+ Profile
+ Categories
+ Q & A
+ Selected Entries
+ Recent Comments
+ Archives
+ Links
+ Others
+ Mobile
パソコン用メガネ ブルーライトフィルター
今日の午後は小美玉市医療センターで白内障9件。
夕方にクリニックで網膜剥離。夜は県内の病院様で硝子体の緊急手術。
その後、素敵な会があり、少しお酒を頂き、かなりハードな一日です。
網膜剥離の患者様は、中心部(黄斑)まで剥がれており、すぐに手術とさせて頂きました。

早急にご紹介頂いた先生に感謝です。

パソコン用メガネ
ブルーライトフィルター

パソコン業務などが増えたせいか、眼精疲労やドライアイで受診する患者様が増えています。僕も最近手術ばかりで、目がかなり疲れています。「目が痛い」という患者さんたちより、「僕の目の方が痛いよ」と叫んでしまいそうなのですが・・・、眼科医としてそんなことは言えません。そして、これからまだまだカルテの整理をしなくては困惑

眼精疲労で受診された方で、最近話題になるのが、パソコン用メガネ、ブルーライトフィルターです。テレビコマーシャルでもやっていますが、見たことありますか??

光は、その波長が長いか短いかで色が変わるのですが、
紫外線⇒⇒赤外線
左が短く、右が波長の長い光です。
色を変えた部分は可視光線と呼ばれる光で、人間の目で感じる事が出来る光の範囲です。虹の7色ですね。

ブルーライトとは、この藍とか青色の部分、波長380〜495nmの光のことで、目に見える光の中で最も強いエネルギーを持つことが知られています。紫外線もそうですが、眼球の奥の方まで届き、黄斑変性症などの発症リスクをあげる可能性もありうるようです。

近年、パソコンやスマートフォン、ライトや照明などで、LEDと呼ばれる、真っ白・青白い、キレイな光を目にすることが増えましたよね??
パソコン用メガネ、ブルーライトフィルターは、このLEDの光などに含まれる、青白い光を選択的にカットすることで、目に優しい状態を作り出すこと目的に作られました。サングラスでも、ブルーライトをカットすることができますが、サングラスの場合、ブルーライトのみでなく、黄色などの光もさえぎってしまうので、全体としての光の量が低下し、暗く感じてしまいます。ブルーライトフィルターは、全体の光の量をあまり変化させずに、青色光のみをカットします。

当院でも、このパソコン用メガネの処方を行っていますが、実際の使い心地を、まずは自分で確かめようと、僕も作成してみました。

好みに応じて、少しだけ黄色っぽいレンズや茶色っぽいレンズ、オレンジっぽいいレンズ。いろいろな色が用意されています。僕は黄色っぽいのに。

LEDの懐中電灯をあててみると、緑の矢印がメガネを通した光、水色がそのままの光です。

実際にメガネをかけてみると、パソコンの背景の白い画面が少し黄色っぽく見えます。眩しさや、画面のちらつきは、かなり抑えられるようです
パソコン用でなくても、メガネをかけると、目の表面の空気の流れを遮るので、裸眼の状態よりは、目が乾きにくくなります。ドライアイの人にもいいかもしれませんね。

疲れないかどうかというと、どうでしょう??今日は、パソコンに向かう前から、すでに目が痛いのでなんとも言えません。しばらく使ってみて、評価したいと思います。
(僕は-1.25Dという軽い近視なのですが、今回のメガネには+0.5Dという老眼鏡の成分を追加したので、それによる改善効果も混ざってしまうかもしれないので、ブルーフィルター単独での評価はできません。)

ブルーフィルターによって、目の病気が抑えられるとか、黄斑変性症のちりょうになるとか書いてある広告も目にしますが、そういう効果に明確なエビデンスは、僕が調べる限りではありません。
こういうメガネをかけて、本当に病気を予防する効果があるのか分かるのは、多くの人が使うようになって、10年とか20年とか経って初めて分かることです。
眩しさを抑えるのは間違いないと思いますが、病気の治療になる。と言ってしまうのは現時点では根拠がないようです。

