+ Profile
+ Categories
+ Q & A
+ Selected Entries
+ Recent Comments
+ Archives
+ Links
+ Others
+ Mobile
緊急入院:角膜潰瘍
今日は外来が大変でした。
午前が小美玉市医療センターで50名ちょっと、
午後がクリニックで40名程度いらっしゃいました。
予約外の患者様やお子様の患者様がかなり多く、診療に時間がかかり、1時間半程度お待ちいただく患者様もおり、お待たせしてすみませんでした。

また、さきほど、軽度ですが裂孔原性網膜剥離の患者様がいらっしゃり、処置を行いました。発症時に目の中に出血をしたため自覚症状が強く、非常に初期で来院して頂けました。網膜剥離となっている部分は非常に小さく、外来でのレーザー治療のみで治療可能でした。おそらく手術にならなくて済むかと思いますが、早期治療ができると思えば夜間に診療することも苦になりませんグッド


角膜潰瘍(かくまくかいよう)今日は角膜潰瘍の患者様を紹介して頂きました。
角膜とは黒目の部分ですが、本来は透明な膜です。茶目や黒目というように色がついて見えるのは眼球内の構造が透けて見えるためです。角膜は光を通す必要があるため、透明な組織でなくてはなりません。そのために、血管がありません。角膜への栄養は血管・血液から行われるのではなく、目の中の房水と呼ばれる水や、涙、空気中の酸素などが栄養とされます。
角膜潰瘍は、この角膜にバイ菌がついて膿んできてしまっている病気です。
本来、体のどこかにバイ菌がついた場合には血液の中の白血球という細胞が中心となって菌の退治を行ってくれます。ですが、角膜には血管がないために、バイ菌がついても退治することが困難で、感染症を起こした場合には重症化しやすいのが特徴です。

枝が刺さったなどの外傷や、若い方ではコンタクトレンズに関連した傷が原因となることが多いですが、本日の患者様は高齢の男性で、さかさまつげによる傷にバイ菌がついて繁殖してしまったようです。

白血球による治癒がなかなか期待できない組織であるために、抗生物質を使
用した治療が行われます。

今日はカメラの調子が悪く、角膜の撮影ができなかったため、以前に撮影した、同じような症例の写真をupします。

中心部の白いところが、感染部位になります。白く濁っているため光を通すことができず、視力は殆どありません。白目の充血が強いのは、少しでも角膜に白血球を届けようと白目の血管が頑張っているためです。角膜の下のほうが水平に白いのは、目の中に膿み(白血球)がたまっている所見です。

この患者様は数日間、一般的な細菌に対する点眼薬や内服薬の抗生剤を使用していたのに悪化してしまったようです。角膜潰瘍の多くの場合、バイ菌のなかでも細菌という種類が感染しておこります。
薬を使っていたのに悪化してしまう場合は、他の菌による感染症を考えなくてはいけません。
一言にバイ菌といっても、細菌、ウィルス、真菌(カビ)、原虫(アメーバ
)などたくさんの種類があります。
今回は真菌(カビ)や、耐性菌といって、抗生物質が効きにくくなっている細菌である可能性が高いようです。本日より、特殊な消毒薬による治療を開始し、原因となる菌の検索を急いで行っています。

毎日の通院ができれば外来でも治療が可能な疾患ですが、重症例で、高齢の男性であり、また連休に入ってしまうため、安全を第一に考えて入院していただきました。


白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市)
| 角膜潰瘍・角膜炎 | 11:24 | comments(0) | - |
今日はゆったりです。
水曜の午後は手術のみの予定なので、終わってしまうと仕事がなくてのんびりしています。
今日は、8名の患者様の手術を行いました。
・白内障手術 7件
・眼内レンズ二次挿入術 1件
・翼状片手術 1件
・網膜硝子体手術 1件(網膜中心静脈閉塞症;黄斑浮腫)

手術でなにかトラブルが起こることは非常に少ないのですが、残念ながら絶対にないとは言い切れませんひらめき
ゴールデンウィークが控えておりますので、今日は簡単な手術のみにしており、とても早く終わりました。スタッフも、これから片づけはありますが、残業にはならないで済むかなと。
緊急患者様がいらっしゃれば別ですが、一応、ゴールデンウィーク明けの5/9までは手術はない予定になっています。

白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市)
| クリニックのこと | 16:15 | comments(0) | - |
緊急入院:網膜中心動脈分枝閉塞症
第4火曜の午後は、普段は他の病院で非常勤の手術をさせて頂いています。ただし、今回はゴールデンウィーク前とのことで大きな手術はないようです。なんと、平日の午後がお休みに!!とても久しぶりですときめき
たまにはゆっくりするのもいいかな。と思いつつも、動かずにはいられない性格なため、幼稚園にお迎えに行って遊びにでかけてしまいました子供


ただ、そんな中でも午前の外来では緊急入院が1名。
先日(4/23)の網膜中心動脈閉塞症のちょっと軽いタイプで、下半分の血管が詰まってしまった症例です。正確には、枝分かれといった意味を含めて、網膜中心動脈分枝閉塞症と呼びます。

上の方に比べると、下1/3の網膜がやや白っぽくなっています。血液に含まれる赤い成分(赤血球)が少ないために、このように写ります。

造影剤というものを点滴で流して撮影した画像です。下の方の血管は詰まってしまい、血流が途絶えていることが分かります。(黒い線が詰まったしまった血管です。)
本日も、来院後早急に血栓溶解剤の点滴をする事が出来ました。点滴により、脳出血などのリスクがごく僅かですがあるため、数日間の入院をお願いしています。

この間までは網膜剥離の緊急入院ばっかりでしたが、この一週間で動脈閉塞2名、静脈閉塞1名が緊急入院し、血栓溶解療法を行っています。あまりに同じような症例が続くのはちょっと奇妙です・・・。

それにしても、まだ開院1年目ですが、この1年間だけで、5名の動脈閉塞の溶解療法を行っています。大学病院にいたときでさえ年に3人とかだったのに。今日の患者様は行方市の方で、石岡市内の患者様だけではありませんが、あまりに多いかなと。これも奇妙です。


白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市)
| 網膜中心動脈閉塞症 | 22:16 | comments(0) | - |
白内障手術
今日は13時半から5名の患者様に手術を行いました。
・白内障手術 7件

