+ Profile
+ Categories
+ Q & A
+ Selected Entries
+ Recent Comments
+ Archives
+ Links
+ Others
+ Mobile
色覚異常 錐体と光の波長(色)
今日は以下の手術を行いました。
・白内障手術 9件
・緑内障手術 1件(ぶどう膜炎後の隅角癒着解離)
・斜視手術 1件(外斜視+上下斜視、前後転+移動)
・網膜硝子体手術 3件(茎離断2件・増殖1件)
(黄斑円孔1件、硝子体混濁+黄斑前膜1件、増殖糖尿病網膜症1件)

無事に終わりましたが、硝子体手術では外来の診察では分からなかった、予想外の重症例があったりして、結構今日はヒヤヒヤしました。日帰りで硝子体を行う事が増えていますが、自宅でうつ伏せをするのは大変なので、日帰りは簡単な症例だけの方がいいのかなぁ・・・。
しかし、コンステレーションはすごい。急な難症例でも、以前の器械と比べて安心感が違います。専門的ですが、もし穴が開いても、剥がれてこないのですよね。器械がいいだけですが、なんとなく自分が上手くなった気分で、なかなかグッド

色覚異常 錐体を光の波長(色)
人間の網膜には、光を感じ取る「視細胞」という細胞が、片方の目だけでも1億個以上あります。
視細胞は大きく2種類に分けられ、強い光を色まで細かく判別可能な「錐体細胞;すいたいさいぼう」と、明るい・暗いしか分かりませんが、弱い光でもしっかりと反応する「捍体細胞;かんたいさいぼう」になります。
網膜の中心部である黄斑には、錐体細胞が密に存在し、細かいものを判別したり、色を判別したりする事に長けています。黄斑から離れるほど、錐体細胞は少なくなりますが、網膜全体では600万個程度の細胞があると推測されています。
捍体細胞は黄斑以外の部分に、錐体細胞に比べるとまばらになりますが、網膜の全域に広く存在し、網膜全体では約1億個もの細胞があるようです。

ここで話が変わりますが、
人間に見える光は、可視光線といって、波長が370nm位から780nm位までの間の光になります。それよりも、波長が短い光が紫外線、長い光が赤外線になりますが、
可視光線の中では、長いものから、短くなるにつれ、
長い赤外線::短い紫外線
という、色として人間に認識されています。

ここで、視細胞・錐体細胞の話に戻りますが、人間の錐体細胞は、光の3原色である赤・緑・青の光を、それぞれ最もよく吸収する細胞に分かれていて、それぞれ、L-錐体、M-錐体、S-錐体と呼ばれています。
L-錐体
主に560nm程度(Long:赤い光)によく反応する視細胞です。
M-錐体
主に530nm程度(medium:緑の光)によく反応する視細胞です。
S-錐体
主に430nm程度(short:青い光)によく反応する視細胞です。

3種類の錐体細胞のうち、例えばL-錐体に異常があると、赤の光が分かりにくくなるのですが、そのあたりはまた次回。

今日もお読み頂きありがとうございました。
| 色覚異常 | 23:18 | comments(2) | - |
色覚異常◆仝の3原色と色の3原色
親知らず抜歯後で、やっぱりちょっとは歯が痛く(食べたり、ハミガキしたりするからかな?)、今日の外来ではちょこちょこ痛み止めを飲みました。
お昼の手術も痛み止めを飲みながらですが、
・白内障手術 7件
・瞳孔形成+抜糸+LRI+結膜弛緩症手術などまとめて 1件
無事に終わりました。

色覚異常
光の3原色と色の3原色


子供の時に、色の3原色って習いました??
赤と青と黄色をの混ぜ合わせて、いろいろな色が作れるってやつですね。
正式には、赤紫(magenta)、青緑(cyan)、黄色(yellow)を使う場合が多いのですが、青(青緑)や黄色を混ぜると、緑になるってやつですね。

こんな感じ。色の3原色は、絵の具や絵画などで触れ合うせいか身近に感じるのは僕だけでしょうか?混ぜれば混ぜるほど、色が暗くなる特性があり、混ぜるほど光のエネルギーが減少するので、減法混色なんて呼ばれます。3色を混ぜると黒に近づくのですが、図工の時間に、絵具を混ぜるほど茶色や灰色、黒などの暗い色になった覚えがあります。
プリンターなども、色の3原色が基本になっています。(最近は出来るだけ色を細かく再現するために、6色インクなんていうもの流行っていますが)


では、テレビやパソコンのモニターも、同じ色の3原色で出来ているのかというと、ちょっと違うのですよね。
光(発光体)で色を作る場合には、光の3原色というのがあって、
赤(red)、緑(green)、青(blue)の3つの色を組み合わせて、様々な色を作り出します。色の3原色では、色を混ぜるほど暗くなりましたが、光の場合は、色を混ぜるほど明るくなる性質があり、混ぜるほど光のエネルギーが加算されるので、加法混色と呼ばれます。
赤と緑の光を混ぜると、黄色になるのですよね。絵具のイメージだとちょっと想像しにくいのですが・・・。

こんな感じで、赤・緑・青の3色の光を加えると、白を作り出すことができるのです。
テレビや、パソコンのモニター、携帯電話やスマホも光の3原色を使って色を表現しています。
(最近は、液晶テレビでクアトロンなんていう、黄色を加えて4色を使ったタイプも発売され出しましたが、黄色がキレイに光る分、赤・青・緑の明るさは落ちるんですよね。)

なんだか、美術の授業みたいになってしまいましたが、
実は人間の目は、光の3原色と同じで、赤と緑と青を感知する視細胞から出来ています
色覚異常は、この赤・緑・青のうち、一つまたは、2つ、または3つの全てに異常があり、色の感じ方に障害を起こす病態の総称です。
| 色覚異常 | 22:59 | comments(0) | - |
抜きました!!!! 親知らず抜歯体験談
眼科の話ではないのですが、僕の経験が参考になる人がいればいいな。と記載をしてみます。

昨日の夕方、予定通りに、
小美玉市医療センターの口腔外科で親知らずをやっつけて頂きました!

1本づつ4回か、2本づつ2回か、4本づつ1回か・・・。
悩みましたが、なかなか休みもないので、一回で治してしまう事に。

16時、病院に着。
少しだけ眠くなる状態で抜いて頂くよう(セデーション)お願いしたので、外来処置室で看護士さんに点滴をしてもらい、化膿予防の抗生物質を入れました。(眠くするかどうかは、ケースバイケースと思います。僕は数が多いのと、小心者なので、お願いしました。)

16時30分、口腔外科の処置室で、座ったら仰向けに倒れる椅子?(眼科の手術とにています。)に寝て、口を開けます。
少し眠くなる薬を入れて頂き、フンワリした気分の中で、ハグキに麻酔の注射が!薬のせいか、思ったよりは痛くない。その後、「抜きますよー。」と言われて、奥歯が引っ張られるような気がして・・・・・、

いろいろ報告するつもりが、実はここからの記憶がありません冷や汗
ちょっと眠りすぎちゃったかな?