今日もお読み頂き、ありがとうございました。
| メガネ | 23:52 | comments(0) | - |
メガネ・眼鏡処方箋
午前中は小美玉で外来でした。外来にきた女性の相談で、愛犬のパグが獣医さんにかかっていて、失明しそうだと言われていると。僕に診察をしてほしそうな雰囲気でしたが、病院に犬を入れることは僕の判断では・・・。気になりますが・・・。やり過ぎな気もするし・・・迷う。
昨日のブロブに書いた網膜剥離で紹介の患者様には、面識もないまま夜のうちに電話で説明をして、小美玉から帰り次第、挨拶も後回しで、お昼休みに手術をする事が出来ました。少しでも早く網膜をくっつけてあげることができて、こちらは良かったかなと。

メガネ・眼鏡処方箋
今日はメガネに関する微妙な話です。一部の眼科の先生には怒られるかもしれませんが・・・。
昨日も書きましたが、特殊な例を除いて、メガネには病気を治したり予防する効果はありません。メガネをかけることで、かけている間の視力や見え方を、一時的に改善する補助具の役割があるだけです。
このメガネを作るときに、必要だと言われているのが、眼科で発行される眼鏡処方箋です。

この問題は、政治や選挙にまで多少影響するのですが、
少なからず、眼科医vs眼鏡店という対立があるようです。

ヾ祺憤綢Δ紡燭ぐ娶
・メガネ・眼鏡の作成に関しては、すべて眼科医が関わるべきで、眼鏡店で勝手に作ることは違法である。
・眼鏡店で作成するメガネは、どちらかと言うと、過矯正と言われるメガネになる比率が高いと言われ、眼精疲労の元となるリスクが高い。
・眼鏡店でメガネを作成する場合に、メガネをかけても視力の改善が乏しい場合に、眼科への受診を勧めることなく、眼鏡のみ作成し、病気の早期発見・早期治療の機会を奪っている場合がある。
・眼鏡店の眼鏡作成能力は、一定化しておらず、上手く作れていない可能性がある。

眼眼鏡側に多い意見
・既成事実として、現在も処方箋なしで多数の眼鏡作成が行われている。
・法律上、規制があるのは医業としてのみであり、眼鏡の処方くらいは、たいして医業とはいえず、特に資格は不要である。
・痩せるために、エステにきた人に、肥満だからと病院への通院を促す必要があるのか?目が悪い人がきたら、眼鏡店は眼科への受診を勧めないと罪なのか?

注)上記は、そういった意見があるというだけで、全ての眼科医や眼鏡店に当てはまるわけではありません。あくまで、よく耳にする例としてです。

これを踏まえて、僕個人としての意見を書いてみたいと思います。(あくまで個人の意見です。)
・7〜8歳までの小児は、視力・視機能の形成に非常に重要な時期であり、間違った(その子にあわない)メガネをかけることで、弱視という病態に陥ることがあります。弱視とは、将来メガネをかけても視力が悪い。運転免許証などが取れなくなる可能性がある事態で、非常に大きな問題です。また、小児は調節といって、目に変に力が入ったりして、上手く検査ができないことがあり、目薬を使った特殊な検査が必要なることが多々あります。なので、10歳未満の子供に関しては、必ず眼科で検査をして、処方箋に基づいて処方するべきだと思います。
・成人に関してですが、先日も記載しましたが、実はメガネがあわないからといって、病気になったり、近視の度数が進むなどという事態に落ちいるということはありません。(仮性近視や一過性の屈折性近視を除く)
もちろん、過書矯正などの合っていないメガネを書ければ、眼痛・頭痛などの眼精疲労は起こりえます。なので、好ましいことではありませんが、成人の場合には眼精疲労が起こってツライから。と、それから眼科へ受診しても手遅れになることはありません。

