬でふき取り、顎の部分は新しい紙に張り替えていますので、細菌学的には清潔です。
でも、診察を受けるにあたって、スリットランプは眼科の顔ですし、出来るだけキレイな状態でみなさんを迎えたいと、前々から考えてはいました。
一番いいのは、毎年器械を買い替えることでしょうが、器械のレベルによりますが、実はこれ一台で500万円とかそういう代物です。新しい器械で診察能力が向上するのであれば考えますが、最初に書いたとおり、そういうこともありません。
買うべきか、買わざるべきか、どうしたらキレイになるのか?ずっと悩んでいたのですが、今年は思い切って、セルフリペアに挑んでみました!


まず、抗菌のプラスチックボードを裁断機で幅2cmで切断し、お顔を支える部分のプラスチックが少し黄ばんでいるので、交換をしてみました。


次に、診察装置を一度外して、机の上に病院の内装と同じ模様の、抗菌インテリアシートを張り付けます

最後に、台座の部分を重厚感のある黒のペンキで、ローラーを使って縫ってみます。(塗るのに夢中で写真を取り忘れ、しかも、白のワイシャツに黒いペンキが・・・悲しい


とってもキレイにできました!
緑の部分はメガネを置くのに、フェルト生地を張ってみました。
病院の雰囲気ともよく合っていると自己満足ですが、いかがでしょう?
今でもよくペンキ塗りはするのですが、昔、引越し屋さんのアルバイトで、壁の借り換えなんかもやったことがあったので、上手に経験を生かせました。なんでも役に立つものです。

清潔感のあるキレイな病院で患者さんをお迎えしたい。
キレイなまま維持していくことが重要ですが、シートもプラスチックも、緑のフェルトも、まだまだたくさんあるので、適宜交換可能です。また、当院は掃除のスタッフの方も、朝から夜まで、毎日毎日頑張ってくれているので、安心です。
ひとまずこれで、今年の改装は納得がいきました。(病気のポスターはおいおい充実させていきます。)

明日から手術も本格的に再開します。
明日からは、病気の話題・説明の分野で少しづつ進めていきたいと思います。
| クリニックのこと | 21:29 | comments(3) | - |
新年の改装◆.櫂好拭
毎日、寒くなってきました結晶
調べてみると、24節季で今日は「小寒;しょうかん」とのこと。寒さが厳しくなっていく節目のようです。今日からは年賀状でなく寒中見舞いになるそうで。うーん。昔の人はすごいなぁ。
24節季とは、旧暦を使っていた時代に、太陽の軌道ひと周りを24等分して、季節の変化を把握するための物らしいです。
立春や、啓蟄、夏至、冬至、大寒などはよく耳にしますが、いろいろ勉強してみると面白い見る24節季をさらに3等分して、季節の表現をする72候というのもあるみたい。おいおい勉強して行こう。


さて、まだ完全には正月気分が抜けず、病気の話題はもう少しあとにして、今日も新年の改装を行ってみました。
ブログを見てくれる患者様はいいのですが、当院のような手術ばかりの眼科にくる方は、インターネットには触れない、高齢の方が圧倒的に多いのです。病院の事や病気のこと、知って頂きたいことがあっても、「ネットでみてね!」なんてわけにはいかず。
個別の症状に関しては、診察室でパンフレットを渡したり、待合室に既成の病気のパンフレットを置いたりもしています。
ただ、眼科の一般的なお話や、医院の特徴、治療理念などは、院内の掲示物として見て頂くのがよいかと思っています。

昨年作成したポスターが、汚れたり、ヨレヨレにシワが入っていたり、なんだか情けないので、全て作りなおしてみました。

矢印のあたりです。
古いポスターなどを、とにかくいっぱい張っているのはカッコ悪いし、統一感のないポスターもあまり好みでないので、同じ書式でいろいろ作ってみました。自己満足ですが、キレイに出来たなと。

