+ Profile
+ Categories
+ Q & A
+ Selected Entries
+ Recent Comments
+ Archives
+ Links
+ Others
+ Mobile
H24年の治療実績(幕内会として)
治療実績(H24年1月〜H24年12月)

観血的手術合計 1579件
内訳
・白内障手術 1041件
・網膜硝子体手術 219件(糖尿病・網膜剥離・眼底出血・黄斑円孔     ・黄斑前膜など)
・緑内障手術 50件
・眼瞼(まぶた)の手術 109件(眼瞼下垂・さかさまつげ・霰粒腫)
・結膜の手術 50件(翼状片・結膜弛緩症)
・涙器の手術 64件(NSチューブ・涙嚢の手術)
・その他の手術 46件(斜視、角膜、レンズ整復、瞳孔形成、眼窩など)


レーザー手術合計 206眼
内訳
・網膜光凝固 100眼(糖尿病・眼底出血などに対するレーザー)
・SLTレーザー 33眼(緑内障に対するレーザー)
・YAGレーザー 73(後発白内障に対するレーザー)

*手術数は、分院である小美玉市医療センターとの合計数です。手術数は基本的に保険診療で請求された件数です。両眼同時手術などは2件と計算しています。 白内障の手術時に、逆さまつ毛や眼瞼下垂の手術を追加で行っておりますが、それらはカウントしておりません。また、病気が古くてNSチューブが挿入できなかった症例などもカウントしていません。


抗VEGF薬 硝子体注射 436件加齢黄斑変性症などに対する注射です。ルセンティス・マクジェン・アバスチン)

ステロイド薬 テノン嚢注射 226件(糖尿病や網膜静脈閉塞症などでの黄斑浮腫などに対する注射です。トリアムシノロン)
| 治療実績 | 22:22 | comments(2) | - |
H24年12月の手術実績:茨城県 山王台病院 眼科
年末ギリギリまで難しい手術をしたので、お正月も入院となってしまう方もおりますが、多くの方は本日で退院できてよかったです。。

年始は1月4日より、通常の診療となります。
緊急はできる限り対応します。
昨年も記載しましたが患者様にお願いもあります。
救急外来はあくまで救急です。



更新が滞っていましたが、12月の治療実績を集計しました。
H24年12月の手術実績
手術合計 134件
内訳

・白内障手術 93件

・網膜硝子体手術 20件(糖尿病・網膜剥離・眼底出血・黄斑円孔など)
・緑内障手術 4件
・眼瞼(まぶた)の手術 5件(眼瞼下垂・さかさまつげ・霰粒腫)
・結膜の手術 4件(翼状片・結膜縫合)
・斜視手術 3件
・その他の手術 5件(涙器・前房異物など)

レーザー手術合計 17眼
内訳
・網膜光凝固 12眼(糖尿病・眼底出血などに対するレーザー)
・YAGレーザー 3眼(後発白内障に対するレーザー)
・SLTレーザー 2件(緑内障に対するレーザー)

*手術数は、分院である小美玉市医療センターとの合計数です。手術数は基本的に保険診療で請求された件数です。両眼同時手術などは2件と計算しています。 白内障の手術時に、逆さまつ毛や眼瞼下垂の手術を追加で行っておりますが、それらはカウントしておりません。

抗VEGF薬 硝子体注射 50件(加齢黄斑変性症などに対する注射です。ルセンティス・マクジェン・アバスチンの合計)

ステロイド薬 テノン嚢注射 16件(糖尿病や網膜静脈閉塞症などでの黄斑浮腫などに対する注射です。トリアムシノロン)


白内障などの緊急性のない手術の待ち時間は、5月連休頃からの予約となります。

白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 行方市 鉾田市 茨城町)
| 治療実績 | 22:01 | comments(0) | - |
ECCE・水晶体嚢外摘出術
今日は以下の手術を行いました。
・翼状片手術(遊離弁移植) 1件
・白内障手術 10件
・眼内レンズ交換 2件(他院様術後エラー)
・網膜硝子体手術(茎離断) 5件
(増殖糖尿病網膜症2件・糖尿病性硝子体出血1件・黄斑前膜1件・黄斑円孔1件)
難しい症例が多かったですが、無事に終わりました。
そろそろ、手術納めの医院も出てくる時期ですが、当院ではまだまだ先の話です・・・。

