+ Profile
+ Categories
+ Q & A
+ Selected Entries
+ Recent Comments
+ Archives
+ Links
+ Others
+ Mobile
眼科医不足
今日は午前が小美玉、午後がクリニックで外来でした。
お昼に車で移動するのですが、暑くてビックリしましたびっくり
もう夏ですね!


最近、学会や眼科の雑誌では、眼科医の不足が問題になっています。
眼科だけでなく、どの科もそうですが、日本は人口比率でみると医師が少ないようです。
他の科にくらべると眼科は、以下のような特徴があります。
ゞ侈外紊少ない(若いうちからすぐに開業してしまう)
⊆磴だぢ紊隆望者が少なくなっていること(眼科の将来性への不安や、体の病気が診られないという不安)
C楼茲任琉綮佞諒从漾陛垈颪任寮験茲魎望する医師が多い)
そ性医師が多い(出産などで退職あり)


眼科の偉い先生たちが言うには、人口2万人に1名の眼科医が必要というのを聞いたことがあります。
茨城県は約300万の人口なので150名の眼科医が必要になります。
日本眼科学会のHPによると、茨城県には約160名の眼科専門医がいます。
日本全域では約1万人の眼科専門医がいるようです。
しかも、東京都では、むしろ眼科医が余っているという話の方が多く、つぶれてしまうクリニックも多いようです。

でも、実際問題、当院でも患者様が多くなってきており、待ち時間も長くなりますし、休暇を取るもの難しいという状態で、勤務している身としては、眼科医は足りていないようにも思います。
茨城県が足りていないとも言えますが、東京の先生はやっぱり、茨城で働くのは嫌なのでしょうか?

本当は、どれくらいの医師がいれば、日本全体がいい医療環境でいられるのだろう?疑問です。
| その他 | 19:36 | comments(0) | - |
眼窩脂肪ヘルニア(脂肪脱)
今日は午前の外来が56名でした。
午後は手術です。
・白内障手術 9件
・結膜弛緩症手術 1件
・眼窩脂肪ヘルニア除去 1件
・網膜硝子体手術 2件
(増殖糖尿病網膜症・網膜中心静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫)
みなさん無事に終わりました。

今日は、先ほど手術をした眼窩脂肪ヘルニア(脂肪脱)の記載です。
眼窩脂肪ヘルニア(脂肪脱)(がんかしぼうへるにあ・しぼうだつ)

ヘルニアとは、組織があるべき場所からずれてしまう事を言います。
腰椎椎間板ヘルニアや、頸椎ヘルニアは、背骨の椎間板などがずれてしまう病気です。
脱腸や、ソケイヘルニア、臍ヘルニアと呼ばれる、腸が体の外に出てきてしまうようなヘルニアも有名です。

眼窩脂肪ヘルニアは、眼球の後ろ側に位置しているはずの脂肪組織が、前の方に出てきてしまう、加齢性の病気です。
眼球は眼窩と呼ばれる、頭蓋骨のくぼみに埋まっていますが、眼窩には眼球以外に目を動かす筋肉や、脂肪があります。眼球の後方に位置する脂肪には、例えば殴られたりした場合に、クッションの役割をして眼球の衝撃を和らげるなどの機能があります。
主に加齢によって、眼窩の中にある筋肉や靭帯が弱くなってきた場合に、本来は眼球の後ろ側にあるはずの脂肪の組織(眼窩脂肪)が、弱くなった隙間から目の前の方に出てきてしまうと、眼窩脂肪ヘルニアと呼ばれます。


本日、手術をした男性の患者様です。
右目ですが、写真の黒目の左側(外側)のプックリしている部分が脂肪ヘルニアです。
脂肪ヘルニアでは、失明をするなど重篤な障害を起こすことはありません。
ただし、大きくなってくると、ゴロゴロ痛みの原因になったり、視野にかかると見えにくいと感じたり、そして見栄えが悪いというのがあり、ご希望があれば手術で切除します。
点眼薬による麻酔と、場合によっては少量の注射を行います。
いろいろな術式がありますが、当院ではタコ縛り?と呼ばれている方法で、出来るだけ再発が起こらないように努めています。
外来手術で、だいたい15分程度の手術です。

眼窩脂肪ヘルニアがあっても、痛みもなく、見栄えなども気にしない場合には、手術を行う必要はありません。

白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市)
| 眼窩脂肪ヘルニア/脂肪脱 | 18:39 | comments(0) | - |
出張
今日は午後から別の医院様で硝子体手術に呼んで頂きました。
最近は、5か所くらいで手術をしているのですが、小美玉以外は基本的に高速道路で急いで移動しなくてはなりません。
運転が好きなので、あまり苦ではないのですが、事故や免停に気を付けないと車

いろいろな施設で手術をすると、他の眼科医の先生とお話する機会が増えて、楽しいです。
それに、手術件数は多ければ多いほど、スキルアップにつながりますので。
出来るだけ、しばらくは、出張の人生を続けたいなと思いつつ、最近はクリニックの仕事で忙しくなっているのが気になります。
クリニックの医師が増えると、さらに効率が良くなるとは思うのですが。
| その他 | 22:37 | comments(0) | - |
後発白内障
今日は午前の外来が60名、夕方が20名でした。
お昼の手術は、白内障手術 8件でした。
みなさん無事に終わりました。


後発白内障(こうはつはくないしょう)
最近の白内障手術は簡単になった。という認識は、多くの方に広まっていると思います。
白内障手術は、濁った水晶体を取り出して、新しい水晶体を取り出す。ということが行われます。
20年くらい前には、黒目の周りを半周近く切り開いて、濁った水晶体をそのまま取り出し、新しい水晶体を眼内に縫いつける。なんてことが行われていました。
近年の手術は、実は水晶体の全てを取り出すわけではなく、水晶体が包まれている袋を残して、袋に包まれていた中心部の濁りだけを取り出し、袋のなかに新しい水晶体を入れる。という事をします。レンズを縫いつけたりする必要がないため、手術の時間が数分などの非常に短時間で終わるようになりました。