白内障手術は眼科のなかで、最も数多く行われている手術です。
眼球内にある水晶体と呼ばれるレンズが濁る病気で、手術では濁ったレンズを取り除き、人工のレンズと交換します。
最近は、目薬の麻酔のみで手術をする施設が多くなり、時間も数分と短く、基本的に濁りがなくなってキレイになるために、視力が良くなります。最近は乱視の矯正もできるようになり、希望に応じて裸眼で運転ができるようになど、細かいご希望にも添えるようになりました。
ですので、ほとんど全員の患者様が喜んでくれます。

糖尿病網膜症や黄斑疾患、緑内障などの手術は、視力が回復する症例もありますが、現状維持を目標にする事が多くありますので、手術後に心から喜ばれるということはあまりありません。みなさんが喜んでくれる白内障手術は、眼科医としては、とっても気分のよい手術になります。
かかりつけの先生に、「白内障の手術をした方がいいですよ!」と言われる患者様が多いのではないかと思います。
それには、こんな理由もあるのですね。医師側も、患者様が喜んでくれると嬉しいし、良くなってほしいと思っていますので。


白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市)
| 白内障 | 15:01 | comments(0) | - |
杏亭
昨日は病院全体の新人歓迎会がありましたビール
眼科のスタッフも4月に1名入職しましたが、とても頑張り屋さんな印象で、今後に期待しています!

今日は快晴で青空がとてもキレイおてんき
芝生もかなり青くなってきました。

そこで、夕方に今年初めてのBBQの準備をしていたら、突然夕立に。ヒョウまで降ってきて・・・、もちろん中止です悲しい


今週の石岡市の紹介は、杏亭さん
といっても実は、小美玉市にあるお菓子屋・ケーキ屋さんです。小美玉市医療センターからクリニックに移動する途中の裏道にあり、ちょっと寄らせていただきました。
看板が少なく、かなり奥まった所にあり、隠れ家的な印象です。建物が内外装ともに、とてもセンスよくまとまっています。
今日は子供はチョコレートケーキ、僕はプリン?のようなものを、ジュースや紅茶のセットで頂きました。おいしかったですラテ
| 石岡市・茨城県 | 20:51 | comments(0) | - |
緊急入院:網膜中心動脈閉塞症
土曜日は本来は午前の外来のみなのですが、今日もいっぱい働きました!
お昼休みに、小美玉市医療センターで
・白内障手術 7件
・眼瞼腫瘍 1件
夕方にクリニックに戻って、
・白内障手術 1件
・網膜硝子体手術 2件(硝子体出血:糖尿病と網膜中心静脈分枝閉塞症)
手術は順調に終わりました!


午前の外来で63歳男性が御紹介で初診され、緊急入院となりました。

網膜中心動脈閉塞症(もうまくちゅうしんどうみゃくへいそくしょう)
眼球の奥にある光を感じ取る膜を網膜と呼びます。カメラで言うとフィルムにあたります。網膜中心動脈閉塞症はその名前の通り、網膜を担うもっとも中心となる動脈が詰まってしまう病気です。糖尿病網膜症などがゆっくりと、徐々に詰まっていくのと比べ、ある日突然に全ての血管が詰まるため、発症が急激、そして重篤な疾患です。

脳梗塞や心筋梗塞と同じような病態で、動脈硬化などが原因となります。

本日の患者様の写真です。

上が、正常な右眼です。
下が、血管の詰まってしまった左眼です。血流がないために、血液の色であるオレンジ色が弱くなり、全体として白っぽくなっています。


これは、造影剤という薬を点滴で注入後に写真を撮ったものです。
血管の中の造影剤が白く映ります。
右眼は27秒でほぼ全ての血管に造影剤が流れています。
左眼の写真は42秒なので、普通なら右眼以上に白く映るはずですが、ほとんどすべての血管が黒く抜けてしまっています。血液が流れていないことになります。

とても緊急性の高い疾患で、発症後ただちに治療をしなければいけません。
脳梗塞や心筋梗塞と一緒で、血液が流れていない時間とともに組織が死滅していきます。ですので、救急車を呼ぶべき疾患です。

治療法は、血栓溶解剤の点滴を行います。また、眼球の血流を良くするために、マッサージや、眼内の水を抜いて眼圧を下げるなどの処置を行います。
本日の患者様は、来院後1時間で全ての治療ができ、治療としては上手くいったのではないかと思います。
ただし、急に真っ暗になったのは昨晩とのこと。出来れば昨晩のうちに治療をさせて頂きたかったです悲しい

急に真っ暗になったら、時間に関係なく眼科に電話をしましょう!
場合によっては救急車を呼びましょう。



白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市)
| 網膜中心動脈閉塞症 | 18:15 | comments(0) | - |
鼻涙管閉塞症(なみだ目)
金曜日は午前が通常の外来、午後が特殊外来です。
午後の特殊外来では、一部、簡単な手術を行っています。

今日は、2名の患者様に涙管チューブ挿入術(NS-チューブ)を行いました。

「なにもしないのに涙が溢れてくる」という訴えで、受診される患者様は大勢おります。涙目(流類)の原因にはドライアイや、結膜弛緩症など、多くの原因がありますが、中高年〜高齢者の涙目の原因として、鼻涙管閉塞症というものがあります。

鼻涙管閉塞症・涙道閉塞症(びるいかんへいそくしょう・るいどうへいそくしょう)

涙は本来、眼球の外側上方にある涙腺(るいせん)という組織で産生されます。その後、目の表面を潤したり、ホコリを掃除したりしながら、最終的には目がしら付近の涙点(るいてん)と呼ばれる穴から、鼻の奥⇒喉のほうへと流れていきます。この涙の通り道を鼻涙管や涙道と呼びます。
子供の時はこの流れがとてもいいので、目薬を付けて数秒で「苦い」と感じます。大人になると、この涙の流れ道が狭くなってくるために、目薬が苦いという感覚がなくなってきます。(すでに、僕にもありませんが、残念です・・・。)

鼻涙管閉塞症(涙道閉塞症)は、この涙の流れ道が詰まってしまった病態です。原因は、稀には鼻腔の腫瘍や外傷であることもありますが、ほとんどの場合は加齢です。(赤ちゃんにも、先天性鼻涙管閉塞症という病気がありますが、今回は触れません。)

涙の出口がないため、何もしていないのに、涙が潤んでしまったり、涙がこぼれて(流涙)、目じりがただれたりします。また、ホコリやバイ菌を流す作用がなくなり、メヤニが出やすくなったり、花粉もたまってしまうためにアレルギーが強く出るなどします。

