+ Profile
+ Categories
+ Q & A
+ Selected Entries
+ Recent Comments
+ Archives
+ Links
+ Others
+ Mobile
ブログ再開します!
いろいろありまして、長らく休載していたブログですが、
多少下書きしておいたものもあり、見直しながら順次掲載していこうと思います。

昨年末から、父がクモ膜下出血で倒れたり、年明けには娘が大学病院で手術を受けたり、その他さまざまな出来事が沢山ありました。診療に関わって頂いた多くの関係者様、ヘトヘトな僕を支えてくれたクリニックのスタッフ、そして家族。
本当にありがとうございました。ブログのファンという方から頂いたお手紙もうれしかったです。
父も完全とは言えませんが十分な社会復帰ができました。春の季節を迎え、心穏やかに診療に励みたいと思います。

今日からORT(視能訓練士)さんなど、新しいスタッフも2名増えました。
20代の若々しい戦力です。一緒に頑張りましょう!!



ブログ休載中も、スタッフが手術室前に飾りつけを続けてくれました。ありがとう。


娘も無事に完治して、ひな祭りができました。
| その他 | 21:44 | comments(0) | - |
H27年 あけましておめでとうございます。
新年、明けましておめでとうございます鏡もち
プライベートですが、実の父が現在もICU(集中治療室)で頑張っています。
たびたび群馬県に帰省しており、一部の救急受診の問い合わせに対応できない件が数件ありました。大変申し訳ありませんでした。

明日からは通常の診療が開始されます。
昨年は馬車馬のように働くことを目標にしました。
今年の干支はひつじ年ですが、ひつじ年は「家族の安泰」や「穏やかで人情に厚い」「平和」などと表現されるようです。
忙しくなると外来での口調が強くなったり、イライラしてしまうこともある僕です。目のことに困って受診して頂く患者さんに、疾患に対する治療のみでなく、心の安寧を与えられるような、ひつじのように柔らかい医師でありたいと思います。
父のことで、病気で心から困っている患者さん、ご家族の方の気持ちが今まで以上に理解できています。
「患者さんに安らぎを与えられる医師、誠実な医師」を今年の目標にしたいと思います。今年もどうぞよろしくお願い致します。

そして、いつも僕を支えてくれるスタッフの皆さん。本当にありがとうございます。今年もよろしくお願い致しますね。


毎年,お正月飾りを頂くH様。お気遣いありがとうございます。

旅行や遠出は難しかったのですが、自宅でできるお正月らしいことには挑戦できました。

ひつじの書初め


副笑い


凧揚げ凧
| その他 | 08:29 | comments(3) | - |
明日27日は栗原休診になります。
大変申し訳ありませんが、父親の急病により、
明日12月27日(土曜)の栗原の外来は休診にさせて頂きます。

外来自体は宮井副院長と大学病院の先生、2名の代診で行っています。
本日手術をされた患者様、もともと外来予約の患者様、予定通り受診下さいませ。
本来、予約の患者様に前もってご連絡できればよいのですが、急な出来事で時間的に難しい次第です。すみませんがご了承下さい。

もともと土曜日は、都内など遠方からセカンドオピニオンの患者様が多くいらっしゃいます。もし、このブログをみて頂けた方がいらしましたら、初診でセカンドオピニオンの患者様はできれば別の診療日に変更頂けますと幸いです。

29日(月曜)の外来、手術は予定通り行います。
手術の患者様は予定通り3日前からの点眼薬を開始下さい。
| その他 | 20:27 | comments(2) | - |
27ゲージ 硝子体手術 近況報告
今日は県内の医院様で十数件の手術を行いました。今日も網膜剥離の手術があって、冬の到来を感じます。

僕は現在のところ、当院以外に7つの医院様で定期的に手術を担当しています。
僕の一番の専門は網膜硝子体手術という眼球の奥の方の手術になり、網膜剥離や糖尿病、眼底出血、黄斑疾患などに対する手術です。眼球の中に入れる器械の大きさが日進月歩で小さくなっていますが、日本で購入できる器械の大きさは以下の4つになります。
・20ゲージ(0.9mm)
・23ゲージ(0.7mm)
・25ゲージ(0.5mm)
・27ゲージ(0.4mm)←今年の9月に発売
日本中には、まだ20Gや23Gの器械で手術をしている医院もあるのですが、僕が出入りする医院は全て25G以上の手術設備を導入して頂いています。
パワーの大きな太い器械に比べて、小さく細いデリケート器械では手術の効率(スピード)が落ちる可能性があるのですが、傷が小さい方が痛みが少なく、合併症など患者さんのリスクが小さくできるのは間違いありません。傷口が大きければ、傷を縫うことが必要になり、術後の痛みに直結しますが、僕はこれまで25Gで手術をして、傷口を縫ったことはただの1回もありません。患者さんの負担を考え、できる限り小さな傷での手術を目指すのが医師としての信念です。
当院では9月の発売直後に27Gを経験し、10月からは全ての網膜硝子体手術で27Gでの手術に移行しました。(25Gは取り扱いがありません。)

27Gでは矢印の先、わずか直径0.4mmの細い器械で手術が可能です。
10月の1ヶ月間で宮井副院長とあわせて40件の硝子体手術がありましたが、複数の先生から「27G、どう?」と質問を頂くので、現状で分かっていることを記載してみます。
(今回は一般の方にはわかりにくい専門用語も多々あります。すみません。)

27ゲージ 硝子体手術 近況報告
・効率
硝子体攝子、カッター含めて、操作性は良好で大きなストレスはありません。
(主に使い捨てのアルコン・マックスグリップ攝子を使っていますが、小さい分とてもファインで、ILMがよく切れます。把持力は25Gより少し弱いです。)
ただし、とにかく細い器械なので眼球内部を掃除する効率が悪く、硝子体切除、出血や薬剤の吸引が遅いです。黄斑前膜や黄斑円孔など15分程度で終わるような手術では平均3〜5分程度長くなっています。今後、設定値や器械への慣れで少しは改善すると思いますが、25Gより時間がかかるのは間違いありません。濃厚な硝子体出血の症例では、通常より10分くらい時間がかかったように思います。
患者様にとっては少し時間が長くなるのは負担に感じるかもしれません。ただし手術は早さを望むことがベストなのではありません。安全性、痛み、術後の赤みなどが小さい方ことのほうが重要です。これらは小さい器械での手術のほうが優れていますので、数分ですが手術時間が長くなるのはご了承下さい。
・閉創(傷の閉じ)
傷口の閉じ具合は非常に良好です。25Gでも傷口を縫う必要はありませんでしたが、1日程度のわずかな低眼圧はありました。27Gではまず起こらないだろうと思います。
クロージャーバルブは25Gよりもさらに漏れがないため、術中の眼圧はさらに安定していますが、パーフルオロンを入れる時などは還流液が全く漏れないため、眼圧が高くならないように圧を逃がすように、より注意が必要です。
・耐久性
カッター、イルミネーションともに、眼球を傾けるさいにやや曲がってしまうことがあります。器械台からカッターを手にとる時にちょっとぶつけただけで曲がってしまったり・・・。
剛性が低く強く眼球を傾ける時は曲がってしまうこともあります。最周辺部の処置は圧迫して直視下で操作したほうが良さそうです。(奥目の患者様は曲がりやすい・・・。)
そして、バックフラッシュニードルの先端のシリコンチップはものすごくよく取れます(取れるほうが当たり前というくらい。再滅菌などは期待しないで下さい。)

黄斑円孔での空気置換です。矢印の先にシリコンチップがついているか毎回確認した方がいいです。眼内で外れて迷入しないように気を付ける必要があります。
・付属不足
まだ発売直後なので付属品が少ないようです。一番嫌なのは、トロッカーのみの販売がありません。重症例で4ポートを作成して、シャンデリア照明を使おうとしたら、9万円のトータルパックをもう一つ開けるのでしょうか??
・シリコンオイル
シリコン1000は、VFCを使用して27Gのトロッカーから問題なく注入できました。まだ当院では1例しか経験がありませんが、宮井副院長の症例です。
30代の精神疾患のある患者様、多発裂孔+下方の巨状縁断裂後、時間のたった網膜剥離です。

赤矢印の先が巨状縁断裂です。27Gはカッターの剛性が弱くて、眼球を大きく傾けるのは難しいようです。再周辺部の処置が必要な場合は、写真のように圧迫して直視下での観察が必要です。
総合的な判断から、シリコンオイル置換をすることとなりましたが、今まで25Gで使用していたVFCのパックには、先端に付けるものとして、20G・23G・25Gの針しか含まれていません、注入時は27Gの創口以外にもっと大きな創口を作成するか相談となりました。

これが実際の写真ですが、黄緑の矢印が27Gのトロッカー、水色矢印は25GのVFCです。25GのVFCの先端を27Gのトロッカーにしっかりを押し当てると問題なく入注入できます。(しっかりおしあてないと、少し漏れます。注入圧を40psiの設定で約2分くらいで注入できました。女性の宮井副院長でも軽々入れられます。VFCは本当に便利です。
*未経験ですが、おそらく比重の重いシリコンは27Gでは注入不可と思います。

以上、ひとまず1ヶ月間使用した感想です。
結論としては、少し手術時間が長くなりますが、患者さんの負担を減らそうという気持ちがあれば、27Gでほぼ全ての手術が可能です。付属品が充実していけば数年後には日本でも間違いなくスタンダードな手術になるでしょう。

余談ですが上記のシリコンオイルの症例はかなりの難症例です。術後経過は非常に良好で間違いなく復位を得られそう。年明けにはオイル抜去を予定します。宮井副院長は僕が知っている後輩の眼科医の中では、間違いなくトップの技術力です!これからも一緒に頑張りましょうねグッド
| その他 | 19:29 | comments(4) | - |
移動・・・。
今日は早朝にクリニック診察、午前中に群馬県、午後は茨城県北の眼科様で手術のお手伝い。夜は同期で千葉県で開業している眼科医の先生とあって(これは結婚祝いの食事ですが)、1日で500km以上の運転をしました。
手術で4〜5時間は全然平気なのに、自動車の運転は本当に疲れます。僕には眼科が天職です。運転手さんでなくて助かった。

さて、少し宣伝です。
以前にも記載しましたが、7月1日に、茨城県日立市に「ひたちの眼科」が開院しました。僕も網膜硝子体手術を担当します。
先週から手術を開始したそうで、僕は今日から硝子体手術に呼んで頂いたのですが、今日の午後だけでも白内障など16件もの手術があったようです。

網膜硝子体手術は糖尿病網膜症、眼底出血、網膜剥離、黄斑前膜など、どちらかというと重症の病気の手術です。ひたちの眼科でも当院と同じ最新設備で局所麻酔、25Gという最少の傷口で、20分〜30分での短時間手術が可能です。茨城県北の患者様や、福島県南の患者様で、他院での手術が難しいといわれている方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度受診してみてください。

僕は白内障は担当ではありませんが、当院と同じく、ひたちの眼科も乱視用眼内レンズを使用した乱視の軽減白内障手術が可能です。裸眼での運転免許を更新したい人にとっては非常に有用な手術です。すでに手術の順番待ちが増え、10月後半からの予約とのことですが、運転免許証の更新がある方は少し早目に受診をしてみてください。
「ひたちの眼科 ホームページ」



| その他 | 23:20 | comments(0) | - |
高額療養費制度◆‐綣蠅奮萢冕
今週は、水曜から土曜日まで医療関係の方々との食事会が続き、先週の体調不良ダイエットから一転、プクプクに体重が増加してしまいました・・・。
昨日は眼科医会の理事の先生の紹介で、他県の眼科の先生と、3人で神楽坂に。
ミシュラン☆☆☆の高級なお店でしたが、奢ってくれるそうで、遠慮なく飲んできました熱燗眼内レンズのことなど、いろいろ教えて頂き勉強になりました。

高額療養費制度◆‐綣蠅奮萢冕

先日、高額療養費について記載しましたが、簡単に言うと、「ひと月の中であれば、どんなに医療費が掛かっても自己負担は一定額で上限。」という制度です。
今日はその利用法について書いてみます。

,泙困六箸う。
よい制度でも使わなくては意味がありません。
70歳以上の患者様は申請は不要です。70歳以上の患者様は病院の方で申請し、利用をしています。
70歳未満の患者様は、事前申請と、年末調整での申請に分かれます。
年末調整の場合は、ひとまずは窓口で自己負担分の3割などを支払い、あとでお金が戻ってくるようになります。領収書を保管し、年末の確定申告が必要です。
当院では、3割負担の患者様で治療費が8万円を超えそうな場合は、できる限り事前申請をお勧めしています。
事前申請をしておくと、会計の時点で限度額以上は支払う必要がなくなりますので、用意するお金の額を減らすことができます。
事前申請は、国保の場合は市役所、健保の場合は会社の人事課や総務課など、健康保険を担当している部署にご相談ください。「来月、病院で治療費が高くなりそうです。」とお願いすると、「限度額認定証」という紙がもらえるので、治療時や入院時に持参ください。

〇拱Г鬚泙箸瓩茲Α
限度額の上限は、基本的に月単位です。
例えば、70歳の人が外来で白内障手術を受ける場合、ほとんどの人の自己負担は、片目でも上限の12000円ですが、同じ月内であれば、両眼でも12000円です。今月は右目の治療で、来月は左目の治療というのは、非常にもったいないことです。
他には、当院では再手術がありうるような難しい手術をする場合、できる限り月初めに行うようにします。今月手術をして、合併症の処置が来月になれば自己負担が増えてしまうからです。
また、眼科以外の治療も合算できるので、時間が許すのであれば、大きな治療をするときには、できるだけ同じ月にまとめることで自己負担を減らすことができます。
注)お金も大事ですが、治療よりも優先されるべきではありません。担当の先生が医学的に治療と治療の間をあけるべきという場合は、あきらめましょう。

G齢と限度額、入院か外来か
収入によって限度額は変わりますが、標準的な家庭で考えると、
70歳未満では、外来80100円・入院80100円+α
70歳以上では、外来12000円・入院44000円

が上限となります。
・例えば、69歳で両眼の白内障手術を受けると、自己負担は外来では8万円弱、入院した場合80100円+αですが、70歳になってから外来で受ければ、両眼で12000円なので、6倍近い差があります。
当院ではよほどの不自由や、免許更新などの理由がなければ、69歳の方に白内障手術は進めず、70歳を待つようにお話します。
・また、70歳以上では、外来と入院での限度額は約4倍と大きな差があります。両眼の白内障手術で、通院の送り迎えを頼むのが大変と思っても、遠方の病院でなければ3日間ほど往復でタクシーを使っても入院するよりも安いかもしれません。

他にも、世帯合算(家族内の医療費の合計額を考慮)や、多回数該当(年に3回以上、4回目からはさらに上限が低く)といった制度もあります。
医療費が高額で気になった場合は、担当の先生や病院、保険などに問い合わせてみてください。

10年以上前、僕が研修医のころは、患者さんにお金の話をすることは全くありませんでした。日本も不況で、医療費の問題で迷われる患者様が多くなったのは間違いありません。
最近は「これはいくらです。」「こっちは安いけど、副作用が多くなります。」といった会話を毎日するのが当たりまえになりました。時代は変わっていきますね。今も収入によって受けられる医療に差が出始めているのですが、今後、自由診療との混合診療が解禁になると、もっともっと差が大きくなっていくのでしょう。
混合診療によって最先端医療の分野は進むのかもしれませんが、どちらがよいのか、僕には難しい問題です。今の現状でできる医療を全力でやっていくだけです。
| その他 | 11:13 | comments(0) | - |
高額療養費制度 \度の説明
当院は眼科の先生方に見学に来て頂く事は多々あり、他には手術室の看護師さんやスタッフの方の見学を引き受けることも数回ありましたが、
今週は、初めて他院のORT(視能訓練士)さんに見学・勉強に来て頂きました。
ORTは、以前にも書きましたが、専門の大学に通って、国家資格を得た眼科検査のスペシャリストです。
当院には20〜30代の常勤のORTが4人いて、年齢の割に優秀だなぁとは思っていましたが、いつもまにか人に教えたり、見学に来てもらえるほどにレベルアップしているようです。看護師さんの手術知識も高度ですし、医療は医師一人で行うものではないので、スタッフ全員のレベルアップはとても嬉しく思います。

さて、今日は少しお金の話を。(うまい儲け話ではありませんよ)
高額療養費制度
美容外科など一部の医療を除いて、日本の医療のほとんどが公的保険診療によって行われています。
患者さんが医療機関の窓口で直接支払うお金は年齢や収入などによって、1割〜3割が自己負担となり、その他の金額は加入している保険組合(国保や健保、共済など)が負担してくれます。日本が誇る国民皆保険のおかげで、日本の医療費の自己負担は世界的にみても非常に安いものです。
(安すぎて、いらない薬まで不要に欲しがったり、軽い病状で過剰に病院を受診したり、残念な患者さんが多いのも日本の事実です。)
ただし、「1割〜3割で安い」とはいっても、大きな手術をしたときなどは、医療費の自己負担も大きくなってしまいます。例えば、急な事故で意識もなく、1ヶ月間集中治療室に入った場合、医療費が1000万円。自己負担は300万円なんていうケースもありえるのです。普通、300万円は払えませんよね??

