+ Profile
+ Categories
+ Q & A
+ Selected Entries
+ Recent Comments
+ Archives
+ Links
+ Others
+ Mobile
結膜下出血
今日も網膜剥離の紹介を頂きました。筑西市の73歳女性の患者様です。
当院では手術後に2ヶ月程度は、もとの眼科様と交互に診察を行い、その後にもとの眼科様にお戻り頂くようにしています。
最近は、かなり遠くからも紹介を頂くようになったのですが、通院の距離が長くなってしまい、患者様には負担になりますが、ご協力を頂ければと思います。

今日は以下の手術を行いました。
・白内障手術 4件
・眼瞼下垂症手術 2件
・翼状片手術 1件
・緑内障手術 2件
・網膜硝子体手術 3件(網膜剥離 2件、黄斑前膜 1件)
今日は、いろいろな手術がまんべんなくあって楽しかったです。
みなさん問題なく終わっています。


結膜下出血(けつまくかしゅっけつ)
外来をしていると、
「朝起きたら、目が真っ赤になってた!」
「鏡をみたら、真っ赤でびっくりして・・・。」
という、患者様が数日に1名は必ずいらっしゃいます。
目が赤くなる病気としては、結膜炎(けつまくえん)と呼ばれる、バイキンが感染しておこる病気が有名です。ゴロゴロしたり、メヤニがでたり、充血をして目が赤くなる病気です。バイキンをやっつけるために、血流が増加して、血液の中の白血球という細胞が頑張ることで、血管が太くなって、目が赤く見えるようになります。

本日いらした結膜下出血の患者様の写真です。

赤くなっている部分は、血管の位置とは関係なく、ベタッと面状に赤くなっています。これは、結膜という目の表面を覆う粘膜の血管が、なんらかの原因で切れて、出血が結膜の下に溜まっている状態です。
一見、目がとても赤くて、みなさんビックリして病院に来るのですが、実は手足にできる「アザ」と同じ程度のレベルの病気です。
手足をぶつけると、皮膚の血管が切れて、皮膚の下に血がたまります。この状態を内出血とか、皮下出血(ひかしゅっけつ)、または「アザ」と呼びます。結膜下出血は、この皮下出血と全く同じ病態です。
皮膚は厚みがありますので、下に赤い血がたまると紫色に見えますが、結膜はうすく、半透明なために、赤みが強く目立つのです。

結膜の血管が切れてしまう原因は、ごみが入ったり、ちょっとぶつけたり、寝ている時にこすった、ドライアイ、逆さまつげなど、簡単な原因のことがほとんどです。
子供の軟らかい血管に比べると、年齢に伴って動脈硬化が起こったり、血圧の変動や、血液をサラサラにする飲み薬を飲んでいたりと、一般的には高齢な方ほど、良く出血するようになります。
80代、90代になると、手などにアザがあることが増えると思います。

失明することもありませんし、病気としては大したことないのですが、とにかく見た目が悪いので、患者様からは、「治療法、どうやったら早く治るか?」という事を、よく質問されます。

そして、「ありません」と答えるので、いつもがっかりされます。
アザに塗ったら早く治るという薬はないですよね??
アザと同じで、時間がたてば勝手にキレイに戻るのです。
結膜下出血自体では、治療は必要ありません。
温めることで、出血の吸収が早まるという先生もいますが、あまり大きな効果はないようです。
手足のアザを押すと痛いように、血液が溜まって、結膜が少し膨らんでいますので、まばたきをした時に、こすれて、少しゴロゴロ痛む場合があり、その場合は痛み止めのような目薬を処方しますが、決して早く治るわけではありません。

以上を説明するのですが、日本人って、お薬が大好きな民族なので、とにかくみなさん薬を欲しがります。痛みはなくても、一応薬が欲しいとおっしゃるのですよね・・・。なんででしょう??

結膜下出血を起こした場合に気を付けるのは、以下のようなことです。
・一度切れた血管は、しばらくは弱くて再出血をしやすいので、さわったり、こすったりしないこと。
・アルコールや激しい運動、長い入浴などは、血が止まりにくいので、数日は控えること
・あまりに繰り返す場合には、白血病などの血が出やすい病気の可能性があるので、医師に相談すること
・「強くぶつけた・石が跳ねた・何か刺さった」などの明らかな外傷の覚えがあるときは、眼球破裂という重大な病気の事があり、一応眼科で確認をすること

基本的には、放っておけば治る病気なので心配はいりません。
繰り返す場合には、結膜弛緩症や逆さまつ毛など、眼科の手術で出血を起こらなくすることができる場合もあり、やはり一度眼科で相談するのがよいでしょう。


忙しい病院で働く、勤務医の先生たちにかかると、「心配ない。大丈夫。」とだけ言われ、相手にされなかった。なんていう話もよく耳にします。
患者様は見た目がひどいので、とても重篤感があるのですが、見慣れている眼科医側からすると、「たいしたことないのに。」と、患者様と医師とで感じ方に、非常に差がある病気です。

白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市)
| 結膜下出血 | 19:58 | comments(2) | - |
このページの先頭へ