今日は時間ができたので、久しぶりに手術の話題で。
ECCE・水晶体嚢外摘出術
白内障手術の特殊な術式の一つをご紹介します。
以前に、通常の白内障手術・水晶体超音波乳化吸引術(PEA)について記載したことがあります。機械の進歩とともに、最近の白内障手術のほとんどは、キズ口は2mm程度。時間は5分程度。で終わってしまうことがほとんどです。
ただし、全員が全員、同じような手術で同じような結果を得られるわけではありません。目の組織が弱い人や、濁りが強く・硬くなり過ぎてしまった人などでは、通常の手術(水晶体超音波乳化吸引術・PEA)ができないケースもあるのです。

水晶体超音波乳化吸引術(PEA)は、小さなキズ口から、細い掃除機を目の中に入れて、目の中で水晶体の濁りを細かく砕きながら、吸い出す。という術式ですが、
ECCE(水晶体嚢外摘出術)は、濁りを目の中で砕かずに、少し大きなキズ口を作って、濁りをそのままの形で、プルンッ。と摘出する術式になります。

超音波の器械が発達する前には、ECCEは白内障手術の標準術式でしたが、現在も発展途上国などではECCEの方が数多く行われているようです。
現在の日本では、あまり行われることがなくなっていますが、以下のようなケースで、通常の手術(PEA)ができない場合に選択されます。
・水晶体の濁りが硬すぎて、目の中で安全に砕けない。
・チン氏帯が弱くて、通常の手術に耐えられない。
 ⇒無理をすると、水晶体脱臼眼内レンズ脱臼などにつながる
・角膜内皮細胞が少ない。
 ⇒超音波で無理をすると、水泡性角膜症につながる
・白内障手術(PEA)の途中で、上手くいかなかったとき。


ただし、最近は手術機械が発達したため、濁りが硬すぎて砕けない。というケースは皆無になってきています。(当院のコンステレーションは凄いですよ!)

先週手術の患者様ですが、濁りが真っ白を通り越して、真っ黒。ものすごく硬いのですが、コンステレーションのオジル機能で、なんなく破砕できました。

ECCE・水晶体嚢外摘出術
先週手術した90代の患者様。視力は0.02程度、濁りは硬くはありませんが、角膜内皮細胞が少なく、チン氏帯が弱いために水晶体がグラグラしている症例です。
超音波を使って、目の中で濁りを無理に砕くより、ECCEでそうっと濁りを取り出す方法を選択しました。


白目・強膜の上を覆っている結膜を切開して、緑矢印のように針を入れ、眼球の後方・奥に麻酔薬をいれます。

露出して、少し強膜から血がでるので、電気の熱を使って止血します。


PEAでは切開の幅が2mm程度のキズ口で済みますが、ECCEでは濁りをまるまる取り出せる程度のキズ口が必要です。今回は3種類のナイフを使って、8.5mmの切開を行いました(緑矢印の幅)。


濁りを包んでいる袋に丸い穴を開けます。

濁った水晶体(白内障)をぐるぐると目の中で回転させながら、袋の前方、瞳孔(虹彩・茶目)の上まで持ち上げます(脱臼)。右上の写真では、茶目の上まで濁りがでてきたために、茶目が見えなくなっているのが分かりますか??


濁りの下に、専用のスプーン状のヘラを入れて、引っ張り出すと、
「プルンっ。」と濁りが取り出せます。青矢印の先が摘出された水晶体(白内障です。)


のこった細かい濁りを、負担の少ない掃除機で吸い出して、

人工のレンズ(眼内レンズ・IOL)を入れて、

キズ口を一針縫ったらお終いです。
(この手術が得意な先生では、キズを縫わなくても大丈夫なことも多いようです。僕はこの術式はあまり行いませんし、一針くらい縫った方が、キズを閉じるという意味では丈夫で安全かなと。)