目薬には、メヤニや涙の症状を和らげる効果はありますが、詰まってしまった道を開通させる効果はありません。(治すことはできません。)

以前はブジーと呼ばれる、針金を突き刺して穴を開けようといった治療が行われましたが、すぐにまた詰まってしまうことが多く、最近は行われなくなりました。

近年もっとも行われている治療にNS-チューブというものがあります。針金のブジーを通した後に、シリコン製のチューブを通し、1〜2ヶ月のあいだ、チューブを留置します。チューブが長期的にいることで、再閉塞が起こりにくくなる治療です。局所麻酔で10分程度で終わり、発症後1年以内であれば良好な成績が期待できます。
ただし、発症後数年など、時間がたっている場合には治療ができなくなってしまったり、再閉塞の確立が高くなってしまうために、涙目になった場合は出来るだけ早く受診するようにしましょう。当院でのNS-チューブは、現在、1ヶ月程度の待ち時間で施行可能です。


残念ながら、長期間過ぎてしまった症例など、NS-チューブが施行できなくなってしまった方は、やや大きな手術となりますが、涙嚢鼻腔吻合術といった手術があります。以前は、全身麻酔で骨を削って、道を作成して・・・という、大掛かりで負担の大きな手術が主流でしたが、最近は鼻側から内視鏡を使って行う、鼻内法と呼ばれる、局所麻酔で、負担の少ない手術が増えてきています。
鼻内法の涙嚢鼻腔吻合術を現在勉強中です。1年程度で当院にも設備を整えて治療を開始したいと考えています。
頑張りますので、もうしばらくお待ちください。


白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市)
| 涙目(鼻涙管閉塞症)・涙嚢炎 | 19:29 | comments(0) | - |
ORT(視能訓練士)
視能訓練士(ORT)とは、視力や視野検査、小児の斜視や弱視などの検査・診療を行うための、国家資格をもった眼科専門のスペシャリストで、当院には現在3名のスタッフが働いています。視力や視野などの視機能を正しく測定、評価し、また育てるということが仕事になります。

今日は嬉しいことがありました楽しい

子供に斜視(左右の目線がずれている)や、遠視や乱視などの屈折異常に左右差がある場合には、片側の優秀な目に頼って、反対側の目の視力が成長が止まったり、機能が落ちていってしまうことがあります。このような視力が弱いほうの目を弱視と呼び、大人になってからも、メガネをかけてもぼんやりしか見えない。といったことが起こります。

眼科では、このような小児の弱視の治療法の一つとして、アイパッチがあります。
よく見えるほうの健康な目を遮へいし、よく見えないほうの弱視の目を強制的に使用させることで視力の発達をうながす治療法です。
1日に数時間、よいほうの目にシール(絆創膏のようなもの)を貼って、弱視の目だけで生活をすることになります。重症のお子様では、ぼんやりとしか見えない状態となるので、治療自体をストレスに感じてしまうことがあります。とても残念なことですが、お友達に「変だね」などと、心ない言葉をかけられたというお子さんもいらっしゃいました。

しかし、治療を行わなければ、将来的に運転免許が取れない、職業の選択に不利になることがあるなどの問題が起こりますので、医療側としてもご両親としても、どうにか治療を続けてくれるように工夫をします。
・パッチを貼ったら、とにかく褒める「カッコいいね!偉いね!」
・アイパッチ(シール)に、アンパンマンの絵を描く
など様々なことをします。

今日は当院のORTが、「こんなの作ってみました。」と、僕に自分で作成した表を見せてくれました。表には、カレンダー状の枠組みや、シールを貼る部位が記載されていました。アイパッチがきちんとできたら、時間を記入して、シールを貼るというものです。子供はシールが大好きです。この表やシールを使うことで治療がうまくいく子供さんが増えるといいなと思います。


視能訓練士(ORT)というと、眼科の検査を行う人というイメージが大きく、実際にそうとしか思っていないORTもいます。ORTのもうひとつの重要な仕事、視機能育てるということを、自分たちで積極的に考えて、行動をしたことが、とても嬉しいと感じた1日でしたOK


白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市)
| 斜視・弱視 | 20:11 | comments(3) | - |
手術が終わりました!
今日は9名の患者様に、以下の手術を行いました。

・白内障手術 10件
・結膜弛緩症手術 2件(両眼同時)
・眼瞼内反症手術 2件(両眼同時)
・緑内障手術 1件
・網膜硝子体手術 2件(黄斑前膜:両眼同時)

ちょっと疲れましたが、みなさん順調に終了しましたグッド

今日の夜は、最近知り合った眼科医の先生と食事をする予定です。
同年代の手術が上手な先生です。
僕は地元の筑波大学出身ですが、別の大学の先生とお話をすると、手術の方法や治療法に関して、流派というか、各大学のやり方の違いが分かって、とても刺激になります。勉強してきます見る


白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市)
| クリニックのこと | 17:50 | comments(0) | - |
網膜中心静脈分枝閉塞症:今日も緊急入院です。
今日の午後は小美玉市医療センターで6名の患者様の手術でした。
・白内障手術 5件
・眼瞼下垂症手術 1件
・硝子体手術 1件

午前中の外来で緊急入院の患者様がいらっしゃったので、その対応をしていたら、小美玉にいくのが遅くなってしまいました。外来手術の患者様は待ち時間が長くなってしまい、申し訳ありませんでした。

網膜中心静脈閉塞症(もうまくちゅうしんじょうみゃくへいそくしょう)

今日の緊急入院は、網膜中心静脈分枝閉塞症という病気の70歳女性の患者様です。ある程度の年齢になると、血圧やコレステロール、喫煙などをリスクとして、血管がつまる病気が出やすくなります。
血管が詰まる病気としては脳梗塞や、心筋梗塞が有名ですが、眼球内の網膜の血管、とくに中心部の静脈が詰まる場合を、網膜中心静脈閉塞症といいます。本日の分枝閉塞症は、上方半分の血管がつまっており、すべての静脈ではなく、枝分かれした先が詰まったという意味で、すべて詰まった場合に比べると軽症例と考えられます。
ただし、黄斑浮腫という合併症も伴っており、視力はすでに0.08まで下がっていました。

この病気の患者様がこられる場合、多くの患者様で発症後すぐにはいらしていただけず、「一ヶ月前から見えにくい」、「かなり前から見えにくい」というケースが殆どです。
発症から時間がたっている場合は、元に戻すというよりは、失明を防ぐためのレーザー治療や、少しでも視力を回復させる目的で手術を行うなどの治療を行います。しかし、なかなか難しい病気で、現代の医学ではどちらかというと予後が悪い病気といえます。