17時、気持ちよく目が覚めると、口腔外科の先生たちは、隣の処置ベットで別の患者様の処置をしています。
もちろん、難しい人、簡単な人がいるでしょうが、今回は30分弱で4本の抜歯。
「あれ?これ、もう終わっているの??」というのが正直な感想です。
寝不足もあり、念願のお昼寝?をしたようで、なんだか気分爽快です。

・少しは血がにじむ。いっぱい出たらガーゼを噛みしめる。
・痛い時は痛み止めを飲む。
・化膿予防の抗生物質を飲む。
・19時ころからは飲食可。
・氷などで冷やしすぎると、逆に腫れることがあり、やらない。
・痛みは当日夜、腫れは翌日がピーク。
・糸で縫ってあるので、1週後くらいに抜糸に行く。

など、簡単な説明を聞いて、
念のため、妻に迎えに来てもらいました。

18時の帰宅時は、「奥歯がずーんと重い」「下あごがしびれる」という感覚以外は特に症状がなく、本当に抜いたの??という感じでした。

19時に、おなかが減って(お昼も食べてません)、普通にパスタと豆腐を食べようとしたところ、奥歯で噛んだせいか、
なんと、ここで思わぬ激痛!!(麻酔が切れたのかな?)
「家にあると思うので。」と、痛み止めをもらわなかったのですが、探しても家にないことが判明し、急いでクリニックへ行き、痛み止め「ロキソニン」を2錠飲むと、痛みが和らぎました。
4つのうち、左下のハグキから、ほんのちょっとだけ血がにじんでいましたが、そのまま気にしないことに。(血の匂いが、ちょっと不快です。)

簡単に入浴をして、ちょっと仕事して、漫画を読んで、23時ころに就寝。

朝の5時に、痛みが再発し、痛み止めを内服。

8時30分にに起床(今日はちょっとだけ寝坊です。)
昨日の夕飯後の痛みを思い出し、なんとなく朝ご飯はジュースだけに。
明け方に痛み止めを飲んだせいか、痛みはなく、昨晩の左下の出血も止まっています。

10時に、クリニックで、昨日の外来手術の患者様や入院の患者様の診察。
手術後の経過も問題なく、痛くて診察出来なかったらどうしよう。と思っていましたが、全く問題なく診察をしたり、質問に答えたり出来ましたグッド


翌日が一番腫れるとのことでしたが、今の写真です。
ほとんど腫れてないですよね??
(ちょっとエラが張っているのはもともとです。)

汚い口で申し訳ありませんが、出血も止まっています。
ちょっと黒い点のようなものは、キズ口を縫った糸です。
(僕は生まれつき歯の数が少ないと言われています。今回さらに4本減。)

またまた、微妙な写真ですが、抜いた歯を頂きました。
1本は砕いてから抜いたようで、欠片を見せてもらったものの、医療ゴミ箱へ。

妻も娘たちも、「今日は安静に寝てなさい。」とのことで、出かけてしまいましたが、一人ぼっちで暇なので、ブログを更新してみました。(ちゃんと寝てないから、怒られるかな?)

明け方に痛み止めを飲んだきり、痛みもないですし、心配していた仕事への影響ですが、この分なら明日から、全く問題なく働けそうです。夜はまた通常の食事に挑んでみます。

口腔外科の中戸川先生、片山先生、思っていたより痛みもなく、術後も楽でした。どうもありがとうございました。
追伸:
昼にプリンを食べて、つい普通にハミガキをして奥まで磨いてしまい、糸が一本とれちゃいました。(6-0黒シルクかな??)
バカですみません。出血は全くないので、とりあえずそのままにしておきますね。
| 病気体験談 | 14:13 | comments(0) | - |
行ってきます。
今日はお昼すぎから親知らずの抜歯の予定でしたが、
ちょっと急がなくてはいけない手術があったので、午前外来終了後に、
・白内障手術 2件
・眼内レンズ縫着術(無水晶体眼)1件
・網膜硝子体手術(茎離断・黄斑変性の網膜下出血)1件
をやっつけて、

ちょっと遅れましたが、
今から分院の小美玉市医療センターに行ってきます。
自分が手術をされるのは緊張しますね・・・冷や汗
経過はまたあとで報告します。
| その他 | 14:52 | comments(0) | - |
大学病院??
今日の外来も混みました。
とくに午後のクリニックは、お待ちいただく患者様が多くなってしまい、申し訳ありませんでした。

近隣の脳外科・内科様から、視神経炎という病気や、井上先生から原田病という病気の紹介があり、緊急入院も多くて、結構大変・・・。
とブログを見渡しても、原田病も視神経炎も、まだ書いていないようですね。
どちらも、そうありふれた病気ではなく、同時に紹介って大学病院のよう。
ブログも充実させたいのですが、なかなか忙しくて今日はお休みです。

親知らずを4本抜くのも、あと2日に迫っており、しっかりご飯も食べておかないと・・・。
| その他 | 22:43 | comments(0) | - |
色覚異常
今日は以下の手術を行いました。
・加齢性眼瞼内反症(さかさまつ毛・眼輪筋縫縮)2件
・白内障手術 6件
・眼内レンズ縫着術(無水晶体眼)1件
・網膜硝子体手術 4件(茎離断3件・切除1件)
 (黄斑浮腫1件、黄斑前膜2件、硝子体混濁1件)
無事に終わりました。

Q&Aで、色覚異常についての質問があり、少し書き始めてみますね。
色覚異常(しきかくいじょう)
目がいい。目が悪い。というと、病気ではない多くの人は、1.0とか0.2とか、視力検査の数値を頭に思い浮かべるかと思います。
このような一般的な視力検査は、形態覚と言って物の形を判断する能力の評価になります。他に、見え方の評価としては、緑内障などで問題となる視野(見える範囲)も必要ですし、そして、色覚(色がきちんと認識する能力)も考える必要があります。
視力の数値が1.0あって、広い正常な視野があっても、色が白黒の世界では生活が不便ですよね?

色覚異常は、この色を判別する能力に何らかの異常をきたした状態です。
まず、大きく、先天性(生まれつき)と、後天性(生まれた後に病気が原因で)の二つに分けられます。

後天性の色覚異常は、
例えば、白内障で水晶体が濁ることで、青や黄色の色合いに変化を感じるようになったりするのも、色覚異常に該当します。(逆に手術で治すと、もともとの正常な見え方に近づくため、色がキレイに見えるようになったと喜んでもらったりします。)
他に、重度なものとしては、色を感知することを得意とする錐体という視細胞が障害されるような、錐体ジストロフィーや、錐体が多く集まる黄斑部の病気(黄斑変性症や、糖尿病黄斑浮腫など)でも、視力の数値も低下しますが、色の判別が難しくなったり、重症例では白黒の判別しかできなくなることもあります。

上記のような後天性の色覚異常で、ある程度の年齢で、他の病気を原因として色覚が障害された場合は、患者様自身も「色が見えにくい。」と自覚することができますが、先天性(生まれつき)に色が分かりにくい場合には、初めから、そういう世界で育っていくために、自分が病気であるということを認識できません。
先天性の色覚異常は、本人が自覚しにくく、また、周囲の人間も色覚異常のかたの見え方を実感できるだけではないので、お互いに理解しあうことが難しいようです。

とっても難しい分野なのですが、今後、先天性の色覚異常について、少しづつ記載を続けていきたいと思います。
| 色覚異常 | 22:24 | comments(0) | - |
おくやみ欄
今日は小美玉市医療センターで井上先生と手術でした。
難しい症例もいましたが、無事に終えました。