後発白内障は白内障手術の後に、数か月とか数年とか経ってから、レンズを包んでいた袋が濁ってしまう病気です。
手術の時には、出来るだけ濁りを取り除くのですが、細胞レベルでは多少の残存があり、そのような細胞が増殖してしまうと起こってしまいます。
袋が濁ってしまうと、患者様は濁りを通して物を見る必要があり、やはり視力が下がったり、かすむ。という症状が現れます。

治療法は、とても簡単で、YAGレーザーというレーザー光線を濁りにあてて、濁りを弾き飛ばしたり、移動させるような方法をとります。
ほとんど合併症はなく、普通は5分弱の治療で、費用も1500円程度です。


本日、初診となった女性の患者様です。
3年ほど前に、他院様で白内障手術を受けたようです。

左が来院時のものです。中心部がスリガラスのように、やや白っぽく混濁しています。
右が治療後です。中心部の濁りが除去されて、濁りがなくなり黒っぽく写っています。写真ではまだまだ濁りの部位が大きくありますが、写真は散瞳といって、薬を使用して瞳孔を広げてあり、普段の瞳孔はこれほど大きくないので、視界には濁りは入りません。
この方は、目の中のレンズがずれているような状態で、ちょっと慎重に行いましたが、問題なく終了し、きっと今頃良く見えるように回復していると思います。
(眼科医の先生も見ることがあるようなので。一応詳しく解説。専門的には、眼内レンズの下方がon the bag、上方はin、耳側3時にIOL偏位、donesis+の症例です。当院では十字切開と同じく、後嚢を硝子体腔に落とすのでなく、後方に開くように行っていますが、中心部のクラックなど、万が一の安全性を考えて、瞳孔中心には照射せず、中心を避けて6方向に切り取るような照射をしていますので、一般的な切り口とは異なる印象を受けるかもしれません。)


後発白内障は、このようにとても簡単に治るので、
「白内障手術の後、しばらく眼科にかかっていないけど、最近視力が下がったな。」と思うような人は、一度眼科にかかってみましょう。

最近は手術の顕微鏡や、器械の開発が進歩し、手術時に濁りが残存することが減っていたり、新しく移植する眼内レンズの素材や形状の開発もとても進んでおり、後発白内障が起こることが少なくなっています。

後発白内障が起こりやすくなるリスクは、
・若い年齢での手術(アトピー性や先天性で子供のころに手術をする場合には必発です。)
・手術時に散瞳不良など、手術が難しくて、濁りが残りやすい人
手術後に炎症を和らげる点眼薬をきちんと付けない人などがあります。

白内障の手術後は一ヶ月程度は点眼薬が必要です。
時々、「見えるようになったから。いいと思って。」と言って、手術後に全く受診せずに、1年後にメヤニが出るなどの理由で、ひょっこり現れる人がいますが、そういうのはいけません。
勝手に目薬を辞めると、後発白内障だけでなく、ひどい場合には緑内障などの重篤な合併症を起こすこともあります。
僕たちも人間なので、勝手に通院をサボって、その後に悪くなった人の診療には気持ちが入らなくなってしまいますしね・・・。

白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市
| 白内障 | 19:57 | comments(0) | - |
網膜剥離
最近、妙に忙しくて、ブログが止まっています・・・。
やりだしたことは続けたいとは思うのですが。大変・・・。


今日もつくば市の眼科様から網膜剥離の患者様が紹介でいらっしゃいました。
61歳男性、強度近視の方で、4日前から飛蚊症、3日前から見えないと。

写真、左上の部分が特に剥がれてます。剥がれた網膜は2〜3日で写真のようにシワシワになってきます。
残念ながら、物を見る中心部まで剥がれていて、視力は眼鏡をかけても0.06です。

先ほど外来が終わり次第、手術をさせて頂きました。
問題なく終わり、うつ伏せがきちんとできれば、まず治る(くっつく)症例かと。
網膜はくっつくのですが、すでに中心部も剥がれて数日たっており、すごく良好な視力の回復は絶望的です。もっと早く受診して頂ければ・・・。

強度近視は、網膜剥離のリスクの一つです。
メガネやコンタクトがないと、生活ができないような人は、1年に1回程度の眼科定期健診をするとよいといわれています。

白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市
| 網膜剥離 | 14:06 | comments(0) | - |
結膜弛緩症
今日の外来は、新患(はじめてかかる人)が多くて結構混みあいました。
お待ちいただく時間が長くなりすみません。
午後の手術は以下を行いました。
・白内障手術 10件
・緑内障手術 1件
・網膜硝子体手術 3件

網膜硝子体の内訳は
 糖尿病黄斑浮腫 1件
 糖尿病性黄斑前膜 1件
 硝子体出血 1件
みなさん無事に終わっています。


結膜弛緩症(けつまくしかんしょう)
結膜弛緩症は、白目(強膜)の上を覆っている、結膜という粘膜が、加齢によって、ゆるんで、しわがよってしまう病気です。
失礼な言い方かもしれませんが、年齢でお肌にしわが出来るようなものです。

症状としては、以下のようなものがありますが、
とにかくうるさい。と感じる事が多いようです。
・まばたきをするたびに、しわがこすれるので、痛みを感じたり、炎症を起こしてメヤニがでます。
・涙の流れが悪くなったり、涙を蓄える空間が狭くなるため、涙目になります。
・涙が黒目の表面に均一に広がらずに、乾いた部分ができて、ドライアイの症状がでることもあります。

残念ながら、簡単に完治する病気ではありません。
年齢によって足腰が痛い場合にシップをはるように、治すというよりは、目薬を使って上手に付き合っていくといった病気です。乾燥した空調を避けるなど、環境を整えることも重要です。
目薬を使って、あまり症状が強くなければ様子をみて頂くことになります。