高額療養費制度は、「1ヶ月間の自己負担額の上限」を定めるもので、医療に支払う自己負担額に上限を決めて、それ以上は支払う必要をなくす制度です。
標準的な家庭を例にすると、
70歳未満の患者様では、1ヶ月に8万円強が医療費の自己負担の上限で、それ以上は支払う必要がありません。
70歳以上の患者様では、1ヶ月に外来治療では12000円、入院治療では44000円が上限となり、これ以上は支払う必要がありません。
(所得によって上限となる金額は異なります。下に別記します。)
(入院時の食事代などは医療費に含まれません。)

大きな病気で、どのくらいの入院になるのか?など、先が明確に見通せない手術を受ける時には、お金はいくらかかるのだろう?という不安も生じるものだと思います。どんなにかかっても44000円で済むんだと思えれば、心の負担が全く違いますよね?高額療養費制度はとてもよい制度だと思います。

療養費制度の利用法などについては、また後日書いてみます。

高額療養費の上限金額
70歳未満
・上位所得者(健保で月収が53万円、国保で年所得が600万円以上)
 150000円+(医療費-500000円)x 1%
・標準所得者
 80100円+(医療費-267000円)x 1%
・住民税非課税者
 35400円

70歳以上
・上位所得者(月収が28万円以上)
  外来 44000円  入院 80100円+α
・標準所得者
  外来 12000円  入院 44000円
・住民税非課税者
  外来 8000円   入院 15000円〜24600円
| その他 | 23:25 | comments(0) | - |
ひたちの眼科
今日、茨城県の日立市で筑波大勤務時代の同僚が開業しました。

ひたちの眼科

茨城県は人口あたりの眼科医が非常に少ないことで有名です。
つくば市など県南地域では、比較的充足していますが、県北地域では患者さんの数と医師の数があわずに、医師が疲弊しているということをよく耳にします。
あまりに忙しいと、目の前の仕事でいっぱいになり、医師としてスキルアップができなかったり、地域内の眼科医同士が切磋琢磨するくらい出ないと、地域の医療レベルは上がりません。

ひたちの眼科は、白内障・緑内障・網膜硝子体手術など、眼科の重要な手術のほとんどを対応できる最新設備を整えたクリニックです。
私も微力ながら硝子体手術のお手伝いをさせて頂く予定です。
県北にお住まいで当院への受診が難しい方や、当院で手術を受け、その後のfollowを県北でという希望の患者様は、ひたちの眼科をぜひ受診されてみてください。

ひたちの眼科HPはこちらをクリック(ネットで予約もできるそうです)





6月29日に内覧会があったので、僕も訪問してみたのですが、すごく混んでいて、なんと350名の見学者がいらしたそうです。県北地域は、もっともっと眼科医が必要なのでしょうね。
| その他 | 23:46 | comments(3) | - |
石岡市臨床懇親会
今日の夜は石岡市医師会の主催で勉強会がありました。
今は千葉で臨床教授をしている先生の講演がありましたが、15年前、僕が実習生の時に筑波大で講義を受けた先生でした。懐かしい気持ちで久しぶりに挨拶をさせて頂きました。
優秀な人のわかりやすい講義というものは、結構頭に残っているもので、15年前の授業ですが、いろいろなことを急に思い出し、僕の頭・記憶力もまだまだ大丈夫そうと一安心。

演題は、上記の先生と、僕の講演で2題でしたが、
「生体糊を使用した新しい眼科手術の開発」
というのでお話をさせて頂きました。
実はまだ全国学会クラスでは発表していない内容ですが、
みなさん結構興味を持っていただいたように思います。
症例数をもう少し増やして、大きな場でも発表していきたい内容です。

最近は別に、「痛くない麻酔・出血しない麻酔」の麻酔法や麻酔針の開発にいそしんでいます。間に合えば、来年1月に京都で行われる眼科手術学会総会で発表したいと思います。

他に、「硝子体手術時における安全で効率的な前嚢収縮の切除」という内容で、今年の11月に大阪で行われる、日本網膜硝子体学会総会でも発表予定です。
(演題抄録登録済)

9月には、神戸で行われる日本臨床眼科学会総会で、「強制的に視野の欠損を認識させた緑内障患者における通院継続率の検討」という演題で抄録を登録済です。

また、当院で実績の多い「当院での眼内レンズ交換法と成績(仮)」に関して、
来年の6月の東京、JSCRS(日本白内障屈折矯正手術学会)で発表したいと思います。(今年は忙しく間に合いませんでした・・・。)

昨年から宮井先生が副院長となってくれたおかげで、少し時間の余裕ができました。今後は山王台病院での医療を全国区の学会でどんどん報告していきたいと思います。
| その他 | 23:45 | comments(0) | - |
手術数でわかるいい病院 2014
眼科の中で、どの手術が一番難しいですか?
というのは、正式には何とも言えないのですが、
失明する・しないという観点や、細かい操作。という意味では、
網膜硝子体手術という手術を選ぶ医師が多いようです。
(網膜剥離や、糖尿病網膜症、眼底出血、黄斑前膜などの手術です。)

週刊朝日MOOK 朝日新聞出版・2014年2月28日発行の、
「手術数でわかるいい病院 2014」という本で、
眼科手術を行う、ほとんどの医院での網膜硝子体手術件数が掲載されました。


2012年、一昨年の保険診療データですが、当院は206件でした。
茨城県内で100件以上の網膜手術件数があったのは、多い順に、
‐沢眼科様
筑波大学様
0じ 東京医大様
づ院
の、4医院のみのようです。
開院翌年2年目のデータで、当時は一人で全ての手術を担当しておりましたが、
今年は宮井副院長も増え、手術数もかなり多くなりそうなので、
多少順番も変わるのかなと。

手術が多いほど優秀というわけではありませんが、
件数が多く、手術に慣れているのは、悪いことではありません。
こういう本がいいか悪いかは別にして、
患者様が治療医院を選ぶのに、一つの参考にはなるのかなと思います。
医師としては、どんなに件数が多くなっても、一つ一つ思い入れを持って
誠心誠意、対応しなくてはいけないなと再確認しました。
| その他 | 22:00 | comments(3) | - |
送別
もう少しで4年になる眼科内科クリニックです。
最初は10人もいなかったスタッフが、少しづつ人数が増えて、
ふと気が付くと、現在は眼科の外来だけで、
医師2人、看護師5人、ORT4人など、合計21人にもなっていました。

残念ながら、本日をもって退職される看護師さんが1名。
開院近くから、長く頑張ってくれたスタッフの退職は2人目ですが、
とってもさみしいものです。
真面目にコツコツ働いてくれる看護師さんで、ミスがなく、
とっても助かっていましたよ。
特に手術室では本当によい仕事っぷりでした。
ご主人様の仕事の都合で、九州の宮崎県に引っ越しとのこと。
宮崎県で、優秀な眼科スタッフを募集の医院様があれば、ぜひご連絡下さい。
とっても素晴らしい看護師を紹介しますよ!

山本さん、元気で頑張ってねグッド

最後に写真撮影カメラ
忙しく、なかなか時間が合わないのですが、
いつかスタッフ全員で記念撮影をしたいな。と思います。
| その他 | 20:18 | comments(0) | - |
石岡市 まちかど勉強会
石岡市 まちかど勉強会

今日の午後は、石岡市まちかど情報センターにて、市民講座を担当させて頂きました。保険医協会から依頼がきて、市役所などにポスターが掲示されて1週間もなかったので、「もしかして、誰も来なかったらどうしよう・・・。」と少し不安に思っていましたが、予想以上に足を運んで頂け良かったです。
僕はまちかど情報センターには初めて行ったのですが、それほど広いスペースではない場所に50名以上の方に来て頂いたので、椅子に座れない方まで出てしまい、申し訳ありませんでした。
2時間と比較的長い時間を頂いたので、「高齢者が気をつけたい眼疾患」という題で話してみました。本物の手術ビデオを流したりと、結構好評だったような?と。自己満足。
眼科の勉強会ですので、やはり眼科に興味のある方が多く、すでに他の眼科様で治療中の方が多かったようです。最後に質問が沢山あったのに、僕は夕方から他院様で手術があったので、急いで終了にしてしまい申し訳ありませんでした。

先週末に頑張って90枚以上のスライドを作ったので、一部を。

・通常、「今日は目がよく見える!」なんて思いませんよね?目の怖い病気の多くは痛みもなにもないので、少しの見えにくさを放っておいて、病院に来た時にはもう手遅れ。ということが多々あります。目の奥の血管が詰まる病気などは、発症後数時間での治療でないと間に合いません。例えば、脳の血管や心臓の血管が詰まったら(脳梗塞・心筋梗塞)、急いで救急車を呼びますよね?ところが、目の血管が詰まって、視力が落ちたり、暗く感じても、多くの方は数日後、数週間後にいらっしゃいます。なかには、「1ヶ月前から見えない。」なんて。

目がおかしいと思ったら、いつ眼科に行けばいいですか?
今でしょ!

目薬の付け方なんかも、説明しました。
目薬を付けた後には、「キタッー!」と叫ばなくてもいいのですが、講演会に来て頂いた方は年代のせいか、あまりウケませんでした・・・。


こっちのスライドの方が、好評でしたね。



緑内障など、眼科の怖い病気は自覚症状が乏しいため、何の症状もない時でも数年に1回は検診をするなどして早期発見・早期治療をすることが重要です。地域の皆さんから失明者をなくすためには、このような講習会を行って、眼科検診の受診率を向上させる必要があるようです。今回は急遽の依頼でしたが、医師会など通して、もっと大規模な講習会を開催できるよう働きかけてみたいと思います。
ちなみに、10月10日は、目の愛護デーです。
眼科受診歴がないネットをごらんの皆様、お近くの眼科様へ行きましょうね。
| その他 | 21:23 | comments(3) | - |
謹賀新年
謹賀新年
明けましておめでとうございますかどまつ

昨年より眼科医師2名体制での診療が開始でき、数年ぶりの完全なお休み(救急問い合わせ当番なし)を頂いて、お正月を楽しませて頂きました鏡もち

おもちをついたり、福笑いをしたり、

羽子板、ダルマおとし、凧揚げ、雪だるま、

書き初めや、午の絵付けなんてのも。

3日間で、子供たちと、とにかくお正月を楽しめるだけ楽しみました凧
(もちろんお酒も熱燗

眼科医の後輩の中でも、手術が特に上手な宮井先生に来てもらいました。
午年の今年が、産休があけてフルで働いてもらう1年目です。
二人で馬車馬のように働いて、地域医療に貢献したいと思います!!

病気の解説をするブログも、もう少し医院の状態が落ち着き次第再開したいと思います。
ブログをみて、緑内障や網膜の手術では遠方からの患者様も来院して頂けるようになりました。特に白内障手術後の眼内レンズ交換は、北海道〜北陸の患者様まで手術をさせて頂き、海外の患者様からも問い合わせが来ています。
インターネットの普及によって、医学も変わってきていますが、様々な面で多くの方のお役に立ちたいと思います。

そして、いつも目いっぱい働いてしまう僕を、しっかりと支えてくれるスタッフの皆さん、家族、素晴らしい医療環境を提供くださる幕内先生、本当にありがとうございます。
今年もバリバリ働くので、よろしくお願い致します日の出
| その他 | 22:20 | comments(10) | - |
さくら
今日の午後は臨時で手術を行いました。
・緑内障手術 1件
・白内障手術 1件
・網膜硝子体手術(茎離断)2件
 (黄斑円孔1件、眼内悪性リンパ腫疑い生検+黄斑前膜)
無事に終わっています。

さくら
急に暖かくなってきて桜の季節になりました桜今年は早いですね。
4月に子供が小学校に入学しますが、きっと散ってしまっているでしょう・・・汗

病院の桜もいい感じ。僕は朝と夜にちょっと見るだけですが、なんとなく気持が華やぎます。僕は夜のライトアップが結構好きです。
眼科内科クリニックで処方箋をもらって、本院前の薬局屋さんに行く人は、歩いて向かうのもいいかもしれませんよ。

でも、平日はもちろんですが、次の週末は仕事の予定なので、我が家は残念ながら今年のお花見は難しそう悲しい
| その他 | 22:58 | comments(0) | - |
点鼻薬
今日も花粉症の患者さんが沢山きました。
午後は、県内の医院様で手術をさせて頂きました。
硝子体手術や、白内障、眼内レンズ縫着、まぶたの手術など10数件。
自分の医院以外での手術をするのは、環境や器材・設備も多少づつ異なり、新鮮な気持ちになります。特に、いろいろな分野の手術が入っていると、ワクワク楽しいです。

ブログで花粉症と書いたからでしょうか?
知り合いの先生が薬を送ってくれたり、薬剤師の先生が薬の情報を教えてくれたり。ノドが痛いのも、スタッフがノド飴をくれたり、すぐに水を用意してくれたり、手術中も飲めるようにストローが準備されていたり。
みなさん、ありがとうございます楽しい


眼科医だけあって、目薬の勉強はしているつもりですが、
どうしても、内服薬や、他の薬の知識が乏しくなってしまいます。
僕は、花粉症の患者様に点鼻薬を処方する場合に、フルナーゼやザジテンという薬を処方することが多かったのですが、今回、薬のことを教えて頂いた時に、聞いたことがない名前の点鼻薬の話が出てきました。

アラミスト点鼻薬
花粉症のお薬は、飲み薬、目薬、点鼻薬、超重症例では注射薬などがあります。
飲み薬は、目にも鼻にも効きますが、眠気などの副作用が起こりえます。目薬や点鼻薬は、症状のある場所だけに効果的に働き、全身的な副作用が少なくてすむのが利点です。
アラミスト点鼻薬は、僕がこれまで処方していた薬と違って、1日1回で効果が安定することで、人気のある薬らしいです。
鼻腔の中にスプレーすることで、鼻粘膜のヒスタミンを減少させ、抗炎症作用、抗アレルギー作用を示し、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの鼻症状を改善させる効果があります。

毎日1回、続けることで効果が安定するようです。
僕は、月曜日のお昼にもらってすぐにつけ始めましたが、今日、水曜日の夜にはかなりいい感じです!!薬剤師の先生、ありがとうございます。

薬の効果や使い心地には個人差があります。決してアラミストがベストだという事ではありませんが、
薬の使用回数は少ない方が楽。今までの薬が効きにくい。という方は、是非教えてくださいね。
(僕は恥ずかしながら、きちんと回数を守れないタイプなので、1回で済むのはとても嬉しく思いました。)

それにしても、アラミストの発売は3年前のよう。
眼科専門の薬ではなくても、もう少し早く情報を手に入れられるように、幅広く勉強をしなくてはいけないと実感しました・・・・。
| その他 | 23:27 | comments(0) | - |
花粉症
うーん。体調が悪いです・・・。
ノドがイガイガ。首はヘルニア。花粉症。
ノド飴を舐めながら、外来をしたり、
首にカラーを巻いて、痛み止めを飲んで手術をしたり、
 (外来では格好悪いので、首はガマン)
花粉症で、鼻をカミカミ、目薬もつけて。
今日は残念ながら、当院で硝子体手術をした患者様の再手術がありました。
心まで少し不健康です悲しい

当院は現在のところ、眼科医は1人なので休むわけにはいかないのですが冷や汗

それにしても、今年の花粉症は大変です!!
数日前から、両目、まぶたまで真っ赤な人たちが沢山受診されています。最近話題の、中国の黄砂やPM2.5の影響もあるのでしょうか?僕も人生でもっとも重度の花粉症を味わっています。
患者さんには、「この目薬は、シーズンを通して、きちんとつけましょう。」と説明して処方をしていますが、自分の薬は忘れまくっている、ダメな医者です。
(今日はネガティブ)

当院の花粉症治療については、以前のブログを。
| その他 | 23:09 | comments(0) | - |
土浦市医師会
今日の夜は、土浦市の医師会の内科の先生方に、
「糖尿病網膜症の治療」についての講演をさせて頂きました。
(知り合いの石岡市の先生2名や眼科の先生にもいらして頂きました。)

糖尿病黄斑症の話や、OCTの話、
治療法として、レーザー治療や、硝子体手術、アバスチンやケナコルトの注射など、講演をさせて頂きましたが、最近、臨床ばっかりで、講演などの仕事から離れていたので、50分話し続けるのはちょっと大変でした。

昨日、ほぼ徹夜で資料(スライド)を作成し、眼科医でない、内科の先生方になるべく分かりやすく話が出来れば。と頑張ったつもりでしたが、なんとなく好評??だった印象で、よかったです。(自己満足かもしれませんが)

僕は眼科のことしか分かりませんが、内科の先生方も眼科の最新治療などの知識は乏しいかと思いますので、こういう交流の会が増えて、お互いの治療法や、気をつけることを共有できるようになるといいなと思います。
内科の先生方から、紹介状を頂く場合も、全く顔を知らない先生からよりも、顔見知りの先生・どんな先生なのか知っているほうが、安心してお引き受け出来ますしね。

うーん。眠い・・・・。少し早いですが今日はこれで休みます。
| その他 | 23:15 | comments(1) | - |
心構え
今日は土曜日ですが、午後に少し急いだ方がいい重症例・難症例の手術を行いました。
・白内障手術 5件
・網膜硝子体手術 3件(茎離断1件、増殖2件)
問題なくできました。



白内障手術の写真ですが、この方は、ぶどう膜炎・角膜内皮炎後の患者様で、水泡性角膜症(角膜内皮400弱)の状態です。黒目(角膜)が濁っている状態で、目の中に入れた機械もボヤけて良く見えません。水晶体の濁り(白内障)も殆ど見えない状態です。手探り状態での手術は危険度が高いのですが、心の目?、何度も何度も重ねてきた手術の経験で、「このあたりに濁りがあるはず」というイメージを描きながら手術をします。
10分程度と、少し時間は長めでしたが、無事に通常の手術(PEA+IOL)ができました!
(この患者様は、角膜移植をしないと視力は回復しません。今回は成熟白内障による眼圧上昇が起こってしまい、緊急性の問題から、まず白内障を除去して、安全に角膜移植の待機をすることが手術の目的です。)