もちろん、眼鏡を作る全ての場合で、眼科ですみずみ検査して、処方箋を書くことが、目のためには一番いいに決まっています。ただ、国の財政が厳しかったり、眼科医や医師不足が嘆かわれている現代で、これまで眼鏡店で行ってきたすべての眼鏡処方を眼科医のみが行う事になったら、大変な時間とお金の負担がかかることは間違いありません。眼鏡処方の全てに眼科での検査を義務付けるよりは、少子化対策に税金を割くほうが重要ではないかと、僕は思います。
例えば、1年に一回、強制的に、全ての国民の精密人間ドックを行えば、日本人の平均寿命は延びるかも知れません。でも、それには医師の数も不足していますし、かかる費用も莫大になるので、現実的ではないですよね?
どこまでこだわるかは考え方次第ですが、成人に関しては、自分の考えで、自分が必要と思えば眼科にかかって下さい。というのでも問題ないかと思います。
お金や時間をかければ、一般的にはいいものにめぐりあります。ただ、どこまでお金や時間をかけるのかは、個人の自由ですよ。といった具合です。

ここまで書くと、眼鏡店の意見側に近いのかなとも思いますが、眼鏡店側の意見をお持ちの方に、お願いもあります。
眼科での検査なしで、眼鏡店のみでメガネの処方をする場合に、患者様が歪みを訴えたり、メガネをかけても1.0見えないなど、もしかしたら目の病気の可能性がある場合には、必ず眼科への受診をすすめて頂きたいのです。
当院の近隣を含めて、良心的な眼鏡店は、すでにそうしているかと思いますが、残念がら、稀にはあまりに腹立たしいケースに出会う事もあります。
例えば、メガネをかけない裸眼視力が0.1で、眼鏡店でメガネを購入して矯正視力が0.3まで上昇したが、結局見えにくいから眼科を受診。そして病気が見つかったが、既に手遅れ。といったケースです。
メガネをかけても0.3なんて、重症か軽症化は別として、何らかの病気があるに決まっています。病気が予想できるのに、メガネを売ることが優先されて、眼科への受診を勧めないというのは、罪なるのかはどうかとして、倫理上、人としてどうかと思います。

このような眼科医vs眼鏡店という図式は、あまり良いものではありません。
本来、眼科医と眼鏡店は助け合って協力関係でいるのが望ましいかと思います。

まとめ(僕が個人的に思う眼鏡処方に関しての考えです)
10歳未満の小児のメガネは眼科で検査をするべき。
∪人のメガネ作成は、眼鏡店を選ぶか、眼科での処方箋を選ぶかは、本人の自由。ただし、作成前の検査で矯正1.0の視力が出ないなど、目の病気や、何らかの異常の可能性があれば、眼科での検査を受けるべき。あきらかに異常が疑われるのに、眼科受診を勧めない眼鏡店が、もしも存在した場合には、罰則を与えるなどの法整備を行うべき。

以上が、眼科医、栗原としての個人的な意見です。

一般的には、無資格者よりも、眼科医や眼鏡士のほうが眼鏡の知識は詳しいと思います。そうはいっても役職に限らず、個人の能力は様々です。
ものすごい勉強をして、眼科医よりもメガネに詳しい無資格者だっているかもしれません。なので、眼科で処方したメガネよりも、無資格者の処方したメガネのほうが相性がいい。なんてことも絶対にないとは言えません(少ないと思いたいですが)。
僕も眼科医としては、自分はメガネの事を勉強している方だと思っているのですが、それよりなにより、当院には優秀なORT(視能訓練士)と、優秀な認定眼鏡士が在籍しています。通常のメガネだけでなく、遮光眼鏡、プリズムメガネ、拡大鏡、ローヴィジョンエイドなど、僕よりも詳しいスタッフが頑張っていくれています。僕は彼らを信頼、尊敬しています。眼鏡処方は特殊枠で月曜日や金曜日に行っているので、ご興味があればお電話にはお問い合わせください。

眼鏡店で処方を受けることは全く問題ありませんが、メガネをかけても見にくい。と言う場合には、一度眼科を受診してみることをお勧めします。
| メガネ | 23:55 | comments(3) | - |
メガネは必要ですか?メガネはあっていますか?
今日は午前の外来が72名、午後は以下の手術を行いました。
・翼状片手術 1件
・白内障手術 12件
・網膜硝子体手術(茎離断)3件
(黄斑円孔1件、黄斑牽引症候群1件、糖尿病硝子体出血+血管新生緑内障1件)
みなさん無事に終わりました。