小美玉市医療センターでは非常勤も含めると、かれこれ4年、
眼科・内科クリニックの常勤も2年以上が経過しました。
以前は大きな病院で、毎年転勤を繰り返していたのですが、
長く一か所で勤務を続けると、以前とはいろいろと異なるがあります。
ずっとここで働いて行こう。と心に決めていますが、
転勤がないということは、治療が上手くいかない場合も、どんなに頑張っても回復が望めない病気の患者様ともずっと長く付き合っていく必要がありますし、責任をより重大に感じることになります。
そういうプレッシャーもありますが、他に思う事も。

最近はなんとなくですが毎朝、朝刊の「おくやみ欄」を見るようになりました。
石岡・小美玉・かすみがうら・行方・笠間、なんとなく目を配ると、残念ながら数日に1回は思いあたる名前を目にします・・・。
「似ている名前だな。あの人じゃないといいな。」と思うだけで、気持ちものらないので、それ以上は無理に調べないようするのですが、次の外来予約日に来なかったりすると、なんとなく悟ってしまいます。
そういう気づき方以外にも、実は先週・今週は特に数が多くて、5名の患者様の家族に、「亡くなりました・・・。」との報告に来て頂きました。
(Y様、I様、K様、N様、S様、今回は全員がある程度高齢の男性でした。これまで、どうもありがとうございました。)
緑内障や糖尿病の患者様は、長い間のお付き合いがあったり、手術を何回も担当させて頂いたりと、思い入れも強いのですが、眼科医って命の問題には全く力になれないので、なんともやりきれない気持ちなることもあります。
大きな病院に勤めている時には、そういう経験は少なかったのですが、ご家族がわざわざ眼科医の僕のところにまで、亡くなったという報告にきてくれるのは、とてもありがたいことです。
今回ではありませんが、数ヶ月前に小美玉で80代の緑内障末期の患者様が亡くなった時に、「生きている間、光が保てて良かったです。」というお手紙を、奥様に頂いたのですが、これにはグッとくるものがありました。

これからも、ここで働いて行くとなると、もっともっと同じような経験をするのかもしれませんが、少しでも不自由のない生活のお手伝いができるといいなと。

なんだか、個人的で、よく分からないブログになってしまいましたが、お読み頂きありがとうございました。
| その他 | 22:06 | comments(0) | - |
緑内障院GSL(隅角癒着解離術)
今日のお昼は以下の手術を行いました。
・治療的角膜切除術 1件(帯状角膜変性症治療)
・白内障手術 7件
無事に終わりました。

今日は緑内障の治療の話を進めてみます。
緑内障院GSL
隅角癒着解離術(Goniosynechialysis)

緑内障い諒類で記載したのですが、実は一口に緑内障と言っても、いろいろと分類があります。閉塞隅角緑内障はあまり多くない少数派の病態なのですが、眼圧が高めになったりして、重症の例もそれなりに多いのが嫌なところです。

目の中を循環する水(房水)の出口を隅角と呼びますが、右のイラストは開放隅角といって房水の出口が広く保たれるタイプですが、赤矢印の方向へ水が流れ、最中的に黄色のカッコでくくった構造(隅角)から目の外に流れていきます。
左が、閉塞隅角緑内障のイラストですが、茶目(瞳孔・虹彩)が前の方に移動し、角膜とくっついていることで、黄色のカッコでくくった隅角が塞がれてしまっています。これでは、房水の排泄が悪くなって眼圧が上がってしまいます。
隅角が閉塞したり、癒着をしてしまう原因には、遠視などの生まれ持った体質や、加齢による白内障、ぶどう膜炎での癒着などがあります。

今回の症例は、5月1日に「両眼見えない」と初診になった77歳の男性です。
右目は、末期の黄斑変性症・硝子体出血で、視力は光覚弁とほとんど見えません。
そして左目は、眼圧が30mmHgと高く、視力は0.4、残念ながら視野は末期です。
中心部の視野がごくわずか。
初めて診察した瞬間から、「どうにも・・・困った。」という症例です。

これは、目に特殊なレンズをあてて、隅角をのぞく検査(隅角検査)の結果ですが、専門的で分かりにくいと思いますが、癒着がひどく水の出口がハッキリ見えません。(以前にぶどう膜炎の既往があるようです。)
ひとまず一気に3種類の点眼薬を処方し、1週間後に再診となりましたが眼圧は20mmHgといまいち。閉塞隅角では、基本的に出口が塞がれているので、目薬では眼圧が下がりにくい場合があります。末期の緑内障では出来れば10mmHgくらいの眼圧がいいのですよね。
右目も手術が必要なので、どうせ入院するなら。と、5月12日に両眼手術となりました。

目薬の麻酔をして、消毒をして、簡単な注射の麻酔をします。

白内障手術を同時に行うと、水晶体の厚みの分(人工のレンズの方が薄い)、虹彩(茶目)が後ろ側に移動するため、隅角が広くなります。今回も同時手術で。

こんなときでも、LRIをやって乱視を減らします!


ちょっと斜めに傾いたレンズを黒目にのせて、上からのぞくと、隅角が観察できます。緑矢印は、隅角を押し広げたり、切り開いたりする特殊な針です。

目の下側、写真では上側の隅角ですが、針で手前側に広げるように切開します。

切り開いた部分は、多少出血するのですが、矢印の部分に赤い出血があるのが分かりますか?(出血は手術中に出来るだけ止めますが、キレイになるまでに数日間かかることもあります。)

白内障手術もいれて、だいたいここまでで10分くらいの治療です。
(この方は、反対目の硝子体手術の方が大変でした・・・。)

先週の土曜日、6月16日に経過観察でいらして頂きましたが、

左が治療後、右が初診時の隅角の写真です。緑の矢印の長さだけ、隅角の癒着が剥がされ、水の出口の構造がハッキリと見えるようになっています。
眼球の全周、全ての範囲の癒着を剥がすわけではなく、僕は安全にできる下方の癒着を主に剥がすようにしています。

同じ人の写真ですが、赤の部分は癒着を剥がした場所、黄色はとくに何もしていない癒着したままの隅角です。
ちょっと専門的な内容になってしまいましたが、わかりますでしょうか?

気になる眼圧は、目薬を1種類使用して、12mmHgまで下がっていて、とてもいい経過です。(手術の効果だけでも正常な眼圧を保てますが、非常に末期の症例で、出来る限り眼圧を下げるために目薬を追加しています。)
白内障手術の効果で視力は0.4から0.8に改善していますが、視野が狭いので、歩くのは大変そうです・・・。緑内障で失った見え方を取り戻す治療ができるといいのですけどね・・・。
| 緑内障 | 22:18 | comments(0) | - |
とうふそば処 しげふじ (八郷)
今日はムシ暑い日でしたね。
昼から晴れたので、石岡の北西、自然豊かな八郷地区へドライブにいってみました車
八郷付近は果物狩りが有名なのですが、イチゴは終わり、ブルーベリーはまだ先、大好きな温泉「ゆりの郷」は、なんと現在改装中でお休みです。
それでも、田園がキレイだったので車を走らせてみると、前から行ってみたかった蕎麦屋さんが目に入りました。

とうふそば処 しげふじさん

石岡八郷産の大豆のみで作った、しっかりとした味の自家製豆腐と、常陸秋そばを使用した10割蕎麦、蕎麦がき、おからなど、かなりこだわりを感じるお店です。

とってもおいしかったです。

窓の外はキレイな田園で、このあたりのイネは、府中誉れさんの日本酒「渡舟」の酒米だそうです。お店にも渡舟が置いてあり、父の日だったので妻に運転をお願いして、昼からちょっとだけ熱燗
ご主人が「めったに出さないんだけど・・・」と、自家製豆腐を発酵させた、沖縄の「とうふよう」のようなツマミを下さいました。これも美味しかった。