これは30代の増殖糖尿病の患者様。既に視力は0.1しかありません。
両手を使って、カサブタをキレイに除去することができました。視力の回復は困難ですが、失明は避けられたかと思います。

なんと、同じ人の反対目。こっちもカサブタだらけ・・・。手術自体は満足いく結果ですが、明日以降の観察が重要です。

上記の患者様たちの手術は、超重症・難症例ですが、昨日から「明日の手術は頑張るぞ!!」とイメージトレーニングをしたり、朝にはゲンを担いでみたり??
難しい手術の前は、なんとなく気持ちが戦闘態勢になります。

ただ、今日は一件、とっても疲れる手術が・・・。
硝子体出血という、目の中が真っ赤に出血し、物が見えなくなる病気があります。以前のブログでも書いたのですが、出血をした原因によって、治療や予後が様々です。
今回は、50代の男性で、総合病院様からの紹介。視力は明るい・暗いが分かる程度に低下しています。実は、以前に左目の糖尿病網膜症で手術をした病歴があるものの、その後の定期健診をサボってしまったようです。今回出血した右目も、同様に糖尿病が原因では?とのことで、紹介となったのですが、
本日、手術で出血を除去していみると、糖尿病網膜症はほとんどなく、網膜剥離という病気が出血の原因であることが判明しました・・・。

矢印の先に網膜の断裂部です。かなり大きな断裂の、重症の網膜剥離です。
糖尿病のちょっとした出血で、簡単に洗浄して終わり?と予想して、手術の時間も30分位を予定していたのですが、途中で網膜剥離が原因であることが判明し、時間も50分ちょっとに延長。術後もうつ伏せが必要になってしまいました。
幸い、視力があまりに悪く、患者様も早期の手術を希望されたので、視野の中心部の網膜は保たれ、視力もまずまず回復するものと思います。

予想外に難しかったり重症であることが、手術中に急に判明すると、こちらの心構えができておらず、少しあたふた、気持ちが揺らぎます。
しかも、今日の手術の中では、一番簡単な症例だと思っていた症例で、手術の順番を1番目としていたため、その後の手術の時間も少し遅れ気味になったり・・・。

いつでも、どんな病態に出会っても、ポーカーフェイスで、涼しく乗り切れるような、強いハートを持てるようになりたいと思った一日でした。頑張るぞ!
| その他 | 21:47 | comments(0) | - |
予習
今日の外来は午前中だけで78名と、かなり混雑しました。
13時から小美玉で白内障10件、夕方から他院様で硝子体手術3件のお手伝い。
遅刻をしないように。と頑張りますが、移動の車で事故を起こさないように気をつけなくては車

予習
一昨年の開院以来、ずっと続けていることがあります。
それは、翌日受診予約の患者様のカルテを、前日に予習することです。
「明日はどうしようか?こうなってたら、ああしよう。こうだったらあれにしよう。」なんてことを、カルテにメモしています。

残念ながら僕は天才ではないので、全員の患者様の名前・お顔・視力・病状を暗記することはできません。
なので、予約外の患者様の場合には、「こんにちは。ちょっとお待ちください。」と挨拶をして、「ええっと、この方は何の病気だっけ??」と考えながら、以前のカルテをパラパラ見直します。
予習さえしておけば、僕の頭でも丸1日くらいは、だいたいの内容を覚えておくことができるので、診察室に入った瞬間、「手術後半年経ちましたが、如何ですか?」「この間の目薬はどうでしたか?」なんて言うことが可能になります。カルテを見返す時間が無くてすむので、診療の待ち時間の削減にもつながっているかと。

半日で78名の患者を診察すると、どうしてもお一人お一人との時間が短めになってしまうのですが、少しでも濃度の濃い時間でご満足頂けるように、予習を続けていきたいと思います。
ちょっと自慢ですが、なんと、この2年半、予習をサボった日は一日もないのです!(夜にお酒を飲んで、翌日の早朝に二日酔いで点滴をしながら、予習をしたことは何度かありますが、それでも外来の前に間に合わせました。)
これからも頑張ろうグッド


今日は、来年から入職してくれるかも?しれない、ORT(視能訓練士)さん2名が見学に来てくれました。時間がなく、挨拶もできませんでしたが、せっかく来てくれたのに本当にごめんなさいしょんぼり
質問があれば、お電話下さいね。
| その他 | 22:50 | comments(0) | - |
目の愛護デー
今日の午後は以下の手術を行いました。
・眼瞼下垂症手術 2件(炭酸ガスレーザー:ミュラー筋タッキング)
・白内障手術 12件
・網膜硝子体手術(茎離断)3件
 (裂孔原性網膜剥離1件、糖尿病網膜症・硝子体出血1件、黄斑前膜1件)
みなさん無事に終わってよかったです拍手


さて、みなさん、今日は何の日か御存じでしょうか??
10月10日は「目の愛護デー」です。
10 を横から見たときに、1が眉毛、0が目玉と考えて、当て字のように決まったのでしょう。
時計回しに90度回すと、
顔・目に見えますか??

残念ながら、多くの患者様は「目が見えなくなったら、眼科に行こう。」と思っているようです。

確かに、見えなくなってから病院に行っても、後から治せる病気というのもあり、白内障などはその代表例です。レンズが濁って見えにくくなったら、キレイな新しいレンズと交換をすれば治ってしまいます。僕は外来で、「白内障はご希望があれば、治すお手伝いを引き受けますが、ご希望がなければそのままでいいですよ。特に問題がなければ細かな定期通院も必要ありません。1年に1回くらいは見せてください。」と説明しています。

しかし実は、失明してしまうような目の怖い病気は「見えなくなってから受診しても、元に戻すことができない。」のが特徴なのです。
例えば、日本人の失明の原因の1位が緑内障、2位が糖尿病網膜症になります。
失明の原因:以前のブログも参照下さい。)
緑内障も糖尿病網膜症も、どちらも、自覚症状が乏しい病気で、「本人が見えにくいのに気づいた時には既に末期。」ということが多々あります。
痛くもかゆくもなくて、知らぬ間に進んでしまい、しかも、「見えなくなったら戻らない。」のです。

自覚症状として「見えなくなったから眼科に行く」のではなく、「見えているうちに、病気があったら食い止める治療をするために、検診に行こう。」が正しいのです。
・緑内障は遺伝するリスクが高い病気です。家族に緑内障の患者様がいる方は、何の症状もなくても、一度眼科を受診しましょう。
・糖尿病で内科にかかっている人は、何の症状もなくても、眼科で定期健診をしましょう。
・そして、眼科医の願いとしては、とくにリスクがない人でも、1年に1回でいいので、目の定期健診をしましょう。

本日の外来では、「今日は目の愛護デーなので、病気がないか検診に来ました。」という患者様は残念ながら1人もいませんでした・・・。
(糖尿病、黄斑変性症、初期緑内障で、1年ぶりの定期健診を申し込んで頂いた方はいましたが、目の愛護デーを狙ったのかは不明です。)

そして、もうひとつ、何か目に症状があったら、出来るだけ早く眼科にかかりましょう。健康な人にとって、物を見るということは、何も考えずに無意識に行う行為です。少しでも「見えにくい」、「痛い」、「違和感」を感じたら、早めに眼科の診察を受けてください。
「たいしたことないかな?」と、自己判断により病院に行かなかったり、治療を怠ったりすると失明という最悪の結果に至る場合があります。
今日、緊急で手術をした網膜剥離の患者様も、「中心部が見えなくなって、1週間待ったけど治らないから、受診した。」なんていう訴えでしたが、完全に手遅れです。手術で失明を防ぐことはできたと思いますが、視力1.0以上への回復は期待出来そうにありません・・・。

もう、今年の「目の愛護デー」は終わってしまったのですが、ブログを読んで下さった方に一つ。
「あいうえお」
片目を隠して、片目で「あいうえお」がきちんと読めますか?
黄斑に起こる病気などは、両目で見ていると気がつかない場合があります。左右、どちらかの目の見え方が、少しでも悪いようであれば、明日眼科にかかりましょう。
(老眼鏡をかけて見えるのであれば、問題ありません。メガネをかけても見えにくい場合です。)
| その他 | 23:30 | comments(2) | - |
すみません。お返事が遅れています。
今日も網膜剥離が・・・。

すでに中心部(黄斑)まで剥がれており、小美玉市医療センターでの手術後に、夕方にクリニックに戻って手術をしました。手術は順調に終わりよかったです。
夜は、県内の医院様で硝子体手術。これも重症でした・・・。
病気は次から次に発生しますねぇ。

ご質問をいくつか頂いており、お返事を書きたいと思っていますが、明日か明後日にまとめて記載しますので、申し訳ありませんが、もうしばらくお待ちください。
Y様、水泡性角膜症(角膜内皮)も進めていきます。すみませんが少し時間を下さい。
| その他 | 23:59 | comments(1) | - |
楽しかったです。
今日も網膜剥離の紹介があり、午後の外来の途中でやっつけました!
明日も知り合いの医院様で硝子体手術があり、今週は月〜土曜まで、初の平日一週間の硝子体完投です。
夕方は、口腔外科の先生と眼窩底骨折の手術でしたが、他の科の先生の手術はとても刺激的で、ワクワクします。いっぱい技術を盗まなくては。

眼窩底骨折についても、検査や治療など、今後ブログで書いて行きます!

夜は、そのまま口腔外科の先生と復習会?飲み会?に。
いつの間にか外科の先生とも合流して、夜中まで思いっきりストレス発散です。
結構な時間になってしまいましたが、僕は明日の手術は午後からなのでいいですが、他の先生は朝から仕事かな?山王台のDr.みんな若い!!
| その他 | 03:00 | comments(0) | - |
モラル
今日の午後は他院様で硝子体手術に呼んで頂きましたが、他に、週末に当院で手術をした患者様も、出血や高眼圧の問題で再手術を行いました。
重度の糖尿病網膜症では、合併症のリスクも高く、再手術が必要にになることも少なくありませんが、やはり最短で治って頂くのがベストですから、申し訳ないなと。今日も手術自体は問題なく終わっていますが、それでも再出血をしたりする時はするのですよね・・・。
明日の診察は期待と不安でいっぱいですが、何があっても出来ることをきちんと行って、誠心誠意対応したいなと思います。


昨日もちょっと偉そうなことを書いたばかりなのですが、どうしても納得がいかないことがありまして。
モラル
モラルって、道徳。倫理。人生・社会に対する精神的態度の意味だそうです。
領土問題の話題が盛んで、以前より愛国心について考える機会が増えていますが、日本人は正義感が強くて、モラル意識が高い。それが日本人の誇り。そう言われて育ってきました。

昨年末にも書いたのですが、
休日夜間の診療に関して
目のことで困った人がいれば。と、僕は自分の出来る限りの精一杯で、休日でも夜間でも対応をしているつもりです。(もちろん、旅行に行く時もありますし、僕以上に休みのない医師もいるかと思いますが。)
緊急手術や処置の必要があれば夜中にだって行うつもりです。
ただし、当院は院外処方がメインだったり、スタッフも少ないので通常の診療に比べて、満足な検査が行えないリスクもあり、診療を引き受ける前にお願いしていることがあります。

ゝ澣浤依茲任蓮基本的に応急処置のみ
∪彩検査や、薬の処方、お会計は翌日の朝に

受診問い合わせの電話に、前もって上記をお伝えして、それでもよければ。と、受診を引き受けています。

ところが、数日前は、
「今からすぐ行きます。15分でつきます。」とのことで、夜に病院で待つこと1時間。受診がないので、電話をしてみたのですが、出てもらえませんでした。

一昨日は、
診察をして「翌朝に処方をするので来院してください。」と伝えると、「明日も来なくちゃいけないの?」と不満そう。はじめに伝えたのに・・・。1人で対応したので、「保険証の確認や診察料も翌日に。」と話しておいたのですが、そのまま来院されませんでした。
お金がほしいわけではありませんが、診察料も払いに来ないとは、失礼な言い方ですが、人としてどうなのだろうと。(今日まで、どうにもお忙しい理由があって、後日来院予定であれば申し訳ありませんが。)

僕はまだ大丈夫ですが、こういうのが続けば、「もう救急外来をみるのはやめようかな。」と考える時期が来るかもしれません。
医師不足が問題となっていますが、将来、やる気のある若い先生たちが増えても、患者様のモラルがあまりに低ければ、結局は医師を続ける人がいなくなって、さらに医師不足になって・・・。
人として、最低限のモラルを持ちたいものです。


偉そうなブログですみません。
しばらく、眼科の病気のことから離れてしまいましたが、次回からまた頑張ってみます。
| その他 | 21:50 | comments(0) | - |
お手紙
手術実績をのせたり、どのような手術をしているのかを書くことで、当院を受診する患者様が、安心して治療を受けられるといいな。というのと、僕が知っている眼科の知識を分かりやすく記載して、目の事で困っている人に少しでも役に立ってほしい。
と思って、ブログを書きだして、もうすぐ1年半になります。

実は自分のメインの仕事、つまり実際の医療も結構忙しくなっており、ほとんど休みも取れなくなっていたり、混雑した外来で、説明不足になっていることもあるかもしれない。と思うと、ブログを書くよりも目の前の患者様に集中した方がいいのか?
でも、ブログを書いている多くは夜中で、診療時間には診療に集中しているのだからいいのか?
なんていう葛藤に最近悩まされることがあります。

北海道から沖縄まで、Q&Aでは幅広い地域からご質問を頂き、自分なりに出来る範囲で回答をしていますが、実際に診察をしているわけではないので、担当医の先生方にはかないません。無責任な答えを書いていないかと、悩んでしまう事もあります。

そんな中、今日はちょっとモチベーションが上がるお手紙を頂きました。
面識のない、かなり遠い大学病院に入院中の40代男性の患者様からです。
両眼の増殖糖尿病網膜症、血管新生緑内障で、なんと1年ちょっとで、外科的手術などを両眼で16回くらい。アバスチンの注射を数え切れないくらい行っているとのことです。
糖尿病や緑内障のブログが役に立ったという事で、感謝のお手紙でした。かなり見えにくいのではないか?と思いますが、虫眼鏡でブログを読んで頂き、病状や経過、人生観など6枚に渡るお手紙を記載頂きました。大変な労力たっだのではないかと思うと、上記の僕の悩みは吹っ飛んでしまいました。

22日に郵便に投稿して頂いたY様(S様?)、ブログでの返信でも構わないとありましたので、遠慮なく記載させて頂きました。
ご自身の存在価値についての記載がありましたが、今回のお手紙は僕にとっては、医療のやる気が跳ね上がる出来事で、とても嬉しく思いました。
何もしないでいるより、少しでも何かをなさってください。僕の稚拙な文章・ブログが恥ずかしくなるほど、お手紙からは聡明な方という印象を受けました。Y様ご自身の経験や人生、考え方をお話し頂くだけで、周りの人に影響を、元気を与えることができるのではないかと思います。(偉そうですみません。)

僕はかなり諦めが悪い方ですが、今年は1名だけ、Y様よりさらに若い両眼の糖尿病・血管新生緑内障で、退院様の術後からですが、引き受けた後どうにも上手くいかずに片眼は諦めさせて頂いた方がいます。
大学病院で16回もの手術・処置を行う医師は、僕の周りでは聞いたことがありません。とても熱心な診療を受けているのかと思います。

緑のカーテンも頑張ります。
ご希望のあった、角膜内皮のブログも時間をみて記載しますね!!
| その他 | 22:21 | comments(0) | - |
お久しぶりです。
お久しぶりです!
急だったのですが、実は、少し早めの夏休みを頂き、先週は久しぶりにのんびり過ごしたり、他の眼科様の見学に行ったりしてきました!沢山の眼科の先生とお話をする機会があり、勉強になりました。
代診の先生方、スタッフの皆さん、お陰様で困った症例もでなくて助かりました。ありがとうございました!
元気いっぱい・やる気いっぱいで、また今日から頑張りますグッド

今日のお昼の手術は、
・涙管チューブ挿入術 2件(TS-1内服後の両眼涙点・涙小管閉鎖)
・瞳孔形成術 1件(他院様にて眼内レンズ縫着後)
・白内障手術 5件
・網膜硝子体手術(茎離断)1件(眼球打撲後の硝子体出血)
無事に終わりました。
そして、とうとう外来の患者様が、午前・夕方を合わせて100名に!
開院2年ちょっとですが、初めてです。

また明日から、ブログも再開してバリバリ働きますよ!!
| その他 | 23:29 | comments(0) | - |
若手〜中堅?
今日は以下の手術を行いました。
・眼瞼下垂症手術 2件
・白内障手術 9件
・緑内障手術(エクスプレスシャント)1件
・網膜硝子体手術(茎離断) 3件
 (網膜中心静脈分枝閉塞症での黄斑浮腫、同じく分枝閉塞症での硝子体出血、増殖糖尿病網膜症+黄斑浮腫)
無事に終わりました。
この春から、緑内障手術でシャントと呼ばれる水の流れ道の役割を果たす、人工のバルブの挿入(インプラント)が、正式に保険診療で認められました。
非常に有用な手段で、当院でもどんどん症例が増えていますが、時間をみてブログに書いていきたいと思います。

それなら今日かけば?と思うでしょうが、
今晩は少しお酒が進んでしまい、難しい話題はちょっとムリ。
日常の日記程度に。
先ほど、大学時代の後輩の先生たちと夕飯を食べたのですが、
みんなそれぞれ頑張っていて、自分の思う医療をやっているようで、安心しました。
下の学年の先生のほうが分野によっては知識があったり、そんな医療をするんだ!なんて、勉強になることもあります。
僕よりも若い先生が頑張っているのを聞くと、嬉しい反面、負けられないぞ!なんて、勉強の意欲に駆られたりもします。他の先生と食事をすると、刺激になってモチベーションがあがります。
僕は自分では働き盛りの若手〜中堅?と思っていたのですが、下の世代の先生がどんどん迫ってくると、もう自分を若手。なんて思ってたら変ですよね・・・。

