+ Profile
+ Categories
+ Q & A
+ Selected Entries
+ Recent Comments
+ Archives
+ Links
+ Others
+ Mobile
H24年3月の手術実績:茨城県 山王台病院 眼科
今日は風がビックリするくらい強かったです曇り
夕方に雨が降りだすまでは、土やホコリが待って、空が茶色になっていましたびっくり
久しぶりのお休みで、ちょっと出かけようかな?なんて思っていましたが、再び子供の体調が優れず・・・、家でのんびり過ごしました。急に思い立って、初めてスパイスからカレーを作ってみましたが、結構おいしく出来ました!今後、研究してみたい。
3月は子供たちが交互に風邪を引き続けて、妻も看病で大変だったようです。早く春がきて、暖かくといいな桜


さて、3月分の手術数を集計しましたので、掲載します。
緊急手術の紹介が多かったので、件数が多めになりました。
(1名、合併症が起こり、再手術が必要になりましたが、無事に経過し、退院となりました。よかった。)

H24年3月の手術実績
手術合計 122件
内訳

・白内障手術 78件

・網膜硝子体手術 19件(糖尿病・網膜剥離・眼底出血・黄斑円孔など)
・緑内障手術 5件
・涙器の手術 5件(NSチューブ)
・眼瞼(まぶた)の手術 10件(眼瞼下垂・さかさまつげ・霰粒腫)
・結膜の手術 3件(翼状片・結膜弛緩症)
・その他の手術 2件(斜視、角膜など)

レーザー手術合計 27眼
内訳
・網膜光凝固 10件(糖尿病・眼底出血などに対するレーザー)
・YAGレーザー 10件(後発白内障に対するレーザー)
・SLTレーザー 7件(緑内障に対するレーザー)

*手術数は、分院である小美玉市医療センターとの合計数です。手術数は基本的に保険診療で請求された件数です。両眼同時手術などは2件と計算しています。 白内障の手術時に、逆さまつ毛や眼瞼下垂の手術を追加で行っておりますが、それらはカウントしておりません。また、病気が古くてNSチューブが挿入できなかった症例などもカウントしていません。

抗VEGF薬 硝子体注射 30件(加齢黄斑変性症などに対する注射です。ルセンティス・マクジェン・アバスチンの合計)

ステロイド薬 テノン嚢注射 17件(糖尿病や網膜静脈閉塞症などでの黄斑浮腫などに対する注射です。トリアムシノロン)


現時点では、白内障などの、緊急性のない手術は約3ヶ月待ちとなっています。


白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 行方市 鉾田市 茨城町)
| 治療実績 | 21:32 | comments(0) | - |
麦粒腫 ものもらい
今日は重症の紹介などもなく、落ち着いた1日でした。
僕は明日はお休みなので、今年度のクリニックでの仕事は今日で終わりです。
この3月は緊急手術が異常に多くて、とにかく忙しかったです。個人的にはちょっと疲れていましたが、スタッフの協力にて乗り越えられました。いつもありがとう。

今日は、今朝退院の患者様の話題から一つ。
麦粒腫(ものもらい)
麦粒腫(ものもらい)は、とてもよくある病気で、当院でも週に1人か2人くらいは診断します。(当院は通常のクリニック様と病気の内容の比率が異なるので、一般的な眼科医院ではもっと多いかもしれません。)

まぶた(眼瞼)には、脂を分泌する脂腺(しせん)と呼ばれる組織と、汗を分泌する汗腺(かんせん)と呼ばれる組織が存在します。

赤矢印がマイボーム腺と呼ばれる大きな脂腺で、ここから分泌される脂によって、まばたきが滑らかになったり、涙の蒸発を抑えて、ドライアイから目を守ったりしてくれます。
このマイボーム腺に、バイ菌が繁殖して感染症を起こしたものが、麦粒腫、とくに内麦粒腫と呼びます。
青矢印、まつげ(睫毛)の根元のあたりにも、小さな脂腺と、汗腺が存在しますが、ここに感染が起こった場合を、特に外麦粒腫と呼びます。

内麦粒腫でも、外麦粒腫でも、バイ菌による感染が成立すると、まぶたにウミが溜まって炎症を起こします。まぶた全体が、比較的やわらかくプックリと赤く腫れ、熱を持ち、メヤニ(眼脂)がでます。瞬きをするとゴロゴロと痛みを感じたりします。

最近、当院に来た人たちですが、まぶたが、赤くプックリと腫れています。お岩さん。といったイメージです。

バイ菌と説明すると、「私は汚いものは触ってない!」なんておっしゃる患者様もいますが、手術室でもない限り、身の回り、本当は空気中だってバイ菌だらけです。僕たちの皮膚にも、常在菌(じょうざいきん)といって、普段から細菌が住み着いています。むしろ、常在菌が皮膚いることで、体を別のもっと悪い菌きら守ってくれていたりするのです。
一番有名な常在菌として、黄色ブドウ球菌というのがいるのですが、子供がよくなる皮膚の「とびひ」なんかも、体や皮膚が弱った時に、黄色ブドウ球菌が病的に増殖してしまったことが原因で起こります。
麦粒腫の原因菌も黄色ブドウ球菌の事が多いようです。体調が悪かったり、目にキズがあったりするときに、ちょっと擦ってしまったりすると、麦粒腫が発症したりするので、特に畑仕事や土いじりをしたわけではなくても、麦粒腫になるときはなってしまうのです。もちろん、洗顔をしないなど、清潔に出来てない人の方が感染しやすいです。

感染力の強いウィルスが原因ではないので、流行り目(流行性結膜炎)などとは違い、よほどの事がないと人にうつることはありません。左目から右目にうつることも少ないので、ほとんどは片目にできます。

治療は、感染症なので、抗生物質を使うことで、原因となるバイ菌・細菌をやっつけることです。外来では点眼薬を処方したり、腫れが強めの場合には、内服薬も併用して治療を行います。
ウミがたくさん溜まって、痛みが強い時などには、針を刺したり、メスで切開をしてウミを出すこともあります。

実際の診療では、ほとんどの場合では点眼薬のみで数日で治ってしまいます。なので、当院では「数日で治ったと思ったら、もう来なくてOKです。治りが悪かったり、悪化するときには必ずまた来てね!」と説明しています。


今回の患者様は、「他院の眼科や内科様で、点眼薬や内服薬の治療を受けたが、どんどん腫れてきた。」との訴えで先週末に当院を受診されました。
珍しい経過なので、腫れたまぶたを少し切開して、ウミのサンプルを取り出し、培養(ばいよう)と言ってバイ菌の種類を調べる検査を行って、とりあえず、強い抗生物質の内服薬を出してみました。
その後、週明けの月曜日にまた来て頂いたのですが、あまり良くなっていませんでした。
培養の結果もちょうど出たので、よく見てみると、MRSAと呼ばれる、多剤耐性菌が感染の原因となっていました。MRSAは、ほとんどの抗生物質が効かない特殊なブドウ球菌です。
「それじゃあ、治らないよな。」と、月曜日にそのまま入院して、バンコマイシンという、MRSAによく効く抗生物質の点滴治療を受けて頂きました。
今日はまぶたの腫れもかなりよくなって、退院となりました。

左が初診時、右が退院時です。腫れ・痛みが引いて良かったです。

「麦粒腫で入院。」というのは、僕の人生では初めての経験なのですが、
「ものもらいなんて簡単な病気だから、この薬で大丈夫。」という先入観はよくない。
「治りが悪い時には、必ずまた来てね!」と言うのはいいことで、今後も必ず続けよう。と、再び認識することが出来ました。
| まぶたのできもの・麦粒腫・霰粒腫 | 23:32 | comments(0) | - |
地域。
今日の午後は以下の手術を行いました。
・翼状片手術 1件
・白内障手術 10件
・水晶体摘出 1件(亜脱臼・続発性緑内障)
・網膜硝子体手術(茎離断)4件
(裂孔原生網膜剥離1件、黄斑変性に伴う硝子体出血1件、
 網膜中心静脈閉塞症にともなう黄斑浮腫1件、増殖糖尿病網膜症)
まずまずの件数でしたが、スタッフがお昼休みを削って協力してくれたので、終わってみれば17時と、結構早くできました。
もちろん術後の経過観察は重要ですが、手術は上手に出来たと思います!

地域に、石岡市に根差した医療を!と思っていますが、
今日の入院患者さん、8名の住所を見てみると、日立市や、鉾田市、土浦市、つくば市、守谷市などなど、結構遠方の患者様のほうが多くなって、むしろ石岡市の方はたった1名でした。
石岡市内の方の目の状態が良くなっていて、重症の方が減ってきているのだと、嬉しいのですが、たまたまかな?