ただし、症状が強く、目薬を使ってもツライという場合には手術を行います。手術によって、あまった結膜を切除したり、縫い縮めたりします。
手術自体は非常に簡単で、外来で目薬の麻酔でで5〜15分程度の手術です。
(粘膜がどれくらい余っているか、どれくらい切除するかで時間が変わります。)

本日、先週の水曜日に手術をした患者様が2名いらしたので、掲載します。

73歳の男性です。黒目の左下、まぶたの上にシワがよっています。

詳しく見るために、涙を黄色に染めています。正常でシワがない場合には、涙はまぶたの上に均一にたまるため、まぶたの上に一本のまっすぐな線が写ります。結膜弛緩症では、シワの部分にも涙がたまり、涙の黄色い線が余分に写るようになります。

特殊な青い光で写真をとると、黄色の線がより見やすくなります。

最後は、本日の写真です。シワがなくなってキレイになってきています。


次は、78歳の女性です。

黒目の下のほう、まぶたとの境界に、白いシワが見えます。

本日の写真です。シワがなくなり、非常にキレイになっています。


実は、目の表面の写真を保存する器械とパソコンとの相性が悪く、ブログに載せる場合には、印刷したものを写真で撮って掲載していたのですが、今月の28日に新しい器械の購入が決定しています。今後はよりキレイな写真を簡単に掲載できるので楽しみです。画質も良く、診察中の患者様への説明もよりやりやすくなる予定ですグッド

白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市
| 結膜弛緩症 | 18:30 | comments(0) | - |
ふうっ。
疲れましたしょんぼり
今日は、午前がクリニックで外来、
午後が小美玉市医療センターで手術、
夕方から、別の医院様で手術でした。

小美玉市医療センター
・白内障手術 7件
・結膜弛緩症手術 3件


小美玉が終わってすぐに、初めて伺う医院様に手術に呼んで頂きました。
増殖糖尿病網膜症という病気でなかなか重症な方です。
当院の手術器械は、まだ1年程度の、かなり新しい最新型と呼べる器械ですが、本日拝見したものは、さらに新しい器械で・・・、うらやましい。
電化製品もそうですが、器械の進歩って早くて、買っても買っても置いていかれてしまう気がします。でも、新しい器械いいな。欲しいな。

全部終わって、クリニックで入院患者様の診察です。
3つの病院を行ったり来たり、運転で高速もつかったのでちょっと疲れました。

白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市)
| その他 | 21:38 | comments(0) | - |
網膜中心静脈閉塞症
今日のお昼は以下の手術を行いました。
・白内障手術 7件
・続発性翼状片手術 1件
無事に終わっています。

今日は、60歳女性の方が入院されました。
網膜中心静脈閉塞症(もうまくちゅうしんじょうみゃくへいそくしょう)
4月19日のブログも御覧ください。
http://blog.sannoudaiganka.jp/?cid=4924

血圧やコレステロール、喫煙などをリスクとして、血管がつまる病気(脳梗塞や心筋梗塞)を発症することがあります。本日の患者様も高血圧などがあり、最近、心筋梗塞の検査をされたばかりのとのことで、血管が狭くなっているようです。

網膜中心静脈閉塞症は、眼球内の網膜の血管、とくに中心部の静脈が詰まっってしまった病気です。
一回血管が詰まってしまうと、なかなか元通りにすることはできずに、レーザー治療や注射、手術などを行って、失明さえ防げれば成功。視力は0.1でも仕方ない。といった、重症度の高い病気です。


上が正常な右眼、下が病気の左眼です。
ややピンク色の細めの血管が動脈、どす黒い太めの血管が静脈です。
静脈の流れが悪く、先の方で詰まっているため、血液が渋滞して血管が太くなっています。血管の中で溢れてしまった血液が、しみだすように出血となっています。

詰まる範囲や程度、発症後の時間によって、治療法や予後に大きな違いが出るのですが、本日の患者様は、専門的には非虚血型(切迫型)と呼ばれる病態で、完全には詰まっておらず、発症からの時間も短いことが予想されました。(造影剤の検査にてかなり循環が悪いようで、今後さらに詰まってしまう可能性も否定はできませんが)

緊急入院していただき、血栓を溶かす点滴を行うことになりました。
出来るだけ元通りの目の状態に回復してくれるといいのですが。
(血栓を溶かす治療は、脳出血など命にかかわるリスクがあり、一般的には入院で行います。期待できる効果やリスクをきちんと医師と相談する必要があり、全員がこのような治療を行うわけではありません。切迫型でも造影剤の検査などで血流がまずまずよい場合には、経過を見守るだけの場合もあります。)


白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市)
| 網膜中心静脈閉塞症 | 18:23 | comments(2) | - |
芝刈り
今日は家族で霞ヶ浦まで自転車でいけるかチャレンジしてみました自転車
思ったより簡単について、のんびりお昼を食べました。
子供と騒いじゃおう!と思っていたのですが、釣りをしている方がたくさんいて、邪魔になりそうなので、早々に引き返すことに・・・。
曇りでしたが、坂道を行って帰ると汗びっしょりですたらーっ

さて、芝生がかなり青々としてきました!
去年も生えましたが、梅雨の時期にはキノコがいっぱい生えてきます。水はけが悪いのかな?