医者はそれぞれ、他の先生との違いを出して「僕はこういう医療をしたい!」と思っている人が多いのではないかと思いますが、
逆に、患者さんは、「眼科なら、どの先生にかかっても同じ医療を受けられる。」と思っている人が多いように思います。病状を説明すると、「他の眼科ではそういう治療があることは聞いていない。」なんて言われることも多々あります。

帰り道に、考えてみたのですが、当院の特徴をいくつかあげると、
,△らめない。
手術をしても良くはならない。もう末期だし、今更手術をしても視力が0.02とか、わずかにしか残せない場合でも、患者さんが希望するかぎりは最後まで治療をしよう。と思っています。年齢も100才超えていても白内障手術をしますし、90代の患者様の網膜硝子体手術も希望があれば引き受けます。

黄斑浮腫が大嫌い。
糖尿病や網膜静脈閉塞症などで、黄斑浮腫という病態が起こると、多くは進行性に視力が低下します。黄斑浮腫があっても治療をしない先生も少なくないのですが、未認可の治療ですが、アバスチン(抗VEGF薬)やステロイドの注射、硝子体手術などを積極的に行っています。ちょっとした再発でも、適宜再注射を行っていきますが、当院で管理した浮腫の患者様では、初診時から進行性に視力が低下した人は記憶にないくらいです。(1〜2カ月毎に注射をし続けている人も数名いますが、患者さんが希望する限りあきらめないぞ!と。)

その他、いろいろありますが、ちょっと眠くなってしまい、また後日にしたいと。誤字脱字ありそうですが、御勘弁を。
| その他 | 23:59 | comments(1) | - |
行ってきます。
今日はお昼すぎから親知らずの抜歯の予定でしたが、
ちょっと急がなくてはいけない手術があったので、午前外来終了後に、
・白内障手術 2件
・眼内レンズ縫着術(無水晶体眼)1件
・網膜硝子体手術(茎離断・黄斑変性の網膜下出血)1件
をやっつけて、

ちょっと遅れましたが、
今から分院の小美玉市医療センターに行ってきます。
自分が手術をされるのは緊張しますね・・・冷や汗
経過はまたあとで報告します。
| その他 | 14:52 | comments(0) | - |
大学病院??
今日の外来も混みました。
とくに午後のクリニックは、お待ちいただく患者様が多くなってしまい、申し訳ありませんでした。

近隣の脳外科・内科様から、視神経炎という病気や、井上先生から原田病という病気の紹介があり、緊急入院も多くて、結構大変・・・。
とブログを見渡しても、原田病も視神経炎も、まだ書いていないようですね。
どちらも、そうありふれた病気ではなく、同時に紹介って大学病院のよう。
ブログも充実させたいのですが、なかなか忙しくて今日はお休みです。

親知らずを4本抜くのも、あと2日に迫っており、しっかりご飯も食べておかないと・・・。
| その他 | 22:43 | comments(0) | - |
おくやみ欄
今日は小美玉市医療センターで井上先生と手術でした。
難しい症例もいましたが、無事に終えました。

小美玉市医療センターでは非常勤も含めると、かれこれ4年、
眼科・内科クリニックの常勤も2年以上が経過しました。
以前は大きな病院で、毎年転勤を繰り返していたのですが、
長く一か所で勤務を続けると、以前とはいろいろと異なるがあります。
ずっとここで働いて行こう。と心に決めていますが、
転勤がないということは、治療が上手くいかない場合も、どんなに頑張っても回復が望めない病気の患者様ともずっと長く付き合っていく必要がありますし、責任をより重大に感じることになります。
そういうプレッシャーもありますが、他に思う事も。

最近はなんとなくですが毎朝、朝刊の「おくやみ欄」を見るようになりました。
石岡・小美玉・かすみがうら・行方・笠間、なんとなく目を配ると、残念ながら数日に1回は思いあたる名前を目にします・・・。
「似ている名前だな。あの人じゃないといいな。」と思うだけで、気持ちものらないので、それ以上は無理に調べないようするのですが、次の外来予約日に来なかったりすると、なんとなく悟ってしまいます。
そういう気づき方以外にも、実は先週・今週は特に数が多くて、5名の患者様の家族に、「亡くなりました・・・。」との報告に来て頂きました。
(Y様、I様、K様、N様、S様、今回は全員がある程度高齢の男性でした。これまで、どうもありがとうございました。)
緑内障や糖尿病の患者様は、長い間のお付き合いがあったり、手術を何回も担当させて頂いたりと、思い入れも強いのですが、眼科医って命の問題には全く力になれないので、なんともやりきれない気持ちなることもあります。
大きな病院に勤めている時には、そういう経験は少なかったのですが、ご家族がわざわざ眼科医の僕のところにまで、亡くなったという報告にきてくれるのは、とてもありがたいことです。
今回ではありませんが、数ヶ月前に小美玉で80代の緑内障末期の患者様が亡くなった時に、「生きている間、光が保てて良かったです。」というお手紙を、奥様に頂いたのですが、これにはグッとくるものがありました。

これからも、ここで働いて行くとなると、もっともっと同じような経験をするのかもしれませんが、少しでも不自由のない生活のお手伝いができるといいなと。

なんだか、個人的で、よく分からないブログになってしまいましたが、お読み頂きありがとうございました。
| その他 | 22:06 | comments(0) | - |
ガレキ
今日の午後は遠方の医院様で硝子体手術のお手伝いをしてきました。どこも重症の患者様が多いようです。

最近、医学的なブログをさぼりがちですが、今日もおそくなってしまったので休憩で。明日からまた頑張ろう。

ちょっと別件で2件。

�眼科の知識が広まって、病気の早期発見・早期治療などに役立っているといいなと思い、ブログを書いたり、質問にお答えしたりしていますが、ブログへアクセスして頂いて、トップページ以外をクリックして頂いた方のアクセス数というのが分かるのですが、最近はだいたい1日400名程度の方にお読み頂いているようです。ところが、昨日のアクセス数はなんと1200件近くに。日食網膜症のせいでしょうか?日食効果すごい。
1200人に読まれたかと思うと、毎日ビールを飲みながら書いて、誤字脱字も気にしない。というのはちょっと気が引けます・・・・。

�インターネットのニュースで見ただけなので、正確な詳細は不明ですが、震災のガレキの受け入れを拒否して問題になっている地域があるようです。個人的にはとても悲しい気持ちと強い憤りを感じます。日本全体の問題です。日本人みんなで助けあう必要があります。
自分の地域がキレイならいい。俺の世代だけよければいい。うちの子だけ助かればいい。そうではないですよね?
原発もガレキも、日本の将来、ずっとずっと先まで考えて検討しないと。
| その他 | 23:05 | comments(0) | - |
ムリして!
今日は以下の手術を行いました。
・加齢性下眼瞼内反症手術 2件(さかさまつげ:眼輪筋縫縮)
・白内障手術 3件
・網膜硝子体手術 5件(茎離断4件、増殖1件)
 (黄斑円孔1件、糖尿病硝子体出血2件、増殖糖尿病網膜症2件)
連休中ですが、少し急がなくてはいけない(遅くなると結果が悪くなってしまう)症例の手術をメインに施行させていただきました。皆さん無事に終わっています。

今日は午前の外来と、午後の手術にも、眼科医の先生が見学に来ていただきました。当院での知識が少しでも役に立てばと思います。
夜は急きょ、県外の眼科様に手術のお手伝いに呼んでいただきました。連休中でも医療はなかなか休みがありません。

本日見学に来ていただいた先生が、「先生は漫画が好きなんですよね?」とのこと。その通りです!!⇒http://blog.sannoudaiganka.jp/?eid=139866
見学の先生は「宇宙兄弟」という、最近、俳優の小栗旬さんが主演で映画化された漫画を読み始めたそうです
医療と関係ないですが、その漫画で、僕が心に残っているフレーズの紹介を。

ムリして!
宇宙飛行士を目指す兄弟の物語を描いた漫画「宇宙兄弟」。主人公のムッタ(小栗旬さん役)のライバルで、ともに宇宙を目指す、ケンジの娘が言ったフレーズで、「スーパンダマンはムリしてがんばるんだ」というのがありました。週刊誌では半年くらい前の漫画でしたが、当時も忙しかった僕にしっくりくる言葉で印象に残っています。

ケンジの娘が少し大きくなって、パパと仕事のことについて話せるようになりだしたころ、パパを元気付ける言葉は、「ムリして!」でした。
僕が仕事で寝る時間がないと、妻も、僕の両親も心配をして「ムリしないでね。」といいます。でも、実際にそう言われると、嬉しい部分もありますが、僕の中では「30代の今、頑張らないで、いつ頑張るんだ?今頑張れなければ、僕の仕事はなんなんだ?」なんて、ちょっぴり反抗的な気持ちが出てきたりして・・・。

僕の父親も、結構忙しく働く人で、夜はあまり家にいなかった記憶があります。「忙しいのが美徳」と、ちょっと昭和の考え方かな?僕にもそういう考えが染み付いてしまったようで、なかなか、仕事から気持ちを切り離すことができない人間ですが、自分の好きでやっているので、子供に「ムリして!」なんて言われたら、熱くなってしまいそう。
家族には迷惑かも知れませんが・・・。

変な話ですみません。
連休中はブログの更新はお休みの予定です。
| その他 | 23:33 | comments(0) | - |
セデーション:鎮静
今日の外来は、初診予約も予約外の方もお子さんが多くて、ここは子供病院??と思うほどでした。
春の新学期になると、学校で視力検診をして、「学校の検査でBをもらった。」「去年はBだったけど、今年はCになった。」という来院が多いのです。
殆どのお子さんは、近視や軽い乱視で、「黒板が見えにくくて、希望があればメガネを作りましょう。」というだけなのですが、たまには弱視や斜視、他の病気の方が隠れています。学校で紙をもらったら、きちんと受診しましょうね。

今日は昨日の手術から一つ。
セデーション:鎮静
昨日は、上下斜視の手術が1件ありました。白内障の手術に比べて、斜視の手術は目の周りの筋肉を切ったり、引っ張ったり、縫いつけたり。痛いのが問題です。
斜視の手術⇒http://blog.sannoudaiganka.jp/?eid=127264
他には、網膜剥離の強膜内陥術なども痛みが強いです。
http://blog.sannoudaiganka.jp/?eid=134060

痛みのある手術は、患者様にとって苦痛です。もちろん麻酔の注射は行うのですが、出来るだけ痛みを少なくして手術をしてあげたいと、当院では上下斜視(外斜視や内斜視より痛みが強いです)や、強膜内陥術では、セデーションと言って、手術中に軽く眠って頂く方法をとるようにしています。

ドルミカムというお薬を点滴で血管に入れると、数十秒でグウグウと、いびきをかいて寝てしまい、手術をしたことを全く覚えていない。なんていう人も沢山いますが、セデーションの効果は人によってかなり異なり、薬が効きにくい人もいます。

残念ながら、昨日手術をさせて頂いた女性は、薬を投与することで少し気分が不安定になってしまって(寝ぼけて?)、体が動いてしまったりと、きちんと眠っては頂けませんでした。薬を追加で沢山入れればよかったのかもしれませんが、このお薬をあまりに多く入れると、呼吸が止まってしまう。なんていう副作用も知られています。変に寝ぼけて、体が動くのも危険ですし。
とっても迷ったのですが、それ以上の薬の投与は控えて、別の痛み止め(ソセゴン:医療用麻薬)の点滴を追加して手術を終えました。

一泊二日の入院で、今朝の診察は、僕は小美玉の外来なので、井上先生が担当してくれたのですが、斜視の手術の経過は良好で、とても喜んで退院となった。との嬉しい結果でしたが、なんと「お産よりも痛かった。」との伝言を頂きました・・・冷や汗

眼科医って、体のコントロールにちょっと疎いのですが、痛い思いをさせるのは、とっても申し訳ないです。外科や内科、麻酔科の先生に相談して、麻酔の事をもっと勉強しなくては。と反省しました。途中で外科や内科の先生に来て頂き、麻酔を手伝ってもらっても良かったのかも。
まだまだ覚えることが沢山です。
| その他 | 22:26 | comments(0) | - |
ピンホールカメラ
今日は水晶体亜脱臼による緑内障発作の患者様がいらっしゃり、お昼休みに緊急手術をさせて頂きました。
入院のほうがいいかな?と思いましたが、あいにく満床なので、日帰りで。
先ほど電話をしたら、手術前のような痛みは全くなくなったとのこと。
よかった。一安心です楽しい


あとで書こうと思っているブログの準備知識を。
ピンホールカメラ
昔のカメラの構造ですが、黒い小さな箱に小さな穴(針穴:ピンホール)を開けて、外からの光が入ってくると、箱の中で反転した映像が、感光剤(フィルム)に当たって写真が写る。という原理があります。
光が弱く、感光剤(フィルム)が反応するまで、かなりの時間がかかったり、現在のカメラに比べて、映像がはっきりしない。など、いろいろ問題があり、最近は趣味の世界でしか使われませんが、
このピンホールカメラ、ちょっと難しいのですが、通常のレンズ光学や、散乱と呼ばれる光の特性と、ちょっと異なり、焦点という概念が当てはまりません。

一般的なカメラは、ピンホールではなく、レンズを使用するのですが、レンズに入った光がフィルムにピッタリと焦点(ピント)があえば、明るく、キレイな画像を得ることができます。


これはピンホールカメラのイメージ図です。太陽からの光が木のてっぺんに当たったとします。通常はそこで散乱と呼ばれる光の広がりが起こり、光が散らばって進みますが、箱の中に入れる光はピンホール(針穴)を通った光だけになるので、木のてっぺんの光は、180度反転して、フィルムの一番下方に当たります。同じように、木の根元からの光は、フィルムの上方の一点に当たります。さらに同様に、木の各部位ごとに、1対1の関係でフィルムに光が当たる構造をとります。
ピンホールと、フィルムの距離が変わっても、基本的には1対1の関係で光が進むことに変わりないため、ピンホールカメラでは、焦点という概念がなく、どの距離のものでも、ある程度はピントのあった画像を得ることができます。

このピンホールカメラの原理を使って、
来月5月21日に起こる金環日食を見よう!という話題を書きたかったのですが、ちょっと説明が難しい・・・。
僕も頭では理解していても、本当に??と思う事もあり、
一応、実験をしてみます。


左から、我が家のダウンライトです。
中央、厚紙を星型に切り抜き、ライトに張り付けてみます。
右、ライトを点灯させます。


左、別の厚紙に、ボールペンで穴を開けてみました(ピンホール)。
右、下に白い紙(フィルムの役割)をおいて、少し離して、ピンホールの厚紙を持ってみました。すると、青矢印の部位に、確かに星型が!!

ちょっと分かりにくいので、拡大してみると、

やっぱり星型。
フィルムの役割の白い紙と、ピンホールの役割の厚紙の距離によって、星型の大きさと、明るさが変わりますが、本当に焦点という概念がなく、基本的にはいつも星形にうつりました。

(注:電球が熱を持って、なんと厚紙が焦げてしまいました。絶対に真似しないように!)

今回はボールペンで開けた穴のせいか、ピンホールの大きさが少し大きすぎて、ちょっとボヤけた映像になってしまいました。
ちょっと専門的ですが、フィルムに作られる像の解像度は、ピンホールの大きさに左右されます。穴が大きいと、少し大きな光の点で映像を写しだすことになり、穴が小さい方が、小さな光の点で映像を写し出すことができます。なので、小さい穴の方がキレイな映像が作れます。ただし、あまりに小さくなりすぎると、回折という別の光の働きが出てきてボヤけてしまうようになります。一般的には0.5mmくらいの穴(ピンホール)が、うつりがいいようです。
なんだか、ちょっと難しい話になってしまいましたね・・・。
| その他 | 22:26 | comments(0) | - |
うわーぁ・・・。
今日は午前が小美玉、午後がクリニックで外来です。
夕方からは予約が少なめで、ちょっとのんびりだなぁ。なんて思っていたのですが、最後の3名、5眼が・・・。

初診で、手術目的で紹介された患者様たちなのですが、重度の糖尿病などです。
ゴールデンウィーク前は手術を控えようと思っていましたが、ちょっと急いで手術をしなくてはいけないので、何例かはどうにか手術をしてあげたいと。頑張りがいがありますね。

今晩は、手術の方法を念入りに考えたいと思います。
| その他 | 22:09 | comments(0) | - |
日本眼科学会 総会
昨日から、都内で日本眼科学会の総会が行われています。
診療があったので、遅れてしまいましたが、
これから出発、日曜まで頑張って勉強してきたいと思います。
昨年は震災直後で、参加者が少ない印象でしたが、今年はどうでしょう。
ワクワクするような新しい知識が手に入ったらいいのですが。
日々の診療に生かせるように、集中して学んできますので、
ブログは数日お休みです。
| その他 | 18:01 | comments(0) | - |
ガンバレ
今日も働きました!
午前はクリニックで外来
午後は小美玉で手術 (白内障7件、緑内障1件、硝子体1件)
高速で移動して、夕方からは他院様で手術のお手伝い(硝子体4件)
高速で戻って、クリニックで診察や書類。
お腹も減ってきましたが、家に帰ってビールが待っているので、間食は我慢ですビール


ちょっと疲れて、ボーっつとしたり、ため息が出たり、
頭や体の動きが遅くなった時に、よく聞く歌をご紹介。

ザ・ブルーハーツ
「人にやさしく」

気が狂いそう やさしい歌が好きで
ああ あなたにも聞かせたい
このまま僕は 汗をかいて生きよう
ああ いつまでもこのままさ
僕はいつでも 歌を歌う時は
マイクロフォンの中から
ガンバレって言っている
聞こえてほしい あなたにも
ガンバレ!