本日の患者様は発症後数日しかたっていないとのことで、血栓溶解薬の点滴を使用して、血流を再開させることチャレンジしてみることになりました。この治療が効果的であった場合には、元に戻すという方向での治療になりますので、よい結果が期待できます。本日は、黄斑浮腫という合併症もあり、ステロイド剤の注射や、アバスチンというホルモン製剤の注射も併用して行いました。
今日の段階としては、これ以上ない強力な治療と思いますが、どうにか回復して欲しいものです。
(血栓溶解剤の点滴はもちろん、その他の注射の治療も、副作用というか悪い結果がでるリスクは0ではありません。治療を受ける際は、どれくらいの効果が何%で見込めるのか、治療によって発現しうる副作用の種類や程度、発現率がどれくらいなのか、というものをきちんと担当医に確認するようにしましょう。)


ちなみに、昨日行った血腫除去術は非常によい結果で、明日退院となります。先週行った、眼窩底骨折の患者様も完璧に治っており(斜視・複視なし)、網膜剥離の皆さんも一度でなおっています。
最近、緊急手術の成績が良好でとてもうれしいです。
血栓を溶かすことはなかなか確率的に難しいのですが、今日の患者様もちょっと期待が大きくなってしまいます。なおれ、なおーれ拍手


白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市)
| 網膜中心静脈閉塞症 | 20:48 | comments(0) | - |
網膜下血腫
今日は5名の患者様に以下の手術を行いました。

・白内障手術 8件
・網膜硝子体手術 1件

本来は、4名の両眼白内障手術のみの予定でしたが、緊急の患者様が来られたため、追加で行いました。

網膜下血腫(もうまくかけっしゅ)

光を感じとるフィルムを網膜と呼びますが、網膜下血腫は網膜の裏側に血液がたまってしまう病気です。網膜から出血する場合に、多くの場合は眼内の広いスペースに出血し、この場合は硝子体出血と呼ばれます。硝子体出血のみの場合は手術により出血を除去することで、原因にもよりますがほとんどの場合で良好な視力が回復できます。
網膜下血腫の場合は、血液毒性などと言って、血がたまっていること自体で、時間とともに網膜が死んでいってしまいます。発症後1ヶ月などたっている場合にはすでに回復は見込めません。ですので、もちろん血液の量や病気の程度によりますが、一般的には、早急に対応する必要があります。

治療法としては、手術による方法や、空気注入によって血腫の移動を促す方法があります。
目の中に空気を注入してから、数日〜1週間程度のうつ伏せをすると、空気の浮力により血腫が押し出されて移動します。移動した先の網膜はダメージを受けることになりますが、物をみる中心部の視力が回復しやすくなるため、多くの場合に試されます。(手術は眼科の中では非常にリスクが高い手術であり、重度の場合以外では手術を選択しません)

今回の患者様は、かなり広範囲に血腫があり、うつ伏せによって移動させることが困難なこと、視力は眼鏡をかけても指数弁(0.01未満)と非常に重篤であること、また、89才と高齢でお体の不具合があり、うつ伏せをすること自体が不可能などの理由があり、来院後早急に手術をさせて頂くこととなりました。
硝子体手術で目の中に器械を挿入し、網膜の一か所に穴をあけ、きれいな水で血腫を洗い流したり、比重の重い特殊な液体で血液を押し出すなどの処置を行いました。白内障とあわせて40分弱の手術で、非常にキレイになったと思います。
本来は空気を入れて、うつ伏せになることで、手術後の網膜剥離を予防する必要がありますが、今回はうつ伏せができませんので、シリコンオイルと呼ばれる油を目の中に入れて手術は終了です。

網膜下血腫は時間との戦いです。極軽度の場合は経過観察をすることもありますが、ある程度異常であれば上記のような治療をすることで、視力が回復する見込みがあります。発症後1週間以内、出来れば2,3日以内に治療をさせて頂ければと思います。(みなさん、なかなか発症早期に受診して頂けないのですが・・・。)

しかし、今日はスタッフ全員、お昼休みを中止して手術を行ったのですが、来院から手術の時間が非常に短くて助かります。医師がやりたいと思っても、病棟などの準備など、なかなか思い通りにできないことが多くあるのですが、緊急手術をしたいと思った時にすぐにできる。僕がいうのもなんですが、当院のスタッフは優秀だと思います。眼科冥利につきますグッド


白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市)
| 網膜下血腫 | 19:00 | comments(0) | - |
ゆりの郷
今日は午前中に入院患者様の診察を行い、午後からはゆりの郷に行ってきました温泉

石岡に引っ越して1年半ですが、ゆりの郷には、もう20回以上行っています!
石岡市八郷にありますが、つくば山に向かって、広大な景色が続きドライブとしても楽しめます自動車今日は快晴で気持ちよかったです。
土日は大人が1000円、子供が500円です。
この前までは子供は無料でしたが、長女が先月4歳になり料金発生!本人はロッカーの鍵がもらえるようになったことが、嬉しくて仕方ないようです。

露天風呂からは、筑波山の絶景が広がります。
いつも温泉のあとに食事をしますが、「しゃものささみ」がとても美味しいですよディナーいつもは奥さんが運転してくれるのですが、今日は不在のためビールはお預けです。




帰り道で、大きな鯉のぼりを見つけました!八郷のほうでは大きな鯉のぼりをたくさん見かけます。自然の風景とよくあいます。
あまりに立派だったので、「見せてください」とお願いしたら、お茶までご馳走になってしまいました。石岡の人は温かいですラブ
我が家も男児が欲しいなぁ。



昨日も今日も、夕飯は幕内先生のご自宅でご馳走になりました熱燗
幕内先生は医療に、地域に熱い先生で、話を聞いているだけでやる気が出てきます。明日からまたがんばるぞ!!
| 石岡市・茨城県 | 21:26 | comments(0) | - |
四万騎農園
今週末は久しぶりに連休です。
第1・3・5週(奇数週)の土曜日は、外来を他のDrにお願いしています。

今日は、家族で四万騎農園にいってきました見る
四万騎農園は石岡市ではなく、かすみがうら市というお隣の町にあります。
山王台病院からは来るまで15分くらい、千代田石岡インターのすぐ近くです。

去年の春に通りすがりで伺った時に、あまりに菜の花畑がきれいだったので、今年もお邪魔しちゃいました!