夕方に、今年初めての芝刈りをしました。
またもや汗びっしょりですが、久しぶりで楽しかったです。

青々ときれいな芝生を目指すため?
元気にたくさん生えるようにと、肥料をやっては、生えたら生えたで、刈ってしまう。そう考えると自分でも不思議。人間って勝手だなと撃沈
| 芝生・趣味 | 21:51 | comments(0) | - |
フラワーパーク
第1/3/5週の土曜日はお休みを頂いて、代診の先生にお願いしています。
とは言っても、重症の入院患者様が多いので、ちょっとだけ診察に行ったりするのですが。今のところ、みなさん経過はいいようです。


茨城県フラワーパーク
http://flowerpark.or.jp/
石岡市の八郷地区にあります。病院から車で20分ちょっと。
1回740円(冬場は370円)で、年間パスポート2600円。子供は無料です。
年に4回とか来るならパスポート?いろいろ考えますが、毎回通常券を買います。

今日はバラの時期で、園内にバラの香りが漂っていて、なんともいい香りでした。


運転レバーがついた、かなり長い滑り台?のようなものがあります。思ったよりスピードが出て、なかなか面白いです。3歳以下は乗れないので、下の子の不満が・・・。

滑り台のすぐ近くに、ショッピングセンターや遊園地でよく見かける、100円のゴーカートが2台あるのですが、うち1台は、壊れているのでは?と思うくらい、異常に長く動きます。たぶん設定ミスかなと。あまりに長いので、乗り物大好きな子供たちも、「もういいや、あきちゃった」と。小学生の男の子なんかには大好評だと思います。

公園などで池に鯉がいると、だいたいエサをあげることになるのですが、フラワーパークの魚たちは、おなかの空きっぷりが・・・。口を開けたまま寄ってきて、水に入ったエサを食べるのではなく、投げたエサがそのまま口に入っていきます。なんとも。


園内がとても広くて、山麓にあるので景色がキレイです。
ただ、あまりに広いのと勾配がきついので、すごーく疲れます。
帰ってきて思うのは、「年間パスポート買わなくて良かった」と冷や汗
そうはいっても、また行くのでしょうがおはな
| 石岡市・茨城県 | 19:06 | comments(0) | - |
網膜硝子体手術  医師会臨床懇話会
今日は石岡市医師会の臨床懇話会に参加しました。
眼科は非常に専門性が高く、なかなか体の病気の事には疎くなってしまうのですが、内科の先生などの話が聞けて良かったです。
緩和医療(癌の終末期医療)のお話などもあったのですが、医師としては、恥ずかしながら、生きる・死ぬには遠い分野にありますので、いい経験になりました。

他にも、血液をサラサラにする薬を飲んでいる人が、歯科で抜歯をする場合や眼科の手術のときに内服を中断するかなど、地域の先生方と意見の交流ができて良かったです。
最近は眼科の手術では、ほとんど出血による合併がないため、当院では今のところ、全ての症例で内服薬を飲んだまま手術をさせて頂いています。
もちろん、多少の出血のリスクはあるのかもしれませんが、その場合は再手術の時に止めるかどうかを判断すればいいと思っているからです。内服薬の中断は脳梗塞や、心筋梗塞など命にかかわるリスクがあり、個人的にはそちらの方が重大だと思いますので。
そうは言っても、今のところ、出血による合併症などが全く起こっていないので、そう思ってもいられるのですが、もし出血によって、とても困ったことが起こったら後悔することもあるのかもしれません。難しい問題ですよね。
でも、どちらかのリスクは選ばないといけませんので、やはり命のほうが大事だなと。


網膜硝子体手術(もうまくしょうしたいしゅじゅつ)
今日の会では、網膜硝子体手術についてお話をしました。
網膜硝子体手術は、目の奥の方の、カメラでいうとフィルムの役割をもつ、網膜の病気を対象とする手術です。
以下のような、いろいろな病気が該当します。
・糖尿病網膜症 ・網膜静脈閉塞症 ・硝子体出血(眼底出血)
・黄斑前膜 ・黄斑円孔 ・黄斑変性症の重症例
・網膜剥離 ・黄斑浮腫 ・硝子体混濁

基本的には目の奥の方で、出血したり、カサブタが出来たり、網膜に異常が発生した場合に、内部に器械を入れて行う治療を行う手術です。
出血やカサブタを取り除いたり、網膜の異常を整復したりします。


ほんの数年前までは、手術の時間が1時間〜2時間くらい、入院も1週間〜2週間というのが一般的でしたが、最近は器械や技術の進歩がとても速く、特にこの1〜2年間で大幅に時代が変わってきています。
この1年間で当院で約150件、非常勤でも3施設様でお手伝いをさせて頂き、合計で200件程度の網膜硝子体手術を行っていますが、1週間以上入院した患者様は5名程度、2週間以上入院した患者様は全くおりませんでした。ほとんどの患者様が3日間程度で退院され、また日帰りでの手術も増えています。
手術も1時間以上かかることは非常に稀で、多くが30分程度に短縮されました。
医学の進歩は速いものです。5年前の僕に伝えたら、きっとびっくりするだろうなびっくり

手術が簡単で早くなった理由の一つに、目の中に入れる器具が細く、小さくなったというのがあります。

数年前までは20Gと呼ばれる、直径0.9mmの太さの器械を目の中に入れる必要があり、傷口が大きく、手術の終わりにキズを縫う必要がありました。

これは20Gの手術になります。

最近は、25Gと呼ばれる、直径0.5mmの細い器械で手術が可能です。傷口が小さいので、最後は器械を抜くだけで終わり、キズを縫ったりする必要もありません。

これは先日行った、黄斑円孔という病気の患者様です。3つの傷口がありますが、上の20Gと比べると細い器械が目の中に入っています。

これは25Gの手術終了時、最後の1つのキズの器械を抜くところです。全く出血がなく、見た目が非常にキレイです。特に女性には嬉しいことだと思います。キズを縫わないため、手術後のゴロゴロ感、痛みなども少ないと思います。

当院では、極一部の重症例で20Gを使用することもありますが、ほとんどの症例を25Gで行っております。また、目の状態にもよりますが、ご希望の患者様
では日帰りの硝子体手術も行っていますので、是非お問い合わせください。