どこも、キレイな緑の田園なのですが、ところどころ秋のような茶色の風景が。気になったので車を降りて見ると、「麦」のようです。これが美味しいビールになるのかな?麦は6月とかに茶色になるのですね見る世間しらずで知りませんでした。


しげふじさんの近くで、ひっそりした看板を発見。
喫茶・ギャラリー・フラワーアレンジメント
木古里さん

コーヒーとケーキを頂きました。写真では伝わりにくいかもしれませんが、よく手入れされたテラス・庭からは、とってもキレイな自然の景色が。
もし、温泉が豊富にでたりしたら、八郷地区は栃木の那須に負けない観光地になるのでは?なんて勝手に思ったり。


さらに、その近くで、
めだかの郷という看板を発見。

気になったのでのぞいてみると、

メダカの養殖をして、インターネットで販売しているんですって!
いろいろ見学をさせて頂きましたが、メダカにはものすごい数の種類があって、品評会とかまであるようです。
キラキラひかるメダカに惹かれると、「幹之・みゆき」という種類のようで、1匹500円〜、高いものは1匹1万円を超えるものも!!
ご主人はメダカが大好きなようで、嬉しそうにいろいろ教えて頂きました。ちょっとサービスして頂いて、幹之を4匹頂戴しました。
今、僕のパソコンの横の水槽でちょろちょろ動いています魚
| 石岡市・茨城県 | 22:39 | comments(0) | - |
父の日
今日は父の日でした楽しい

子供たちが、似顔絵を書いてくれたり、

お手伝い券??など、いろいろ作ってくれました。

まだ、たどたどしい平仮名ですが、
「かたたたきをしながら、おしゃく」
「まっさーじをしながら、おしゃく」
「パパがねるときに、ふとんになってあげる」など、
なかなか素敵な券です。

親バカに拍車がかかりますときめき
| 季節・行事 | 22:19 | comments(0) | - |
角膜鉄片異物
今日の話題から一つ。
角膜鉄片異物
角膜鉄片異物はその名の通り、角膜(黒目)に、鉄のかけらなどが刺さった状態です。当院には2週に1名か2名程度の患者様がいらっしゃいますが、殆どの患者様が男性で、「仕事中にサンダーで鉄を削っていて痛くなった。」などの理由が多いようです。

先週の患者様です。(緑内障の手術後で、上方の瞳孔が欠けています。)

瞳孔の左下、水色矢印の部分に黒いかけらが刺さっているのが分かりますか?
このままほっておくと、鉄の周りが炎症を起こし、錆が角膜に沈着し、炎症を起こして角膜が白く濁っていきます。キズに感染症が起こると最悪失明に至ることも。

点眼薬の麻酔をして、針やセッシで鉄のかけらを除去します。
刺さってすぐに来てくれたら、錆が残らずに簡単に除去できて楽なのですが・・・、

だいたいの人は、数日我慢して、それでも痛いから。と受診されます。この方も、錆が出てきて、角膜に茶色いリングが残っています。錆を残すと、炎症が長引いたり、角膜に濁りが広がってしまう事が多いので、出来る限り除去します。

まるで歯医者さんのようですが、こんなドリルを当てて角膜を削ると、錆は簡単に1〜2秒で除去できます。

多くの方は、目の前で作業をされると怖くて目が動いてしまいます。僕たちはまっすぐ見ていて頂くのが一番やりやすいのですが、動くと危ないので、あまり針などが見えないように、出来る限り、横や上を見ていて頂いて、目が動かないうちに、パパッと作業をします。

まずまずキレイになりました。
削ったところは、感染症に弱いので、抗生物質の目薬キズを早く治すための目薬(ヒアルロン酸など)、痛みが強い場合には軟膏を入れて眼帯をするなどの処置を行って頂き、2〜3日後に必ず再診をお願いしています。

この方は、3日後に再診に来て頂いた時点で、キズが治り、濁りの残存もなく、キレイになっていたため終了となりました。

皆さんが、きちんと目薬をつけて再診に来て頂けると助かるのですが、残念ながら、角膜鉄片異物で処置をした人は、半数程度が再診をしてくれません・・・。
鉄片をとって薬をつけ、痛みが消失してしまうと、受診したくなくなるようです。だいたい、仕事を持っている男性に起るので、仕事が忙しかったり、建築関係の人などは点眼薬を持ち歩いて、昼につけたりするのは難しいのかな?
例えば、この方は半年前の患者様ですが、

青矢印の部位に鉄片を認め、除去しました。

2日後の再診では、軽度の混濁を認めるものの、まずまずキレイになってきています。ところが問診で、「忙しくて薬は付けてない。」と・・・。濁りが出そうな患者様にはステロイドという目薬を使うのですが、処方を行い一週間後に予約をとりました。
と、残念ながらその後、音信不通に・・・。
その方が本日、別の目のメヤニで久しぶりに来院されたのですが、

思いっきり濁りが残って拡大しています。角膜がヒキツレて、デコボコになる不正乱視という状態となっており、視力も0.8まで下がってしまいました。もう半年もたっているので、今更目薬を使っても治せません。まだ若いのですが、視力1.0は諦めて頂きます・・・。

痛みが取れても、きちんと治療をしないと、角膜に濁りやヒキツレが発生して、5年や10年など、長時間たってから視力が低下してしまう事もあります。将来、白内障の手術が必要な場合にトーリックレンズなどの高性能レンズが使えなくなってしまうケースもあります。

角膜鉄片異物で受診される方にお願いです。
忙しいと思いますが、
,ちんと目薬をつけましょう。
△ちんと通院をしましょう(ほとんどが2回、たまに3回受診するくらいです)

サンダーなどを使う時にはゴーグルをつけましょう。

今日も30歳くらいの若い男性の鉄片を除去しました。土曜日に再診の予約をとったのですが、来てくれるかな?


個人的な話題で申し訳ありませんが、錆を取るドリルの写真を見ていたら、歯医者さんを思い出しました。実は、親知らずが生えていて、痛みがあるため、23日の土曜日に口腔外科の先生に抜いてもらい予定です。山王台の口腔外科先生たちは評判がいいので、安心してはいるのですが、僕もなかなか休めないので、一回で4本全部抜いてもらう事に。大丈夫かな?月曜の外来でちゃんとしゃべれるかな?
人の手術は簡単ですが、自分が受けるのはプレッシャーを感じますね冷や汗
| 角膜潰瘍・角膜炎 | 23:46 | comments(0) | - |
白内障手術 乱視矯正 LRI(乱視矯正角膜輪部切開)
今日は以下の手術を行いました。
・眼瞼下垂症手術 2件
・加齢性下眼瞼内反症(逆さまつ毛)1件
・瞳孔形成術+眼内異物除去 1件
・白内障手術 6件
・網膜硝子体手術(茎離断:黄斑前膜)1件
・緑内障手術(バルベルトインプラント)1件
みなさん無事に終わりました。今日は片眼の方が多くちょっと少なめ。
最後の症例は、重症例の緑内障のみに今年の4月から正式に保険診療で認められた術式です。今日の方は、大学病院などで両眼ともにそれぞれ3回以上も手術をされている患者様でしたが、なかなかコントロールがつかずに新しい術式で対応させて頂きました。
技術としては難しい手術ではないのですが、昔の手術の癒着がひどいのと、まだ僕が慣れないせいもあり、50分ちょっとかかってしまいました・・・。もっともっと勉強・修行が必要です。