院内の雰囲気・景観を損なわない程度で、もう少し張れるスペースがあるので、今月中に「白内障について」や、「網膜硝子体手術について」、「緑内障について」なんていうポスターも作成してみます。みなさんの待ち時間が、少しでも有意義なものになればいいなと思います。
| クリニックのこと | 20:23 | comments(0) | - |
新年の改装 ‥蟒馮
かなり以前から、患者様から病院へのご意見を頂くための、「投書箱」を置いてはいたのですが、あまり目立たないせいか、2ヶ月に1枚程度の利用しかありませんでした。
これまでは、ほとんどの投書が感謝や激励のお言葉で、ありがたく思っていましたが、よりよい医療を目指していくには、患者様が不愉快に思ったことや、こうしてほしいなどのアドバイスなどを頂き、日々の診療に反映させていく必要があります。

そんなわけで、より多くのご意見を頂けたら。と、

投書箱(ご意見箱)の配置などを変更してみました。
エントランスを入って、右奥の自動販売機の近くにあります。
待合室のメインのソファに座ると、右手に見えます。

もっともっと「いい病院」、皆様に「期待される病院」、地域の皆さんが「安心してかかれる病院」を目指していきます。是非、ご協力下さい嬉しい
| クリニックのこと | 21:10 | comments(0) | - |
ありがとうございました!
今年は大震災、原発問題、世界不況など、大変な年でしたね。
まだまだ解決の道が見えない中ですが、日本の底力で、来年は少しでも良い年になることを祈っています。
病院を空けるわけにもいかず、ボランティア活動なども難しかったため、東北から避難された、十数名の手術を引き受けさせて頂いたくらいで、なかなか被災者様たちの力にはなれませんでしたが、引き続き、少しでも出来ることがあれば。と考えてきたいと思います。

さて、先ほど幕内会の診療実績の統計をupしましたが、H22年5月に就職させて頂いて以来、初めて丸1年という期間を過ごさせて頂きました。
仕事・病院としての1年を振り返ると、今年はとにかく満足感がありました。自己満足かも知れませんが、医師としてやれることはやりきった。という気持ちです。
もちろん、全ての患者様にパーフェクトな対応ができたわけではありませんし、ご満足いただけない部分もあったかと思います。これまでの、僕の医師の人生の中では最もきちんとした仕事ができた。という意味です。

幕内会だけでも1300件以上の手術を担当し、また、非常勤手術としては県内外で合計7施設の手術に呼んで頂き、300件以上の手術に参加させて頂きました。忙しいのは忙しかったですが、僕の仕事は治療をすることですから、仕事をたくさんさせて頂くことができたのは、とても嬉しく思います。


当院のいいところは、スタッフの全員が仕事に積極的なところです。

・網膜剥離などは基本的に診察当日の数時間以内に手術が可能でした。黄斑円孔なども翌週〜翌々週には手術を行えました。これらの手術は、発症後、早期に治療をする方が視力予後が良いことが分かっています。多くの医院では、医師が早く手術をしたいと思っても、「夜の残業は嫌。ベットがない。1日の件数や手術枠が決まっているから。」などと、他のスタッフの都合などで数日後に延ばさざるを得ないこともあります。
いつも僕が「手術をしたい。」というと、何の不満もなく、すぐに完璧に準備をしてくれる、看護師・助手のみなさん。本当にありがとう。診察の補助も効率よく、とにかく働きやすいので助かっています。

・緑内障の視野検査や、子供の検査などは、誤差が起こりやすいものです。世の中には、誤差がある検査結果になって、そのままで終わりにしてしまうスタッフも多いものですが、いつも何度もやりなおして、正確な検査結果を出してくれますね。眼内レンズの計算や、複雑なOCTの撮影も、完璧にこなしてくれてて、検査結果の正確さ、とっても信頼しています。子供の斜視や弱視も、優しく、機嫌を取りながら行ってくれる、ORT(視能訓練士)のみなさん。本当にありがとう。

・眼科ができて2年弱、内科や外科に比べると特殊な検査や処方が多く、まだまだ事務のみなさんも不慣れなとこがあると思います。事務仕事中に予約の電話がたくさんなると、大変なこともあるでしょう。診療の案内や、できるだけ早く正確な会計を頑張ってくれたり、レセプトの時期は毎日毎日、早朝から夜の日付が変わるまで頑張ってくれる、事務のみなさん。本当にありがとう。