本来は栗の農園なのですが、春には菜の花が一面に広がります。
ブランコやアスレチックがあり、子供も大喜び。
今年初めてしったのですが、菜の花のつぼみの部分は生でも食べられると教えていただき、チャレンジしましたが、とっても甘くてびっくりです。
「好きなだけ摘んでいって」と袋をいただき、おうちでオリーブオイルをかけて食べたら、もうやみつきです。しかも、健康にもよい気がしますよね。

最後にお店のなかで、クラッカーに栗ジャムをつけて試食。
僕はラム酒入り、奥さんはブランデー入り、子供はプレーンがお気に入りで、お土産として購入しましたグッド





| 石岡市・茨城県 | 19:51 | comments(0) | - |
芝生
だいぶ暖かくなりましたねおてんき

去年から、庭の芝生に凝っています。
今朝ふと見ると、だいぶ緑の葉が目立つようになりましたよつばのクローバー


子供のころは勝手に育つと思っていた芝生ですが、勉強してみると、やることはたくさん。「隣の芝生は青く見える」という意味もよく理解できませんでしたが、なるほど、やってみると、お隣さんには負けたくない!という気持ちになります。

3月にエアレーションという作業を行った時の写真です。
芝生にローンスパイクというものを突き刺す作業です。庭1面やろうとすると、かなりの労力を使います。

芝生の地面に、突き刺すことで、土壌に隙間を作り、水はけを良くしたり、空気をよく通すようにする効果があります。また、突き刺す時に、芝の根っこが切断されますが(根切り)、芝生は古い根を切ってやることで、根の発育が刺激されて元気になる性質があり、一石二鳥です。
我が家では、スパイクを突き刺した後に、地面が持ち上がるようになるまでスパイクを倒しています。根っこがブチブチ切れて、大丈夫か?と思いますが、去年は、かなりいい感じだったのできっと大丈夫でしょう。
こうすると、地面が軟らかくなって、空気が入ったようで満足感があります。子供も、地面がふわふわになったほうが嬉しいようです。

今年も「芝生のじゅうたんでお昼寝」を目指して、頑張るぞグー

白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市)
| 芝生・趣味 | 18:46 | comments(0) | - |
眼窩底骨折
午前中は小美玉市医療センターで外来です。
今日は92歳の男性が、転んでしまったと来院されました。
お顔は内出血で腫れあがり、原型がないような状態でしたが、幸いにも眼球自体は無事で、白内障の手術後ですが、視力も矯正1.0と年齢的には優秀でした。
ところが診察をすすめると、残念ながら、左眼に眼窩底骨折が起こっていることが分かりました。

眼窩底骨折(がんかていこっせつ;blowout flacture)
頭蓋骨の目の部分がくぼんだ形になっているのは、みなさん、マンガなどでも見たことがあるかと思います。この部位を眼窩と呼びます。
そのくぼみ(眼窩)に、眼球や眼球を動かすための筋肉、クッションの役割を果たす脂肪などが収納されています。
ボクシングや外傷などで、眼球に打撲が与えられた場合に、眼窩を形成する骨の壁が折れてしまうのが、眼窩底骨折になります。
強い圧がかかった場合に、眼球が破裂してしまうよりは、眼窩の骨が破れて、眼球が押し込まれるようにすることで、被害を軽減する役割があるともいわれています。
眼窩底骨折を起こすと、骨折の程度や筋肉との状況によって、目の位置がずれてしまったり、目の動きが悪くなってしまい、右目と左目の目線が合わずに、物が2重に見えてしまう場合があります。(復視や斜視と言われます)

本日の患者様は、左眼の眼窩の下の壁が骨折してしまい、左目が全く上を向けなくなってしまっている状況で、復視を発症してしまいました。

眼窩底骨折の治療は全身麻酔で、骨折や周囲の筋肉を整復(元に戻す)する事なのですが、本日の患者様は92歳と高齢で、全身麻酔の御負担が難しい状態でしたので、局所麻酔で行いました。
思ったより出血が多くなってしまったりと、大変でしたが、かなりよい感じで整復出来たと思います。明日が楽しみです。
その患者様は耳が不自由なため、筆談で説明するのですが、とても不安が大きかったのではないかと思います。また、局所麻酔で、かなり痛みのある手術だと思いますが、微動だにせず、じっと耐えており、辛抱強い患者様だと感心しました。

眼窩底骨折も、やや緊急性のある病気で、組織の癒着が起こる前に手術をしたほうが成績がいいことがわかっています。このため、本日はそのまま手術となりましたが、なかには、外傷後の組織の腫れが治っていくと、手術をしなくてもすむ症例もあります。担当医とよく御相談下さい。

本日は眼科のみでの対応となりましたが、骨折の程度が広い場合などは、当院の歯科口腔外科の医師と共同で全身麻酔手術が可能です。目をぶつけた後に、物が2重に見える場合はぜひ御相談下さい。


白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市)
| 眼窩底骨折 | 21:35 | comments(0) | - |
SLTレーザー(緑内障)
今日は、9名の患者様の手術を行いました。
・白内障手術 8件
・翼状片手術 1件
・緑内障手術 1件(血管新生緑内障)
・網膜硝子体手術 1件(黄斑前膜)

緑内障手術の方は糖尿病の末期などにおこる緑内障で、重篤な疾患です。2年前に糖尿病網膜症で硝子体手術を行い、落ち着いた状態でしたが、今回、血管新生緑内障を発症してしまいました。
昔は手術成績が悪いことで知られた疾患ですが、最近はアバスチンというホルモンをコントロールする薬を併用することが多く、成績が良くなってきています。本日の患者様もきっと大丈夫だと信じています。信じたい。


今日は、緑内障の治療についてです。
急性緑内障発作などの稀な症例を除き、緑内障の治療には現在は一般的に4種類程度が行われています。

‥栖稾:もっともポピュラーな治療で、ほとんど全員の患者様に使用されます。房水と呼ばれる目の中を流れる水の産生を減らしたり、出口からの排出を増加させる作用があります。点眼薬の副作用や、毎日の点眼薬が面倒といったことはありますが、治療の中では効果、安全面や経済的にも、まず第一に検討させる治療です。