ちょっと予定があり、病気のブログはお休みです。
明日も、後輩の眼科の先生たちと会う予定があり、週末くらいから復活します。
| その他 | 19:17 | comments(0) | - |
円錐角膜◆/巴
今日は、夕方からは久しぶりのお休みでした。と言っても、子供たちの体調がまだ完全ではないので、出かけたりはできませんが。
昨日も緊急入院がありましたが、今日も網膜剥離の紹介があり、緊急入院に。
昨日、再手術の症例で、ちょっと心が折れそう。なんて書いていましたが、そんなことを言っている暇はないようで、バリバリ仕事しなくては。頑張るぞ!!


円錐角膜 診断
円錐角膜は、角膜に薄くて弱い部分ができて、そこを頂点に角膜が尖ってしまう事で、強い乱視が発生する疾患です。

診断
角膜が尖ってくる疾患ですが、明らかに尖っているのが分かったり、角膜に典型的な濁りや、断裂の所見があるような、進行例の症例では、普段診療に使用するスリットランプという検査だけで、簡単に診断がついてしまいます。

ただし、実際には、そこまで進行してから病院に来る症例はごく一部で、もっと軽症の状態で診断が必要になります。このようば場合にとっても便利なのが、角膜トポグラファーです。角膜(黒目)の形を精密に計測して、分かりやすいイメージ図を作成してくれます。

左は通常の乱視の症例で、縦方向よりも横方向の角膜のカーブが強いことをしめしています。メガネで簡単に矯正出来ます。
右が円錐角膜の症例です。中心部より下方にある、赤い部分が角膜が尖っていることを示します。今となっては特に目新しい機械ではなくなりましたが、角膜トポグラファーの出現により、これまで、ただ「乱視がつよいねー。」なんて言われていた症例が、円錐角膜であると診断がつくことが多くなりました。


明日も予定がいっぱいなので、今日は早くねます。
では、お読み頂き、ありがとうございました。
| 円錐角膜 | 23:37 | comments(0) | - |
ipad
今日のお昼は以下の手術を行いました。
・白内障手術 8件
・網膜硝子体手術(硝子体切除)1件
硝子体の方は、残念ながら今年初の再手術の方です。
網膜剥離の手術後、当日夜間に駆逐性出血という大きな出血を起こしてしまったようです。非常にまれな出血で、器械の出し入れだけでも起こることもあり、気をつけようがない。とも言われる合併症ですが、再手術は患者様にとって非常にストレスな事態で、申し訳なく思います・・・。
最悪のケースでは失明に至ることもある疾患ですが、今回は幸いにも、駆逐性出血の中では、軽症のタイプ(脈絡膜下血腫)たっだようで、網膜への影響はほぼなく、問題が起こらなければ、きちんと回復してくれそうです。一安心ですが、再手術は僕たち医師にとっても、かなりストレスです。全症例が一回の手術で、上手くいけば最高ですが、難しいですね・・・。ちょっぴり心が折れそうです。


ipad
最近、タブレット型パソコンといって、タッチパネルの薄いものが流行っているようです。
特にアップル社のipad(アイパッド)は、爆発的な売れ行きのようで、使いやすさや、画面のキレイさ・解像度がずば抜けているとのこと。なんでも、画面はretina displayと呼ばれますが、reninaは網膜の意味です。「人間の目では一つ一つのピクセルが認識できない」なんて評論されていました。
スマートフォンや、タブレットに、ちょっと乗り遅れていた僕ですが、今月、一気にデビューしてみました。

これが実物ですが、確かに画面がキレイです。実際には、近づいて見ると、一つ一つのコマ・ピクセルはかろうじて判別できるようですが、通常の距離では認識できません。今度、手術用顕微鏡でのぞいてみます。

二つ購入してみたのですが、一つはクリニックで、患者様への病気や手術の説明に使ってみたいと思います。手元で、スーッと写真やビデオを流していったら、ちょっとカッコいい感じかな?楽しみです。
しかし、これが日本製だったらいいのにな。とも思います。
| その他 | 22:00 | comments(0) | - |
目土:芝生
今日は長女の体調が悪く、救急で病院にかかったりとプライベートが大変でした。眼科のことにはそれなりに自信を持っていますが、小児科のことって難しい。
我が家は、ちょっとやそっとで小児科を受診しては、小児科の先生が大変なのでは?と思ってしまい、多少の発熱などでは病院には行きません。(自分で解熱剤などを処方してしまうのもあるので、もちろん一般の家庭とは、異なりますが。)
今回は40度の熱が数日続いたり、頭が痛いとのことで、もしかして髄膜炎や脳炎などでは?と不安になってしまい、結局、小児科の先生にお世話になりました。検査の結果は、あまり重大な病気ではないようで、ほっと一安心です。
病院にかかることで、治癒が早まったわけではありませんが、悪い病気じゃない。と分かるだけで、とても安心できました。お世話になった方々には感謝です。
医者の役割は治すだけじゃなく、安心させることも重要ですよね。今回の経験で再認識しました。


さて、週末のブログなので、目のことではなく、先日行った芝生のことでも。
目土
恥ずかしながら、ごく最近まで間違って「めど」と呼んでいましたが、ご近所さんとの会話で間違いに気が付きました。「めつち」と読むようです。
春先などに芝生の上に、新しい土や砂を巻くことです。
/靴靴づ擇榔浜槓も豊富
⊆農犬寮個硬澄弊長が盛んなところ)が地表よりも徐々に高くなるようですが、目土により地表をあげることで、害虫や外気温から芝生を守る役割
C鰐未旅眥禳后デコボコを慣らす役割
ぅ汽奪舛話話罎里曚Δ分解が早い
などの目的があるようです。


肥料入りや、砂入りなど、いろんな目土がありまが、僕にはよく分かりません。近所のホームセンターで、一番安い奴を買ってきました。


熊手や、ホウキで出来るだけ均一にならしていきます。

写真を撮り忘れましたが、最後にたっぷりお水をあげます。
新しい土で、もりもり成長してくれるといいのですが。
それよりなにより、芝生で元気に遊べるように、娘が早く治ってくれるといいのですが。と願いつつ。
今日も読んで頂いた方、ありがとうございました。
| 芝生・趣味 | 22:40 | comments(0) | - |
円錐角膜 ”詑屬噺彊
この数日は、眼科医の先生方などに食事に誘って頂くことが多く、ちょっとブログをサボってしまいました。有名な緑内障の先生と初めてご一緒させて頂き、とても勉強になりました。日々の診療で生かしていきたいなと思います。いろいろな先生と話す機会があると刺激になります。

さて、目の事を書こうかな。
昨日の外来でみた症例でも。
円錐角膜(えんすいかくまく)
病態と原因

眼球は、黒目(角膜)から光が入って、目の奥のフィルム(網膜)に光が当たると物が見える、カメラのような構造をしています。入ってきた光が、目の中で進行方向を変え(屈折)、ちょうど網膜上で像を結ぶ(ピントを合わせる)ことができれば、物が良く見えるのですが、この、光を曲げる(屈折させる)役割を担っているのが、角膜と水晶体(レンズ)になります。
近くをみたり、遠くをみたり、見る距離によって形を変えて、ピントを合わせる力を持っているのは水晶体ですが、実は、光を曲げる力(屈折力)でみると、角膜は水晶体の約2倍、光を曲げる力が強いのです。
レーシックでは、角膜を削って形を変え、屈折力を弱くすることで近視を治したりします。

角膜は本来、キレイな半球状の構造ですが、円錐角膜は角膜の先がとんがって、円錐状になってしまう疾患です。


通常の角膜(赤矢印)が、キレイに光を屈折するとすると、


円錐角膜の患者様では、角膜の先がとがって歪んでしまうため、角膜の部位によって、不規則に光が侵入し、乱視が重度にひどくなったり、物が何重にも見えてしまうようになります。

疫学
およそ千人に一人とされていますが、報告により様々です。
昔は数万人に1人。なんて言われていましたが、近年は診断機器の開発が進み、今までは「ただの乱視」と言われていたような人が、円錐角膜と診断されることが多くなったようです。眼科医の僕にとっても、「稀にみる珍しい病気」ではなく、「ちょこちょこ出会うよくある病気」という印象です。女性よりは男性に多い疾患で、思春期頃に男の子が発症。というのが一番多いケースです。

原因
実は、明確な原因はまだ分かっていません
円錐角膜が多い家系が知られていますが、原因遺伝子も特定されていませんし、そもそも遺伝ではない孤発例の方がよほど多くあります。
ダウン症候群の方や、アトピーの方に合併することがよくありますが、その原因も不明です。(アトピーでよく目を掻いているから?との推測もありますが、化学的な解明はされていません。)

何らかの原因で、角膜の中央部のやや下方を頂点に、角膜が薄く・弱くなってしまいます。眼球内には房水と言う水が循環して、眼球を内側から膨らませていますが、この薄く・弱くなった部位は、他の角膜に比べて、内側からの圧力に弱いため、その部位が突出していきます