・同じく、眼科のケアは少し特殊ですので、まだ不慣れなこともあるかと思いますが、術前後の全身管理、点眼や、網膜剥離の手術後のうつ伏せの指導など、しっかりやってくれる病棟の方々。ありがとうございます。

・いつも的確に手術時期を見極め、網膜剥離などは手遅れになる前に、早急にご紹介して頂ける、知り合いの眼科の先生方。ありがとうございます。

・石岡市や、かすみがうら市、小美玉市、行方市などの、内科や外科など、他の診療科の先生方からの紹介もかなり増えました。自分以外の科のことも気を使って、詳細な紹介状を書いてくれるかかりつけの先生方、いつもありがとうございます。

・家庭での時間が多くは取れませんが、パパっ子でいてくれる子供たち、しっかりとサポートしてくれる妻にも感謝をしています。ありがとう。


普段、時間がなかったり、恥ずかしかったりで、なかなかお礼が言いにくいのですが、ブログで記載してみました。(それでも恥ずかしいですが。)

よく、みんなに「無理しないで」と言われますが、来年も、懲りずに、もっともっと頑張って、無理してしまうつもりです。みなさんも忙しくなると思いますが、地域医療のためにご協力下さい!!
では、よいお年をグッド
| クリニックのこと | 19:58 | comments(0) | - |
年末年始の診療、緊急時の診療に関して
今日はお昼に白内障手術7件、他院にて白内障手術を受けられた患者様の瞳孔形成+乱視矯正(LRI)1件のみ行いました。

年末年始の診療のお知らせ
年末は30日の午前中まで通常とおり診療しています。
年始は4日より再開の予定です。
(31〜3日はきちんとした対応が難しいので、何か症状がある方は、30日までに受診頂くようお願い致します。かかりつけの患者様の緊急・重症の症例は出来る範囲で対応致しますので、まずはお電話を下さい。)
定時の予約手術は12月28日で終了の予定で、外傷などの超緊急手術以外の手術は控えさせていただく予定です。


少し別件ですが、休日夜間診療に関してです。
個人的には、休日や夜間も出来る限り対応しているつもりです。
これまでも交通外傷や、動脈閉塞、異物が入ってすごく痛いなども対応してきました。地域医療に貢献したいとの思いですが、患者様に、いくつかご理解頂きたいことがあります。
ゝ澣浤依茲任蓮基本的に応急処置のみ
∪彩検査や、薬の処方、お会計は翌日の朝に

以上をお願いしています。

当院は、院外処方を主にしており、緊急手術のために必要な薬は常備していますが、ちょっとしたドライアイやメヤニのお薬は院内には準備していません。結膜炎などの充血・メヤニ・ゴロゴロなどの場合には、救急外来では診察のみ行い、翌日の時間内診療に必ず来院頂き、処方箋を出しています。
(もちろん、眼球破裂などは、その場で緊急手術を行います。)

夜間の問い合わせで、もちろんごく一部の患者様ですが、「平日は仕事で日曜しかかかれないから、今ドライアイの検査をして、薬もほしい。」とか、「明日はこれないから、今みてほしい。」とか、なかには、「なんで薬を出せないんだ!」と、お怒りになる患者様までいらっしゃいます。

病院は決してコンビニではありません。(なんていうと、コンビニの関係者様には失礼でしょうか?)
近年問題になっている、医師不足や、救急車のたらいまわしなどの原因として、国や医療機関の責任が大きいとは思いますが、患者様のモラルも少なからず影響することもありえるのかな。と思うことがあります。偉そうで申し訳ありませんが、一人の医師としての意見、お願いになりますが、「医療者も人間です。お互いに気持ちのいい診療が行えるようご協力ください。」
日本のよい医療のために。
| クリニックのこと | 23:15 | comments(0) | - |
地域連携
土曜日は平日に仕事で来られない患者様、比較的お若い患者様が多くこられます。やはり時期的に、ドライアイの方が増えてきているようです。
ドライアイについては、以前記載したブログを参照ください。
http://blog.sannoudaiganka.jp/?cid=4963
もう少しすると、ムコスタ点眼薬という、ドライアイの新薬が発売になりますが、楽しみにしています。