白内障手術:閉塞隅角緑内障という病気では効果が大きく、また、他の緑内障や、普通の人でも白内障の手術後には眼圧が1〜2程度下がることが多くあります。

N估眈禺蟒:本日行った手術ですが、リスクなども大きく、点眼薬や他の治療を行っても、どうにもならない患者様が適応になります。

他に、内服薬などもありますが、飲み薬ですので全身的な副作用もあり、手術後の短期間などに使用されます。特殊な状態や、他の病気で手術ができない場合などをのぞき、終了時が見えない場合には手術などを検討すべきと思います。

SLTレーザー:比較的新しい治療で、房水と呼ばれる目の中を流れる水の出口付近にレーザーを照射する治療です。房水の排泄がよくなり眼圧を下げる効果があります。点眼薬を使用しても眼圧が下がらない場合や、副作用などで点眼薬が使用できない場合、毎日の点眼が面倒だという場合などに行います。

4月7日に初診となり、SLTレーザーを施行した、76歳男性の患者様が本日再診となりました。
この患者様は他の眼科様にかかりつけで、水晶体嚢性緑内障(PE緑内障)と呼ばれる緑内障です。点眼薬を4種類使用しても眼圧が32mmHg(正常10〜20)と高値であり、手術をすすめられていると、セカンドオピニオンとして当院を受診されました。
手術は出来る限り受けたくないとのことで、4月7日にSLTレーザーを行いましたが、本日の眼圧は17mmHgと正常値まで低下しておりました。非常に喜んで頂き、よかったです。

医学の進歩は非常に早く、様々な治療法が日々開発されています。
点眼薬を使用しているのに、眼圧のコントロールがつかない患者様や、緑内障が悪化している患者様は、一度当院を受診して頂ければと思います。
当院では、緑内障の各治療のメリット・デメリットをパンフレットとして作成し、患者様と出来る限り相談して治療法を選ぶようにしています。

白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市)
| 緑内障 | 17:10 | comments(0) | - |
シリコンオイル
今日の午後は県南の眼科医院様で手術をさせて頂きました。
・白内障手術 3件
・網膜硝子体手術 2件
 (網膜剥離、増殖糖尿病網膜症)

40才程度と非常にお若い患者様ですが、写真のように、眼球の奥、網膜にべっとりとカサブタ(増殖膜)が張っていて、表現が悪いですが、グシャグシャといった状態です。
(写真の中心部の白色の組織が、左上、左下、右下のほうに伸びていますが、それが全てカサブタです。中心部のやや右上にオレインジ色のものが見えますが、そこが視神経乳頭と呼ばれる組織です。)
すでに網膜が皺だらけですが、このままカサブタのヒキツレが進むと、やはり失明してしまうので、手術で取り除く必要があります。



手術では目の中に器械を入れて、ピンセットのようなものや、小さなハサミを使用して、カサブタを取り除きます。最近は、ほとんどの手術で25Gと呼ばれる小さな、細い器械を使用して手術をするのですが、本日は、あまりに重症例であり、20Gと呼ばれるかなり大きな器械を使うことになってしまいました。

増殖糖尿病網膜症手術では、カサブタをとっても、すぐに網膜の皺が伸びて、平らになるわけではありません。多くの症例では空気を目の中に入れて、うつ伏せをすることで、浮力を使用して皺を伸ばします。数日たつと空気が吸収され、房水とよばれる体液に置換されます。(空気を入れない場合もありますが、この場合は、最近は学会で定められ、増殖手術とは呼びません)
本日の症例は超重症であり、数日でなくなってしまう空気では、病気を抑え込むことは難しいと思いましたので、久しぶりにシリコンオイルとよばれる物質を使いました。

シリコンオイルを目の中に入れて手術を終えると、オイルが網膜を押しつけて、皺を伸ばしたり、網膜剥離を予防する効果があります。空気に比べると、そういった意味では治療効果が高くなります。ただし、シリコンオイルが入っている間は、遠視になったり、物が歪んで見えたりします。また、長い間では濁ってしまったり、緑内障と呼ばれる病気の原因になることもあり、ある程度落ち着いた時点で再手術をして、除去する必要があります。
空気の場合は、自然に抜けていき、再手術もいらないのと比べると、このような点がデメリットになるため、重症例で主に使用されています。

シリコンというと、女性が胸に入れたり、お相撲さんが頭に入れるなど、美容整形的な面がありますが、眼科では治療用の物質として非常に大事な役割がありますひらめき


と、先ほど高速で帰ってきましたが、交通事故で外傷の患者様が救急車で来院、緊急入院しておられました。外傷性前房出血、硝子体出血、高度の続発性緑内障(高眼圧症)で、視力は全くありません。ひとまず様子をみますが、手術にならずに治ってほしいな。やっぱり忙しい・・・。もう一人くらい眼科医がほしいな。


白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市)
| 網膜硝子体手術 | 18:29 | comments(0) | - |
原発
今日は7名の患者様に手術を行いました。
・白内障手術 6件
・翼状手術 1件

昼過ぎの白内障手術中にも、小さい余震があり、一時中断をしましたが、
先ほど外来の最後の患者様の診察中に大きな余震があり、少しヒヤヒヤしました。津波などの影響がないといいのですが。


都知事選は現職の石原知事が圧勝とのこと、おそらくこれまでの実績や行動力が評価されたのでしょうが、原発に関しては必要悪とのスタンスをとっておられました。
(天罰の発言は、絶対にあってはならないことですが)
現在、原発の影響で苦しんでいる方々には、大変申し訳なく感じますが、僕も一概に全て脱原発というのは、どうかと思います。
資源もなく、地震がなくても経済力の弱まってきている日本で、化石燃料に頼る運営は難しいのではないのでしょうか?
バイオマス・風力などクリーンエネルギーの開発はもちろんよいことだと思いますが、脱原発を訴える指導者は、それによる発電量や、開発費、設備費、日本の経済力まできちんと検討・公表して訴えるべきと思います。

確かに原発は怖いです。茨城県の農業、漁業のダメージも深刻でしょうし、実際に僕の子供に、水道水を飲ませるのをためらうこともあります。

将来の子供たちに放射能汚染があっては困ります。でも、借金地獄でも困ります。

このままいくと日本は財政破綻と言われて久しいですが、消費税を含めて何ら変わりません。平等性に欠けるのであれば、所得税や相続税の増税も含めて(僕は相続税100%論者ですが)、早く改善に向けた実行が望ましいのではと思います。増税反対の声も多いですが、石原氏の言うように「我欲抑えて生活つましく」、日本の再生、自分たちではなく、さらに将来の子供たちのことを考える時期なのだと思います。