円錐角膜に細いスジ状の光を当てて撮影した写真です。写真の中央部、縦に光る白い線が角膜ですが、キレイな弧ではなく少しいびつになっていたり、角膜の厚みが一定化していないのが分かるでしょうか?
| 円錐角膜 | 22:58 | comments(0) | - |
緑内障亜ーN邸SLTレーザー
今日の午後は以下の手術を行いました。
・翼状片手術 1件
・白内障手術 10件
・斜視手術 1件(甲状腺眼症:眼筋移動)
・緑内障手術 1件(トラベクレクトミー:血管新生緑内障)
・網膜硝子体手術(茎離断)3件
(黄斑前膜1件、糖尿病網膜症1件、裂孔原性網膜剥離1件)
つくば市の眼科様から緊急で網膜剥離の紹介があり、予定より件数が伸びたため、全部終わると18時で、ちょっと遅くなってしまいました。スタッフのみなさんご苦労様でした。手術は無事に終わっています。

緑内障
治療:SLTレーザー

緑内障の治療は眼圧を下げて視神経が押しつぶされることを止めよう。というものです。失った視野や視力が元に戻る方法はまだありません。

眼圧を下げるには、目の中を循環する房水(ぼうすい)の産生量を減らすか、排出量を増やすかになります。治療法に関しては、緑内障にも書きましたが、点眼薬、レーザー、手術などに分類されます。
http://blog.sannoudaiganka.jp/?cid=4931

今日はSLTレーザーについて記載しようと思います。

まず、房水は目の中の隅角(ぐうかく)という出口から排出されていきます。

図の赤矢印の先が隅角になります。
緑内障の患者様では、この出口の構造に問題があって、房水の排出が悪いことがあります。SLTレーザーは、隅角に特殊なレーザー光線を照射することで、隅角からの房水の排出を増加させ、眼圧を下げる治療法です。

隅角からの房水の排出を邪魔する、色素細胞に影響することで、房水の排出を増加させるのではないか?と推測されていますが、別の説を唱える先生もいらっしゃり、明確な原理は不明です。

治療方法
点眼薬の麻酔で施行可能で、痛みは殆どありません。
・片目の治療で、隅角に約120回レーザーを照射します。治療時間は5〜10分
外来治療で、当日から入浴や洗顔も可能です。生活の制限はありません
・炎症を抑える目薬を、治療後1週間程度使用します。
・副作用のチェックや、効果の判定を、1週間後、1ヶ月後に行います。

SLTの良い点
・レーザーが良く効いた人は、点眼薬をつけなくてよくなったり、点眼薬の数を減らすことができます。
効果が約1年間持続します。効果が弱くなってきた時には何回でも再治療が可能です。

ここまで書くと、とってもいい治療!なんて思いますよね??
でも、問題点もあるんです。

SLTの悪い点
費用が高い。(1割負担で片眼9000円弱、3割負担で片眼27000円弱)
・人によって効果に差があります。
 良く効く人では、治療前35の眼圧が10とかにまで下がることがあります。
 逆に、全く効果が出ない人も20%くらいあります
・一過性眼圧上昇:治療後の炎症などから、眼圧が一過性に上昇することがあり、きちんと検診が必要です。(稀ですし、対処法があるので過度な心配はいりません。)

目立って副作用がなく、点眼薬から開放されると思うと、ぜひチャレンジしたい治療法ですが、結構な金額を払って、もしも無効だったらと思うと、実は、僕は第一選択ではお勧めしていません。
(病院経営としては、数分で終わるSLTレーザーは、緑内障の治療法の中では、最も儲かる治療法でしょう。でも、毎日の目薬が可能で、眼圧下降が得られる症例では、今の医療情勢では、点眼薬による治療が第一選択ではないかと思います。点眼薬1剤を1年間購入しても、片眼のSLTレーザーよりも余程安価です。両眼SLTレーザーではかなり差がでます。)

僕がSLTをお勧めする場合は、以下のような場合です。
‥栖稾瑤鮖藩僂靴討い襪里法眼圧下降が十分に得られない症例
∋纏が不規則などで、点眼薬を規則正しく使用できない症例
E栖稾瑤悗良作用があり、点眼薬が使用できない症例
づ栖磴面倒という主張で、かつ、経済的に恵まれている方
タ緇渋稜浩緑内障(PE)、色素緑内障、ステロイド緑内障など、高い効果を望めそうな方


保険診療って、案外面倒です。
もしも、SLTレーザーが今の3分の1位の費用で可能であったら、おそらく3倍以上の患者様の治療に用いられているでしょう。
価値観や経済力は、人それぞれですが、片眼3000円で、目薬をつけなくてよくなるかも。となったら、治療希望者も沢山いそうですよね??

茨城県には10台弱のSLTがあるのかな?と思いますが、
もちろん当院にもあって、毎月数名の患者様の治療をしています。
上記 銑い謀たる方で、治療のご希望があれば、受診してみてください。
| 緑内障 | 18:55 | comments(6) | - |
サッチング:芝生
今日は重症の救急患者様もなく、のんびりとした春分の日でした。
暑いも寒いも彼岸まで。といいますが、今日も少し暖かくなってきましたね花
午後には、しばらく放置していた芝生のお手入れをしてみました。

サッチング
まず、「サッチ」についてですが、芝生の枯れた葉などが地表に堆積したものを呼ぶらしいです。サッチが積もると、水はけが悪くなったり、地表への日当たりが悪くなったり、芝生の成長環境が阻害され、病原菌の繁殖リスクも上昇してしまうようです。自分の老廃物?とはいえ、芝生にとって、サッチは良いものではないようですね。
この、サッチを取り除くのがサッチングです。

芝刈りをしたら、熊手などで、その都度しっかりと掻きだして、サッチのもとになる葉を除いて行くのが理想的のようですが、毎回は大変。ついつい溜まってしまいます。
3月のこの時期には、茶色く枯れた芝生も多いので、年に1回くらい、一気に掻きだそうと、かれこれ3年間、毎年やっています。


赤矢印が芝を刈るリール刃、青が交換したサッチを掻きだすサッチング刃です。


左が作業前、真ん中は芝刈り機で1回通ったあとです。中央に縦に見える色が濃い部分がサッチを掻きだしたあとです。右は作業後です。


拡大ですが、左は作業前、真中は作業後です。サッチがなくなり、下の土がしっかり見えています。写真では分かりにくいのですが、少し緑の葉も出てきています。右の写真は芝刈り機に溜まった、枯れ芝やサッチです。


40Lのゴミ袋が5袋いっぱいになりました。
芝生、今年もキレイに育つといいな。


先ほど、ニュース番組の特集で、「治る!緑内障」とのテロップが張られたテレビ番組が放送されていました。気になったので、一応見てみましたが、微妙に間違っていることが多々あり・・・。撮影を受けた眼科先生方の意思と、テレビの放送内容に、きっと差があるのでしょうが、放送前に確認とかはないのでしょうか?
テレビの医師も言っていましたが、緑内障は治る病気ではなく、進行を極力遅くすることが目標です。
主にSLTレーザーと、トラベクトームを使用した手術に関して放送されていました。12月以降、緑内障のブログが止まっていましたが、これらの治療についてもブログを書いて行こうと思います。
| 芝生・趣味 | 23:28 | comments(0) | - |
瞳孔膜遺残
今日は以下の手術を行いました。
・結膜腫瘍切除 1件
・白内障手術 7件
・網膜硝子体手術 1件(硝子体出血)
問題なく終わりました。

今日の手術症例から1例お話を。
瞳孔膜遺残(どうこうまくいざん)
瞳孔とは、茶目の中心部の黒目の部分で、茶色い虹彩によって形作られる、丸い穴の事を言います。明るい場所では瞳孔が小さくなり、目の中に入る光を減らしたり、暗い場所では瞳孔を大きくして、目の中に多くの光を取り入れようとしたりと、瞳孔には目の中に入る光の量をコントロールする役割があります。
赤ちゃんが母親のお腹の中で、眼球を形成していく過程では、実は瞳孔は丸い穴ではんなく、血管の組織に富んだ膜で覆われ、ふさがっています。この血管に富んだ膜のことを瞳孔膜と呼び、瞳孔膜は水晶体に栄養を与えるなどして、眼球の形成に役立っています
瞳孔膜は通常は出生までに、委縮して消失していくのですが、何らかの間違いで、瞳孔膜が残ってしまう異常を瞳孔膜遺残といいます。

本日の症例の写真です。
光が入る道筋に、光をさえぎるものがあるので、なんとなく見にくいだろうな?というように思いますが、実は瞳孔膜遺残のほとんどは症状がありません。瞳孔膜遺残は、世の中でもっとも多い先天異常(生まれつきの異常)の一つですが、弱視等の問題を起こすことはほとんどなく、稀にみる超重症例や、たまたま光の侵入経路の中心部を邪魔するような膜が残った場合のみに、問題となります。