昨日もお昼休みに網膜剥離の手術をしたばかりですが、先ほど連絡があり、明日も網膜剥離の紹介があるようです。

残念ながら中心部(黄斑)まで剥がれてしまっているようです。できるだけ早い手術が望ましいので、明日、外来の混み具合によりますが、お昼休みに手術が出来るといいな。
かかりつけの先生からインターネットで、上の写真を含めて、様々なデータを頂けました。まだ患者様にはお会いしていませんが、来院前から治療や手術方法のプランをたてることができ、とても役立ちます。ネットの発達により、専門医に相談するなど、遠隔地医療も増えてくるでしょうし、医療の形態はどんどん変わっていくのでしょうね。楽しみです。


先日、メガネについてブログを書いてみたのですが、今日はメガネに関してよく受ける質問の説明を。
私はメガネは必要ですか?
私のメガネはあっていますか?

外来をやっていると、一週間に数回は質問されます。
答えはどうかというと「知らない。自分で決めて。」です。
もちろん、このままの言葉では患者様に怒こられてしまうので、一通り説明して、別の言い回しをしますが、
基本的には、メガネが必要かどうかは、本人がよりよく見えたいかどうかによります。
注)7〜8才以下の小児の場合は、必要な時期に必要なメガネをかけないと、弱視などになってしまうリスクがあります。本日の記載は成人に関してです。

子供の弱視や、斜視などで使う、特殊な治療用メガネを除いて、
メガネは、ピント(光の焦点)を網膜に合わせるために使用する、物を見やすくするための補助具に過ぎません。
誰でもメガネをかけることで、かけない時よりも物が見やすくなりますが、メガネをかけても、病気を治したり、病気を予防する効果はありません
ですので、成人の方が、メガネをかける必要があるかどうかは、その方が裸眼の見え方に不自由があり、それをメガネで改善したいと思えば、かければいいですよ。という具合です。

たとえば、「ボヤけても、なんとなく見えればいい。」なんて思っている、おおらか・大雑把な性格の人は、裸眼の視力が0.1しかなくても、メガネなんか要らない。と考える場合があります。
逆に、「遠くの信号機の光が少しにじむだけでも許せない。」なんて思っている、繊細・ナイーブ・神経質な人は、裸眼の視力が1.0あっても、それを1.5にするためのメガネを欲しがる場合もあります。
医学的、眼科的な立場からすると、どちらも間違いではありません。その人にとって必要ならメガネをかければいいのです。
裸眼の視力が0.2しかないのに、メガネなしで運転している。なんていう人もいますが、これも、倫理上は好ましくないですが、それによって目が悪くなるということはありません。(個人的には、人を傷つけるリスクがありますし、法律は守るべきだと思いますが)


次に、このメガネはあっていますか?の質問ですが、
これも、極論ですが、その人次第です。
遠くを見るとき、近くを見るとき、できるだけ細かいものまで、しっかりと見えるようなメガネを合わせることを、完全矯正と呼びますが、強いメガネなんて表現のほうが聞いたことがあるでしょうか?
完全矯正・強いメガネをかけることで、その目的の距離のものは、最もはっきりと見えるようになりますが、それ以外の距離ではピントがあいにくくなったり、疲れやすくなったり、眼痛や頭痛の原因になることもあります。(いわゆる眼精疲労)
ただし、疲れたからといって、目が悪くなるわけでも、正式な意味で近視などの度数が進行するわけでも(仮性近視・屈折性近視除く)、目の病気になるわけでもありません。
「少し疲れやすくても、よく見えるほうがいい。」と思う人もいれば、
「私は疲れやすいから、弱いメガネがいい。」と思う人もいます。