なんでも計算通りにはいかないのはしかたありません。ただし、政治家・指導者の方々は、聞こえのいいことを発言するのではなく、脱原発でやっていけるのか?クリーンエネルギーに頼れば解決するのか?そうであるなら、それにかかるコストと発電量の見込みの試算をデータとして見せてほしい。
税金の無駄をなくせば、本当に増税しなくてよいのかを見せてほしい。どの無駄を削ればいくら減るのか、本当に削れるのか?(仕分け作業では見込み額に遠く及びませんでしたが)

原発を推進しているわけではありませんが、僕を含めた一般的な国民が、きちんとした選択をできるように、様々なデータを示して、選挙戦では訴えるべきだと思います。
もちろん、原発を継続する場合は、想定外の事態を乗り切れる安全性を確保うする事が必須です。



白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市)
| その他 | 18:10 | comments(0) | - |
燈屋
入院の患者様がいる場合には、日曜日でも朝などに診察を行っています。
今週は緊急手術が多かったり、黄斑円孔や網膜剥離といった目の中に空気を入れて、入院して頂く手術が多かったため、日曜日にしては入院中の患者様が6名といつもよりは多めでした。
術後の経過はとくに問題なく良好でした。
昼間は桜を見ましたが、とてもキレイでした桜


今週の石岡の紹介です。
燈屋(とうや)さん

自宅から近い場所にあり、徒歩で行けるので、かなりの頻度でお世話になっています。雰囲気のよいお店で、カップルが多い中、うちの怪獣が御迷惑でないかと心配をしていますが、いつも優しく接客をしてくれます。
カルパッチョ、パスタ、肉料理をいつも頼みます。子供は食後のパンナコッタを頼むことが食事についていく目的です。バルサミコ酢を使ったソースの料理が多く、味がしっかりしていて、お酒がよく進みます。

| 石岡市・茨城県 | 20:42 | comments(0) | - |
雨ですね。
せっかくの桜が色あせないといいですが。

今日は土曜日で午後は休診の予定ですが、手術を急がなくてはならない人たちが多いため、急きょ手術日に変更です。

3月24日のブログで書いた糖尿病のかたの手術も行いました。

ガンバレ日本!には、なかなか参加しにくい職業ですが、被災地の方の視力を守ることで、結果的に少しは協力できるのかな?と思うと、少し救われます。(もちろん、患者様にみえるようになってほしいのが一番ですが。)

今日は、
・白内障手術3件
・網膜硝子体手術4件 を行いました。

網膜硝子体手術の内訳は、
・増殖糖尿病網膜症 2件(同一患者様です)
・糖尿病網膜症 1件(やはり3月24日のブログの30代のかた)
・黄斑円孔 1件


明日は晴れるようなので、お花見を満喫したいですビール

白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市)


| クリニックのこと | 17:04 | comments(0) | - |
特殊外来
金曜日は一日外来をしています。
午前中は普通の外来、今日は60名程度いらっしゃいました。
午後は、特殊外来といって、時間のかかる検査や、ちょっとした処置を行う患者様の枠を設定しています。

金曜日の午後に行うものとしては、
〇匐,慮〆 斜視や弱視などの検査・診察を行います。小さいお子さんは視力を測定するだけでも大変です。集中力が切れないように、あやしながら、個別で対応します。ORT(視能訓練士)という眼科専門のスタッフが大活躍です。うちには女性のORTが3名いますが、みんな優しいので、子供には好評なのでは?

∋詭邯〆 緑内障や網膜色素変性症、脳梗塞後など、視野(見える範囲)を調べます。これも、ORTが頑張ってくれています。

Bけ童〆 眼底・網膜の病気を詳細に調べるために、点滴をとって薬を注入しながら、眼底カメラを撮影します。糖尿病や黄斑変性症など、様々な病気で行われます。

っ躰 加齢黄斑変性症にたいする抗VEGF薬の注射や、糖尿病などでの黄斑浮腫に対するステロイド剤の注射などを行います。

NS-チューブ 鼻涙管閉塞症(なみだ目)の治療を行っています。

術前検査・説明 2週間後に手術の予定の患者様にお集まりいただき、手術に必要な目の検査や、血液検査、手術の説明などを行っています。

その他、必要に応じて、特殊な検査や処置を行っています。


今日の午後は予約が少なく、久しぶりにゆっくりとした外来でした。
水曜日に硝子体手術を行った患者様たちの経過も良好で、みなさん明日退院です。
今日は定時で帰っちゃいますグッド
ひさしぶりに子供と夕飯を食べますよラブ

白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市)
| クリニックのこと | 17:14 | comments(0) | - |
来ました!網膜剥離。
もう、地震と無関係とは思えませんびっくり
なんていうと偉い先生に怒られるでしょうか?医学的には説明がつきませんしね。

今日は、つくば市のクリニック様からの紹介で、70代の男性が網膜剥離でいらっしゃいました。
すでに中心部(黄斑)を含んで剥がれており、視力は眼鏡をかけても0.1となっていました。
夕方の外来を少し早めに終了させて頂き、来院後2時間程度で手術をする事が出来ました。網膜剥離の中でも黄斑が剥がれてしまった症例は、なるべく早く手術をする事が大事です。
患者様にうつ伏せを頑張って頂き、ぜひ一回で治って頂きたいです。

硝子体手術でも、黄斑前膜などの軽傷の患者様は、日帰り手術を増やしていますが、どうにもこうにも、入院のベットが不足しています。
土曜日にも重度の糖尿病網膜症手術が4件ありますが、現時点で満床で・・・。
比較的落ち着いた方から退院頂き、どうにか、やりくりしなくては・・・。
こういうので頭が痛いのはツライです。
なにか、いい解決法ないかなぁ。

白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市)
| 網膜剥離 | 19:32 | comments(0) | - |
人生最多?
今日は午後から10名の患者様の手術を行いました。
内訳は、以下となります。(白内障は両眼ばかりになってきました)
・白内障手術 12件
・網膜硝子体手術 6件


網膜硝子体手術の内訳は、以下のようになっています。
・黄斑前膜が2件
・黄斑円孔
・網膜中心静脈閉塞症に続発した黄斑浮腫
・硝子体出血
・網膜中心動脈閉塞症に合併した硝子体出血・血管新生緑内障