外来ではちょこちょこ目にする異常ですが、生まれたばかりの小児にみつけた場合では、多くの場合に、生後数ヶ月とか、1〜2年くらいうすると、勝手に小さくなってしまいます。
まれですが、実際に瞳孔の中心部を瞳孔膜が覆い、視力を阻害してしまう場合があります。この場合には、瞳孔を開く目薬等を使用して、瞳孔膜遺残が瞳孔の中心部を避けるようにする治療を行うことがあります。

今日の症例ですが、左が何もしない時、右が瞳孔を開いた場合です。瞳孔を開くことによって光が通る道筋に変化が出ることが分かりますか?
また、稀ですが、YAGレーザーという特殊な光線で、瞳孔膜の一部を弾き飛ばして、瞳孔膜を除去してしまうという治療を行う場合もあります。

なんて、治療について書いてみましたが、僕の人生で瞳孔膜遺残の症例は数え切れないほどみていますが、点眼薬で治療したのは1例、YAGレーザも1例のみで、ほとんどが無治療で済んでしまうようです。

超重症例では、手術で切除するのでしょうが、小児期に手術を必要とした症例にはまだ出会ったことがありません。

今日の患者様は、白内障の手術目的に、紹介となった患者様です。
瞳孔膜の手術というよりは、白内障のついでに切除してしまったのですが、

こんな感じで、瞳孔を開いた後に、ハサミで瞳孔膜をちょきちょき切ってしまいます。

その後は、通常通りの白内障手術が可能です。

明日は祝日ですが、手術患者様のみは診察があります。きっと今日の患者様も視力が上がって喜んでくれるはず。期待大です!!
| 眼科一般 | 22:04 | comments(5) | - |
石岡ホルモン
最近、重症のかたの紹介が多かったせいか、今日は日曜日ですが、まだ5名の入院患者様が残っていました。大きな問題はなく、ちょっとした診察だけですみましたが、なかなか忙しい毎日です。でも、明日頑張れば、明後日は祝日ですね!


久しぶりに石岡市の飲食店について。
石岡ホルモン

ホルモンって、好きな人、嫌いな人がいると思いますが、肉食の僕は大好きです。「脂が乗ってるほどよい。」みたいな感じなので、メタボが心配ですが・・・。

この白ホルモンは、そんな僕の好みにぴったりで、脂がのりにのっていますときめき臭みもなく、とってもおいしいですよ!

このホルモン鍋も大好きです。

クリニックから国道6号にでてすぐ、車で1〜2分くらいです。
できて1〜2年くらいかな?(間違っていたらすみません。もっと新しいかも。)
店内もキレイで、子供にも優しい、とってもいいお店。お勧めです。
| 石岡市・茨城県 | 23:31 | comments(0) | - |
メガネ・眼鏡処方箋
午前中は小美玉で外来でした。外来にきた女性の相談で、愛犬のパグが獣医さんにかかっていて、失明しそうだと言われていると。僕に診察をしてほしそうな雰囲気でしたが、病院に犬を入れることは僕の判断では・・・。気になりますが・・・。やり過ぎな気もするし・・・迷う。
昨日のブロブに書いた網膜剥離で紹介の患者様には、面識もないまま夜のうちに電話で説明をして、小美玉から帰り次第、挨拶も後回しで、お昼休みに手術をする事が出来ました。少しでも早く網膜をくっつけてあげることができて、こちらは良かったかなと。

メガネ・眼鏡処方箋
今日はメガネに関する微妙な話です。一部の眼科の先生には怒られるかもしれませんが・・・。
昨日も書きましたが、特殊な例を除いて、メガネには病気を治したり予防する効果はありません。メガネをかけることで、かけている間の視力や見え方を、一時的に改善する補助具の役割があるだけです。
このメガネを作るときに、必要だと言われているのが、眼科で発行される眼鏡処方箋です。

この問題は、政治や選挙にまで多少影響するのですが、
少なからず、眼科医vs眼鏡店という対立があるようです。

ヾ祺憤綢Δ紡燭ぐ娶
・メガネ・眼鏡の作成に関しては、すべて眼科医が関わるべきで、眼鏡店で勝手に作ることは違法である。
・眼鏡店で作成するメガネは、どちらかと言うと、過矯正と言われるメガネになる比率が高いと言われ、眼精疲労の元となるリスクが高い。
・眼鏡店でメガネを作成する場合に、メガネをかけても視力の改善が乏しい場合に、眼科への受診を勧めることなく、眼鏡のみ作成し、病気の早期発見・早期治療の機会を奪っている場合がある。
・眼鏡店の眼鏡作成能力は、一定化しておらず、上手く作れていない可能性がある。

眼眼鏡側に多い意見
・既成事実として、現在も処方箋なしで多数の眼鏡作成が行われている。
・法律上、規制があるのは医業としてのみであり、眼鏡の処方くらいは、たいして医業とはいえず、特に資格は不要である。
・痩せるために、エステにきた人に、肥満だからと病院への通院を促す必要があるのか?目が悪い人がきたら、眼鏡店は眼科への受診を勧めないと罪なのか?

注)上記は、そういった意見があるというだけで、全ての眼科医や眼鏡店に当てはまるわけではありません。あくまで、よく耳にする例としてです。

これを踏まえて、僕個人としての意見を書いてみたいと思います。(あくまで個人の意見です。)
・7〜8歳までの小児は、視力・視機能の形成に非常に重要な時期であり、間違った(その子にあわない)メガネをかけることで、弱視という病態に陥ることがあります。弱視とは、将来メガネをかけても視力が悪い。運転免許証などが取れなくなる可能性がある事態で、非常に大きな問題です。また、小児は調節といって、目に変に力が入ったりして、上手く検査ができないことがあり、目薬を使った特殊な検査が必要なることが多々あります。なので、10歳未満の子供に関しては、必ず眼科で検査をして、処方箋に基づいて処方するべきだと思います。
・成人に関してですが、先日も記載しましたが、実はメガネがあわないからといって、病気になったり、近視の度数が進むなどという事態に落ちいるということはありません。(仮性近視や一過性の屈折性近視を除く)
もちろん、過書矯正などの合っていないメガネを書ければ、眼痛・頭痛などの眼精疲労は起こりえます。なので、好ましいことではありませんが、成人の場合には眼精疲労が起こってツライから。と、それから眼科へ受診しても手遅れになることはありません。

もちろん、眼鏡を作る全ての場合で、眼科ですみずみ検査して、処方箋を書くことが、目のためには一番いいに決まっています。ただ、国の財政が厳しかったり、眼科医や医師不足が嘆かわれている現代で、これまで眼鏡店で行ってきたすべての眼鏡処方を眼科医のみが行う事になったら、大変な時間とお金の負担がかかることは間違いありません。眼鏡処方の全てに眼科での検査を義務付けるよりは、少子化対策に税金を割くほうが重要ではないかと、僕は思います。
例えば、1年に一回、強制的に、全ての国民の精密人間ドックを行えば、日本人の平均寿命は延びるかも知れません。でも、それには医師の数も不足していますし、かかる費用も莫大になるので、現実的ではないですよね?
どこまでこだわるかは考え方次第ですが、成人に関しては、自分の考えで、自分が必要と思えば眼科にかかって下さい。というのでも問題ないかと思います。
お金や時間をかければ、一般的にはいいものにめぐりあります。ただ、どこまでお金や時間をかけるのかは、個人の自由ですよ。といった具合です。

ここまで書くと、眼鏡店の意見側に近いのかなとも思いますが、眼鏡店側の意見をお持ちの方に、お願いもあります。
眼科での検査なしで、眼鏡店のみでメガネの処方をする場合に、患者様が歪みを訴えたり、メガネをかけても1.0見えないなど、もしかしたら目の病気の可能性がある場合には、必ず眼科への受診をすすめて頂きたいのです。
当院の近隣を含めて、良心的な眼鏡店は、すでにそうしているかと思いますが、残念がら、稀にはあまりに腹立たしいケースに出会う事もあります。
例えば、メガネをかけない裸眼視力が0.1で、眼鏡店でメガネを購入して矯正視力が0.3まで上昇したが、結局見えにくいから眼科を受診。そして病気が見つかったが、既に手遅れ。といったケースです。
メガネをかけても0.3なんて、重症か軽症化は別として、何らかの病気があるに決まっています。病気が予想できるのに、メガネを売ることが優先されて、眼科への受診を勧めないというのは、罪なるのかはどうかとして、倫理上、人としてどうかと思います。

このような眼科医vs眼鏡店という図式は、あまり良いものではありません。
本来、眼科医と眼鏡店は助け合って協力関係でいるのが望ましいかと思います。

まとめ(僕が個人的に思う眼鏡処方に関しての考えです)
10歳未満の小児のメガネは眼科で検査をするべき。
∪人のメガネ作成は、眼鏡店を選ぶか、眼科での処方箋を選ぶかは、本人の自由。ただし、作成前の検査で矯正1.0の視力が出ないなど、目の病気や、何らかの異常の可能性があれば、眼科での検査を受けるべき。あきらかに異常が疑われるのに、眼科受診を勧めない眼鏡店が、もしも存在した場合には、罰則を与えるなどの法整備を行うべき。