今日の緑内障の手術方法なんかもブログに載せようとか、書きたいことがいっぱいあるのですが、なかなか忙しくて・・・。とりあえず、地道にすすめていきます。
白内障手術 乱視矯正
LRI(乱視矯正角膜輪部切開)

最近は、白内障手術を行う時には、ついでに乱視(眼球のゆがみ)を補正してしまおう。というのが、多くの眼科で流行ってきているようです。
当院は特に乱視の軽減に力を入れており、以前に主な方法について書きました。
白内障手術 乱視矯正 ゞ主経線切開
白内障手術◆.函璽螢奪眼内レンズ
最近は△離譽鵐困粒発が進み、かなり強い乱視までを補正できるようになってきています。
なので、なかなか出番がないのですが、最近行った乱視矯正の患者様が今週再診でいらしたので、そこから話題を。

眼球が完全な球体であれば乱視がない状態、ラグビーボールのようなキレイな楕円状にゆがんだ状態を正乱視(せいらんし)と呼びます。そして、眼球がデコボコとしていびつにゆがんだ状態を、不正乱視(ふせいらんし)と呼びます。
上下左右対称のような、キレイなゆがみの乱視(正乱視)には、トーリック眼内レンズによる補正がとても有力で、かなり強度のゆがみまで補正出来るようになってきています。

ところが、デコボコにゆがんだような不正乱視にトーリックレンズを入れると、相性が悪くて余計に見えにくく感じてしまう症例があることが分かっています。
こんな時には、角膜(黒目)を切り刻むことで、角膜の形状を変化させ、乱視を軽減させる方法が有用です。
白内障手術 乱視矯正 ゞ主経線切開でも書いたのですが、基本的に角膜を切開すると、切り込みを入れた方向の角膜のカーブが和らぎ、その方向の近視の度数が減弱します。


昨年末に翼状片という角膜(黒目)の上の出来物を切除した69歳の女性です。(本当は、こんなに大きくなるまで放っておいてはいけません。)

これは、翼状片切除手術後、一週間の写真ですが、一見かなりキレイになっています。

今回、約半年過ぎで前回手術後の角膜のキズや形が落ち着いたことと、70歳になって1割負担になったころから、白内障の手術が予定されました。手術の前の検査で角膜(黒目)のデコボコさ加減を、精密に測定する角膜トポグラファーで撮影をしてみると、

写真や診察ではキレイに見えても、実際には角膜はデコボコで、専門的ですが、-5.75Dというかなり強い乱視が残ってしまっています。このまま白内障手術をしたのでは、裸眼の視力はかなり悪いものとなってしまいます。
そこで、手術では角膜を切開して、どうにか目玉がマル、球体に近づくようにと頑張ります。

6月4日の手術ですが、
,泙此通常の白内障手術で、強主経線切開を行い、少しでも乱視を和らげます。斜めの乱視が強いのですが、青線の方向の乱視を弱める効果があります。

⊆,法⊆蟒兪阿乏冕譽肇櫂哀薀侫 爾濃1討靴審冕譴里罎みを補正するように、角膜に切開を加えます。

右が切開後ですが、わずかに出血の赤い線が見えるくらいで、肉眼ではあまり片がが分かりませんね。

こんなナイフを使って、角膜に切り込みをいれます。

基本的に、角膜の厚みを測定し、角膜90%の深さを切開をします。残りが10%しかなくなるので、かなり深い切り込みを入れることになります。強い乱視を補正するには、長い切り込みをいれ、弱い乱視を補正するには短い切り込みをいれるのですが、やり方は施設毎にある程度は異なりますので、詳しくは担当の医師にお聞きください。


これは、6月11日の外来で撮影した術後のトポグラファーですが、キレイとは言えませんが、かなりゆがみが減少して、乱視の度数を-1.69Dまで軽減することができました!患者様にもとても喜んで頂いています。

最近はトーリック眼内レンズの普及で、LRIを行う事がだいぶ減りました。上記のような角膜がデコボコの特殊な例(不正乱視)に行うだけなので、月に1件とか2件とか。
ところが、ちょうど最近、正乱視でもLRIをやった症例がいたので、ついでに。
6月6日に手術をした80代の女性ですが、黄斑前膜という手術を行います。既に他院で白内障手術が済んでおり、眼内レンズが入っているため、トーリックレンズが使えません。

トポグラファーと照らし合わせて、切り込む位置に目印をつけます。

角膜の厚みの90%まで切開できるメスをつかって、黒目の両脇に切開を入れます。

黒目の両脇に赤い出血の線がみえますか?

引き続き、黄斑前膜の手術を行います。
(LRIはついでに行い、無料です。)

左が手術前、-3.25Dの乱視がありましたが、2日後の検査では右側、-1.0Dの乱視にまで軽減できています。
| 白内障 | 23:16 | comments(2) | - |
順番待ちが・・・。
今日は県南の開業医様で、白内障や硝子体の手術を行わせて頂きました。
無事に終えて良かったです。

とうとう、白内障などの、緊急性のない手術の順番待ちが10月になってしまいました・・・冷や汗
あまり長いと、手術を予約したことを忘れちゃったり、体調が変わってしまったりと、いろいろ困ることもあります。開院以来、着々と1日にできる手術数を増やして対応してきましたが、そろそろ、そういう対応では限界が近付いているようです。
次年度から、眼科医師の増員と施設の拡張を検討しているところですので、もうしばらくお待ち頂く形となりますが、ご了承ください。(緊急性のある病気は、適宜対応しています。)
実は、茨城県は眼科医が少ないことで有名です。
当院も決してサボっているわけではなく、一生懸命にやってもやっても追いつかないのです・・・。頑張ります。


そうそう、先ほど、新しい炭酸ガスレーザーの購入が決まりましたときめき
今度は眼科専門の器械ではなく、美容外科での採用が多いレーザーを購入してみました。主に、眼瞼下垂という病気の手術で使うのですが、炭酸ガスレーザーは、出血をさせないで皮膚や筋肉を切ることができるので、術直後からの見た目がキレイにできます。
美容目的ではありませんが、どうせやるなら、美容外科に負けないぞ!の気持ちでやらないと。(器械だけでも?)