地域連携
今日は午前のみで外来は終了となりますが、今から市内の他の病院様に往診に行きます。石岡市の病院で眼科の常勤がいるのは当院だけなので、本来は設備の整っている当院で対応するのが望ましいのですが、人工呼吸器の付いている方、寝たきりで動く事が難しい方など、どうしても来院が難しい患者様に対しては、石岡近隣の病院に限って往診をしています。
開院以降、これまで5つの病院様で往診をしていますが、内科や外科の担当の先生がある程度の治療をしても、治療が難しい症例の場合に声をかけて下さるので、比較的重症の事が多く、「行ってよかったなぁ。」と思う事が多いです。

当院にきた患者様が、内科や外科で他の医院様にかかりつけの場合、僕は眼科以外の知識は乏しいので、そちら先生方の力を借りなくてはいけません。give and take、地域の医療の充実のために、特に近隣の先生方とは、病院の垣根を越えて、診療科の垣根を越えて、お互いによい関係を築いていければいいなと思います。


今夜も、幕内先生たちと、他の病院様の忘年会に参加させて頂くことになっています。いろいろな先生と交流を深められるといいな。と。
(アルコールの量が増えているので、仕事関係の忘年会ではあまり飲まなければいいのですが、僕はお酒が好きなので、会に参加してしまうと、結局いっぱい飲んでしまうのですよね・・・。肝臓が心配です。)


注)
大変申し訳ありませんが、他の病院様に入院中の患者様の診察に伺う場合にも、診察の時間は夜間になったりと、基本的にはクリニックの診療の合間で、行けるときに行く。という形になります。
一般家庭、ご自宅への往診は行っていません。
| クリニックのこと | 14:04 | comments(0) | - |
クリスマスツリー
スタッフがクスリマスツリーを飾ってくれましたツリー
今年はサンタさん付きですブーツ


今日は緊急手術などもなく、ゆったりとした午後でした。
普段はなかなか時間がなく、机の上に、眼科の雑誌や教科書が溜まってしまったのですが、今日はそれらを、いっぱい読んでみました見る
昨年から耳にはしていたのですが、海外では白内障手術の重要な部分を、器械がほぼ自動で出来るようになってきていたり・・・。しかも、精度が非常に高いレベルです。インターネットで調べて手術動画を見てみたのですが、すごい
。そのうち、僕みたいな「手術で生きていこう。」なんて医師は不要になる時代が来たりして??

世界中で、様々な分野で研究をされている先生がたくさんいます。ちょっとサボると、すぐに置いて行かれそうしょんぼり
眼科の全ての範囲の最先端医療を目指すというのは不可能だとは思いますが、出来る限り、よい医療ができるように頑張らないと。
| クリニックのこと | 20:03 | comments(0) | - |
要塞
お盆だからかな?
午前中の小美玉の外来が、久しぶりにすいていて、ゆっくりと出来ました。
時間がゆっくりあると、患者さんとのんびりと世間話ができますニコニコ


今朝の常陽新聞に幕内会の記事が見る
内容は、山王台病院が震災時に備えて、
ー家発電装置を大幅増設
井戸水を使用するために掘削

というものです。

3月の震災の前後は、とにかく網膜剥離の紹介が多く、震災の直前まで手術をしたり、直後から自家発電で手術をしたり、水道が止まっているので、貯水庫の水の残量にヒヤヒヤしながら、どうにか眼科は乗り切りました。

ただし、クリニックや病院本院での人工透析は、どうにも水の確保ができず、約2日、透析患者様を停電や断水のなかった、土浦や、千葉の病院まで搬送するといった事態に陥りました。実は人工透析を行うには、莫大な水を必要とするのです。行政とも様々なやり取りがあり、少しでも透析を行うために、何度も給水車がきて、早朝からスタッフ全員が頑張っていたのを覚えています。
透析の患者様が遠距離を移動するのは大変なストレスをかけてしまいますが、透析の中断は命につながるために、どうにかみなさんに協力をお願いしました。