人は誰でも くじけそうになるもの
ああ 僕だって今だって
叫ばなければ やり切れない思いを
ああ 大切に捨てないで
人にやさしく してもらえないんだね
僕が言ってやる でっかい声で言ってやる
ガンバレって言ってやる
聞こえるかい ガンバレ



テンポの速い曲で、聞いていると、自分の動きが早くなります。
大きめの音で曲をかけて、聞きながら、診断書やカルテを書いていると、
貧乏ゆすりが出てしまうのですが、書類をかくスピードも2倍速に(笑い)

人にやさしくする。応援する。って、難しいことです。
それが出来るときは、自分も頑張れている時、もしくは、頑張れない時に、人を励ましながら、自分にもガンバレって言っているような。
中学生くらいの時から知っていた曲ですが、今の方が好きです。
| その他 | 23:31 | comments(0) | - |
地域。
今日の午後は以下の手術を行いました。
・翼状片手術 1件
・白内障手術 10件
・水晶体摘出 1件(亜脱臼・続発性緑内障)
・網膜硝子体手術(茎離断)4件
(裂孔原生網膜剥離1件、黄斑変性に伴う硝子体出血1件、
 網膜中心静脈閉塞症にともなう黄斑浮腫1件、増殖糖尿病網膜症)
まずまずの件数でしたが、スタッフがお昼休みを削って協力してくれたので、終わってみれば17時と、結構早くできました。
もちろん術後の経過観察は重要ですが、手術は上手に出来たと思います!

地域に、石岡市に根差した医療を!と思っていますが、
今日の入院患者さん、8名の住所を見てみると、日立市や、鉾田市、土浦市、つくば市、守谷市などなど、結構遠方の患者様のほうが多くなって、むしろ石岡市の方はたった1名でした。
石岡市内の方の目の状態が良くなっていて、重症の方が減ってきているのだと、嬉しいのですが、たまたまかな?

ちょっと予定があり、病気のブログはお休みです。
明日も、後輩の眼科の先生たちと会う予定があり、週末くらいから復活します。
| その他 | 19:17 | comments(0) | - |
ipad
今日のお昼は以下の手術を行いました。
・白内障手術 8件
・網膜硝子体手術(硝子体切除)1件
硝子体の方は、残念ながら今年初の再手術の方です。
網膜剥離の手術後、当日夜間に駆逐性出血という大きな出血を起こしてしまったようです。非常にまれな出血で、器械の出し入れだけでも起こることもあり、気をつけようがない。とも言われる合併症ですが、再手術は患者様にとって非常にストレスな事態で、申し訳なく思います・・・。
最悪のケースでは失明に至ることもある疾患ですが、今回は幸いにも、駆逐性出血の中では、軽症のタイプ(脈絡膜下血腫)たっだようで、網膜への影響はほぼなく、問題が起こらなければ、きちんと回復してくれそうです。一安心ですが、再手術は僕たち医師にとっても、かなりストレスです。全症例が一回の手術で、上手くいけば最高ですが、難しいですね・・・。ちょっぴり心が折れそうです。


ipad
最近、タブレット型パソコンといって、タッチパネルの薄いものが流行っているようです。
特にアップル社のipad(アイパッド)は、爆発的な売れ行きのようで、使いやすさや、画面のキレイさ・解像度がずば抜けているとのこと。なんでも、画面はretina displayと呼ばれますが、reninaは網膜の意味です。「人間の目では一つ一つのピクセルが認識できない」なんて評論されていました。
スマートフォンや、タブレットに、ちょっと乗り遅れていた僕ですが、今月、一気にデビューしてみました。

これが実物ですが、確かに画面がキレイです。実際には、近づいて見ると、一つ一つのコマ・ピクセルはかろうじて判別できるようですが、通常の距離では認識できません。今度、手術用顕微鏡でのぞいてみます。

二つ購入してみたのですが、一つはクリニックで、患者様への病気や手術の説明に使ってみたいと思います。手元で、スーッと写真やビデオを流していったら、ちょっとカッコいい感じかな?楽しみです。
しかし、これが日本製だったらいいのにな。とも思います。
| その他 | 22:00 | comments(0) | - |
3T MRI勉強会
一般の人にはちょっと専門的な日記です。目の事はお休みさせて下さい。

今日は外来も混んで、お待たせした患者様も多くなってしまいました。すみません。夜は医師会の糖尿病の講習会に行く予定でしたが、院内のMRIの勉強会が長引いてしまい、参加できず・・・。

先日、記載しましたが、超最新式のMRIが稼働しています。
http://blog.sannoudaiganka.jp/?eid=139113
http://blog.sannoudaiganka.jp/?eid=139191
でも、新しすぎて、特殊な機能を使いこなせていないのが現状・・・。
18時から始まった勉強会ですが、白熱して22時くらいまでかかり、その後、入院患者様の診察をして、ブログの質問にお返事をして。いいわけですが、夕食もまだなので目のブログはサボります。
MRIの撮影法で、T1やT2、フレア、脂肪抑制、diffuionなど、眼科でもおなじみの撮影方法は、眼科医の中では詳しい方だと、勝手に自負していたのですが、今日はわけのわからない、単語がたくさん・・・。

・出血が急性期・亜急性期などの時期に関係なく安定して検出できる、T2star撮影
・T2/T1コントラストで、MRAなどよりも、素早く血液や液体を鮮明にさつえいする、Balanced sequence撮影
・造影剤や、非造影でも磁場をかけた血球の差分撮影によって、血流障害が分かる(脳梗塞でもdiffusionより、よほど早く分かるようです。)perfusion撮影
・spectroscopy撮影は、乳酸、クレアチン、NAA、コリンなどの組成の違いによって起こる磁場の違いから、病変部が、どのような状態になっているのか(眼なのか、壊死なのか、水なのか)を、組成データを検出することができる撮影です。
まだまだいっぱいでてきましたが、個人的に興味があったのだけ書いてみました。
通常の、今までのMRIとは、全く違うことが出来るようになってきているようです。医学の進歩はすごいなぁ。

勉強会の資料は後日配られるそうで、耳で聞いて、頭で覚えられた範疇で、忘れないうちに。と、メモ代わりに記載してみましたが、スペルなど、間違っているかもしれません。

今日はフィリップス社の方に、いろいろ話を聞くことができましたが、眼科の撮影方法に関しては、資料が全くないとのことでした。
T2starで硝子体出血を撮ったらどう映るのか(あまり診断にゆうようではありません。眼窩や頭部には使えますよね。)、spectroscopy撮影で、眼球の組成をみてみたらどうなるのか。世界中で、一回も調べられてない可能性もあるかも?
うーん。早く僕の目を撮影してほしい。たのしみ。
| その他 | 23:48 | comments(0) | - |
ブログ、1年続きました。
今日は以下の手術を行いました。
・白内障手術 11件
・結膜弛緩症 2件(白内障のついで。無料)
・緑内障手術(トラベクレクトミー)1件
・網膜硝子体手術 3件(離断2件、増殖1件)
 (黄斑円孔1件、ぶどう膜炎混濁1件、増殖糖尿病網膜症1件)
みなさん無事に終わって良かったです。
重症のかたばかりですが、手術目的の紹介が増えてきて、ありがたいことです。頑張ります!

ブログ
少しでも社会の、眼科医療のためになればと、ブログを書き初めて、ちょうど1年がたちました。
一年前の初回ブログ
http://blog.sannoudaiganka.jp/?eid=118711

たまには疲れてしまって、「もうやめようかな。」なんて思う事もありましたが、「自分で始めたことだから、とりあえず1年間は頑張ろう。」と、どうにか続けてこれました。
数えてみると、1年間で、275回の記載を行ったようです。関係のない話題も多くありましたが、半分くらいは目の病気に関して記載したのでは?我ながら頑張ったのではないかと、今日は自分を褒めてあげようかと。

少しでも質問にこたえることができましたし、
実際にブログをみて来院して頂く事も増えました。都内からの患者様もちょこちょこ手術を受けに来られますが、茨城県の石岡市に都内から来て頂けるのは、ブログを書いてなかったら、ありえないことだと思います。
このブログがなかったら、出会う事のなかった患者様の診療や手術を行い、少しでもお力になれていたなら、こんなに嬉しい事はありません。

僕はあまりインターネットには詳しくないのですが、トップページへのアクセスを除いた、つまり、トップページへのブログを参照後、別のページをクリックしていただいた方の集計が分かるのですが、今現在で、毎日400人から500人もいるようです。初めのページのみのかたはもっと多数いらっしゃると思うのですが、僕が書いた眼科のことを、たくさんの方に呼んで頂いていると思うと、個人的には素敵なことだなぁと思います。

1年も書くとネタ切れしない?なんて、知り合いの先生に言われることがありますが、まだまだ緑内障も途中だし、黄斑浮腫、黄斑変性、黄斑円孔、ものもらい、円錐角膜、コンタクト、メガネ、斜視、弱視、老眼治療、ローヴィジョン。
ちょっと考えるだけでも。あと2年くらいはネタが持ちそうです。
体力が続くようなら、もう少し頑張って続けていきたいと思います。

だいたい、夜にお酒を飲みながらの記載です。誤字や脱字はご勘弁を!
| その他 | 23:48 | comments(4) | - |
よくなる病気、よくはならない病気、助けられない病気
今日は以下の手術を行いました。
・白内障手術 10件
・網膜硝子体手術(茎離断)2件
 (黄斑前膜1件、増殖糖尿病網膜症1件)
みなさん問題なく終わっています。

最後の症例は、未治療の糖尿病なのですが、ちょっと変な症例でした。

小さな白いカサブタが、眼底の広範囲にまんべんなく張っていて、術後にビデオで数えると18か所も。手術でキレイに取れたため、うつ伏せなども必要ありませんが、一つ一つ削り取るような方法で45分くらいかかりました。疲れた。
しかも、目の中がカサブタだらけなのに、中心部には硝子体出血は少なくて、黄斑浮腫がそれなりにあるのですが、手術前の中心視力はまだ0.9もあるのです。(反対の目は、初診時からかなりヒドイ状態で、良好な視力は望めません。)
今回の手術では、とにかく失明を防いで、上手くいけば運転免許の0.7を温存したいというのが最大の目標です。

今日のような手術では失明を防ぐことが目的で、視力の回復が得られるわけではありません。手術がどんなに上手くいっても、手術後に「あまり見えないね・・・。」とか言われる事が多く、眼科医としてはガッカリすることがほとんどです。
同じような手術をする場合には、「今回の手術は回復が目的ではありません。失明を防ぐために行うもので、むしろ手術前より少し見えにくくなります。それでも失明を防ぐためには必要です。」と、手術の前に何度も説明しているつもりです。
すると、みなさんその場では「分かった。」とおっしゃるのですが、「手術をすれば見えるようになる。」という概念が強い患者様が少なくありません。
例えば、手術前が視力0.2、手術後が0.4と、むしろ視力が改善していても、「まだすっきり見えない。」「かすむ」などと言われることも多々あります。
こちらからすると、「手術は成功して、約束通り失明を防いだ!」と充実した気持ちでも、「まだ見にくい。」なんて言われると、「まだ見えないって、現状維持が目標で、それ以上良くならないって、何度も言ってますよ・・・。」と、ガッカリしてしまいます。
白内障の手術はみんな喜んでくれるのですが、糖尿病網膜症や、網膜中心静脈閉塞症での硝子体手術、緑内障などは、現状維持が目標の事も多く(病状によって様々ですが)、基本的にあまり喜ばれないのですよね・・・。網膜剥離や、黄斑円孔でも、どんなに上手くいっても、完全に元の状態に戻ることはありえないと説明してから手術をするのですが、「少しゆがむ」「少し暗い」と、「何で治せないんだ?」という剣幕でおっしゃる方も・・・。

でも、喜ばれないと分かっていても、誰かが引き受けなければいけません。嫌な思いをしても、もっと悪くなったり、失明する可能性があるものを放っておいて、実際に失明されてしまったら、もっと嫌な気分なのかな?と、僕は思ってしまうので、なんでも引き受けてしまうのですが、たまには、ガッカリして疲れてしまう事もあります。

今日のブログはグチになってしまいました。
朝に、芸能人の旦那様が、「網膜中心静脈閉塞症で失明」というニュースがあり、もちろん当院とは関係ありませんが、「手術をするたびに悪くなったという印象」なんてコメントがあり、きっとその担当医も全力でやったろうに。と思うと、ちょっとやるせない気持ちになってしまいまして。
すべての病気が治せるわけではありません。元に戻るわけでもありません。喜ばれないと分かっていても、出来る限りの治療をしてあげたい。と、医師はきっとみんなそう思っているはず。
さっき、その芸能人のブログをみてみましたが、「手術のせいで悪くなった!」という書き方ではありませんでしたが、その文章だけを選んで報道するマスコミの取り上げ方に問題があるのでしょうか。面白く報道すればいいというものではありません。
同じ中心静脈閉塞症の患者様が、この報道を見て「手術したら失明するんだ」と思ってしまったらどうするのでしょう?元には戻らなくても、光を残せる可能性のある目を治療できなくなってしまう可能性があるとは考えなかったのでしょうか。

今日は少し感情的なブログになってしまい、申し訳ありません。最後まで読んで頂きありがとうございます。

ちなみに、僕の妻のおばあちゃんも、3年前に網膜中心静脈閉塞症になってしまい、硝子体手術も緑内障手術もして。その後も何回もアバスチンの注射をして、どうにか最近は落ち着いて0.3を保っています。出来ることは全部やったつもりですし、もっと見えるように、どうにかしてあげたいけど。
どうにもできないこともあるのですよね。無力・・・。
| その他 | 21:19 | comments(2) | - |
少し休憩。
個人的な事ですみませんが、この週末に祖母と、実家の愛犬が同時に亡くなりました。99歳と、16歳(犬なので100歳くらい?)で大往生でした。
職業上、とても迷ったのですが、今日は手術だけ終えて、夕方の外来はお休みさせて頂きました。患者様にはご迷惑をおかけしてしまい、誠に申し訳ありませんでした。
明日からは外来や、午後の小美玉での手術も通常通り行います。
群馬県まで行ったり来たりしていますが、ちょっと遠くて・・・。
ブログは数日、お休みさせて頂こうと思います。
| その他 | 21:31 | comments(0) | - |
ただの日記
今日は小美玉市医療センターで井上先生と手術です。
・白内障 8件
・眼瞼下垂 3件
夜は県内の病院様で硝子体手術のお手伝いに参加しました。

眼瞼下垂は炭酸ガスレーザーでの手術(ミュラー筋タッキング)が当たりまえになってきました。もう普通のメスを使った術式は考えられません。炭酸ガスレーザーに関してはおいおい記載していきたいと。
ホームページも更新しないと。とは思っていますが、なかなか進まない・・・。

病気のブログを書きたいところですが、まだちょっと風邪っぽいので、今日はこれで失礼します。
| その他 | 21:15 | comments(0) | - |
石岡市も雪。気をつけて来院ください!
おはようございます。
茨城県の中央部では、年に1〜2回、雪が降ることが多いようです。
今朝は初めての積雪で、厚く積もったわけではありませんが、真っ白雪

当院の裏にある栗林です。キレイ結晶

道路も凍っていますので、これから来院される方は、ゆっくり気をつけていらして下さいね!早朝からスタッフが駐車場の雪かきをしてくれていますが、多少は滑るかもしれませんので、歩行にも気をつけてください。

今日の午後はかなり遠くまで手術のお手伝いに行ったり、夜はお世話になっている眼科の先生たちと食事・意見交換の予定です。高速で移動しますが、午後には雪が溶けているといいのですが自動車
| その他 | 09:01 | comments(0) | - |
このブログの題名はなんだろう?
冬はもともと乾燥するため、毎年ドライアイが悪化するシーズンです。
今年は雨が降らずに、テレビでも「記録的な乾燥状態」とのことで、外来にも「ゴロゴロする。痛い。」ドライアイの患者様が増えています。
もちろん、眼科で目薬等を出すのですが、みなさん、自分でもエアコンの風を直接顔に浴びない。加湿する。などの対応を行ってみてくださいね!
今年に入って、ドライアイの新しい目薬が発売されました。さっそく今日も処方したりしているのですが、おいおいその話も書きたいなと。

でも・・・、
今日は硝子体手術や白内障など、いろいろな病院様で手術のお手伝いをしたので、ちょっと疲れました。
お昼には網膜中心動脈閉塞症の紹介、緊急入院もあったりして。
(参考⇒http://blog.sannoudaiganka.jp/?cid=4925)

最近は、手術の非常勤と言っても、手術を教える仕事が多くなってきました。(偉そうな表現ですね・・・。手術を覚えて頂くのをほんの少しだけお手伝いしているだけです。)
人に教えるのって、なかなか難しいのですが、最近ご一緒する先生方は、みんな上達がとても早くビックリしています。

お手伝いをさせて頂く先生たちが上手になると、いつか追い越されてしまうのではないか??なんて、ちょっと心配になることもありますが、たまにビデオを見てみると、2年前より1年前、1年前より今の方が、僕自身も明らかに上達しているのかなと。(器械がよくなっているだけ?)
器械も知識も、医学は日進月歩なので、これで満足。という事はないのでしょう。どこが頂点なのか分かりませんが、まだまだまだまだ上手くなりたい!頑張るぞ!!