切れ味がすごくいいのですが、他の特徴としては、実は今回の機種はいろいろなモードやハンドピースがついていて、なんとホクロやイボなんかも除去出来ちゃうんです!!
こっそり僕のホクロが消滅する状況を、あとでブログに載せてみますね。
注)当院はホクロも含めて、美容目的での手術は引き受けていません。すみません。

さっそく明日の手術から使用開始です。
僕は新しい手術器械が大好きで、まさにオタクな感じなのですが、早く使いたくてワクワクしてしまいますラブ
| クリニックのこと | 23:40 | comments(0) | - |
黄斑円孔Αー蟒儻紊硫麌・見え方
今日のお昼は以下の手術を行いました。
・白内障手術 5件
・涙小管形成手術(涙小管断裂)1件
無事に終わりました。

黄斑円孔、今日でΔ任垢、そろそろ終わりです。
黄斑円孔Αー蟒儻紊硫麌・見え方
黄斑円孔の手術に関しては、い乃載しましたが、簡単におさらいすると、目の中に器械をいれて、内境界膜という網膜の表層の膜を剥離し、網膜を柔らかくします。その後、目の中に空気を入れてうつ伏せをすることで、円孔の周囲の網膜を浮力で引き寄せて、穴を閉じる。という方法です。

ここで重要なのですが、手術は、
なくなってしまった中心部(黄斑部)の網膜を元に戻すのではありません。
周りの網膜を引き寄せて、穴を閉じ、中心部の網膜の代役をさせるのです。

イメージ図にしてみると、

\犠錣別嵋譴任后C羶管瑤寮屬ど分の網膜には、物を見るための視細胞が沢山集まっています。その周りの青にも、視細胞がありますが、赤に比べると数が少なくなります。緑はさらに見え方が落ちる部位です。
黄斑円孔で、赤の部分の網膜が硝子体に引っ張られて断裂し、無くなってしまうと、視野の中心部が欠損、見たい部分が見えなくなってしまいます。
手術の効果で、青や緑の網膜を中心部に引き寄せます。
だ弔良分の網膜が、視野の中心部の視界を担うようになります。

僕たち眼科医の感覚では、穴が閉じることを治癒「病気が治った」と表現しますが、これは「全く元の状態に戻った。」という訳ではありません
赤に比べて、青の網膜は、視細胞の数も能力も乏しくなります。この青の網膜が中心部の見え方を担当するようになるので、どんなに回復しても「視力が悪い」、「感度が悪い」、「少し暗く見える」などが残り、完全に元通りという事はあり得ないのです
また、中心部にギュッと網膜を引き寄せた感じになるために、基本的には「ゆがむ」「物が小さく見える」などの症状も残ります。

青に比べて、緑はさらに感度が悪いのですが、黄斑円孔の穴が大きく、青の部分まで無くなってしまった症例では、緑が中心部の役割を担うために、さらに後遺症が大きく残ります。
⇒手術前の穴が、大きければ大きいほど術後の回復が悪く、穴が小さければ小さいほど良好な回復が得られます

完全に元に戻らない。なんていうと、ガッカリしてしまいますが、黄斑円孔は手術直後に見え方が悪くても、数ヶ月〜半年程度は改善傾向になることも多いので、術直後の見え方だけで落ち込む必要はありません。
例えば、右利きの人が、事故で右手を失った場合に、全く同じとは行かなくても、長い期間のリハビリによって、左手を右手の代わりに使えるようになると思います。
同じように、最も重要な黄斑の網膜(赤)がなくなって、その周りの網膜(青)が中心部の代役を担うようになって、何ヶ月も経つと、脳が映像を補正するなどして、青の部分の網膜があたかも赤の部分のように働けるようになる場合もあります。
こういう反応って、器用・不器用などの個人差も大きいのですが、年齢も重要です。一般的に年齢が若い時の方が回復がよいようです。10代で右手を失っても、左手を利き手として、あまり不自由なく生活ができるようになる人が多いと思いますが、80代で利き手を失ってしまった場合に、反対の手でいろいろな仕事を行えるようになるのは大変なことです。
⇒年齢が若い患者様のほうが良好な回復が得られます


黄斑円孔の手術後の回復の程度や見え方は、円孔の大きさや、発症からの時間、年齢など、様々なものが関与するため、一概には言えないのですが、完全な元通りを期待するものではないことはご理解下さい。
僕は手術の前から上記のような説明をして、「元通りにはならないですよ。」と数回お伝えしてから手術をするのですが、黄斑円孔ってなかなか理解が難しいようで、手術後1週間とか2週間とかで、手術前よりも視力の数値が改善していても「まだあまり見えないけど、いつころ元に戻るの?」「中心部がゆがんで見えにくい」「中心が少しくらいけど」といった質問を多々受けます。
「だから、完全に元には戻らないって、何度も言ってますよね?」って、ちょっと凹んでしまいます。僕の説明がまだまだ分かりにくいのかな・・・。

逆に、早期に手術ができて、視力が1.0以上に回復する症例も多々あり、「私は手術後に全く不満がなく、完璧に治った。」と喜んでくれる方もいますが、これは正確な話ではなくて、その方は症状に疎いというか、多少のゆがみなどは気にしなかったり、気が付きにくいだけなのです。まぁ、医師としては喜んでもらえたほうがうれしいのですが、そういった意見を待合室で耳にしてしまうと、「あっちの人は治ったのに、私は治ってない。」というクレームの元になってしまうのが難しいところです。


なんだか、よく分からない話なってしまいましたが、
基本的には黄斑円孔の手術を行って穴が閉じれば、
・病気が極端に古いとかでなければ、視力がある程度は改善します。
・両眼で物を見るときは、多くの人がゆがみや違和感を感じにくくなります。(片眼づつ見え方を比べると、何らかの後遺症を自覚する例がほとんどです。)
以上の回復は、手術直後に起こるわけではなく、手術後に数ヶ月〜半年程度の期間をかけて完成されていきます。


今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。
| 黄斑円孔 | 22:48 | comments(12) | - |
黄斑円孔ァー尊櫃両瀕
今日も網膜剥離の紹介がありました。
午前中は小美玉市医療センターで外来だったので、お昼休みに戻り次第手術ができ、中心部の網膜(黄斑)が剥がれる前に手術ができました。きっといい視力が温存できるはず。よかったです。
今日の患者様は、県内の眼科医様のご親せきの方ですが、同業の先生に頼って頂くのはとても嬉しいことです楽しい
ブログ見て頂いているでしょうか?バッチリ手術できましたよチョキ

黄斑円孔のブログもだいぶ進んできましたが、現実味がないので先月手術の実例をもとに書いてみますね。
黄斑円孔ァー尊櫃両瀕
5月14日:初診
いつから見えないかは不明で、眼鏡をかけた矯正視力は0.1

写真だとなかなか分かりにくいのですが、拡大した写真の青矢印の先が、丸く穴になっているのが分かるでしょうか?OCTだと、網膜の断裂がとってもよく分かりますね。
黄斑円孔は、一般的に網膜剥離ほど緊急性は高くないので、翌週か翌々週に手術をする事が多いのですが、今回は予約枠の都合と患者様の協力もあって、すぐに手術が可能でした。

5月16日:手術手術法は前回のブログを。
局所麻酔(テノン嚢下麻酔:眼球後方への注射)
白内障とあわせて、30分くらいの手術です。

5月17・18日:手術後はとにかくうつ伏せ!!
うつ伏せをして、手術で眼内に入れた空気の浮力で、網膜を引き延ばして穴を閉じます。
(うつ伏せをしなくても穴が閉じたという報告も出てきていますが、穴が閉じない場合には、結局再手術をして入院期間が長くなってしまいます。当院では現時点の医学でもっとも安全・成績がよいと言われる手術法を選択するようにしています。大変だけど頑張りましょう!)