通常のPEAで行う方が、時間も早いし、キズも小さいし、乱視のコントロールも良好です。ECCEは、今の日本では、難症例に限ってものすごく稀に行う術式です。
(たまにしか行わない、少し難しい手術って、眼科医としては、ワクワクして楽しいのですが。)
| 白内障 | 23:57 | comments(2) | - |
10000人
お久しぶりです。
あまりに忙しい状態で、更新をサボっていましたら、各方面の方々から、「大丈夫?なにかあった?」などのメールを頂きました。

元気で頑張っています!!
とにかく重症の患者様が多く、日常の臨床で手いっぱいの今日この頃です。茨城県は現在、緊急患者さんの受けれ可能施設が減っており、少し当院への紹介が増えているようです。準緊急手術も年末・年始までビッシリ。白内障の順番待ちはとうとう5月の連休にかかってきてしまいました。
来春に施設含めて、診療体制を強化しますが、それまでは現状で頑張るしかありません。

別件ですが、本日とうとう、クリニックの診察券・カルテのIDが10000を超えました。(特にお祝いはありませんよ。)

遠方の患者様から応援の手紙などを頂くことも多くなり、出来る限り頑張りたいところですが、今後もブログ更新はゆっくりなペースになります。すみません。
| クリニックのこと | 23:37 | comments(0) | - |
加齢黄斑変性症 萎縮型黄斑変性症
今日は以下の手術を行いました。
・眼瞼下垂症 2件(CO2レーザー:ミュラー筋タッキング)
・翼状片切除 1件(遊離弁移植)
・白内障手術 10件
・緑内障手術 1件(エクスプレスシャント トラベクレクトミー)
・網膜硝子体手術(茎離断)2件(糖尿病網膜症1件、黄斑前膜1件)
難しい症例はなく、時間内に終わりました。
最近は毎週のように眼科医の先生に見学に来て頂いています。
ありがたいことです。

久しぶりに病気のことを。
加齢黄斑変性症 萎縮型黄斑変性症

以前に記載しましたが、黄斑変性症は大きく滲出型萎縮型に分類されます。
今日は萎縮型に限定して、記載してみます。

病態と原因
萎縮型の加齢黄斑変性症は、黄斑部の網膜がその名の通り、萎縮してしまう病態です。dry typeとか、非滲出型と呼ばれることもあります。
加齢は人類全員に起こる仕方のない変化ですが、加齢によって老廃物が溜まって網膜が栄養不足に陥ったり、紫外線によって障害を受けるなどして、網膜の細胞が変性・萎縮(特に網膜色素上皮が萎縮)してしまう病態です。
同じ年齢でも、タバコや紫外線などの、黄斑変性症を発症しやすいリスク因子や、家系・遺伝などによって、病気になりやすい人・なりにくい人がいます。

症状
黄斑部に該当する、視野の中心部の見え方が侵されます。
視力低下、歪んで見える、小さく見える、色がぼやけるなどが起こります。

疫学
厳密な意味での、正式な「萎縮型黄斑変性症」は日本人には少ないとされ、有病率は、50歳以上の方で約0.1%程度とされています。
ただし、滲出型黄斑変性症の治療後などで、出血や浮腫がなくなり、乾いた安定した状態になった病態も、同じような病態と考え、非滲出型・非滲出型と呼んでしまう場合もあります。

検査
ちょうど今日、萎縮型黄斑変性症の患者様が初診となりました。

眼底写真をとると、矢印のように、黄斑部に円形の萎縮がみられます。本来、黄斑はオレンジ色が強くなるのですが、白っぽく、色が抜けてしまっているのが分かりますか?