そうは言っても、最近、ちょっと眼精疲労を感じることが多くなり、老眼が始まったのかな?自分の目の機能としては、すでにピークを過ぎているのかもしれません。40歳が肉体的なピークだとすると、もうあとちょっとです・・・。そんなことは考えない方がいいのかな。
変なブログになってしまいました。すみません。
| その他 | 22:28 | comments(0) | - |
グチ
今日は手術日ではないのですが、少し急がないといけない人が多くて。
・白内障手術 2件
・網膜硝子体手術 4件(茎離断2件、増殖2件)
 (増殖糖尿病網膜症3件、硝子体出血1件)
無事に終わったと言えば終わったのですが、増殖網膜症のかたはカサブタだらけでの人ばかりで。
お一人はもともと網膜が全て剥がれて、他の病院で手術は不可能(意味がない)と言われ、そこからさらに何ヶ月も経っているとのこと。今回は、結局反対の目も見えなくなってしまい、生活が出来ないから。と今朝当院に。
確かに、大きな改善は望めず、手術に大きな意味はなさそうですが、少しでも明かりを残したいとのことで手術をお引き受けしました。あまりにひどい症例で、シリコンオイルを入れて、失明はなんとか防げると思いますが、やはり光が分かる程度しか保てないのかな。反対の目の、今回見えなくなった方はまずまずみえるようになりそうですが。

1月4日のブログで書いた人も、出血やカサブタはキレイに取れて、手術は成功と思いますが、広範囲に血管がつまっていて、今後、回復しても0.1くらいの視力にしかならなそう。

仕事が忙しくても、よくなる人ばかりだと、心が楽。というか疲れないのですが、手術が上手くいっても、あまりよくならないようなケースが続くと、ちょっと疲れます。

糖尿病。
どうしようもなくなってからしか、病院に来てくれない人が多いです。古い病気や、カサブタだらけで、網膜が剥がれているような人は、どうやっても回復しないのですが。
何と書いていいのか。うーん。糖尿病。頭がいたい。



今日手術のS様。ご紹介頂いた先生もブログをよく見て下さっているみたいですが、こちらはBRVO後の硝子体出血2ヶ月。適切な時期に紹介頂き、簡単に15分くらいの手術で終わりました。おそらく問題なく、すぐにお戻りになると思います。以後よろしくお願い致します。
| その他 | 21:46 | comments(0) | - |
祝 新年!
あけましておめでとうございます鏡もち
今年は大晦日や元旦には緊急手術がなく、実家で子供とのんびり凧揚げを楽しみました凧

今年は辰年です!
幕内会 介護老人保健施設「あいあい」の水槽に「タツノオトシゴ」がいます。縁起ものですので、お時間のある方は見に来て下さいね!石岡のお獅子さんもいますよ!



本日より今年の外来が開始となりました。
お正月明け初日なのですいているかな?と思っていましたが、午前だけで60名といつも通り。さっそく網膜硝子体疾患の紹介が数名あり、中にはこんな人も。

40代の無治療の糖尿病です。大型トラックの運転手さんとのことですが、大型の免許はさすがに難しいかな・・・。そうは言っても、出来るだけの事はしなくては!!右目(写真左)は来週そうそうに手術の予定となりました。
初日から重い症例ですが、おかげで、お正月気分も吹き飛びました!
さあ、今年も頑張るぞ!!!!

ブログの更新も出来る限り頑張っていきます。
今年もよろしくお願い致します。
| その他 | 21:31 | comments(0) | - |
師走
更新が滞ってしまい・・・冷や汗
やはり12月は忙しいですね。

なかなか時間がないのですが、数日前から家の大掃除を頑張っていますおうち
高圧洗浄機にハマってしまい、玄関やベランダ、窓、外の階段など洗いまくってみました!

コンクリートの階段は、普段は汚れているのかどうか、よく分かりませんが、高圧洗浄機で洗浄すると灰色のコンクリートに、白い文字が書けちゃいます!洗浄の前後の写真をとっておけばよかった・・・。
白内障の手術もそうですが、窓など、曇りが取れてキレイになると気持ちいいですよね。

難点は、洗ったあとの泥水が跳ねて、服も顔もビショビショです。晴れてはいましたが、12月に水で濡れたままだと、けっこう寒い。筋肉痛もあるし明日までに体調を戻さないと。


昨日は、幕内会の忘年会がありましたビール
僕は正式に仲間に入れてもらって、2年弱ですが、
H11年に山王台病院ができたときの総職員数は35名くらいだったようです。
それが、H23年の現時点では500名弱にまで!すごいびっくり
来年は「特別養護老人ホーム ようよう」もでき、さらに仲間が増えるようで。
規模が小さいのと大きいの、どちらも利点・欠点がありますが、地域医療として、総合的に考えると、やはり大きいに越したことはないのでしょう。
僕は眼科のことしか力になれませんが、よりいっそう地域医療に貢献して行きたいと思います!

ちょっとサボってしまいましたが、病気の解説も来週から頑張ります!
| その他 | 22:21 | comments(0) | - |
両眼 網膜剥離 
今日は他院様での手術もなく、家で大掃除を手伝う予定だったのですが、
お昼前に小美玉市の51歳の男性が「左目の下半分が見えない。」と・・・。

まさか??

やっぱり??

網膜剥離です。

ヒドイ・・・。
しかも進行期の緑内障もあるようで、特殊なガスや空気を入れる手術ですが、手術後に眼圧が高くなっては一大事なので、通常の空気を少なめに入れて。
ちょうど午後休みだったので、受診後2時間程度ですぐ手術に。無事に終わりました。ついでと言っては何ですが、昨日の緑内障発作のおばあちゃんも手術で治してしまいました。

落ち着いて、網膜剥離の患者様の反対目を診察すると・・・、
なんと見えている方の目も、軽いですが網膜剥離になっているではありませんかびっくり年に1例あるかないかの珍しさです。
だいたいの硝子体手術は両眼一緒にやってしまうのですが、空気をいれてうつ伏せになってもらう手術は、両目一緒だと、しばらく何も見えなくなってしまいます。
まずは、今日の手術が安定するまで様子をみよう。

年末に向けて、緊急手術祭り??のあやしい雰囲気が出てきました。
僕は昔から、1月1日とかに急患に当たってしまうタイプなのですよね・・・。
| その他 | 14:30 | comments(0) | - |
忘年会
今日は、以下の手術を行いました。
・白内障手術 7件
・眼内レンズ縫着術 1件
・網膜硝子体手術(茎離断)2件
(網膜剥離1件、外傷後の硝子体混濁1件)

1人は、かなり古い外傷で、目の中が濁っていたり、水晶体というレンズがなかったり、瞳孔がひきつれていたり。
できる限り通常の眼球に近づくように頑張ってみました!
外傷の手術は、やりがいがあって面白いですひらめき
結構上手く出来たのですが、10年以上も「もう治らないと言われ、諦めていた」とのことで、明日は喜んで頂けるのではないかと、僕も楽しみです。

今日は、昼間の手術が長引いてしまい、午後の外来が少し遅れてしまいました。
お待たせしてしまった患者様には、大変申し訳ありませんでした。


昨日は医師の誕生日パーティーに呼んで頂き、だいぶ飲んだので記憶があいまいなのですがビール
今日も、後輩の眼科医とちょっとした忘年会です。
その後も、12月は忘年会続きで、ブログが進みにくいと思いますが、
時間のあるときに、書いて行きたいなと。
| その他 | 18:24 | comments(0) | - |
網膜硝子体学会
今日の夕方から、網膜硝子体学会に参加になります。
網膜・硝子体手術を一番の専門に考えており、最新の話題は出来る限り把握していきたいと。
ただ、来てみると、今年の学会はあまり元気がないようです。いつもより人もまばらな感じが。これと言って、目新しい発表や、ビックリするような話題や、新しい器械も見当たりませんでした・・・悲しい
次世代型と呼ばれる新しい硝子体手術の器械は、ちょっと興味あります見る
茨城県内にはまだ使用している施設がないようです。欲しいなぁ・・・ときめき

会場の「東京国際フォーラム」まで、高速で1時間ちょっと。
3日間。宿泊か通勤か、迷うところですが、車で通う事にします。
| その他 | 22:32 | comments(0) | - |
移動
今日の午後は、ちょっと大変でした。

初めに、当クリニックで準緊急手術の緑内障手術。
次に、小美玉市医療センターで、予定手術。
その後、県南の眼科様から網膜剥離の紹介があって、クリニックに戻って手術。網膜剥離っておおいなぁ。
夜は、知り合いの先生が勤務する病院で大変な手術があったようで、急きょ呼んで頂きお手伝いに。

移動と、着替えが大変でした。
緊急手術は、まとめてクリニックで出来たら、少し楽なのですが、ベットの満床との戦いもあって難しいのですよね・・・。

今日はブログはお休みで。
| その他 | 22:31 | comments(0) | - |
疲れた・・・。
水曜の午後はまるまる手術です。
今日は、
・翼状片手術 3件
・白内障手術 8件
・網膜硝子体手術 3件
(糖尿病網膜症2件、網膜中心静脈分枝閉塞症による硝子体出血1件)
17時半には終わったので、そう長い手術ではないのですが、


翼状片がこんな感じで。
病気の詳細は以前のブログを(2011.06.08 Wednesday)
http://blog.sannoudaiganka.jp/?cid=4939

できれば、最低でも瞳孔と呼ばれる中心の黒目に届く前に受けて頂きたいのですが・・・。でも、このかたは時々は眼科にかかっていたようなのですが・・・。
大きな切除が必要ですが、血液をサラサラにする薬を飲んでいるため、どうにも血が止まらずに苦労しました。頑張ったかいもあり、結局はキレイに終わりました。あとで、術後の写真も載せたいなと思います。

緑内障のブログはまた明日に。
外来でも、「読んでますよ!」なんて言って頂ける事が増えてきて、頑張りたいのですが。ちょっとお休みでしょんぼり


それと困っていることが一つ。
ブログの左の欄に「Q&A」というのを作って頂き、数名の患者様たちと、やり取りをさせて頂いたのですが、最近、毎日のように迷惑メールのような書き込みが・・・。削除しても、次の日には別の書き込み。どうしたらよいのやら。はぁ。
| その他 | 19:25 | comments(0) | - |
病気の原因
いつもなかなか一緒にいる時間がないので、日曜祝日の朝の診察は、子供を病院に連れていき、お手伝い??邪魔??をしてもらうのですが、今朝は昨日手術をしたばかりの患者さんが多かったので、お留守番に。長女が「連れてって欲しい」と泣いたりして・・・。カワイイなぁときめき

今日は外来の説明で、よく困ることから。
病気の原因について

外来をしていて、「残念ですけど、緑内障です。」「加齢黄斑変性症です。」「眼底出血です。」
診断をつけたら説明をするのが僕の役目なのですが、少し重い病気の診断をすると、多くの方に「原因は?」とか「何に気をつければいいですか」と質問されます。病気であることに納得が行かない場合や、健康に気を使っている人などで、そういう傾向が強いようです。

すると、僕は一般的に言われている・考えられている原因をお話するのですが、本当はなかなか難しいのですよね・・・。

例えば、「緑内障です。」と伝えると、「目をいっぱい使う仕事をしたから。」「細かいものが好きだったからかな。」とか、みなさん、いろいろな事を言われて、自分で納得しようとするのですが、現在分かっている緑内障の原因は家族性(遺伝傾向)があると言う事だけで、煙草もパソコンも、紫外線も関係がないようです。

「血管が詰まって、眼底出血です。」なんて伝えると、「最近、寝不足だったから。」とか、「煙草すってるからでしょ。」とか、自分でなにか原因を決めて納得しようとする方がたくさんいます。寝不足や煙草は、ある意味あっているのですが、実際にはそう簡単ではないのですよね。

血管が詰まる理由は、加齢や動脈硬化、他に高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病などが大きな原因ですが、さらにその原因には、運動不足、煙草、塩分など食生活などもありますし、遺伝傾向なども関係します。他にも、そういった傾向が全くなくても、生まれつき一部の血管が細かった。なんていうことだってあり得ます。

なので、なにか一つの原因を明確に指摘して、ここを気をつけましょう。なんて偉そうなことは、なかなか言えないのですよね悲しい

どんなに健康に気を使っていて、バランスのとれた食事をとって、運動もして、体系もスリムで。そんな人も、ある程度の年齢になれば脳梗塞を起こすこともありますよね。
「肺がん」というと、煙草だけが悪者にされますが、煙草をすっていなくても肺がんになる人は沢山います。(もちろん、大きな要因の一つですが)
「インフルエンザや風邪」も、ただ、ウィルスを他の人からうつされた。だけではなく、自分の寝不足やストレスなどで免疫力・抵抗力が弱かったり、もしかしたら、おなかを出して寝たとか。いろいろな要因が重なって病気が成り立ちます。

そんな感じで、外来では、「あなたの病気の原因は、これこれ、こういったものたちがリスクとしてはありますが、なにか一つだけが原因というわけではなく、いろいろな要因が重なっていて起こっており、明確な原因は不明です。」なんていう、少し曖昧な表現が多くなってしまうのです。

みなさん、ご自身の病気を納得するために、何か一つの事柄を病気の原因として説明してほしい。とういう希望があるようなのですが、なかなか難しいのです。

文才があまりないので、よく分からないブログになってしまったでしょうか?
最後までお付き合い頂いた方、ありがとうございます。

そうそう、さっき電話があって、明日も網膜剥離の紹介が来るようです。
スタッフの皆さんは、これをみたらビックリかな?すみませんが、ご協力お願いします。
| その他 | 21:48 | comments(0) | - |
医療費
Happy halloweenおばけ

今日でハロウィンの飾り付けも終了ですね。
もう少ししたら、クリスマスの飾りつけをツリー
去年は開院初年度で、あまり気が回りませんでしたが、今年は頑張ろうかな?
でも、節電のことを考えると・・・。
患者さんの気持ちが和らぐのも大事だし、どっちがいいのかな??

今日のお昼は、白内障手術7件、緑内障手術1件。無事に終わりました。


白内障手術のコスト
最近は、なんだか経済、日本の将来が不安になります・・・。
医療費の増加、国の負担の問題で、よく眼科の白内障手術の点数が問題になります。国としては、命に関わらないし、もっと安くてもいいのでは?と。
ところが、眼科の偉い先生たちが言うには、白内障手術を行って、患者さんの視力が回復することで、例えば介護が必要になる人が減る。なんていう経済的な効果などを試算すると、日本の眼科の白内障手術は、先進国の中では、ずば抜けて割安で、経済効果が高い(コストパフォーマンスがよい)とされています。だから、もっと高くてもいいのでは?みたいな。

通常の白内障手術は、手術自体の費用が片眼で120,000円、両眼で240,000円です。保険診療というか、国で決められています。
当院では両眼同日に日帰りで手術をする人が一番多いのですが、他に再診療や、いろいろ使う薬が上乗せされて、両眼で270,000円くらい。
実際に支払うのは、1割負担で27,000円、3割負担の人は81,000円くらい。
(薬の内容などで多少は前後します。当院は両眼同時など、いろいろ工夫しているので、日本中の眼科では、おそらくかなり安い方かと。)
こうやって書くと、両眼で27万円も利益が??と思いますが、実際には、この中には、手術で使う道具代や、挿入する眼内レンズの代金が含まれています。
当院では、基本的に最新型・最高レベルのレンズしか採用していません。(全員にレンズのメーカーの保証書を渡しています。)例えば、もっとも使用数の多い乱視用レンズは、1枚15万円します。両目で30万円も。
大量購入により仕入れ値は値引きされるので、赤字にこそなりませんが・・・。

1割負担の人だと、両眼で27,000円、さらに高額医療を申請すると自己負担は両眼でも12,000円くらいにあり、メガネを買うより安い?なんておっしゃる方もいます。

でも、最近のニュースだと、徐々に医療費の患者負担を上げよう。なんて動きがあるようです。例えば、現在1割負担の人が2割負担になるようで。
そうすると、両眼で54,000円。白内障手術をちょっと考えてしまう人も出そうです。

僕は普段、白内障の人には、「手術は困った時に、希望があればやればいい。簡単に治せるし、手遅れにもならないから、不自由がなければ、しばらく放っておいて、1年に1回くらい見せに来て下さい。」なんて説明しています。
ただ、今後どんどん、手術費用が上がったりするのなら、早めにすすめた方が、その人のためにはいいのか??なんて、いろいろ考えることが増えそう・・・。

手術代自体が下がると、赤字になってしまって、手術をする医院がなくなってしまう。もう少し高い方がいい。なんていうのが、眼科医の先生がたの要望らしいです。でも、需要と供給の観点からは、現時点では手術をしたがる医院がいっぱいあるのだから、もう少し手術代が下がる位の方が、患者さんの負担は減るので、いいような気もしますが・・・。そう簡単な問題ではないのかもしれません。

TTPは医療にとって、悪いことなのでしょうか?
自由診療や混合診療が広がって、お金を払える人と、そうでない人で診療のレベルに差ができる。なんて懸念があるようですが、今も海外まで治療を受けに行ったり、自由診療での治療を受けている人もいます。
海外の腕利きの先生が、日本にやってきて、たくさんの患者さんを救ってくれるのであれば、とえも大きなメリットです。
欧米からの輸入だけでなく、日本の手厚い医療・介護を輸出するとか。
そうはいっても、あまりに経済優先になって、本当に皆保険にまで影響するようでしたら問題です。

新聞・テレビをゆっくりと見て、検討する時間がなく、僕自身にはTTPがいいのか、悪いのか?まだよくわかっていないのですが。でも、新聞なんかを読んでも、それほどはっきりと具体的な例として、功悪がみえてこないようにも思えます。もう少し、いいところ、悪いところが、一般的な国民に分かるように論議が進むといいですね。


今日は、なにを書いているのか、よく分からなくなってしまいました・・・。
長く書いて、読んで頂いた方には、申し訳ないのですが。
経済が関わると、医療は難しいですね。僕はなんだかんだと、勤務医(サラリーマン)なので、そのあたりの難しいことは偉い先生におかませして、目の前の治療に専念するのが幸せなようです。
変なブログですみません。お休みなさい。
| その他 | 20:21 | comments(0) | - |
年の瀬?
今日は以下の手術を行いました。
・翼状片手術 1件
・白内障手術 9件
・緑内障手術 1件
・網膜硝子体手術 1件(黄斑前膜)
無事に終わっています。
今日はかなり早く終わって、もうちょっとで帰宅出来そうです。
たまには子供とご飯を食べよう!