5月19日:円孔閉鎖

写真の上方が黒っぽくうつるのは、まだ空気が上半分に入っているからです。空気に邪魔されて、キレイなOCT画像が撮影できませんが、網膜の断裂がなくなっていることは確認できます。この時点で、うつ伏せの必要はなくなり退院が可能となります。(希望者は日帰り手術も可能ですが、入院の方がきちんとうつ伏せが出来るようです。)
もしかしたら、手術の翌日には穴が閉じていて、うつ伏せは必要なくなっている可能性もありますが、空気が沢山入っている間は、正確なOCTの撮影ができないので、しっかりとした撮影ができるまでは、うつ伏せを保って頂くようにしています。当院ではだいたい2日半から3日位でうつ伏せが終了となります。

5月23日:術後経過
矯正視力は0.3まで改善しています。

円孔が閉じて、黄斑部のオレンジ色が濃くなり、均一でキレイな色調に変わっています。OCTでは断裂がなくなっていますが、中心部にわずかに黒く抜ける部分があるのが分かりますか?まだ網膜の構造には隙間があるようです。

5月30日:術後経過
矯正視力は0.5まで改善しています。

隙間もなくなり、正常な網膜のOCT・網膜の断面図に見えるようになりました。

今後、半年間くらいは回復基調となりますが、どこまで見えるようになるかは不明です。ただし、残念ながら手術前が0.1なので、1.0まで改善する症例は非常にまれです。
一般的には、
・発症から手術までの時間が早いほど
・年齢が若いほど
・穴が小さいほど
・手術前の視力がよいほど(0.7とか、0.8とか)

視力の予後が良好とされています。(視力1.0以上に回復しやすい)

今日も最後までお読み頂きありがとうございました。
| 黄斑円孔 | 23:55 | comments(9) | - |
黄斑円孔ぁーN邸Ъ蟒
今日は以下の手術を行いました。
・白内障手術 13件
・水晶体摘出術+前部硝子体切除(亜脱臼・浅前房)1件
・網膜硝子体手術(茎離断) 4件
 (裂孔原性網膜剥離1件、糖尿病網膜症1件、黄斑前膜2件)
皆さん無事に終わりました。

と、県南の病院様からお電話があり、明日も網膜剥離があるようです。
でも、ただいま満床です。うーん、困ったぞ・・・。

黄斑円孔ぁーN邸Ъ蟒

硝子体が収縮して、黄斑部の網膜を引っ張って、ビリっと破けてしまう病気ですが、黄斑円孔は残念ながら目薬では治りません。治療法は手術のみになります。
硝子体手術と言って、目の奥の方まで器械を入れる必要があります。

まず、仰向けになって、麻酔の目薬や消毒、注射の麻酔を行います。

50〜60歳以上では、白内障の手術を同時で行います。

次に目の奥の方まで器械を入れ、収縮して網膜を引っ張っていた硝子体を出来る限り切除します。残念ながら、硝子体に連れ去られてしまった黄斑部の網膜を元の位置に戻すことはできず、硝子体と一緒に切除してしまいます


その後、網膜の最表層の薄皮を1枚だけピンセットで剥いで、網膜をやわらかくする作業を行います。(内境界膜剥離)。
実は網膜は10枚の膜が重なって出来たような構造をしていますが、一番内側の内境界膜は網膜を硬く固定する役割などがありますが、物を見るという機能には関与していません。内境界膜を手術で1枚剥いでしまうと、網膜がやわらかくなり、伸びやすくなります

緑矢印が黄斑円孔です。内境界膜は透明に近い膜で、ピンセットでつまみにくい場合があり、そんな時には、青や緑の色素を振りかけて、膜に色をつけることで、手術中に見やすくしたりします。黄斑円孔の周りで肌色のようになった部位が内境界膜が剥がされた部位になります。

最後に目の中に空気を入れて、手術は終了になります。目の中に空気が入っている間はキラキラと目が光って見えます。


だいたい20分〜30分くらいの手術ですが、実はこれだけで終わりではありません。きちんと治すためには、手術後に数日、うつ伏せを頑張って頂くことになります。

手術後にうつ伏せをすると、空気の浮力によって、目の奥の方(黄斑のほう)に向かって力が働きます(赤矢印)。この浮力が眼球内の斜面では、網膜を眼球の最後方、頂点に向かって、網膜を引き伸ばすような力に変換されます(青矢印)。この力によって、黄斑円孔の方向へ網膜が引き寄せられ、穴が閉じることになります
| 黄斑円孔 | 23:37 | comments(0) | - |
黄斑円孔 経過
今日の午後は、小美玉市医療センターで井上先生と手術でした。
・白内障手術 6件
・翼状片手術 2件
すごーく早く終わって、3時には暇に。久しぶりに幼稚園のお迎えに行ってみました子供まぁ、ゆとりは長くは続かず、夜には網膜剥離の紹介のお電話で、明日さっそく緊急手術となりそうですが冷や汗スタッフのみなさんよろしくです。

黄斑円孔 経過
黄斑円孔は中心部の見え方が低下する病気ですが、基本的には治療法は手術しかありません。では、手術をしないとどうなってしまうのでしょう?みんな失明してしまうのでしょうか?答えはNOです。

黄斑円孔の大まかな自然経過としては、
ゝですが、自然治癒(穴が勝手に閉じる)する場合があります。
同じく稀ですが、網膜剥離という病態を合併して、失明に至ることがあります。
そして、それら以外、最も多くの場合では徐々に視力が低下し、中心部のみの見え方が奪われ、0.02とか、0.05とか、0.1以下の視力で落ち着いてしまいます。

通常は、黄斑部以外の網膜には異常が出ないため、周辺部の見え方(視野)は正常なままで、失明に至ることは殆どありません
なので、患者様が90歳とか100歳とか、あまりに高齢で、もう片方の目が問題ない場合には、「こっちの目はこのままでいいかな?」なんてお勧めする事もあります。また、発症後1年以上経ってしまった症例は、穴が閉じても視力の回復は殆ど望めないため、既に視力が0.04で病気が古くなってしまった症例なども手術は行いません。(いつから見えにくくなったかを、ハッキリ覚えている人ばかりではないので、迷う事も多々ありますが・・・。)
(当院で、開院後2年間を調べると、古いものを含めて黄斑円孔を認めた人は39名のようですが、手術をしたのは29名のようです。ちなみに手術をした全員で円孔の閉鎖を得られています。)

また、稀に自然治癒する事があると書きましたが、それは視力が元通りに戻るという意味ではありません。穴が閉じて、それ以上の悪化を認めなくなる。という意味です。例えば、発症後に半年も経ってから自然に穴が閉じても、良好な視力は望めません。
後日詳しく記載する予定ですが、黄斑円孔は発症早期に手術をするほど、視力の回復が良好なので、発症早期の患者様が見つかった場合には、通常は出来る限り早く手術をすることが多くなっています。

注)上記は一般的な特発性黄斑円孔についてです。僕たちが診察をして、自然治癒を期待することが出来そうだと思えば、少し様子とみたいと説明する場合もありますし、強度近視などで、黄斑円孔網膜剥離という失明につながるような合併症の発症リスクが高い場合には、積極的に手術をお勧めする場合もあります。詳しくは担当の先生とよく相談しましょう。
| 黄斑円孔 | 22:00 | comments(0) | - |
黄斑円孔◆仝彊
今日のお昼は以下の手術を行いました。
・眼瞼腫瘍切除 1件
・眼瞼下垂症手術 1件
・麻痺性内斜視 1件
・白内障手術 5件
無事に終わっています。

さて、黄斑円孔の続きです。
黄斑円孔◆仝彊
黄斑円孔の原因を分類すると、以下のようになりますが、
‘暖性(加齢に伴う後部症下剥離に伴うもの)
近視性(強度近視に伴うもの)
B拡性(黄斑前膜など、他の病気によるもの)
こ綾性(外傷により後部硝子体剥離が早まった場合など)