以上が、眼科医、栗原としての個人的な意見です。

一般的には、無資格者よりも、眼科医や眼鏡士のほうが眼鏡の知識は詳しいと思います。そうはいっても役職に限らず、個人の能力は様々です。
ものすごい勉強をして、眼科医よりもメガネに詳しい無資格者だっているかもしれません。なので、眼科で処方したメガネよりも、無資格者の処方したメガネのほうが相性がいい。なんてことも絶対にないとは言えません(少ないと思いたいですが)。
僕も眼科医としては、自分はメガネの事を勉強している方だと思っているのですが、それよりなにより、当院には優秀なORT(視能訓練士)と、優秀な認定眼鏡士が在籍しています。通常のメガネだけでなく、遮光眼鏡、プリズムメガネ、拡大鏡、ローヴィジョンエイドなど、僕よりも詳しいスタッフが頑張っていくれています。僕は彼らを信頼、尊敬しています。眼鏡処方は特殊枠で月曜日や金曜日に行っているので、ご興味があればお電話にはお問い合わせください。

眼鏡店で処方を受けることは全く問題ありませんが、メガネをかけても見にくい。と言う場合には、一度眼科を受診してみることをお勧めします。
| メガネ | 23:55 | comments(3) | - |
メガネは必要ですか?メガネはあっていますか?
今日は午前の外来が72名、午後は以下の手術を行いました。
・翼状片手術 1件
・白内障手術 12件
・網膜硝子体手術(茎離断)3件
(黄斑円孔1件、黄斑牽引症候群1件、糖尿病硝子体出血+血管新生緑内障1件)
みなさん無事に終わりました。

昨日もお昼休みに網膜剥離の手術をしたばかりですが、先ほど連絡があり、明日も網膜剥離の紹介があるようです。

残念ながら中心部(黄斑)まで剥がれてしまっているようです。できるだけ早い手術が望ましいので、明日、外来の混み具合によりますが、お昼休みに手術が出来るといいな。
かかりつけの先生からインターネットで、上の写真を含めて、様々なデータを頂けました。まだ患者様にはお会いしていませんが、来院前から治療や手術方法のプランをたてることができ、とても役立ちます。ネットの発達により、専門医に相談するなど、遠隔地医療も増えてくるでしょうし、医療の形態はどんどん変わっていくのでしょうね。楽しみです。


先日、メガネについてブログを書いてみたのですが、今日はメガネに関してよく受ける質問の説明を。
私はメガネは必要ですか?
私のメガネはあっていますか?

外来をやっていると、一週間に数回は質問されます。
答えはどうかというと「知らない。自分で決めて。」です。
もちろん、このままの言葉では患者様に怒こられてしまうので、一通り説明して、別の言い回しをしますが、
基本的には、メガネが必要かどうかは、本人がよりよく見えたいかどうかによります。
注)7〜8才以下の小児の場合は、必要な時期に必要なメガネをかけないと、弱視などになってしまうリスクがあります。本日の記載は成人に関してです。

子供の弱視や、斜視などで使う、特殊な治療用メガネを除いて、
メガネは、ピント(光の焦点)を網膜に合わせるために使用する、物を見やすくするための補助具に過ぎません。
誰でもメガネをかけることで、かけない時よりも物が見やすくなりますが、メガネをかけても、病気を治したり、病気を予防する効果はありません
ですので、成人の方が、メガネをかける必要があるかどうかは、その方が裸眼の見え方に不自由があり、それをメガネで改善したいと思えば、かければいいですよ。という具合です。

たとえば、「ボヤけても、なんとなく見えればいい。」なんて思っている、おおらか・大雑把な性格の人は、裸眼の視力が0.1しかなくても、メガネなんか要らない。と考える場合があります。
逆に、「遠くの信号機の光が少しにじむだけでも許せない。」なんて思っている、繊細・ナイーブ・神経質な人は、裸眼の視力が1.0あっても、それを1.5にするためのメガネを欲しがる場合もあります。
医学的、眼科的な立場からすると、どちらも間違いではありません。その人にとって必要ならメガネをかければいいのです。
裸眼の視力が0.2しかないのに、メガネなしで運転している。なんていう人もいますが、これも、倫理上は好ましくないですが、それによって目が悪くなるということはありません。(個人的には、人を傷つけるリスクがありますし、法律は守るべきだと思いますが)


次に、このメガネはあっていますか?の質問ですが、
これも、極論ですが、その人次第です。
遠くを見るとき、近くを見るとき、できるだけ細かいものまで、しっかりと見えるようなメガネを合わせることを、完全矯正と呼びますが、強いメガネなんて表現のほうが聞いたことがあるでしょうか?
完全矯正・強いメガネをかけることで、その目的の距離のものは、最もはっきりと見えるようになりますが、それ以外の距離ではピントがあいにくくなったり、疲れやすくなったり、眼痛や頭痛の原因になることもあります。(いわゆる眼精疲労)
ただし、疲れたからといって、目が悪くなるわけでも、正式な意味で近視などの度数が進行するわけでも(仮性近視・屈折性近視除く)、目の病気になるわけでもありません。
「少し疲れやすくても、よく見えるほうがいい。」と思う人もいれば、
「私は疲れやすいから、弱いメガネがいい。」と思う人もいます。

これも、どちらが間違い、どちらがあっているというものではなく、好きなほうを選べばいいのです。

メガネが必要か?メガネがあっているか?
それは患者様自身で考えることですが、一般の方が、
ピント・焦点・強いメガネ・弱いメガネ・完全矯正・眼精疲労などなど、
聞きなれない言葉で言われたら、混乱してしまう人もいるかもしれません。
なので、短くまとめると「知らない。自分で決めて。」という答えになりますが、実際には、年齢や視力、屈折異常の度数の他に、仕事の内容、どの距離を優先的に見たいのか、今のメガネで眼精疲労があるのかないのか、問診でいろいろ教えていただいて、メガネを作る希望があれば、そのお手伝い、アドバイスをさせていただくのが僕たちの仕事です。

まとめ
特殊な治療用メガネを除き、通常の場合では、メガネは病気を予防したり、近視の進行を止めたり、病気を治したりする効果はなく、
かけることで、かけている間の視力や見え方を、一時的に改善する補助具の働きをするだけです。メガネをかけないから目が悪くなることはありません。メガネが必要か、どのようなメガネがいいのか?は、基本的にはその人の好みです。
| メガネ | 23:18 | comments(0) | - |
介護老人保健施設 あいあい 熱帯魚
今日は以下の手術を行いました。
・白内障手術 5件
・眼瞼下垂手術 3件(炭酸ガスレーザー:ミュラー筋タッキング)
・緑内障手術 2件(流出路再建)
・網膜硝子体手術(茎離断) 1件(増殖糖尿病網膜症)

みなさん無事に終わりました。
糖尿病の方は他院様の紹介でいらした、30代の患者様です。重症例でしたがキレイにカサブタが除去できました!
月曜は夕方から外来ですが、件数が多いので、スタッフがお昼休みを削って手術をさせてくれました。それでも、さすがに無理があったようで、夕方の外来開始が15分くらい遅れてしまいました。お待たせした患者様には申し訳ありませんでした。
夕方に網膜剥離の紹介がいらっしゃいました。まだ初期の段階なので明日の昼に手術の予定となりました。最近は発見後すぐに連絡・紹介をしてくれる先生が増えたので、手術後の成績がよくなって、視力1.0を保てることが多いようです。ありがたいです。


今日は、グループ施設の紹介です。
介護老人保健施設 あいあい
まだまだ足りないと言われていますが、主に、ご高齢の方が入所するための施設が日本中にはいろいろあります。
施設の特徴によって、介護老人保健施設、特別養護老人ホーム、ショートステイ、療養型病床(これは違うかも)、グループホームなど法で呼び方が決まっているようですね。
常勤の医師や看護士がいるとか、いないとか、医療行為に関してなど、いろいろな取り決めがあるようですが、恥ずかしながら、眼科医の僕はあまり詳しくありません・・・。すみません。

僕が知っているのは、「あいあい」には、約100名の高齢者が入所しており、一緒に食事をしたり、お話やカラオケをしたり、結構楽しそうにやっているな。という雰囲気だけです。体が不自由な方も多いので、介助を受けながら入浴をしたり。
そんなわけで、毎日楽しそうに見える「あいあい」ですが、年中行事・イベントが多いのも、個人的にはいい施設だな。と、好きなところです。
http://www.sannoudai.or.jp/aiai/event01.html
毎月、何らかのイベントがあり、僕もたまに誘われて参加します。
(僕はお酒を飲むだけで、あまり活躍しないせいか、最近、誘われなくなってきたような気もします・・・。赴任当時はもっと呼ばれていたような?)