白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市 茨城町)
| 網膜硝子体手術 | 22:21 | comments(0) | - |
角膜潰瘍
今日は以下の手術を行いました。
・白内障手術 7件
・結膜弛緩症 3件
・緑内障 3件
無事に終わっています。

緑内障は3名ともに、眼科ではラストアイと呼ぶのですが、手術をする反対側の目が失明やほぼ失明に近い状態の患者様で、一晩眼帯をするのがかわいそうです。頑張ってほしいと思います。
結膜弛緩症は、最近テレビで取り上げられたらしく、患者様から良く質問をされます。今日はちょっと忙しいのと、来週の診察で経過の写真も載せた方がいいかと思うので、詳しい話はまた来週に。


角膜潰瘍(かくまくかいよう)
病気については4月28日のブログもご覧ください。
http://blog.sannoudaiganka.jp/?cid=4929
黒目の部分(角膜)にキズができて、バイキンが繁殖した状態です。
5月28日に緊急入院して頂いた、66歳女性の患者様がいらしたので経過をupします。


左の写真が入院当日、黒目の右の方の白い部分が潰瘍、バイキンが感染しています。
右の写真が本日です。とてもキレイになっていると思います。。

実はこれくらいの角膜潰瘍では、普段はまずは外来で点眼薬による治療を行います。
この患者様に緊急入院して頂いたのは、
‥斃膨に受診し、その後2日弱、診察が出来なくなってしまうことと
⊆命燭任亙かりにくいのですが、前房蓄膿といって目の中にも膿が出てきていたこと
I楕僂瞳孔に近く、ちょっと進行してしまうと、視力障害が残る可能性があったこと
などの理由がありましたが、
それ以外に、一番の理由は既に点眼薬を使用していたことにあります。

実は数日前から痛みがあったのに病院に受診せず、お孫さんが結膜炎でかかった時にもらった、古い抗生剤の目薬をつけていたというのです。

以前にも書きましたが、点眼薬の貸し借りは絶対にいけません。

感染症を起こすバイキンには細菌、ウィルス、真菌(カビ)、原虫(アメーバ)などたくさんの種類があります。
勝手に薬を使ってしまうと、バイキンの種類が特定できなくなってしまったり、その後の治療法の選択ができなくなってしまう事があります。

今回は角膜潰瘍の感染部位をしっかりと削りとり、顕微鏡でみると細菌が犯人であると分かったため、抗生剤や薄めた消毒剤の点眼薬を2時間毎に付けたりすることで治すことができました。(もともと細菌用の目薬を勝手に付けてしまっていましたが、そちらは相性が悪く効きにくかったようです;耐性菌)
日曜日の夜には、薬が効いている事が確認できたので、感染部位の濁りができるだけ薄くなるように、ステロイドの点眼薬や内服薬を使用しました。
結果としては、写真のようにかなりキレイで、よい経過となり良かったです。

感染症により黒目が濁っているときには、ステロイドという薬を使う事で、濁りを薄くすることができます。濁りが残ってしまうと、視力が回復しなくなってしまうので、ステロイドを早く使用するほうがいいのですが、ステロイドには免疫力・抵抗力を抑える副作用があり、菌をやっつける前に使ってしまうと感染症が悪化してしまうリスクがあります。菌の同定が遅れれば、治療が遅れて、結果として濁りが残ってしまいます。

今回は入院のおかげで翌日の日曜日からステロイドを使えたのがよかったのかと思います。
(後日の報告で、細菌はMoraxella spと判明いたしました。)


人の目薬は使わないように!!
あまり古い目薬も使わないように!!


白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市 茨城町)
| 角膜潰瘍・角膜炎 | 19:12 | comments(0) | - |
ただいまです。
今日の午後は、県内の知り合いの先生のところで手術をしてきました。
何件か忘れてしましましたが、白内障やまぶたの手術で8件くらいかな?
無事に終わっています。

今週末は、石岡市の医師会の会合?のようなものがあるらしく、少し眼科のことについて発表させて頂きます。
去年は石岡市医師会に入ったばかりで、白内障手術のことを発表しました。
今年は、硝子体手術の事を話そうかと。

逆さまつ毛やメヤニなど、目だけを治せばいい疾患もありますが、糖尿病網膜症や、その他の体からくる病気に関しては、外科や内科の近隣の先生にはお世話になりますし、連携という意味では、眼科のことも知っておいて頂くのは、とてもいいことかと。
内科や外科の先生に聞いて頂くので、出来るだけわかりやすく資料を作りたいと思います。
まだ何も作っていないのですが、今日夜中まで頑張ったらできるかな?
頑張ろう。

白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市 茨城町)
| その他 | 17:01 | comments(0) | - |
こんばんは。
今日は以下の手術を行いました。
・白内障手術 8件
・網膜硝子体手術 1件(硝子体出血)
みなさん問題なく終わっています。

今日は後輩の先生と食事を取りました。
少しお酒を飲んだので、ブログを書くのがちょっと。
これにて失礼いたします。


| その他 | 23:21 | comments(0) | - |
眼科専門医試験
今日は午前が外来で、午後がお休みの予定ですが、手術を急ぐ患者様がいらっしゃるため、臨時手術です。
・白内障手術 2件
・緑内障手術 1件
・網膜硝子体手術 3件
 (糖尿病黄斑浮腫2件、網膜細動脈瘤破裂に伴う網膜下血腫)

先週手術の網膜剥離の患者様がまだ2名入院中です。
今日の手術の方は月曜に退院して頂く予定ですが、もしも長引くとベット満床との戦いが・・・。


今日は眼科専門医試験が都内で行われています。
僕も数年前にとったのですが、今回は後輩の先生たちが頑張っています。
専門医というのが、どれほどの価値があるのかはわかりませんが、患者さんたちは、一応専門医がある先生の方が良いのでしょうか?
一度とってしまうと、学会への参加などの義務はありますが、基本的に一生涯の資格です。
日本の眼科のレベルの底上げとしては、専門医試験を5年毎に受けなおすとかとういのもいいかもしれません。
みなさんも10年以上前の高校受験の内容は覚えてないですよね?
まあ、試験なんかなくても、勉強すればいいだけなのですが、試験でもないとなかなか勉強するモチベーションも続きませんので。