これは、OCT検査:黄斑部網膜の断面図です。
上が正常な黄斑部ですが、ピンクで指した部位に、キレイな層構造と、ある程度の厚みをもった網膜があります。
下が、今回の患者様の断面図ですが、矢印の先、黄斑部の網膜が萎縮してなくなってしまい、層構造が侵され、網膜が薄くなっているのが分かります。

治療
最近、加齢黄斑変性症の治療として、眼球に注射をする治療が流行っています(後日、記載する予定です)。テレビや、新聞、雑誌などでも黄斑変性症の治療を取り上げる事が増え、患者様も治療を期待されていらっしゃるのですが、注射による治療などは、基本的に滲出型黄斑変性症に行われる治療です。
残念ながら、現時点では萎縮型黄斑変性症の治療法は見つかっていません
最近ノーベル賞で話題の、ips細胞による治療や再生医療などの研究が進み、黄斑部の網膜の細胞を再生したり、移植したりできる日が来るといいですね。
萎縮した細胞を「元に戻す」という、積極的な治療はまだありませんが、紫外線やタバコによって悪化することは分かっていますので、
進行予防として、禁煙、サングラス、肉より魚中心・緑黄色野菜などの食生活などを心がけることが望まれます。

定期健診
治療法がない、萎縮型黄斑変性症ですが、年単位で少し視力が落ちるなど、多くの場合で進行は非常にゆっくりです。ゆっくりゆっくり進むために、自覚症状が乏しいのも特徴です。
ゆっくりしか進まないし、治療法もないのなら、眼科に通う必要はないのか??というと、そうではありません。実は、萎縮型だと考えていた病態が、滲出型に変わってしまったりと、稀ですが急激に悪化することもあり得るのです。
当院では、通常、初診の場合で3ヶ月〜半年後に再検査、その後は変化がなければ1年に1回の定期検査を予定しますが、
月に1回くらいは、ご自身で片目づつ見え方をチェックして、歪みや視力低下を自覚した場合には、早急に受診して頂くことも重要です。
| 加齢黄斑変性症 | 23:59 | comments(3) | - |
パソコン用メガネ ブルーライトフィルター
今日の午後は小美玉市医療センターで白内障9件。
夕方にクリニックで網膜剥離。夜は県内の病院様で硝子体の緊急手術。
その後、素敵な会があり、少しお酒を頂き、かなりハードな一日です。
網膜剥離の患者様は、中心部(黄斑)まで剥がれており、すぐに手術とさせて頂きました。

早急にご紹介頂いた先生に感謝です。

パソコン用メガネ
ブルーライトフィルター

パソコン業務などが増えたせいか、眼精疲労やドライアイで受診する患者様が増えています。僕も最近手術ばかりで、目がかなり疲れています。「目が痛い」という患者さんたちより、「僕の目の方が痛いよ」と叫んでしまいそうなのですが・・・、眼科医としてそんなことは言えません。そして、これからまだまだカルテの整理をしなくては困惑

眼精疲労で受診された方で、最近話題になるのが、パソコン用メガネ、ブルーライトフィルターです。テレビコマーシャルでもやっていますが、見たことありますか??

光は、その波長が長いか短いかで色が変わるのですが、
紫外線⇒⇒赤外線
左が短く、右が波長の長い光です。
色を変えた部分は可視光線と呼ばれる光で、人間の目で感じる事が出来る光の範囲です。虹の7色ですね。

ブルーライトとは、この藍とか青色の部分、波長380〜495nmの光のことで、目に見える光の中で最も強いエネルギーを持つことが知られています。紫外線もそうですが、眼球の奥の方まで届き、黄斑変性症などの発症リスクをあげる可能性もありうるようです。

近年、パソコンやスマートフォン、ライトや照明などで、LEDと呼ばれる、真っ白・青白い、キレイな光を目にすることが増えましたよね??
パソコン用メガネ、ブルーライトフィルターは、このLEDの光などに含まれる、青白い光を選択的にカットすることで、目に優しい状態を作り出すこと目的に作られました。サングラスでも、ブルーライトをカットすることができますが、サングラスの場合、ブルーライトのみでなく、黄色などの光もさえぎってしまうので、全体としての光の量が低下し、暗く感じてしまいます。ブルーライトフィルターは、全体の光の量をあまり変化させずに、青色光のみをカットします。

当院でも、このパソコン用メガネの処方を行っていますが、実際の使い心地を、まずは自分で確かめようと、僕も作成してみました。

好みに応じて、少しだけ黄色っぽいレンズや茶色っぽいレンズ、オレンジっぽいいレンズ。いろいろな色が用意されています。僕は黄色っぽいのに。

LEDの懐中電灯をあててみると、緑の矢印がメガネを通した光、水色がそのままの光です。

実際にメガネをかけてみると、パソコンの背景の白い画面が少し黄色っぽく見えます。眩しさや、画面のちらつきは、かなり抑えられるようです
パソコン用でなくても、メガネをかけると、目の表面の空気の流れを遮るので、裸眼の状態よりは、目が乾きにくくなります。ドライアイの人にもいいかもしれませんね。