朝礼の報告で、長く入所していて外出ができていない入居者様と、一泊で温泉に行ってきたという報告なども耳にします。眼科以外のスタッフとは、あまり触れ合う機会がありませんが、あいあいのスタッフから、そういう報告を聞くと、微笑ましいというか、なんだか気持ちがいいです。
あいあいの横に、もうすぐ桜が咲きますが、なにかイベントがあるのかな?楽しみですね。(あいあいのスタッフには無茶振りでしょうか?)

病院と同じく?(自己満足かな?)とてもキレイな施設で、雛祭りや節句など、季節に応じて飾り付けもありますが、最近、熱帯魚の大きな水槽ができました。

とってもキレイで、熱帯魚、エビ、ヤドカリなど、沢山います。

すぐ近くの別の水槽には、年始からいるタツノオトシゴも。だいぶ大きくなりました。

熱帯魚は「あいあい」1階、メインロビーにいます。山王台病院本院と、眼科クリニックの間の施設です。お暇な時間があればぜひ見てみてください。

「あいあい」は入所だけでなく、通所といって、通いで行事などに参加することでの利用者もたくさんいます。僕は、システムが良く分からないのですが、近隣の患者様でご興味があるかたは、是非お問い合わせください。


僕は、介護老人保健施設がなんなのか、特別養護老人ホームがなんなのか?実はよく分かっていませんが、幕内会では、この春から特別養護老人ホーム「ようよう」も開設予定です。
http://www.sannoudai.or.jp/index.html
だいぶ出来上がっており、やはり素敵な建物になりそうです。
こちらも、ご興味があればお問い合わせください。
| クリニックのこと | 23:54 | comments(0) | - |
メガネ
第2・4の土曜日の午前中は、外来をしています。
普段の患者様は、近隣の、どちらかというと中高年〜ご高齢の方が多いのですが、土曜日は平日に仕事をしている人や、学生の患者様、都内など遠方からいらっしゃる患者様など、いつもとちょっと違う患者様が多くなります。
初診の方も多く、いつもは1時間に平均12名くらいの方を診察するのですが、重症の方が数名いると、どうしても外来が滞ってしまい・・・。予約制とはいいつつ、お待たせすることが多くなってしまいます。すみません。

今日はメガネのことでも書こうかな。
メガネ・眼鏡(がんきょう)
「僕は目がいいんだ。」「私は目が悪いの。」
多くの方は、「目がいいとか、目が悪い。」とか言う場合に、メガネが必要か、そうでないか。というように思っているようです。眼科医の視点では「メガネをかけても見えない人を目が悪い。」という概念ですので、どんなに分厚いメガネをかけても、視力表で1.0見えるのであれば、視力は正常範囲内ですね。と思ってしまうので、「メガネがないと見えにくい。」と言われると、「メガネかければいいのでは?」と返答したり。
こんなふうに、メガネに対する思いは人それぞれで、メガネを嫌うお母さんに、「お子さんは近視ですね。」と説明したら、絶望で泣き崩れてしまったお母さんにもお会いしたことがあります。
また、緑内障や糖尿病の患者様では「もう末期だから、手術をしても0.1くらいしか保てませんよ。」と繰り返し説明しても、「でも、メガネかければ見えるんでしょ?」となかなか理解してもらえないこともよくあります。
「失明した人がメガネをかけても意味がない。」僕はあたり前のようにおもうのですが、患者様によっては、「メガネかけたら明かりは分かる?」なんて質問を受けることもあります。

メガネは近視や、遠視、乱視などの屈折異常が原因で、ピント(焦点)が合わない場合に、光の進行方向に作用して、ピントを合わせることができるものです。
子供の弱視治療、斜視のプリズムメガネ、紫外線や青色光を防ぐメガネ、眩しさ(羞明:しゅうめい)を和らげるための遮光メガネなど、一部の治療用メガネは別ですが、世の中のほとんどのメガネは、眼底・網膜にピントを合わせて、見やすくする補助をすることが目的です。

以前に書いたのですが、基本的に目が小さい・短い人が遠視で、目が大きい・長い人が近視になります。
http://blog.sannoudaiganka.jp/?eid=126478


遠視のメガネのイメージです。何もしていない上の状態では、網膜よりも遠くにピントが合ってしまうのですが、虫眼鏡のような凸レンズのメガネをかけることで焦点の距離を短くして、網膜にピントを合わせることが可能になります。


近視のメガネのイメージです。通常の上の状態では、遠くから入ってくる光は、網膜よりも近くにピントが合ってしまいます。遠視とは逆の凹レンズのメガネをかけることで焦点の距離を短くして、網膜にピントを合わせることが可能になります。

乱視のメガネはまたあとで。
| メガネ | 23:40 | comments(0) | - |
3T MRI勉強会
一般の人にはちょっと専門的な日記です。目の事はお休みさせて下さい。

今日は外来も混んで、お待たせした患者様も多くなってしまいました。すみません。夜は医師会の糖尿病の講習会に行く予定でしたが、院内のMRIの勉強会が長引いてしまい、参加できず・・・。

先日、記載しましたが、超最新式のMRIが稼働しています。
http://blog.sannoudaiganka.jp/?eid=139113
http://blog.sannoudaiganka.jp/?eid=139191
でも、新しすぎて、特殊な機能を使いこなせていないのが現状・・・。
18時から始まった勉強会ですが、白熱して22時くらいまでかかり、その後、入院患者様の診察をして、ブログの質問にお返事をして。いいわけですが、夕食もまだなので目のブログはサボります。
MRIの撮影法で、T1やT2、フレア、脂肪抑制、diffuionなど、眼科でもおなじみの撮影方法は、眼科医の中では詳しい方だと、勝手に自負していたのですが、今日はわけのわからない、単語がたくさん・・・。

・出血が急性期・亜急性期などの時期に関係なく安定して検出できる、T2star撮影
・T2/T1コントラストで、MRAなどよりも、素早く血液や液体を鮮明にさつえいする、Balanced sequence撮影
・造影剤や、非造影でも磁場をかけた血球の差分撮影によって、血流障害が分かる(脳梗塞でもdiffusionより、よほど早く分かるようです。)perfusion撮影
・spectroscopy撮影は、乳酸、クレアチン、NAA、コリンなどの組成の違いによって起こる磁場の違いから、病変部が、どのような状態になっているのか(眼なのか、壊死なのか、水なのか)を、組成データを検出することができる撮影です。
まだまだいっぱいでてきましたが、個人的に興味があったのだけ書いてみました。
通常の、今までのMRIとは、全く違うことが出来るようになってきているようです。医学の進歩はすごいなぁ。

勉強会の資料は後日配られるそうで、耳で聞いて、頭で覚えられた範疇で、忘れないうちに。と、メモ代わりに記載してみましたが、スペルなど、間違っているかもしれません。

今日はフィリップス社の方に、いろいろ話を聞くことができましたが、眼科の撮影方法に関しては、資料が全くないとのことでした。
T2starで硝子体出血を撮ったらどう映るのか(あまり診断にゆうようではありません。眼窩や頭部には使えますよね。)、spectroscopy撮影で、眼球の組成をみてみたらどうなるのか。世界中で、一回も調べられてない可能性もあるかも?
うーん。早く僕の目を撮影してほしい。たのしみ。
| その他 | 23:48 | comments(0) | - |
ブログ、1年続きました。
今日は以下の手術を行いました。
・白内障手術 11件
・結膜弛緩症 2件(白内障のついで。無料)
・緑内障手術(トラベクレクトミー)1件
・網膜硝子体手術 3件(離断2件、増殖1件)
 (黄斑円孔1件、ぶどう膜炎混濁1件、増殖糖尿病網膜症1件)
みなさん無事に終わって良かったです。
重症のかたばかりですが、手術目的の紹介が増えてきて、ありがたいことです。頑張ります!