よく年末に「年の瀬」という言葉を耳にします。
ところで瀬って何だろう?と思って調べてみると、
「年を越せるかどうか」は、昔の庶民にとっては重大な事で、その大変さを、流れの急な「瀬」に喩えたもの。渡り切れなければ死唖然というイメージからきているようです。

数日前から、白内障手術の予約が来年の1月とかになっていて、ふと気付くと、いつの間にか12月28日までの手術枠は、全て埋まっているようです。
まだ10月ですが、すでに「年の瀬」まで仕事はいっぱい。
頑張って仕事の「瀬」、渡り切るぞ!!水泳


*「運転免許証の更新が出来なかったので、とにかく急いで手術をしてほしい。」といらっしゃる方が少なからずいます。なかなかご期待に添うのが難しい現状ですので、当院での手術をご希望のかたで、少し視力に不安のある方は、免許証更新の前に余裕を持って来院してください。
| その他 | 17:00 | comments(0) | - |
日本臨床眼科学会
10月7日〜10月10日まで、日本で一番大きな眼科の学会があります。
7日夕方までの診療後より、学会参加の予定ですので、
大変申し訳ありませんが、診療時間などを一部変更させて頂きます。
新しい知識を吸収して、皆様に還元できるよう頑張ります。
ブログもしばらくお休みです。
| その他 | 00:06 | comments(0) | - |
ゆったり。
今日の午後は小美玉市医療センターに行ってきました。
白内障7件、無事に終わりました。
いつもは、その後に会議があったり、
他院様に呼んでいただいたりするのですが、
今日は暇だったので、

府中誉さんに、日本酒「渡舟」を買いだめに行ったり、
以前のブログ参照⇒2011.04.03 Sunday

夜は、八郷の温泉「ゆりの郷」に行ったり、
以前のブログ⇒2011.04.17 Sunday

のんびりと過ごしてみました楽しい

そんなこんなで、なかなかの酔っ払いです熱燗
眼科的なブログは、今日はお休みで!
| その他 | 23:25 | comments(0) | - |
眼科とは全く関係ありませんが、仕事関係の男性から、先日誕生日プレゼントを頂きました。(僕は8月が誕生日です)

ブログを見てくれているとのことだったので、報告です。
空き缶?に、土みたいなものと、種が入っていて、缶を開けて水を上げると、机の上で「松」が生えてきました。
男性からですが、おしゃれなプレゼントありがとうございました。
世の中、いろいろな物が売っていますね!
| その他 | 20:22 | comments(0) | - |
お休み
今日は以下の手術を行いました。
・霰粒腫摘出術 2件
・翼状片切除術 1件
・眼瞼下垂症手術 4件
・眼瞼内反症手術 1件
・白内障手術 3件
みなさん無事に終わっています。

勝手ながら、出張のため明日からお休みを頂いております。
超緊急での手術時などには対応致します。
ブログの方も数日間、更新のない予定です。
また、来週から頑張りたいと思います。

そーいえば、我が家の芝生は軸刈りから復活しました花
| その他 | 22:00 | comments(0) | - |
もうすぐ今日が終わる。やり残したことはないかい?
今日は
・クリニックで午前の外来が60名。
・午後は小美玉で白内障手術と眼瞼下垂の手術を。
・夕方は県内の開業医様で手術のお手伝い。
(白内障7件、レンズ縫着1件、硝子体手術が2件も。開業医さんでも、すごく沢山手術をする医院もあるんですね。すごいです。)
・夜は昔の同僚と食事をしながら眼科の勉強会?
・今は、午前のカルテのチェックをしています。

結構忙しい毎日ですが、充実していますラブ
仕事があるのは幸せだなと。
でも、たまに疲れた時に、最近よく聞く歌があります。

「かりゆし58;オワリはじまり」
もうすぐ今日が終わる やり残したことはないかい
親友と語り合ったかい 燃えるような恋をしたかい
一生忘れないような出来事に出会えたかい
かけがえのない時間を胸に刻み込んだかい


やる気が出てきます。
時間は限られていますが、なんでも一生懸命に取り組んでいきたいなジョギング
仕事も子育ても、プライベートも。なんて上手くは行かないのですが。

いつも最後まで読んで頂ける方、ありがとうございます。


白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市 茨城町)
| その他 | 23:39 | comments(0) | - |
ブログ
今日はクリニックの終了後に、他院様で緊急手術に呼んで頂きました。
内因性眼内炎(ないいんせいがんないえん)といって、身体に起こった感染症が、目の中にまで波及してしまった病気です。
ものすごい重症で、目の中が膿だらけで、普段オレンジ色の網膜が、全て真っ白。網膜の裏側にも膿がたまっています。出来る限りのことはしましたが、視力的には厳しい状態かなと。残念ですしょんぼり

その後、さっきまで別の眼科の先生と飲みに行ったのですが、上記の手術の先生も、飲みに行った先生も、昨日の造影剤のことは知らなかったようで、やっぱり眼科の中ではまだ知れ渡っていないようです。
ブログをみて、高校時代の親友がメールをくれました。製薬会社に勤めているのですが、造影剤のことを詳しく教えてくれました聞き耳を立てる
まーくん、ありがとう!

最近、ブログをみてからいらっしゃる患者様が増えているのですが、
それ以外にも、昔の友人や、同僚など、いろいろな人から、久しぶりの連絡を頂くことがあり、とても嬉しいです。
医学のことも書きたいのですが、明日も早いので、今日はお休みなさい。
| その他 | 23:56 | comments(0) | - |
緊急手術
今日は、夕方に近くの開業医様の紹介で、緊急の患者様がこられました。
水晶体亜脱臼といって、目の中にあるレンズ(濁った場合を白内障と呼びます。)が、ぶつけたりすることが原因で、グラグラして、本来あるべき場所からずれてしまっています。
本来は、目の中には房水と呼ばれる透明な水が、規則的に流れているのですが、水晶体の場所がずれると、その房水の流れ方に変動が起こってしまいます。水の流れの変動によって、目の中には水が溢れかえるように増えてしまい、眼圧が上がる急性緑内障発作と呼ばれる状態になってしまっていました。放っておけば、どんどん悪化し、最終的には失明してしまいます。

先ほど手術を行い、水晶体を取り除くことで、水の流れをもとに正常化するようにしました。通常の白内障手術と違って、少し大変な手術なので、一般的には入院して頂く事が多いのですが、ベットがない(満床)ので、一度お帰り頂き、明日また診察となりました。
満床って困ります。
出来るだけ、白内障などは日帰りで行っているのですが、なかなか重症のかたも多くて。

ベットをもっと作れば?と思うのですが、僕も詳しくないのですが、
地域の中で全ての病院の合計のベット数というのが決まっているらしく、勝手に作ると怒られちゃうようです。
でも、現場では必要なのに。と思うと、法律や規則って、なかなか厄介です。

白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市)
| その他 | 20:30 | comments(0) | - |
暇です。
今日もお盆なので、かなりすいています。
初診の患者様もお待ちにならずに受診出来ます。
外来を閉じるわけにもいかないので、診察室にいるのですが、
じっとしているのが苦手な性格で、院内をウロウロしてしまいます。
明日も予約が少なめなので、お勧めですよ!
お盆明けは混みそうだなぁ・・・。そっちも怖いなぁ。


お昼の手術は、
・眼瞼下垂症 2件
・結膜弛緩症 1件
・白内障手術 4件
・網膜硝子体手術(糖尿病・硝子体出血) 1件
と、それなりには普通にあるのですが。(みなさん無事に終わりました。)
| その他 | 17:29 | comments(0) | - |
パセリ
妻が家庭菜園でパセリを作っていたようですが、
今朝、「パセリが大変なことになっている!!」と。

キアゲハという蝶々の青虫のようです。
いつからいるのか不明ですが、10匹以上でパセリを食べつくし、もうエサがなくなる寸前です。
子供に羽化を見せたい!と飼ってみようと思うのですが、ネットで調べると、パセリや山椒の葉など、においのある葉っぱしか食べないようで。
急いでパセリの苗を買いに行ったのですが、近所では今日は見つけることができずに、スーパーで食用の葉を購入しました。
飼育が大変そうですが、羽化を見せてあげられたらいいな子供



今日は生き物に縁があるようで、ご近所さんにカブトムシを譲っていただきました!
子供たちは、今のところ、こちらのほうが喜んでいます。
| その他 | 21:13 | comments(0) | - |
働く (端楽)
毎年この時期になると、「先生はお盆は休みじゃないんですか?」と聞かれます。
これまでの人生で、お盆が休みだったことは一回もなく、そもそも、僕の両親は末っ子同士で、核家族で育ったせいか、お盆という風習があまりよくわかりません。御先祖様の迎え方や、送り方なんかも全く分からず、ちょっと日本人としては・・・。と思うときもあります。
なので、お盆に休み?と聞かれると、なんで???となってしまいます。


でも、なんとなくこの時期に思い出だすことは、
昔、祖父が言っていた、働く(端楽)という言葉です。

働く、人が動くと書きます。
みんな人それぞれ、働く理由があって、毎日頑張っています。
「働く」は「端楽」
はた(端)にいる人に、らく(楽)をさせること。


僕の一番身近な両端(端:はた)は家族です。
楽にさせたい、幸せにしたい。と人が動く。

お金を稼ぐ仕事だけが、働くではありません。
奥さんたちが、家族が楽にできるように家事をするのだって、働く。
ボランティアで、困っている人を楽にさせるもの働く。

家族や友人が楽になるように。
一緒に仕事をしてくれるスタッフが楽になるように。
そして、患者様が楽になるように。

どうせ人が動くなら、
自分のためだけと思わず、端の人のために、その人に楽をさせたい。
と思って動くと、なんだかやる気が出てきます晴れ

僕は幸い医療従事者になって、広い両端を持つことができました。
一般的な職種よりは、楽にさせてあげたい人がたくさんいます。
石岡を中心に両端をもう少し広げて、広く地域の患者さんが楽になってくれるといいな。



さいきん、眼科のことが少なくてすみません。


白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市)
| その他 | 12:05 | comments(2) | - |
献血
今日は、山王台病院前に日本赤十字社の献血バスが来ました。

お昼休みが30分ちょっと取れたので、間に合うかと思って400ccの献血を、お願いしてみたのですが、思ったより血液が出るのが遅くて、午後の外来に遅れてしまいました・・・・。すみません。
運動不足かな?加齢かな?昔はもう少し、血の出るのが良かったきがするけど冷や汗

昨日、遠方の眼科様から眼内炎という病気の患者様をご紹介頂きました。
眼内炎は目の中にバイキン(多くは細菌)が入ってしまって、膿んでしまう病気です。菌の強さ(毒性)によるのですが、ヒドイものだと1〜2日で失明してしまう事もあります。
昨日の患者様も、一昨日は視力が1.2まであったのに、昨日の朝には0.2まで低下、夕方に当院に来た時には0.05と、とても強い菌のようでした。
以前の手術から、かなり長い時間がたっており、傷口から菌が入ると言っても、よほど強くこすったりしないと考えにくいのですが。
ご本人は、あまり覚えていないとのことでしたが、先ほど診察にいくと、まだ手術の翌日なのに、まぶたを触っており・・・。駄目ですよびっくり
今のところ、経過は良好で安心していますが。
受付後、1時間くらいで、手術に入れました。緊急の手術を時間のロスがなく出来るのはとっても助かります。スタッフに感謝です拍手


最近、ブログをみたとのことで、質問などのお電話やメールを頂くことが増えました。Q&Aとして、新しく質問をご記入頂けるようにしてみたので、なにかご質問があれば、どうぞ。出来る限りお応えしようと思います。
左のQ&Aという部分からお願いします。


白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市)
| その他 | 21:29 | comments(0) | - |
瞳孔偏位
今日は以下の手術を行いました。
・白内障手術 7件
・結膜腫瘍切除 1件
・瞳孔形成術 1件
・網膜硝子体手術 4件
 (黄斑前膜2件、黄斑円孔1件、急性網膜壊死1件)

最後の急性網膜壊死は非常に稀な病気で重症です。久しぶりにみました。
桐沢型ぶどう膜炎などとも呼ばれますが、ヘルペスウィルスなどによる感染症です。大変な手術で疲れました。

瞳孔形成術は、以前に他院にて白内障手術をされた患者様ですが、

写真のように、黒目の中心(瞳孔)が上のほうにずれてしまい、視力が出にくくなっています。黒目の中心部を作成する手術を行いました。


白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市
| その他 | 19:41 | comments(0) | - |
クールビズ
今日の午後はちょっと大変でした。
・白内障手術 12件
・網膜硝子体手術 5件
 (黄斑前膜3件、硝子体出血1件、増殖糖尿病網膜症1件)

あと2件で最高記録でしたが・・・。
そんなことよりも、みなさん無事に終わってよかったです。
最近は硝子体手術も日帰りで行う人が増えてきています。
ご希望の方は出来るだけ対応していきたいと思います。



台風が来ているようですね雨
予約制でない場合は、天候によって混む日、混まない日の差が大きいのですが、当院は予約制なので台風の日でもあまり関係なく、いつも通りの混み具合です。患者様は大変な天気のなかで来院頂きますので、大変だと思います。ありがたいことです。

最近は外来で汗べったりでは失礼かと思い、クールビスとして、手術着を外来用に購入して使用するようしました。
それでも、すぐに汗を書いてしまうので、先ほど、何枚か余分にとインターネットで追加購入しようかと思ったのですが、とても流行っているようで、たくさんのお店が、様々な色の術衣(スクラブというようです)を販売しているようです。
テレビドラマでも、白衣でなく、スクラブで活動する医師が増えていますよね。

あるメーカーさんだけでも、こんなにたくさんの色が。他にももっと派手なものもたくさんあります。いっぱいあると、迷ってしまいます・・・。

白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市)
| その他 | 18:39 | comments(0) | - |
毎日暑いです!
今日も暑かったです。車のタイヤがパンクしたため、昼休みにスペアタイヤと交換したのですが、汗びっしょりで汗
熱中症の人がでるのもうなずけます。

今日のお昼は、
・白内障手術 7件
・網膜硝子体手術 1件(黄斑円孔)
を行いました。順調に終わりました。
月曜日は15時半から外来が始まるので、白内障などの簡単な手術飲みにして、網膜硝子体手術は水曜日に行っているのですが、水曜日もしばらく予約がいっぱいで、あまり遅くなってはいけない手術なので、ちょっと無理してやってみました。
一応、外来には遅れずに時間に間に合いましたが、時間が気になってヒヤヒヤするので、やっぱり水曜日の方が良いようです。


白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市)
| その他 | 20:15 | comments(0) | - |
うなぎ
奇数週の土曜日は、外来を代診の先生にお願いしており、休ませていただいています。
今日は実家のある群馬に久しぶりに帰ってきました。
北関東道というものが、春に実家のすぐ近くまで開通し、いきなり片道1時間くらい短縮されました。

実家の近所でこんなものを発見。

視力表の輪が、「うなぎ」で出来ています見る
テレビでやっていましたが、今年はうなぎが値上がりしているようです。
| その他 | 23:20 | comments(0) | - |
眼科医不足
今日は午前が小美玉、午後がクリニックで外来でした。
お昼に車で移動するのですが、暑くてビックリしましたびっくり
もう夏ですね!


最近、学会や眼科の雑誌では、眼科医の不足が問題になっています。
眼科だけでなく、どの科もそうですが、日本は人口比率でみると医師が少ないようです。
他の科にくらべると眼科は、以下のような特徴があります。
ゞ侈外紊少ない(若いうちからすぐに開業してしまう)
⊆磴だぢ紊隆望者が少なくなっていること(眼科の将来性への不安や、体の病気が診られないという不安)
C楼茲任琉綮佞諒从漾陛垈颪任寮験茲魎望する医師が多い)
そ性医師が多い(出産などで退職あり)


眼科の偉い先生たちが言うには、人口2万人に1名の眼科医が必要というのを聞いたことがあります。
茨城県は約300万の人口なので150名の眼科医が必要になります。
日本眼科学会のHPによると、茨城県には約160名の眼科専門医がいます。
日本全域では約1万人の眼科専門医がいるようです。
しかも、東京都では、むしろ眼科医が余っているという話の方が多く、つぶれてしまうクリニックも多いようです。

でも、実際問題、当院でも患者様が多くなってきており、待ち時間も長くなりますし、休暇を取るもの難しいという状態で、勤務している身としては、眼科医は足りていないようにも思います。
茨城県が足りていないとも言えますが、東京の先生はやっぱり、茨城で働くのは嫌なのでしょうか?