疲れないかどうかというと、どうでしょう??今日は、パソコンに向かう前から、すでに目が痛いのでなんとも言えません。しばらく使ってみて、評価したいと思います。
(僕は-1.25Dという軽い近視なのですが、今回のメガネには+0.5Dという老眼鏡の成分を追加したので、それによる改善効果も混ざってしまうかもしれないので、ブルーフィルター単独での評価はできません。)

ブルーフィルターによって、目の病気が抑えられるとか、黄斑変性症のちりょうになるとか書いてある広告も目にしますが、そういう効果に明確なエビデンスは、僕が調べる限りではありません。
こういうメガネをかけて、本当に病気を予防する効果があるのか分かるのは、多くの人が使うようになって、10年とか20年とか経って初めて分かることです。
眩しさを抑えるのは間違いないと思いますが、病気の治療になる。と言ってしまうのは現時点では根拠がないようです。

今日もお読み頂き、ありがとうございました。
| メガネ | 23:52 | comments(0) | - |
H24年11月の手術実績:茨城県 山王台病院 眼科
今日のお昼は以下の手術を行いました。
・瞳孔形成術 1件(数十年前の術後の補正)
・結膜水泡切除(結膜嚢形成) 1件
・緑内障手術(GSL) 1件
・白内障手術 7件
みなさん無事に終わりました。

今日も血管新生緑内障で緊急入院があったり、増殖網膜症で両眼見えない若い人が来たり・・・。とにかく重症例の紹介が続いています。しばらくブログの更新は難しいかもしれません。
質問のお返事なども遅れるかも知れませんがご了承ください。
(質問は遠慮なく、まずは主治医に聞くことが重要かもしれません。)


11月の治療実績を集計しました。
すごく忙しかったのですが、集計してみると、そんなに??
重症例が多かったのかもしれません。黄斑変性症の治療で注射をする人は、増え続けている印象です。
H24年11月の手術実績
手術合計 135件
内訳

・白内障手術 91件

・網膜硝子体手術 18件(糖尿病・網膜剥離・眼底出血・黄斑円孔など)
・緑内障手術 2件
・眼瞼(まぶた)の手術 8件(眼瞼下垂・さかさまつげ・霰粒腫)
・涙器の手術 7件(NSチューブ・涙嚢切開など)
・結膜の手術 5件(翼状片・結膜縫合)
・その他の手術 4件(斜視・瞳孔形成・角膜形成など)

レーザー手術合計 20眼
内訳
・網膜光凝固 8眼(糖尿病・眼底出血などに対するレーザー)
・YAGレーザー 8眼(後発白内障に対するレーザー)
・SLTレーザー 4件(緑内障に対するレーザー)

*手術数は、分院である小美玉市医療センターとの合計数です。手術数は基本的に保険診療で請求された件数です。両眼同時手術などは2件と計算しています。 白内障の手術時に、逆さまつ毛や眼瞼下垂の手術を追加で行っておりますが、それらはカウントしておりません。

抗VEGF薬 硝子体注射 50件(加齢黄斑変性症などに対する注射です。ルセンティス・マクジェン・アバスチンの合計)

ステロイド薬 テノン嚢注射 16件(糖尿病や網膜静脈閉塞症などでの黄斑浮腫などに対する注射です。トリアムシノロン)


白内障などの緊急性のない手術の待ち時間は、4ヶ月半待ち、4月中旬からの予約となります。(なかなか改善できなくて申し訳ありません。)

白内障手術 硝子体手術 眼科手術専門 山王台病院 附属 眼科内科クリニック
(茨城県 石岡市 小美玉市 かすみがうら市 土浦市 笠間市 行方市 鉾田市 茨城町)
| 治療実績 | 21:41 | comments(4) | - |
このページの先頭へ