ブログ
少しでも社会の、眼科医療のためになればと、ブログを書き初めて、ちょうど1年がたちました。
一年前の初回ブログ
http://blog.sannoudaiganka.jp/?eid=118711

たまには疲れてしまって、「もうやめようかな。」なんて思う事もありましたが、「自分で始めたことだから、とりあえず1年間は頑張ろう。」と、どうにか続けてこれました。
数えてみると、1年間で、275回の記載を行ったようです。関係のない話題も多くありましたが、半分くらいは目の病気に関して記載したのでは?我ながら頑張ったのではないかと、今日は自分を褒めてあげようかと。

少しでも質問にこたえることができましたし、
実際にブログをみて来院して頂く事も増えました。都内からの患者様もちょこちょこ手術を受けに来られますが、茨城県の石岡市に都内から来て頂けるのは、ブログを書いてなかったら、ありえないことだと思います。
このブログがなかったら、出会う事のなかった患者様の診療や手術を行い、少しでもお力になれていたなら、こんなに嬉しい事はありません。

僕はあまりインターネットには詳しくないのですが、トップページへのアクセスを除いた、つまり、トップページへのブログを参照後、別のページをクリックしていただいた方の集計が分かるのですが、今現在で、毎日400人から500人もいるようです。初めのページのみのかたはもっと多数いらっしゃると思うのですが、僕が書いた眼科のことを、たくさんの方に呼んで頂いていると思うと、個人的には素敵なことだなぁと思います。

1年も書くとネタ切れしない?なんて、知り合いの先生に言われることがありますが、まだまだ緑内障も途中だし、黄斑浮腫、黄斑変性、黄斑円孔、ものもらい、円錐角膜、コンタクト、メガネ、斜視、弱視、老眼治療、ローヴィジョン。
ちょっと考えるだけでも。あと2年くらいはネタが持ちそうです。
体力が続くようなら、もう少し頑張って続けていきたいと思います。

だいたい、夜にお酒を飲みながらの記載です。誤字や脱字はご勘弁を!
| その他 | 23:48 | comments(4) | - |
白内障手術 乱視矯正
今日の午後は小美玉で井上先生と手術です。
・白内障手術 5件
・さかさまつ毛(眼輪筋縫縮)1件
・眼瞼下垂症(炭酸ガスレーザー:ミュラー筋タッキング) 1件
夕方は開業医様の手術のお手伝いに。

先日、病院のホームページの内容を更新したのですが、ホームページで記載している、白内障手術についてちょっと書いてみたいと。
http://www.sannoudai.or.jp/clinic/ope03.html
白内障手術 乱視矯正
強主経線切開

水晶体が濁ってしまい、光の通過が邪魔をされるために、視力が低下してしまうのが白内障。白内障手術は濁った水晶体を人工のキレイなレンズと交換することが第一の目標です。ただし、近年は医学も進歩し、「濁りをキレイにする。」という目標はあたり前で、それ以外に「出来る限りメガネなしで見えるようにしたい。」と、より高度な目標をもって手術をする事が一般的になってきました。
その一つが、「乱視を減らそう」というものです。
乱視とは、眼球の歪みに由来して、縦方向や横方向のピントにズレが生じることです。(縦は近視なのに、横は遠視など。)

イメージ図を作ってみましたが、分かりにくいですかね??眼球がまん丸に近いと乱視が少ない目。楕円というか、ラグビーボールのような形だと乱視の強い目。という感じです。

こっちの図の方が分かりやすいですかね?

乱視の治療としては、メガネをかけたり、コンタクトレンズを使用ことが最も一般的で、より積極的な治療としては、レーシックなどの屈折矯正手術があります。
今回は、白内障手術を行う場合に、ついでに乱視を減らしてしまおう。という方法のうち、もっとも手軽にできる方法を紹介します。

左が手術前、右が手術後のイメージ図です。白内障手術では黒目(角膜)と、白目(強膜)の境目あたりにキズをつけて手術を行います。切り口が出来た部分の角膜は薄くなって変形し、切り口の方向では、角膜が平坦化し、ピントが後ろ側にズレるようになります。このような手術のキズ口のせいで、乱視のピントに変化がおこることを惹起乱視(じゃっきらんし)と言います。
手術技術や、器械の進歩によって、手術のキズ口はどんどん小さくなっているため、惹起乱視も小さくなっていますが、白内障手術をすれば、多かれ少なかれ、良かれ悪かれ、乱視に変化が起こるのです。
この惹起乱視と上手に付き合うことで、白内障手術を行うついでに、乱視を和らげてしまうことが可能になります。逆にいえば、黒目の横にキズを作るべき場合に、上から切開を行えば、乱視は悪化してしまうのです。
当院で白内障手術を行う場合には、全症例で必ず乱視を減らすように努力をしています。


これは、角膜トポグラファーという器械で、黒目(角膜)の形を詳細に測定した結果です。眼球の乱視(ゆがみ)は、水晶体などの部分に由来する部分も一部ありますが、ほとんどは角膜に由来するものです。また、水晶体は手術で除去してしまうので、白内障手術では、特に黒目(角膜)に注目して、乱視をコントロールしていきます。
黄色に比べて、オレンジの部分がカーブが強いことを表した図ですが、この患者様の手術をする場合には、オレンジを切る方向、つまり横から切った方が乱視が軽減することになります。

実際に、どう手術をするかというと、
例えば、上から切った方がいい場合では、

こんなふうに上から切開をして手術をします。

横から切った方がいい場合には、

こんな感じ。僕はほとんどの場合、患者様の頭の上側に座って手術をします。写真は上下反対のようになります。これは、右目の手術を右耳側から切開しています。

同じ横からでも、左目の場合には、

こんな感じ。左手での手技になることもあります。僕は小さい時は左利きだったようですが、右利きに矯正されまして、今は右手の方が得意です。なので、左目を横から切る場合には、少し手術がゆっくりになったり、面倒に思う事も。
でも、少しでも乱視が少なくなって、裸眼視力の向上につながるなら。と思えば、頑張りがいがあります。

このような切開の方向による乱視矯正(主経線切開)は、もっとも手軽に行う事が出来る方法です。ただし、矯正効果はあまり大きくなく、主に乱視が軽い場合に行われます。より強い乱視を矯正していく方法に関しては、別に機会に記載したいと思います。
明日も手術がいっぱいなので、今日はこれでお休みなさい。お読み頂き、ありがとうございました。
| 白内障 | 23:54 | comments(5) | - |
H24年2月の手術実績:茨城県 山王台病院 眼科
今日のお昼は以下の手術を行いました。
・霰粒腫切除 1件
・白内障手術 7件
・緑内障手術 1件(血管新生緑内障)
無事に終わっています。
最近、血管新生緑内障が多いです。今日も若い患者様で、両眼の重症糖尿病網膜症、血管新生緑内障の紹介を頂きました。頑張って対応したいと思います。

2月分の手術数を集計しましたので、掲載します。

H24年2月の手術実績
手術合計 109件
内訳

・白内障手術 78件

・網膜硝子体手術 15件(糖尿病・網膜剥離・眼底出血・黄斑円孔など)
・結膜の手術 5件(翼状片・結膜弛緩症)
・眼瞼(まぶた)の手術 3件(眼瞼下垂・さかさまつげ・霰粒腫)
・緑内障手術 2件
・涙器の手術 3件(NSチューブ・急性涙嚢炎・涙小管形成)
・その他の手術 3件(斜視など)

レーザー手術合計 20眼
内訳
・網膜光凝固 10件(糖尿病・眼底出血などに対するレーザー)
・SLTレーザー 5件(緑内障に対するレーザー)
・YAGレーザー 5件(後発白内障に対するレーザー)

抗VEGF薬 硝子体注射 31件(加齢黄斑変性症などに対する注射です。ルセンティス・マクジェン・アバスチンの合計)
ステロイド薬 テノン嚢注射 20件(糖尿病や網膜静脈閉塞症などでの黄斑浮腫などに対する注射です。トリアムシノロン)

現在の緊急手術以外の手術(白内障や翼状片など)の順番待ちは、2ヶ月半程度になっています。

白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 行方市 鉾田市 茨城町)
| 治療実績 | 18:27 | comments(0) | - |
山王台病院(本院) 改装工事
網膜剥離の患者様も経過良好で退院です。両眼の血管新生緑内障の患者様も経過良好ですが、さすがに一週間では退院出来ず、今週は持ち越しとなってしまいました。もうちょっと頑張って頂きます。

普段は殆どの時間を「眼科・内科クリニック」で過ごすので、山王台病院の本院にはあまり足を運ばないのですが、今日はちょっと用事があって、改装中の本院に行ってみました。
以前も書きましたが、本院では改装工事を行っています。(もうすぐ終了の予定です。)
http://blog.sannoudaiganka.jp/?eid=137305

「階段がキレイ。」と言うのを噂で聞いていたのですが、

壁面が、虹色のようなグラデーションの照明で出来ています。キレイですね。ちょっと足を止めて、見ていたくなる感じ。メインロビーと、採血室近くの1階から2階への2つの階段がこんな感じになっています。


これは、2階から3階病棟への階段の天井です。なんだかワクワクするデザインですよね。

入院のお部屋も、全てキレイになっています。患者様がいらっしゃるので、写真はupできませんが、個室なんて、その辺のホテルより余程・・・と言う感じ。外来の待合室も暖かい印象になっています。病院にいらした際は、いろいろ見てみてくださいね!
| クリニックのこと | 21:05 | comments(0) | - |
雛祭り
今日は、
桃の節句、雛祭りです。
季節の変わり目などに行う、伝統的な年中行事を節句というみたいですね。
1月7日、3月3日、5月5日、7月7日、9月9日を五節句というようです見る
3月3日の雛祭りは、女の子のすこやかな成長を祈る節句。

兄と二人兄弟だったため、自分が子供の時には縁がなかった行事です。
何か、楽しいことをしたいな。なんて思いましたが、普通に桜餅を食べたり、雛あられを食べたり、お寿司を作って食べてみたり。基本的に食べる行事でしょうか?
我が家は女の子が二人で、「女の子の行事は華やかでいいね。」とよく言われますが、個人的には端午の節句のほうが楽しそうだな。なんて。
カブトを作って、戦いごっこをしたり出来そうですよね?