白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市 茨城町)
| その他 | 13:05 | comments(0) | - |
翼状片
先日、翼状片の画像をupしましたが、今日も術後の方が3名いらっしゃったので載せてみます。

71歳女性 Hさん

手術後、まだ一週間なので出血したあとの赤みが強いです。

80歳男性 Nさん

5月18日手術 2回目の診察です。かなりキレイになっています。

76歳男性 Iさん

同じく5月18日手術 2回目の診察です。もともと血液がサラサラになるお薬を飲んでいたので、手術時の出血も多く、赤みがまだ少し残っています。
次回は1ヶ月後の診察ですが、おそらくキレイになっているかと。


今日も外来が混んでいたのですが、動眼神経麻痺という病気で、急にまぶたが下がったり、目が動かなくなったりする患者様がいらっしゃいました。糖尿病や、脳梗塞、脳動脈瘤などが原因となりますが、緊急で脳の検査をしなくてはならず、少しドタバタしました。

夜は県内でご開業されている眼科の先生と食事にいきます。
他大学の先生で、僕とは違った手術手技など、いつもいろいろ教えてもらえるので楽しみです。

白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市 茨城町)
| 翼状片・結膜のできもの | 18:47 | comments(0) | - |
春季カタル
今日は熱かったですね。午前の小美玉から午後にクリニックに戻るのに車での移動が熱くて。エアコン大好きですが、ちょっと自粛したりして。


今日の夕方に来られた、17歳女性の病気です。
春季カタル(しゅんきかたる)
アレルギー性結膜炎の重症型・難治型に分類されます。
かゆみが非常に強く、黒目と白目の間(角膜輪部)の粘膜が盛り上がって腫れるようになります。

また、上まぶたをひっくり返してみると、まぶたの裏の結膜が白く、石垣をならべたようにぶつぶつします。(乳頭増殖)

(初診時)
この乳頭増殖は、コンタクトレンズ装用者やアトピー性角結膜炎でもみられます。

花粉なども影響して、春から夏にかけて症状が悪化し,冬にはおさまり、また春になると症状が悪化するということを例年くり返します。
10〜20歳の男の子に多く、多くは成長に従って治っていきます。

かゆみやメヤニなどの症状が強く、また、角膜(黒目)にキズを作りやすいことから、視力低下などの重篤な障害のリスクが高い病態で、しっかりとした治療が必要です。

抗アレルギー薬、抗ヒスタミン薬、ステロイド剤、免疫抑制剤などの点眼薬により治療します。
重症度や全身的な問題によっては、内服や注射の治療を行ったり、治療に抵抗性の場合は、乳頭増殖(白いデコボコ)を手術で切除する場合などもあります。


今日の女の子は、他院での治療に反応しないとのことで、一ヶ月前より担当させて頂き、点眼薬を使用していますが、本日はかなり軽快しているようです。

(本日の写真です)

基本的に男の子に多い病気で、女の子は少ないのですが、女の子の方が治療にも軽傷で反応しやすいのかもしれません。

白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市 茨城町)
| アレルギー性結膜炎(花粉症も) | 22:00 | comments(0) | - |
疲れました・・・。
今日は、
・白内障手術 6件
・眼瞼腫瘍切除 1件(悪性の疑い)
・翼状片切除術 1件(他院での手術後再発)
・網膜硝子体手術 4件
 内訳・裂孔原性網膜剥離
   ・網膜中心静脈分枝閉塞症に伴う黄斑浮腫
   ・糖尿病網膜症
   ・シリコンオイル抜去(以前の手術の後療法)
みなさん、特に問題なく終わりましたが、ちょっと疲れました・・・しょんぼり

これから、今日の外来の書類を片付けないと・・・。
今日は午前の外来が64名と多かったです。
パパは遅くなるので、子供たちには寝ていてもらおう。

とはいっても、自分ではじめた事のなので、たまには病気のことを書こう見る
自分に厳しく、人にやさしくグッド

翼状片(よくじょうへん)
翼状変は、白目の部分の粘膜(結膜)の組織が、腫瘍性に増大し、黒目(角膜)との境を越えて、黒目のうえに侵入してきてしまう病気です。
小さいものは、放っておいてもかまいませんが、大きくなると視力障害の原因になったり、こすれて痛みなどの原因となるため、大きくなっていく傾向が明らかな場合には治療することが望まれます。
治療法は手術のみで、手術によって切除します。

目薬と注射による局所麻酔で、当院ではほとんどの症例が15分位の手術です。手術は黒目の上のできものを削りとって、出来物は白目の奥の方までつながっているので、出来る限り除去します。
除去した部分は白目(強膜)が露出してしまうので、正常な結膜を周囲から集めたり、別の部分から取ってくるなどして、正常な結膜で強膜を覆えば終了です。
手術は、切ったり縫ったりというもので、白内障の手術に比べるとやや痛みがあり、どうしても血が出ます。眼科では白内障手術を代表に、ほとんど出血しない手術が多いので、出血の多い手術はちょっと嫌いな先生が多いのではないかと思います。
手術の一番の合併症は、翼状変の再発になります。悪い組織が十分に除去できなかったり、正常な粘膜できちんと覆えなかった場合に起こるため、手術は早ければいいとうい部類のものではなく、丁寧に行う事が重要です。

実は、僕も翼状片の手術はあまり好きではなかったのですが、最近はちょっと視点を変えて、「いかにキレイにするか花」に、こだわるようにしてから、ちょっと楽しめるようになってきました。(美容外科??)
治すのは当たり前、術後のキズが出来るだけ残らないように。という目標で、翼状片の除去のみならず、赤身の強い粘膜の血管を丁寧に除去したり、いろいろ工夫しています。
基本的には遊離弁という、病気と関係のない場所の粘膜を使用して手術をしています。まだ、開院一年なので少ないのは当たりまえですが、一応再発例はゼロです。