本当は、どれくらいの医師がいれば、日本全体がいい医療環境でいられるのだろう?疑問です。
| その他 | 19:36 | comments(0) | - |
出張
今日は午後から別の医院様で硝子体手術に呼んで頂きました。
最近は、5か所くらいで手術をしているのですが、小美玉以外は基本的に高速道路で急いで移動しなくてはなりません。
運転が好きなので、あまり苦ではないのですが、事故や免停に気を付けないと車

いろいろな施設で手術をすると、他の眼科医の先生とお話する機会が増えて、楽しいです。
それに、手術件数は多ければ多いほど、スキルアップにつながりますので。
出来るだけ、しばらくは、出張の人生を続けたいなと思いつつ、最近はクリニックの仕事で忙しくなっているのが気になります。
クリニックの医師が増えると、さらに効率が良くなるとは思うのですが。
| その他 | 22:37 | comments(0) | - |
ふうっ。
疲れましたしょんぼり
今日は、午前がクリニックで外来、
午後が小美玉市医療センターで手術、
夕方から、別の医院様で手術でした。

小美玉市医療センター
・白内障手術 7件
・結膜弛緩症手術 3件


小美玉が終わってすぐに、初めて伺う医院様に手術に呼んで頂きました。
増殖糖尿病網膜症という病気でなかなか重症な方です。
当院の手術器械は、まだ1年程度の、かなり新しい最新型と呼べる器械ですが、本日拝見したものは、さらに新しい器械で・・・、うらやましい。
電化製品もそうですが、器械の進歩って早くて、買っても買っても置いていかれてしまう気がします。でも、新しい器械いいな。欲しいな。

全部終わって、クリニックで入院患者様の診察です。
3つの病院を行ったり来たり、運転で高速もつかったのでちょっと疲れました。

白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市)
| その他 | 21:38 | comments(0) | - |
ただいまです。
今日の午後は、県内の知り合いの先生のところで手術をしてきました。
何件か忘れてしましましたが、白内障やまぶたの手術で8件くらいかな?
無事に終わっています。

今週末は、石岡市の医師会の会合?のようなものがあるらしく、少し眼科のことについて発表させて頂きます。
去年は石岡市医師会に入ったばかりで、白内障手術のことを発表しました。
今年は、硝子体手術の事を話そうかと。

逆さまつ毛やメヤニなど、目だけを治せばいい疾患もありますが、糖尿病網膜症や、その他の体からくる病気に関しては、外科や内科の近隣の先生にはお世話になりますし、連携という意味では、眼科のことも知っておいて頂くのは、とてもいいことかと。
内科や外科の先生に聞いて頂くので、出来るだけわかりやすく資料を作りたいと思います。
まだ何も作っていないのですが、今日夜中まで頑張ったらできるかな?
頑張ろう。

白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市 茨城町)
| その他 | 17:01 | comments(0) | - |
こんばんは。
今日は以下の手術を行いました。
・白内障手術 8件
・網膜硝子体手術 1件(硝子体出血)
みなさん問題なく終わっています。

今日は後輩の先生と食事を取りました。
少しお酒を飲んだので、ブログを書くのがちょっと。
これにて失礼いたします。


| その他 | 23:21 | comments(0) | - |
眼科専門医試験
今日は午前が外来で、午後がお休みの予定ですが、手術を急ぐ患者様がいらっしゃるため、臨時手術です。
・白内障手術 2件
・緑内障手術 1件
・網膜硝子体手術 3件
 (糖尿病黄斑浮腫2件、網膜細動脈瘤破裂に伴う網膜下血腫)

先週手術の網膜剥離の患者様がまだ2名入院中です。
今日の手術の方は月曜に退院して頂く予定ですが、もしも長引くとベット満床との戦いが・・・。


今日は眼科専門医試験が都内で行われています。
僕も数年前にとったのですが、今回は後輩の先生たちが頑張っています。
専門医というのが、どれほどの価値があるのかはわかりませんが、患者さんたちは、一応専門医がある先生の方が良いのでしょうか?
一度とってしまうと、学会への参加などの義務はありますが、基本的に一生涯の資格です。
日本の眼科のレベルの底上げとしては、専門医試験を5年毎に受けなおすとかとういのもいいかもしれません。
みなさんも10年以上前の高校受験の内容は覚えてないですよね?
まあ、試験なんかなくても、勉強すればいいだけなのですが、試験でもないとなかなか勉強するモチベーションも続きませんので。


白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市 茨城町)
| その他 | 13:05 | comments(0) | - |
また・・・・。
今日の午後は小美玉市医療センターで手術です。
・白内障手術 8件
無事に終わりました。

昨日の網膜剥離の術後の患者様も経過良好です楽しい
ただ、さきほど本日も網膜剥離の患者様がいらっしゃいました。
今回は、黄斑といって視野の中心部の網膜は剥がれておらず、視力は1.2と良好です。術後も1.0残せる可能性が高いかと。
早い手術の方が望ましいですが、ご家族様とも話し合うとのことで、明日入院・手術の予定となりました。
明日も網膜の手術が4件・・・。大変そうです。早く寝ようパクッ

ブログで、患者様にとって有益な、なにか病気のことについて書いていこうと思うのですが、忙しくてなかなか筆が進みません・・・。もう少し落ち着いたら頑張ろう。


白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市 茨城町)
| その他 | 17:54 | comments(0) | - |
ちょっと疲れたので・・・・。
今日はドライアイの治療法を書く予定だったのですが・・・。

本来、土曜日は午前勤務だけなのですが、
午前中の外来が60名と、けっこうたくさんの患者様にいらして頂いたのと、
緊急入院や、追加の手術などもあり、今日はちょっと疲労感が冷や汗
たまには、サボってみます。


・緊急入院
角膜潰瘍といって、黒目の部分にバイ菌がついて膿んでいる状態です。
かなり大きく、視力も下がっています。
角膜は透明性を維持するために血管⇒血液⇒白血球がなく、バイ菌の感染症に弱い組織です。軽傷であれば外来で診たいのですが、明日は日曜日ですので、入院して頂くことにしました。また満床です・・・。


・手術
白内障手術2件、硝子体手術1件を行いました。

硝子体手術は、もともと網膜中心静脈閉塞症という病気で治療後の患者様です。先日、硝子体出血といって、眼球の中央部の広いスペースに出血したのですが、もともと網膜中心静脈閉塞症の既往があり、これが原因で出血したのだと思っていました。あまり手術が遅くなるといけないので、土曜日を利用して手術をしたのですが・・・。
目の中を洗ってみると、なんと動脈瘤という血管のコブが破裂した病気のようで、大きな網膜下血腫という状態でした。
網膜に穴を開けて洗浄した方がいいのか迷いましたが、視力低下後、来院までに少し時間が立っていたことや、87歳と年齢的に手術後にうつ伏せでいることは困難かと思い、網膜下の洗浄は諦めました。
4月18日のブログ、網膜下血腫も御覧ください。
http://blog.sannoudaiganka.jp/?cid=4936


手術は問題なく終わり、全く見えなかった目がかなり明るくなるとは思いますが、網膜下血腫の部分は残念ながら回復しません。(視野が欠ける)
良くなってほしい、良くなるだろうと思って手術をしたのですが、当初の予定よりは少し悪い結果となりそうで、残念です。こういうのって、手術後にどっと疲れます・・・。

白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市 茨城町)
| その他 | 17:16 | comments(0) | - |
眼内レンズ交換
今日は小美玉市医療センターで手術でした。
・白内障手術 7件
・眼内レンズ交換 1件

眼内レンズ交換は、実は先月、白内障手術を施行させて頂いた70代女性の患者様です。
手術後の見え方は、遠くの見え方を優先させたいとのことで、-0.5Dという度数(2m程度で一番ピントがあう)を狙って手術を行いました。ところが手術後の結果は-1.5Dと、思ったより近視の状態となってしまい、70cm程度にピントがあってしまいました。

手術自体は全く問題なく終わり、乱視はほぼゼロにすることができ、近方視力は良好で裸眼で新聞も読めます。遠方5mの視力は裸眼で0.4、-1.5Dの眼鏡で1.0以上とまずまずとも思いますが、テレビがぼんやりするとの訴えが強く、本日入れ替えを行わせていただきました。
少しピントが遠くになりますので、裸眼での読書は少し難しくなりますが、離れたテレビはより見えるようになるかと。

近年は、眼球の形状などを測定する器械の制度が向上し、当院でも最新型の器機で対応しているため、多くの患者様が一度の手術で裸眼の視力に満足いただけるようになっています。
ただし、どうしても目の形には個人差があり、予測していた度数と、実際の度数がずれてしまい、レンズの入れ替えが必要になる患者様がごく稀にいらっしゃいます。このような患者様が少しでも少なくなるよう、日々精進していきたいと思います。

また、あまりに白内障が進んでしまうと、手術でのレンズの誤差が大きくなりますので、そういった意味では、それなりの時期に(そう遅くならないうちに)手術をするというのもいいのかもしれません。


白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市)
| その他 | 21:44 | comments(0) | - |
学会
今回の学会では、普段の診療内容に大きな変化がでるような新しい知識はありませんでした。
以前、OCTと呼ばれる新しい検査の器械が出てきたときや、アバスチンやルセンティスといった薬が出てきたときは、学会場でビックリするようなこともありましたが、最近は大きな新しい変化というものは出てきてはいないようです。

緑内障点眼薬の配合剤(2つの点眼薬を混合したもの;点眼回数を減らせるメリット)は、きちんとした効果があった。との報告が多かったですが、当院でも、ほとんどの患者様がすでに配合剤に変更しております。

乱視用レンズの報告もありましたが、すでに行っています。

他に、最近の硝子体手術は25Gという小さな機械で行うために、傷口を縫わないのですが、傷口からバイ菌が入りやすいとも言われるようになり、手術中に消毒剤をかけるなどの方法で感染のリスクを減らせるとの報告もありました。以前にもご発表されたグループの先生で、当院でも参考にさせて頂き、現在は硝子体はもちろん、白内障手術でも実践しています。今回はきちんとしたデータとして有効であったとのことで、やってて良かったなと。今後も是非続けさせて頂きたいと思います。

また、白内障の手術で、傷を1つ作成する方法と、2つ作成する方法があるのですが、1つの方が術後の惹起乱視が少ないとの報告もありました。当院でも90%以上の患者様で1つの傷での手術(プレチョップ法)を行っていますが、やはりデータとしてみると満足します。(白内障が高度の場合は、カウンタープレチョップ法やフェイコチョップ法と呼ばれる2つの傷で行っています。)
当院でも、データをとって報告していきたいと思いますあ、何しろ忙しく・・・。来年?再来年などに、医師が2名体制になったら積極的に参加したいなと。

硝子体手術の器械で非常に優れた新しいものがそのうち発売になるようです。
最新の器械での手術の方が患者様にも有益と。
とっても高いのですが、とっても欲しいですびっくり
おねだりしよう。


白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市)
| その他 | 18:26 | comments(0) | - |
学会中です。
午前中の外来後、今日も学会に来ています。
車で東京国際フォーラムに来ていますが、片道1時間くらい。
渋滞さえなければ、車の方が早いようです。

震災の関係でしょうか?今年は学会場に人が少ないようです。
眼科以外の多くの医学学会総会が自粛中止とあったくらいなので、仕方ないのかも。

大学の同級生が横浜の大学病院系列で働いているのですが、偶然みつけて、
ちょっとお茶をしました。元気で頑張っているようで良かったです嬉しい
半年前の学会でもあって、いつか一緒にホノルルマラソンに出ようと約束していたのですが、僕はまったく練習していなくて・・・。帰ったら頑張ろうジョギング
| その他 | 19:02 | comments(0) | - |
日本眼科学会総会
5/12〜5/15までの4日間は、東京国際フォーラムで日本眼科学会の総会が行われています。
僕も本日の午後より参加となっております。一部の外来予約をお断りさせていただいておりますが、ご了承ください。学会で新しい知識を身につけて、少しでもよい医療を皆様に還元できるよう学びたいと思います。

かかりつけの患者様などで、急に見えなくなったなど、緊急性の高い症状がある場合は、まずはお電話にてご連絡ください。可能な限り戻って診療いたします。



白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市)
| その他 | 18:09 | comments(0) | - |
原発
今日は7名の患者様に手術を行いました。
・白内障手術 6件
・翼状手術 1件

昼過ぎの白内障手術中にも、小さい余震があり、一時中断をしましたが、
先ほど外来の最後の患者様の診察中に大きな余震があり、少しヒヤヒヤしました。津波などの影響がないといいのですが。


都知事選は現職の石原知事が圧勝とのこと、おそらくこれまでの実績や行動力が評価されたのでしょうが、原発に関しては必要悪とのスタンスをとっておられました。
(天罰の発言は、絶対にあってはならないことですが)
現在、原発の影響で苦しんでいる方々には、大変申し訳なく感じますが、僕も一概に全て脱原発というのは、どうかと思います。
資源もなく、地震がなくても経済力の弱まってきている日本で、化石燃料に頼る運営は難しいのではないのでしょうか?
バイオマス・風力などクリーンエネルギーの開発はもちろんよいことだと思いますが、脱原発を訴える指導者は、それによる発電量や、開発費、設備費、日本の経済力まできちんと検討・公表して訴えるべきと思います。

確かに原発は怖いです。茨城県の農業、漁業のダメージも深刻でしょうし、実際に僕の子供に、水道水を飲ませるのをためらうこともあります。

将来の子供たちに放射能汚染があっては困ります。でも、借金地獄でも困ります。

このままいくと日本は財政破綻と言われて久しいですが、消費税を含めて何ら変わりません。平等性に欠けるのであれば、所得税や相続税の増税も含めて(僕は相続税100%論者ですが)、早く改善に向けた実行が望ましいのではと思います。増税反対の声も多いですが、石原氏の言うように「我欲抑えて生活つましく」、日本の再生、自分たちではなく、さらに将来の子供たちのことを考える時期なのだと思います。

なんでも計算通りにはいかないのはしかたありません。ただし、政治家・指導者の方々は、聞こえのいいことを発言するのではなく、脱原発でやっていけるのか?クリーンエネルギーに頼れば解決するのか?そうであるなら、それにかかるコストと発電量の見込みの試算をデータとして見せてほしい。
税金の無駄をなくせば、本当に増税しなくてよいのかを見せてほしい。どの無駄を削ればいくら減るのか、本当に削れるのか?(仕分け作業では見込み額に遠く及びませんでしたが)

原発を推進しているわけではありませんが、僕を含めた一般的な国民が、きちんとした選択をできるように、様々なデータを示して、選挙戦では訴えるべきだと思います。
もちろん、原発を継続する場合は、想定外の事態を乗り切れる安全性を確保うする事が必須です。



白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市)
| その他 | 18:10 | comments(0) | - |
散歩
最近、帰宅が遅い日が多くて、子供たちと話す時間がありません。
なので、今日は久しぶりに一緒に朝の散歩に行きました。

6時に石岡運動公園まで自転車でいき、その後公園内を一周歩くと、子供の足では結構な時間がかかります。子供を連れていると、みなさん「おはよう。えらいねぇ。」と声をかけてくれるので、娘は得意顔で挨拶をします。
冬場は公園内の池に氷がはっており、それを剥がして、投げる遊びをしていたのですが、今日はもう氷はありませんでした。
とはいっても、やはり朝はまだまだ寒いです。
それと、今の季節は花粉が気になります。



今日の午後は、分院の小美玉市医療センターで手術です。
常勤の井上先生と一緒に手術をします。
今日は7名の患者様で11件の白内障手術を行いました。
小美玉市医療センターは地震後の耐震検査の結果待ちで、今日の手術ができるのか?と一部の患者さまにご迷惑をおかけしてしまいました。
結果としては耐震検査も問題なく、問題なく行うことができ、良かったのですが、何度もお電話をするなどして、申し訳ありませんでした。

白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市)
| その他 | 16:36 | comments(0) | - |
茨城県が輪番停電から除外されました。
被災地だからでしょうか?
本日より茨城県は輪番停電から除外されました。
(こんな状況ですので、また変更になるかもしれませんが)
このままいくと、通常通りの診療に戻るのにそう時間はかからなそうです。
インフレ、ライフライン、流通を支える人々、また多くの方々のおかげと感謝したいと思います。

輪番停電に関して、僕も診療・手術が思うようにできないと内心で憤りを感じることもありました。
こういった状況では何かのせいにしたり、不満をもってしまうことが多くなりがちですが、津波の被害などにくらべれば、比べるまでもまく贅沢な悩みであり、少し不謹慎であったと反省します。
電力会社・交通機関の方々も、きっと精一杯の努力をしているのでしょう。それでもどうにもならないことがあるのでしょう。

個人で出来ることは少ないですが、節電・ガソリンや食料の買いだめ買占めをしない・自転車通勤など、すこしでも行っていきたいと思います。
| その他 | 11:55 | comments(0) | - |
東北地方太平洋沖地震
まずはじめに、東北地方太平洋沖地震で亡くなられた方に心から哀悼の意と、ご冥福をお祈り申し上げます。そして、多くの行方不明の方のご無事をお祈り申し上げます。

当院の近隣では、一昨日夜までの停電があり、また水道は現在も復旧の途中といった具合です。
電気の回復とともに、テレビなどの情報が得られ、震災の状況、とくに東北地方の大打撃をしりました。信じがたいものです。津波の恐ろしさがこれほどとは、考えてもおりませんでした。どれだけの人が命を落とされたのか、瀕死の状況なのか、ご家族と話されているのか、本当に言葉もありません。
日本人として、医師として、最善を尽くしたいと思います。僕たちに何ができるのか、病院のスタッフたちとよく相談をして積極的に行動していきたいと思います。
| その他 | 14:42 | comments(0) | - |
このページの先頭へ