「うちのお雛様です。すごいでしょ!」と言うのは嘘です。
病院隣接の「あいあい」のロビーのお雛様です。
でも、我が家もちょっと組み立てが必要なタイプなので、お嫁に遅れないように、明日には片づけなくては。きっとパパの役割なんだろうけど・・・。

なにはともあれ、子供たちの健康を祈ります。
| 季節・行事 | 22:46 | comments(0) | - |
漫画(マンガ)
少しの間、目の病気のことをきちんと頑張ったので、たまにはプライベートのお話を。

漫画(マンガ)
「趣味は何ですか?」と聞かれて、サッカーです。なんて答えられたらカッコいいのですが、最近はほとんど運動はしていません。メタボに近づいています・・・。
お酒を飲んだり、旅行をしたり、ドライブをしたり。好きなことはありますが、趣味と言っていいのか??
ある意味、仕事人間、仕事が趣味?なんていう部分もありますが、一つだけ、忙しくても、寝不足でも、辞められないことがあります。
それが、漫画を読むことです。
麻生前首相も言っていましたが、「日本は漫画大国・アニメ大国」です。日本の漫画は面白くて、世界中に輸出されているようですよね。
僕も小さいころから漫画が大好きで、恥ずかしながら?大人になった今でも、辞められません。
一週間に、
・少年ジャンプ
・少年マガジン
・ヤングジャンプ
・ヤングマガジン
・スピリッツ
・モーニング
・イブニング
・スぺりオール(隔週)
以上の週刊誌を必ず読んでいます。
どんなに眠くても、読み終わるまでは寝ません。

それ以外に、単行本も、
2年前の引っ越しで、当時もっていた漫画の全てを、リサイクルショップで処分したのですが、2年たったら下のように。


漫画を嫌いな人もいるでしょうが、漫画って、日常生活から離れた部位で、普段思いもつかないような事柄が多いので、想像力が上がったりするのでは??
なんて、自己肯定でしょうか?
でも、「世界一になってやる!」「海賊王になってやる!(ルフィ)」「命に代えても守る!」こんな恥ずかしいフレーズを、日本語のドラマで耳にしたら、ムズムズしちゃいますが、漫画なら自然に受け入れられます。
世の女性が、韓国ドラマにはまっているのも、「愛してる。」なんて、どうどうと日本語で言われたら恥ずかしいけど、英語や韓国語で字幕でみたり、外国の方のちょっとイントネーションの変わった日本語で言われると、自然に受け入れられたりできるのでは。と、僕が漫画に持っている印象とあわせて、勝手に分析してみました。

漫画に集中して、話を聞かないことで、よく妻に怒られます。
そんな時は、「子供の診察をするときに、ナルトしってる?とか、チョッパー好き?なんて言えたら、診察室がなごんで、とても役に立っているのだよ!」と、言い訳を繰り返している僕です。
| 芝生・趣味 | 19:31 | comments(0) | - |
血管新生緑内障Α―儻經浜2:レーザー切糸
実は一ヶ月以上前に、結婚当時に購入した小さなダイニングテーブルをリサイクルショップに処分しました。子供と使うには狭くて。
その後、新しい家具を注文して、すぐに届くと思ったら、なんと納期が一ヶ月と・・・。一ヶ月間、床に寝そべって、ノートパソコンでブログという、とても疲れる姿勢で書いていましたが、とうとう数日前に納入されまして、素敵なテーブルでお酒を飲みながら書いています。環境が悪かった分だけ?今はかなり気分が良いです。

血管新生緑内障
術後管理2:レーザー切糸

何度か記載している、先週の土曜日に手術をした、30代の血管新生緑内障の患者様の術後管理について書いてみます。
(もっと、いろいろ処置が必要になって、やった手技について説明したいと思っていたのですが、あまり変動なく経過良好で落ち着いてしまったので、そろそろ記載したいと。外科的処置については1種類のみです。もちろん患者様にとっては良いことです。)

2月25日(土)
術前眼圧65mmHg、夕方に手術、夜間簡易測定で眼圧30mmHg

2月26日(日)
朝の診察:眼圧30mmHg

手術前よりは低くなりましたが、眼圧30はまだまだ高い眼圧です。眼圧が高いと、角膜(黒目)の透明度が悪くなり、写真がちょっとボヤけた感じになります。黒目の上のほうに水の貯留池(ブレブ)を作っていますが、青矢印の部分が少し膨れているのが分かりますか?

ブレブ(貯留池)のイメージ図ですが、まだこれでは、水の漏れ出しが少ないので、ブレブが小さく、眼圧が正常値まで下がり切っていません。

ここで必要になるのが、
レーザー切糸(レーザースーチャーライシス)です。
キズ口を縫った糸を切ることで、キズを開く作業です。

このような特殊なレンズをブレブ(水の貯留池)に押し当てると、強膜に作ったキズの状態が良く見えるようになります。キズ口は、黒くて細い、ナイロンという糸で縫ってあるのですが、レーザー光線は黒い色に良く反応するので(女性のムダ毛脱毛も同じ原理です。)、レーザー光線を黒い糸に照準を合わせて照射すると、周りの組織を傷つけずに、糸だけを切断することができます。この処置をレーザー切糸(レーザースーチャーライシス)と呼びます。

左が処置前、右が処置後です。矢印の先にあった、黒い糸がなくなっているのが分かりますか??レーザー切糸によって、キズ口を抑える力が弱まるので、キズが開いて、水の排出量が増加し、眼圧が低下します。

夕方の診察:眼圧19mmHg
19だと、通常の緑内障では、翌朝まで様子をみることが多いのですが、血管新生緑内障は、VEGFとういホルモンなどの影響で、キズ口の癒着が早いことで有名です。明日まで待って、眼圧が跳ねあがっていては困ります。
迷いましたが、5本縫ったキズ口のうち、朝1本切ったのですが、ここでもう1本、レーザー切糸をしてみました。

2月27日(月)
朝の診察:眼圧8mmHg

眼圧8は、通常の緑内障では完璧に近い数値です。右の写真では、ブレブが昨日よりも明らかに大きくなり、しっかりと水が漏れ出ていることが分かります。緑内障の眼圧のみ考えれば、眼圧が低くなったことは喜ばしいのですが、血管新生緑内障は目の中に弱い新生血管が沢山ある病態なので、ちょっと眼圧が変動するだけで、簡単に出血してしまうのです。左の写真で、黒目の下の方に出血が沈殿しているのが分かりますか?このような状態を前房出血と呼びます。
手にケガをしたら圧迫止血といって抑えることで止血が出来ますが、目の中は眼圧が高かい方が、出血を抑えて止める効果があります。でも、緑内障としては、眼圧を上げたくない。上がっても困るし、下がっても出血。ここが血管新生緑内障の難しいところです。
ひとまず、安静を頑張って頂き、止血剤を飲んで頂きます。

イメージ図だとこんな感じ。

レーザー切糸によって、眼内の水が、貯留池(ブレブ)に大量に流れるようになり、眼圧が下がりましたが、それによって出血してしまった。という具合です。
眼圧が低くなると、角膜(黒目)の透明性が高まり、目の中がよく見えるのですが、虹彩をよくみてみると新生血管がウネウネしています。
これは出血しますよね・・・。

夜の診察:眼圧8mmHg
出血は悪化してないようです。圧迫眼帯というもので、少し水の流れを抑えてみます。

2月28日(火)
朝の診察:眼圧7mmHg

眼圧は横ばい。出血は少し増えたでしょうか。新生血管を弱らせるために、抗VEGF薬であるアバスチンを追加注射します。
(手術時にも投与していますが、硝子体手術後+緑内障手術後では、眼内の房水と一緒に、すぐに薬が流れてなくなっていってしまうので、少し早いですが、こういう場合には、躊躇することなく再投与が必要です。とにかく素早い対応が肝心です。)

2月29日(水)
朝の診察:眼圧7mmHg
出血が少なくなってきました。眼圧も落ち着いています。

3月1日(水)
朝の診察:眼圧7mmHg

出血はほぼなくなっています。眼圧も落ち着いています。ブレブもプックリと大きくてキレイなものが出来ています。

まだまだ、きちんとした経過観察が必要ですが、基本的には、この勝負は勝ちでしょう。本当に良かったです楽しい(もちろん、これ以上血管が詰まることがないように、血糖や禁煙に気をつけなくてはいけません。)
ただし、反対の左目もアバスチン注射や点眼薬で治療していますが、眼圧が30mmHgと、このままでは見えなくなってしまいます。右目をあと数日みたら、今度は左目の手術が待っています。頑張るぞ!!
| 血管新生緑内障 | 23:35 | comments(3) | - |
このページの先頭へ