本日いらした、63歳女性です。K.t.さん

1月に両眼の翼状片、4月に両眼の白内障手術をしています。かなりキレイになったと。視力も裸眼で運転できます。


昨日いらした64歳男性です。K.I.さん

4月に両眼の翼状片手術です。約2ヶ月ですが、かなりキレイかなと。


本日いらした64歳女性です。A.H.さん


先週6月1日に左目の翼状片手術を行いました。まだ一週間しか経ってないわりにはキレイかなと。今後さらにキレイになっていきます。


特に女性は、赤いのが嫌とかで手術をされる方がおおいので、できるだけご期待に添えるように頑張っていきたいと思います。


白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市 茨城町)
| 翼状片・結膜のできもの | 19:35 | comments(0) | - |
また・・・・。
今日の午後は小美玉市医療センターで手術です。
・白内障手術 8件
無事に終わりました。

昨日の網膜剥離の術後の患者様も経過良好です楽しい
ただ、さきほど本日も網膜剥離の患者様がいらっしゃいました。
今回は、黄斑といって視野の中心部の網膜は剥がれておらず、視力は1.2と良好です。術後も1.0残せる可能性が高いかと。
早い手術の方が望ましいですが、ご家族様とも話し合うとのことで、明日入院・手術の予定となりました。
明日も網膜の手術が4件・・・。大変そうです。早く寝ようパクッ

ブログで、患者様にとって有益な、なにか病気のことについて書いていこうと思うのですが、忙しくてなかなか筆が進みません・・・。もう少し落ち着いたら頑張ろう。


白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市 茨城町)
| その他 | 17:54 | comments(0) | - |
網膜剥離
今日は以下の手術を行いました。
・白内障手術 7件
・翼状片手術 2件
・網膜硝子体手術 2件(網膜剥離)
みなさん、無事に終わりました。

実は今日は午後に白内障と翼状片のみで、1時間半くらいの手術を予定していたのですが、つくば市や、さらに県南のクリニック様から、網膜剥離の患者様を紹介して頂きました。
お二人とも、すでに黄斑という物をみる中心部が剥がれてしまっており、視力は眼鏡をかけても0.1未満です。早急な手術が望ましく、お一人は午前中に来院されたのでお昼休みに手術を行いました。
もうお一人は午後に来られましたので、夕方の外来終了後に。

両名ともに、目も年齢もとても似たような患者様で、残念ながら、下方に穴があいているため、術後のうつ伏せが大変です。頑張ってほしいと思います。

今日ご紹介頂いたクリニック様も、当院にははじめての紹介です。開院後1年たち、最近、県内の広範囲からご紹介を頂けるようになりました。眼科医としてはうれしい限りです。これからもがんばりたいと思います。

白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市 茨城町)
| 網膜剥離 | 18:50 | comments(0) | - |
おはようございます!
今日は快晴です日の出
週末は、妻が風邪をひいてしまい、子供たちの面倒をみることになり・・・。ブログどころではありませんでした。
久しぶりに子供とずっと一緒で、疲れましたが、楽しかったです。

長女に、何が食べたい?というと、
いつもここになります。
丸亀製麺(まるがめせいめん)
石岡というか、日本中??いたるところで目にします。
国道6号、病院の近くに1年ちょっと前に出来て以来、長女の希望でしょっちゅういっています。
非常に低価格で、とってもリーズナブルです。
それなのに結構おいしくて、待ち時間も少なく子供連れとしてはありがたいです。
ただ、うちの長女は、うどんが食べたいのではなく、会計時にもらえるチュッパチャプス(あめ)が目的です撃沈
| 石岡市・茨城県 | 08:50 | comments(2) | - |
ドライアイ 質問
何日かにわたって、ドライアイについて記載しましたが、
コメント欄でご質問を頂きました。
よくある質問なので、回答させて頂きたいと思います。


たまに目が痛くなるので眼科に行きましたが、ドライアイで、黒目に傷があると言われて、その後ずっと目薬をもらっています。目薬を付けたときはよくなるのですが、やめるとまた痛くなることがあります。いつもの眼科では目薬を付け続けるように言われ、毎月通っていますが、平日は仕事があり、なかなか通院できないこともあります。
目薬をつけないと失明したりするのか不安です。薬を付け忘れてしまうことも多いのですが大丈夫でしょうか。



ヾ絢は難しい病気です。
ドライアイは、原因にもよりますが基本的に慢性疾患です。涙が少なかったり、乾きやすい事が原因で、様々な症状が起こります。
治療は、先日記載した通りですが、基本的に涙液の産生量を回復させるような治療法は、現在の医学では存在しません。
一部、結膜炎やアレルギー、角膜炎後などの疾患に続発して、ムチン層や角膜表層の異常があり、それらが原因の場合には、元となる疾患の改善とともに完治するものもあります。結膜弛緩症やまぶたの異常などでも、手術治療などにより改善するものもあります。
ただし、多くの場合は涙液の減少を少なからず伴っており、完治という状態に持っていくには、涙液の量を増やすことが必要です。これができないために、完治ということが難しいのです。
点眼薬による治療は、少ない涙液を補充してあげようという、その場しのぎの治療法ですので、点眼後は潤って調子がいいのに、しばらくするとまた症状があるというのは、その通りだと思います。
(最近ジクアスという、粘液の産生を増やす点眼薬が発売されました。これは、一部回復という意味も含んでいるのかもしれませんが。)