非常電源(自家発電)は通常の病院以上には備わっていたため、幸い眼科の手術などは問題なく出来たのですが、透析以外にも一部稼働できない器械がでたりと、通常の診療に戻るには、どうしても数日かかってしまいました。

石岡市全域が停電・断水し、透析ができる病院はなかったのだから仕方ない。と考える方も多くいらっしゃると思いますが、そこが幕内先生!
なんと、今後の震災に備えて、水道が止まっても、電気が止まっても、とにかく病院を機能させなくては!とのお考えで、今回の記事に至ります。

もちろん震災はこりごりで、起こってほしくありません。でも、この設備が整えば、もしもの時には多くの患者様、地域の皆様にとって、必ず役に立つものになるでしょうグッド

新聞では自給自足という表現で記載されていましたが、
僕が思った感想は、これはもう「要塞」だな。
お陰様で安心して医療に打ち込めます。


白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市)
| クリニックのこと | 20:28 | comments(0) | - |
今日はゆったりです。
水曜の午後は手術のみの予定なので、終わってしまうと仕事がなくてのんびりしています。
今日は、8名の患者様の手術を行いました。
・白内障手術 7件
・眼内レンズ二次挿入術 1件
・翼状片手術 1件
・網膜硝子体手術 1件(網膜中心静脈閉塞症;黄斑浮腫)

手術でなにかトラブルが起こることは非常に少ないのですが、残念ながら絶対にないとは言い切れませんひらめき
ゴールデンウィークが控えておりますので、今日は簡単な手術のみにしており、とても早く終わりました。スタッフも、これから片づけはありますが、残業にはならないで済むかなと。
緊急患者様がいらっしゃれば別ですが、一応、ゴールデンウィーク明けの5/9までは手術はない予定になっています。

白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市)
| クリニックのこと | 16:15 | comments(0) | - |
手術が終わりました!
今日は9名の患者様に、以下の手術を行いました。

・白内障手術 10件
・結膜弛緩症手術 2件(両眼同時)
・眼瞼内反症手術 2件(両眼同時)
・緑内障手術 1件
・網膜硝子体手術 2件(黄斑前膜:両眼同時)

ちょっと疲れましたが、みなさん順調に終了しましたグッド

今日の夜は、最近知り合った眼科医の先生と食事をする予定です。
同年代の手術が上手な先生です。
僕は地元の筑波大学出身ですが、別の大学の先生とお話をすると、手術の方法や治療法に関して、流派というか、各大学のやり方の違いが分かって、とても刺激になります。勉強してきます見る


白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市)
| クリニックのこと | 17:50 | comments(0) | - |
雨ですね。
せっかくの桜が色あせないといいですが。

今日は土曜日で午後は休診の予定ですが、手術を急がなくてはならない人たちが多いため、急きょ手術日に変更です。

3月24日のブログで書いた糖尿病のかたの手術も行いました。

ガンバレ日本!には、なかなか参加しにくい職業ですが、被災地の方の視力を守ることで、結果的に少しは協力できるのかな?と思うと、少し救われます。(もちろん、患者様にみえるようになってほしいのが一番ですが。)

今日は、
・白内障手術3件
・網膜硝子体手術4件 を行いました。

網膜硝子体手術の内訳は、
・増殖糖尿病網膜症 2件(同一患者様です)
・糖尿病網膜症 1件(やはり3月24日のブログの30代のかた)
・黄斑円孔 1件


明日は晴れるようなので、お花見を満喫したいですビール

白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市)


| クリニックのこと | 17:04 | comments(0) | - |
特殊外来
金曜日は一日外来をしています。
午前中は普通の外来、今日は60名程度いらっしゃいました。
午後は、特殊外来といって、時間のかかる検査や、ちょっとした処置を行う患者様の枠を設定しています。

金曜日の午後に行うものとしては、
〇匐,慮〆 斜視や弱視などの検査・診察を行います。小さいお子さんは視力を測定するだけでも大変です。集中力が切れないように、あやしながら、個別で対応します。ORT(視能訓練士)という眼科専門のスタッフが大活躍です。うちには女性のORTが3名いますが、みんな優しいので、子供には好評なのでは?