とくに最後の病気などは、早々に手術をしなくてはならず、
準緊急で手術をすることとなり、件数が増えてしまいました。

どれか一つくらい、病気の説明をしたいところですが、
5時間ずっと手術だったので、ちょっと疲れてしまいました悲しい
また今後にしたいと思います。

おそらく、本日は僕の人生で最も手術件数というか濃度が濃い一日だったと思います。
白内障が中心なのかもしれませんが、世の中には朝から晩まで、
1日に40件を行う医師もいるようです。
みならわなくては。体力つけるのにマラソンでもしようかな。

白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市)
| クリニックのこと | 19:38 | comments(2) | - |
小美玉市医療センター
午後からは小美玉市医療センターでの手術です。

今日は7名の患者様に以下の手術を行いました。
・白内障手術 8件
・緑内障手術 1件
・翼状片手術 1件
みなさん、無事に終わりました。

今日の翼状片は結構小さくて、手術も簡単でした。
早く終わったので、途中の「らん卵」でプリンを買って帰ろう。

白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市)
| クリニックのこと | 16:45 | comments(0) | - |
翼状片
今日は、6名の患者様で以下の手術を行いました。
・白内障手術 8件
・翼状片切除術 1件

お昼に手術を行い、夕方から外来を再開するのですが、翼状片が結構大きく、思ったより時間がかかって、全部で2時間程度かかってしまい、外来に遅刻するかと思いましたが、ギリギリセーフでした。


翼状片(よくじょうへん)
翼状片とは、白目(強膜)の表面を覆っている、結膜と呼ばれる組織が過剰に増殖し、黒目(角膜)に進入してきてしまう病気です。
明確な原因は不明ですが、加齢に伴って50歳以降の中高齢者に多くみられ、また、紫外線や喫煙がリスクの一因となることが分かっています。その他に、外傷などが原因となることもあります。

症状としては、初期からおこるものとして順に以下のようなことがあります。
―七譟▲乾蹈乾蹇▲瓮筌砲出やすい
⇒雹襪強くなり、視力が下がる
F傾Α聞目の中心部)にまでかかると、ほとんど見えなくなる

小さいものは自覚症状がなければ放っておいてもいいですが、大きくなったり、視力に影響するものは、早めに治療をする事が望ましいようです。
(大きいものをとるより、小さいうちにとった方が、手術が楽です。)

治療法は手術で切除します。
手術自体は簡単で多くの場合が15分程度なのですが、大きい症例や再発例などでは大変な手術になる場合もあります。
手術でもっとも困るのは、再発してしまうことです。再発した場合は再手術で切除しますが、再発のたびに癒着がひどくなるなどします。
男性・喫煙者・若い患者様・大きな病変などが再発しやすい因子となります。
現在は手術の方法も各種開発が進んでいますので、担当の医師とよく相談されるのがよいでしょう。

本日の患者様は、63歳男性で、喫煙あり、やや大きめの翼状片で、内部の癒着が強く眼球運動障害(目の動きが悪い)がある患者様で、手術がやや大変でした。翼状片切除に加え、再発防止薬のマイトマイシン併用、切除後の再建は遊離結膜弁移植(生体糊使用)という術式で、20分程度かかりました。
最終的にはかなりキレイになっており、ご満足いただけると思います。
今日の手術前の写真です。


白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市)
| 翼状片・結膜のできもの | 18:29 | comments(0) | - |
府中誉
なんだかんだと、石岡市に住んで1年半がたちました。
週末のブログは、石岡の宣伝をしてみようかなと!

まず第一番目は、週末に、2週に1回は必ず行く、
府中誉(ふちゅうほまれ)さん

お酒が大好きで、ほぼ毎日晩酌をしますが、このお店の「渡り舟」というお酒が大好きです。
フルーティーで少し甘口のお酒です。
酒屋さんでも買えますが、すごく風情のある酒造で、ここで買ったほうがなんだか美味しい気がします。
いつも一升瓶を買いますが、家には冷蔵庫以外に保管する場所かないので、ちょくちょく買いに行かなくては。

地震後数日で行ったときには、瓦が落ちてしまったと工事中でしたが、
今日も屋根は白い布で覆われていました。
写真をupするにも、なおってからのほうがカッコいいかなと。
ひとまずは、ホームページアドレスを。
http://www.huchuhomare.com/

今後、石岡でよく行くところなど、お勧めの場所を書いていきますグッド

2012年春:追加で写真をupします。
| 石岡市・茨城県 | 20:04 | comments(0) | - |
開院後10ヶ月間の手術実績
昨年の5月開院、手術は6月からはじめています。
6月1日〜3月31日までの10ヶ月間の手術数を集計しましたので、upします。
開院当初は、月に30〜40件の手術を予定していたのですが、手術の需要が多い病院・地域であり、どんどん件数が増えてしまいました。
4月はすでに100件程度の予約があり、5月までの1年で1000件を超えてしまいそうです。それでも、まだまだ手術の待ち時間は2ヶ月以上ですが・・・。


手術合計 880件
内訳
・水晶体の手術 632件(おもに白内障手術、他に眼内レンズ交換など)
・網膜硝子体手術 117件(糖尿病・網膜剥離・眼底出血・黄斑円孔など)
・涙器の手術 39件(おもにNSチューブ)
・眼瞼(まぶた)の手術 35件(眼瞼下垂・さかさまつげなど)
・結膜の手術 19件(翼状片・結膜弛緩症など)
・その他 38件(緑内障・斜視・角膜の手術・眼内レンズ整復など)

レーザー手術合計 153眼
内訳
・網膜光凝固 79件(糖尿病・眼底出血などに対するレーザー)
・SLTレーザー 25件(緑内障に対するレーザー)
・YAGレーザー 49件(後発白内障に対するレーザー)

*手術数は、分院である小美玉市医療センターとの合計数です。手術数は基本的に保険診療で請求された件数です。両眼同時手術などは2件と計算しています。 白内障の手術時に、逆さまつ毛や眼瞼下垂の手術を追加で行っておりますが、それらはカウントしておりません。また、病気が古くてNSチューブが挿入できなかった症例などもカウントしていません。

抗VEGF薬 硝子体注射 182件(加齢黄斑変性症などに対する注射です。ルセンティス・マクジェン・アバスチンの合計)

ステロイド薬 テノン嚢注射 135件(糖尿病や網膜静脈閉塞症などでの黄斑浮腫などに対する注射です。トリアムシノロン)

*注射の数は外来で行ったものです。手術中に併用した数はカウントしていません。

白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市)
| 治療実績 | 15:05 | comments(0) | - |
このページの先頭へ