最も多いものは特発性と呼ばれる、加齢に伴って起こる病態です。
加齢に伴って、目の中の硝子体が収縮し、後部硝子体剥離と呼ばれる現象が起こることを以前に書きました。(⇒後部硝子体剥離について以前のブログ
硝子体の収縮により、正常な目では、網膜と硝子体が問題なく分離・剥離していきます。ところが一部の患者様で、網膜と硝子体の癒着が強い場合に、網膜をビリっと破いてしまう場合があります。黄斑は構造上、薄く弱いという特徴があり、後部硝子体剥離によって、黄斑部の網膜がビリっと破けて、硝子体にくっついていってしまうと、黄斑にぽっかり丸い穴が開いてしまうのです。


若い時の硝子体は、目の中いっぱいに広がり、黄斑部でも網膜と硝子体はペッタリくっついています。


加齢に伴って、硝子体が前の方に向かって収縮を始めます。通常は網膜と硝子体はキレイに離れていきますが、黄斑部での癒着が強いと、硝子体が黄斑を引っ張ってしまいます。OCTでは水色矢印の先に白い線が見えますか?これは硝子体の最後方の境界が写っている画像です。このような状態を黄斑牽引症候群といって、黄斑円孔のリスク群(予備群)として、ゆがみを自覚したりします。

さらに硝子体が収縮した場合にも網膜との癒着が取れないと、網膜がビリっと破れてしまい、黄斑部の網膜が硝子体にくっついて連れ去られてしまいます。OCTで水色矢印の先が硝子体の境界です。ピンク矢印の先に破れた網膜の断片が写り、黄斑部がポッカリと穴になってしまっています。

そんなわけで、
後部硝子体剥離を原因とする裂孔原性網膜剥離と同じようになりますが、
特発性黄斑円孔の原因をあえて上げようとすると、
●生まれ持った性質(黄斑部の網膜が薄い、硝子体と網膜の癒着が強い)
●加齢

という事になりますので、なにか悪いことをしたのかな?などと後悔をする必要はなく、「病気になる人はなる。」という程度にお考えください。


他の黄斑円孔の原因としては、
強度近視のかたは、網膜が薄く、眼球の形状にも問題があり、黄斑円孔が起こりやすくなったり、重症化しやすくなったりします。
網膜剥離などで硝子体手術後やレーザー治療後、黄斑前膜でカサブタのヒキツレにより網膜が断裂してしまう場合、
外傷による外力で、穴が開いてしまう場合などがあります。

については、網膜剥離の手術後などは、どんなに落ち着いても、1年に1回などの定期通院をお勧めする理由になります。
| 黄斑円孔 | 23:09 | comments(0) | - |
黄斑円孔(おうはんえんこう) ”詑屐Ω〆此症状
なんと、今日(日曜日)は入院患者さん0名、救急外来も0名でした。(夜大丈夫ならですが。)こんなことって、すごく久しぶり楽しい
とても、ゆっくりと過ごせました

今日はきちんと眼科の病気のことを書いてみようかな。
黄斑円孔(おうはんえんこう)
眼球はカメラにとてもよく似ていて、レンズ(水晶体)が光を通して屈折させたり、フィルム(網膜・眼底)が光を感じ取ったりする構造をしています。そのフィルムの中心部を黄斑(おうはん)と呼び、視野の中心部で、細かいものを良く見るといった役割があります。(⇒黄斑については以前のブログを。)

黄斑円孔(おうはんえんこう)は、その黄斑に丸い穴が開いてしまう病気です。
実際の写真で見るのが分かりやすいかな?

眼底写真と呼ばれる、目の奥・網膜の写真ですが緑矢印の先が黄斑です。この症例では、丸くリング状に、オレンジ色が濃くなっているのが分かるでしょうか?半透明の網膜に穴があいて、裏側にあるオレンジ色の脈絡膜の色がむき出しになるために、オレンジ色が強く見えます。

OCTと言って、網膜の断面図を撮影する検査を行うと、(⇒OCTについて、以前のブログ)

上が正常な断面図で、下が黄斑円孔の症例です。正常では黄斑は少し凹んだ形をしているのですが、下の図では、黄斑の部位(ピンク矢印)で網膜が断裂しているのが分かるでしょうか?
(今回の眼底写真は穴が大きめで、かなり分かりやすい症例を出したのですが、実は、写真をとったり、眼科医が診察するよりは、OCTで断面図を調べる方が、ずっと正確です。初期で治療をする事が重要な病気ですが、初期で穴が小さい場合に、OCTがないと病気を見逃してしまう事が多々あります。)


症状は病気の程度によりますが、物を見る中心部のフィルム(網膜)が障害されるため、中心暗点と言って、視野の真ん中が見えなくなって視力が低下したり、中心部の色が暗く見えたり、小さく見えたり、ゆがみを自覚したり(変視症;へんししょう)します。

日常生活では物を両眼で見ることが多いため、片方の目に異常があっても気が付きにくいものです。たまにでいいので、片方の目を手で隠して、カレンダーの文字がキチンと見えるか、チェックして頂くと早期発見につながります。

黄斑の病気では、ゆがみを自覚するものが多いのですが、アムスラーチャートといって、以下のような方眼紙を、片目のみで見る検査が有用です。

病気の場合には、下のように歪んで見えたり、部分的に見えない場所を自覚しやすくなります。何か異常を感じたら明日必ず受診しましょう!!(黄斑の病気は早期発見・早期治療が重要です。)
| 黄斑円孔 | 21:19 | comments(0) | - |
H24年5月の手術実績:茨城県 山王台病院 眼科
5月の治療実績を集計しました。
ゴールデンウィークがあったのですが、重症・緊急性の高い硝子体手術の紹介が多かったせいか、かなりの件数になってしまいました。忙しかった。
スタッフのみんなも、忙しかったり、ちょっと疲れているかと思いますが、いつも協力してくれてありがとう。

H24年5月の手術実績
手術合計 142件
内訳

・白内障手術 88件

・網膜硝子体手術 21件(糖尿病・網膜剥離・眼底出血・黄斑円孔など)
・緑内障手術 4件
・涙器の手術 9件(NSチューブ・涙点閉鎖など)
・眼瞼(まぶた)の手術 12件(眼瞼下垂・さかさまつげ・霰粒腫)
・結膜の手術 6件(翼状片・結膜弛緩症)
・その他の手術 2件

レーザー手術合計 14眼
内訳
・網膜光凝固 9件(糖尿病・眼底出血などに対するレーザー)
・YAGレーザー 2件(後発白内障に対するレーザー)
・SLTレーザー 3件(緑内障に対するレーザー)

*手術数は、分院である小美玉市医療センターとの合計数です。手術数は基本的に保険診療で請求された件数です。両眼同時手術などは2件と計算しています。 白内障の手術時に、逆さまつ毛や眼瞼下垂の手術を追加で行っておりますが、それらはカウントしておりません。また、病気が古くてNSチューブが挿入できなかった症例などもカウントしていません。

抗VEGF薬 硝子体注射 38件(加齢黄斑変性症などに対する注射です。ルセンティス・マクジェン・アバスチンの合計)

ステロイド薬 テノン嚢注射 19件(糖尿病や網膜静脈閉塞症などでの黄斑浮腫などに対する注射です。トリアムシノロン)


白内障などの緊急性のない手術の待ち時間は、約3ヶ月待ち、9月前半からの予約となっています。

白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 行方市 鉾田市 茨城町)
| 治療実績 | 17:01 | comments(0) | - |
このページの先頭へ