∋詭邯〆 緑内障や網膜色素変性症、脳梗塞後など、視野(見える範囲)を調べます。これも、ORTが頑張ってくれています。

Bけ童〆 眼底・網膜の病気を詳細に調べるために、点滴をとって薬を注入しながら、眼底カメラを撮影します。糖尿病や黄斑変性症など、様々な病気で行われます。

っ躰 加齢黄斑変性症にたいする抗VEGF薬の注射や、糖尿病などでの黄斑浮腫に対するステロイド剤の注射などを行います。

NS-チューブ 鼻涙管閉塞症(なみだ目)の治療を行っています。

術前検査・説明 2週間後に手術の予定の患者様にお集まりいただき、手術に必要な目の検査や、血液検査、手術の説明などを行っています。

その他、必要に応じて、特殊な検査や処置を行っています。


今日の午後は予約が少なく、久しぶりにゆっくりとした外来でした。
水曜日に硝子体手術を行った患者様たちの経過も良好で、みなさん明日退院です。
今日は定時で帰っちゃいますグッド
ひさしぶりに子供と夕飯を食べますよラブ

白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市)
| クリニックのこと | 17:14 | comments(0) | - |
人生最多?
今日は午後から10名の患者様の手術を行いました。
内訳は、以下となります。(白内障は両眼ばかりになってきました)
・白内障手術 12件
・網膜硝子体手術 6件


網膜硝子体手術の内訳は、以下のようになっています。
・黄斑前膜が2件
・黄斑円孔
・網膜中心静脈閉塞症に続発した黄斑浮腫
・硝子体出血
・網膜中心動脈閉塞症に合併した硝子体出血・血管新生緑内障

とくに最後の病気などは、早々に手術をしなくてはならず、
準緊急で手術をすることとなり、件数が増えてしまいました。

どれか一つくらい、病気の説明をしたいところですが、
5時間ずっと手術だったので、ちょっと疲れてしまいました悲しい
また今後にしたいと思います。

おそらく、本日は僕の人生で最も手術件数というか濃度が濃い一日だったと思います。
白内障が中心なのかもしれませんが、世の中には朝から晩まで、
1日に40件を行う医師もいるようです。
みならわなくては。体力つけるのにマラソンでもしようかな。

白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市)
| クリニックのこと | 19:38 | comments(2) | - |
小美玉市医療センター
午後からは小美玉市医療センターでの手術です。

今日は7名の患者様に以下の手術を行いました。
・白内障手術 8件
・緑内障手術 1件
・翼状片手術 1件
みなさん、無事に終わりました。

今日の翼状片は結構小さくて、手術も簡単でした。
早く終わったので、途中の「らん卵」でプリンを買って帰ろう。

白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市)
| クリニックのこと | 16:45 | comments(0) | - |
本日は午後に出張でした。
火曜日の午後は、他の病院様へ手術に出張に行っています。
今日は白内障の手術と、糖尿病網膜症の手術でした。

クリニックが留守になるため、患者様にはご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。
急患はいつでもお引き受けいたしますが、基本的に完全予約制ですので、来院前にお電話での予約をお願い致します。(留守の日時はまずは電話対応となります。)

今日はこれから書類の仕事をやらなければ。子供たちはもう寝ているでしょう・・・残念です m(__)m

白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市)
| クリニックのこと | 20:43 | comments(0) | - |
当院の現状です。
石岡市東石岡にある当院は、現在は電気も回復しており、通常の状態に近い診療が出来ています。

ただし、しばらくは輪番停電に合わせて、停電予定の時間にご予約の患者様には、お時間や日程の変更をお電話にて変更させて頂いております。
しかしながら、電話回線がつながりにくい現状で、全ての患者様と連絡をとることが難しくなっております。
直接ご来院頂いた患者様には、大変申し訳ありませんが可能な範囲での診療を行わせて頂きたいと思います。(非常電源にて可能な検査をさせて頂いております。)