これも、どちらが間違い、どちらがあっているというものではなく、好きなほうを選べばいいのです。

メガネが必要か?メガネがあっているか?
それは患者様自身で考えることですが、一般の方が、
ピント・焦点・強いメガネ・弱いメガネ・完全矯正・眼精疲労などなど、
聞きなれない言葉で言われたら、混乱してしまう人もいるかもしれません。
なので、短くまとめると「知らない。自分で決めて。」という答えになりますが、実際には、年齢や視力、屈折異常の度数の他に、仕事の内容、どの距離を優先的に見たいのか、今のメガネで眼精疲労があるのかないのか、問診でいろいろ教えていただいて、メガネを作る希望があれば、そのお手伝い、アドバイスをさせていただくのが僕たちの仕事です。

まとめ
特殊な治療用メガネを除き、通常の場合では、メガネは病気を予防したり、近視の進行を止めたり、病気を治したりする効果はなく、
かけることで、かけている間の視力や見え方を、一時的に改善する補助具の働きをするだけです。メガネをかけないから目が悪くなることはありません。メガネが必要か、どのようなメガネがいいのか?は、基本的にはその人の好みです。
| メガネ | 23:18 | comments(0) | - |
メガネ
第2・4の土曜日の午前中は、外来をしています。
普段の患者様は、近隣の、どちらかというと中高年〜ご高齢の方が多いのですが、土曜日は平日に仕事をしている人や、学生の患者様、都内など遠方からいらっしゃる患者様など、いつもとちょっと違う患者様が多くなります。
初診の方も多く、いつもは1時間に平均12名くらいの方を診察するのですが、重症の方が数名いると、どうしても外来が滞ってしまい・・・。予約制とはいいつつ、お待たせすることが多くなってしまいます。すみません。

今日はメガネのことでも書こうかな。
メガネ・眼鏡(がんきょう)
「僕は目がいいんだ。」「私は目が悪いの。」
多くの方は、「目がいいとか、目が悪い。」とか言う場合に、メガネが必要か、そうでないか。というように思っているようです。眼科医の視点では「メガネをかけても見えない人を目が悪い。」という概念ですので、どんなに分厚いメガネをかけても、視力表で1.0見えるのであれば、視力は正常範囲内ですね。と思ってしまうので、「メガネがないと見えにくい。」と言われると、「メガネかければいいのでは?」と返答したり。
こんなふうに、メガネに対する思いは人それぞれで、メガネを嫌うお母さんに、「お子さんは近視ですね。」と説明したら、絶望で泣き崩れてしまったお母さんにもお会いしたことがあります。
また、緑内障や糖尿病の患者様では「もう末期だから、手術をしても0.1くらいしか保てませんよ。」と繰り返し説明しても、「でも、メガネかければ見えるんでしょ?」となかなか理解してもらえないこともよくあります。
「失明した人がメガネをかけても意味がない。」僕はあたり前のようにおもうのですが、患者様によっては、「メガネかけたら明かりは分かる?」なんて質問を受けることもあります。

メガネは近視や、遠視、乱視などの屈折異常が原因で、ピント(焦点)が合わない場合に、光の進行方向に作用して、ピントを合わせることができるものです。
子供の弱視治療、斜視のプリズムメガネ、紫外線や青色光を防ぐメガネ、眩しさ(羞明:しゅうめい)を和らげるための遮光メガネなど、一部の治療用メガネは別ですが、世の中のほとんどのメガネは、眼底・網膜にピントを合わせて、見やすくする補助をすることが目的です。

以前に書いたのですが、基本的に目が小さい・短い人が遠視で、目が大きい・長い人が近視になります。
http://blog.sannoudaiganka.jp/?eid=126478


遠視のメガネのイメージです。何もしていない上の状態では、網膜よりも遠くにピントが合ってしまうのですが、虫眼鏡のような凸レンズのメガネをかけることで焦点の距離を短くして、網膜にピントを合わせることが可能になります。


近視のメガネのイメージです。通常の上の状態では、遠くから入ってくる光は、網膜よりも近くにピントが合ってしまいます。遠視とは逆の凹レンズのメガネをかけることで焦点の距離を短くして、網膜にピントを合わせることが可能になります。

乱視のメガネはまたあとで。
| メガネ | 23:40 | comments(0) | - |
このページの先頭へ