乾く日、乾かない日など、季節や時間帯によって症状に変化がでることもあります。これは、体調や環境によって症状が変動があるためです。
脱水や体調の悪い日、夕方夜間は、涙の分泌も低下します。涙の分泌が同じでも、湿度の低い日や、エアコンの風、パソコンなどまばたきが減る作業などでも、乾き方が変わります。
このように、多少の変動はありますが、多くの患者様の涙の量は、むしろ年齢とともにだんだん減っていくのが当たり前ですので、ドライアイは調子の良い日、悪い日を繰り返しながら、長い年月でみると徐々に悪化する疾患です。
(鼻涙管閉塞症・狭窄症という、涙の流れが悪くなる病気が出たりすると、逆に涙が余って、あふれるようになる方もいます。)


△匹海泙納N鼎鬚垢襪
ドライアイは、超重症例を除いて、失明したりするような重大な病気ではありません。(重症例では角膜が傷だらけになり、感染症を起こすなどして、失明に至ることもあります。)
ほとんどのドライアイの患者様は、自覚症状を和らげるために治療をしています。
ドライアイには様々な治療法があり、きちんとした方法をとることで、ほぼすべての患者様の症状を緩和することができます。
乾くのがツライ、痛い、メヤニが出るなど、いろいろな症状がありますが、その症状をできるだけなくしたいと思うのであれば、積極的に治療をするとよいでしょう。しかし、なかにはちょっとくらいゴロゴロしてもいいや。と思う方もいらっしゃると思います。私はそれはそれでいいのではないかと思います。
嫌な言い方ですが、医療には時間もお金もかかります。通院して、目薬を処方される(買う)ことの負担と、ゴロゴロする痛みと、どちらの負担が大きいかというのは、性格や個人的な事情により様々と思います。
しっかりとした治療を続ければ、症状はなくなり、症状を出にくくする効果もあるでしょう。
人によっては、症状があるときのみ薬を使いたいという人もいるでしょう。
人によっては、症状があっても、治療をしたくない人もいるでしょう。
失明するような重篤な病態でなければ、どこまで真剣に病気と向かい合うかはその人次第と思います。

僕は眼科医なので、どちらかと言うと、目の病気は治したいと思ってしまうのですが、治療を受ける受けない、通院をするしないは、患者様の自由です。人間なので、医師と患者様の相性もあります。ご自身がお金を払うのに値する、納得できると思う先生にかかればいいと思います。

*角膜がこすれて、キズがたくさんある場合には、キズに感染を起こして失明騒ぎになることがあります。このような場合には、僕も「絶対に治療が必要です。」と言う事があります。多くの場合には、キズがひどければ痛みもひどいので、患者様自身が治療を望まれますが、糖尿病の患者様や、コンタクトレンズを長期で使う患者様など、キズの重症度に反して、痛みなどの自覚症状がない場合があります。このような患者様には、継続した点眼薬が必要であり、その旨をお話ししています。

質問者様が、毎月の診察や、継続的な点眼薬が必要なのかは私にはわかりません。もし、ご希望であれば一度受診して頂ければ詳しく検査・お話をさせて頂きます。
毎月診察する医師の方が、熱心な先生であるという考えもできます。質問者様の目の健康をとても心配しているのかもしれません。当院受診が難しければ、かかりつけの先生に、自分はどのようなドライアイなのか?継続した治療が必要なのか?他によい方法はないのか?いろいろ聞いてみるといいと思いますよ。

白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 鉾田市 茨城町)

| ドライアイ(乾燥性角結膜炎) | 18:13 | comments(0) | - |
手術開始後1年間の実績
今日は午前中の外来が60名、なかでも予約外での初診の患者様が多かったため、1時間〜2時間お待ちいただく患者様が多くなってしまいました。すみませんでした。
できるだけ、お電話にて予約後に来院頂けますと、待ち時間が少なくて済むかと思います。

午後はまるまる手術です。
・白内障手術 5件
・翼状片手術 2件
・眼瞼内反症手術 1件
・帯状角膜変性症手術(塩酸による除去)1件
・網膜硝子体手術 1件
 (増殖糖尿病網膜症;県内総合病院様より紹介)
みなさん無事に終わり、今日は早く帰れます☆


昨年の6月から手術を始めさせて頂き、昨日でちょうど一年間たちました。
当初の予定より、かなり多くの患者様の治療を行わせて頂く事ができました。
今後も、地域の皆様に安心して治療を受けて頂ける医院を目指して、全力で励んでいきたいと思います。

治療実績(H22年6月〜H23年5月)

観血的手術合計 1123件
内訳
・白内障手術 814件
・網膜硝子体手術 141件(糖尿病・網膜剥離・眼底出血・黄斑円孔など)
・涙器の手術 45件(NSチューブ)
・眼瞼(まぶた)の手術 43件(眼瞼下垂・さかさまつげ)
・結膜の手術 30件(翼状片・結膜弛緩症)
・緑内障手術 12件
・その他の手術 38件(斜視、角膜、眼内レンズ整復、瞳孔形成など)


レーザー手術合計 176眼
内訳
・網膜光凝固 95件(糖尿病・眼底出血などに対するレーザー)
・SLTレーザー 29件(緑内障に対するレーザー)
・YAGレーザー 52件(後発白内障に対するレーザー)

*手術数は、分院である小美玉市医療センターとの合計数です。手術数は基本的に保険診療で請求された件数です。両眼同時手術などは2件と計算しています。 白内障の手術時に、逆さまつ毛や眼瞼下垂の手術を追加で行っておりますが、それらはカウントしておりません。また、病気が古くてNSチューブが挿入できなかった症例などもカウントしていません。


抗VEGF薬 硝子体注射 225件加齢黄斑変性症などに対する注射です。ルセンティス・マクジェン・アバスチン)

ステロイド薬 テノン嚢注射 160件(糖尿病や網膜静脈閉塞症などでの黄斑浮腫などに対する注射です。トリアムシノロン)

| 治療実績 | 17:15 | comments(0) | - |
このページの先頭へ