また、ゴールドマン視野検査計という器械が地震にて故障しており、この検査をご予約の患者様にもご連絡をさせて頂いております。

手術に関しては、まだまだ電力の状況など情報不足の部分もあり、お約束はできませんが、当日に可能であればご希望者にて行っていきたいと思います。
本日は、当院は15時20分からの輪番停電のため、予定手術の時間を早めて、昼休みに対応させて頂きました。(さきほど5名6眼の手術を無事に終えました)
ご予約の患者様で、ご家庭の状況などから手術が難しい患者様は、ご無理をなさらずに、後日あらてめて日程を調整していきたいと思いますので、遠慮なくお伝えください。

私たちがどのようにすることが、日本が震災から立ち上がるために最良なのでしょうか?まだ、答えは見つかっていませんが、病院として医師として、まずは目の前の患者様の対応を行っていきたいと思います。


| クリニックのこと | 15:05 | comments(0) | - |
月曜・水曜が手術日です。
クリニックでは、月曜日と水曜日の午後に手術を行っています。
他に火曜日の午後には小美玉市医療センターや、他の病院様で、非常勤の手術を行っています。

・月曜日は13時30分〜15時頃までが手術時間で、だいたい白内障手術を7〜8件行っています。15時30分から再度外来を行います。

・水曜日は13時30分〜午後はずっと手術になっています。だいたいは白内障が6件程度、網膜硝子体(糖尿病や眼底出血、黄斑)の手術が3件程度、その他の手術が1件程度となっています。

勝手ながら、私が来週の水曜〜土曜日に出張でお休みさせて頂くこともあり、本日は網膜硝子体などの難しい手術はありませんでした。

今日は10名の患者様で、12眼の手術を行いました。(2名が両眼同時手術)
手術内容は、白内障手術10件、緑内障手術1件、瞳孔形成術1件でした。
約3時間の手術で、全て順調に終えることができました。
手術自体は数分でも、消毒や、点滴、患者様の入れ替わりなどで時間をとられることが多いのですが、看護師・スタッフが優秀で、僕は手術だけに集中することができ、とても助かっています。

今後、当院の手術の内容など、徐々に記載していきたいと思います。


今日は早く帰って、子供たちの相手がしてあげられそうです子供
(ちなみに長女が昨日4歳になりましたラブ
では、ちょっと早いですが、本日は帰宅します!(急患は引き受けます)


茨城県 石岡市 眼科手術専門 栗原勇大
| クリニックのこと | 17:03 | comments(0) | - |
はじめましてのご挨拶
はじめまして!こんにちは。
昨年5月より、山王台病院 附属 眼科・内科クリニックの院長をさせて頂いております、栗原勇大(くりばら いさお)と申します。

山王台病院の眼科として新規開業後、早いもので10カ月がたちました。

近年は医療の形態も多様化しており、病院や医師によって考える医療に差があるようになっております。病院・医者側からの医療情報の発信源として、ブログというものを利用するケースが増えており、僕も早く作ろう、作ろうとは思っていたのですが、こんなに遅くなってしまいました。

振り返ってみると、とにかく忙しかったの一言です。
僕自身、常勤医師が1名の施設で働くことははじめてで、土曜も日曜もないような状況でしたが、地域の皆様、そしてクリニックの優秀なスタッフに支えられて、どうにかここまでやってこれました。本当にに感謝、感謝です。

開院直後より、予想以上に多くの患者様に御来院頂き、分院(施設管理者)の小美玉市医療センターと合わせて、半年間で約500件の眼科手術を行いました。1日の手術枠を増やすなどして頑張ってはいますが、それでも手術をお待ち頂いている患者様は増える一方であり・・・。
外来も待ち時間が延びる一方で。
どうしたらよいのかは検討中です・・・。

今後はブログを利用して、当院の状況をお伝えしたり、眼科医療の一般的なお話をしたり、患者様から質問があればできる限りお答えしていこうと考えています。

まずは、ご挨拶まで。
今後よろしくお願いします!
| クリニックのこと | 19:28 | comments(0) | - |
このページの先頭へ