+ Profile
+ Categories
+ Q & A
+ Selected Entries
+ Recent Comments
+ Archives
+ Links
+ Others
+ Mobile
裂孔原性網膜剥離─ー蟒册芦
シルバーウィークは久々に数日のお休みを頂きました。
連休前に網膜剥離の手術が立て続けにあり、安静のために入院して頂いていた患者様方も非常に経過良好で、今日の診察では視力1.0の維持を確認できました。明日退院相談です。(満床で外来手術となった市内の患者様は今週末に診察ですが、きっと大丈夫かと)

最近はインターネットを利用する患者様が多くなりました。実は今回紹介になった網膜剥離の方は、前もって紹介先の先生から連絡先をお聞きしたため、みなさん当院に来院する前に僕の網膜剥離のブログを読んでもらうことができました。緊急入院で慌てている時に、ゆっくりと説明する時間はなかなか取れないので、前日の時点で病気の理解が深まるのはとても良いことかと思います。
(多くのケースでは、前日に他の医院様で網膜剥離が診断され、翌日当院に紹介・緊急入院・緊急手術となります。)
当院以外の患者様にとっても、動画での説明は理解に役立つ場合もあるかと思いますので、掲載してみることにしました。


裂孔原性網膜剥離─
手術動画 ← クリック


7月に手術をした60代男性の患者様ですが、本日、術後2ヶ月の定期検診があり、動画掲載の許可を頂けました。ありがとうございます。

7月の初診時の画像です。下半分の網膜剥離です。

残念ながら、写真赤矢印の部位(黄斑)まで網膜剥離が進行していて、メガネをかけても視力が0.3しかありません。受診する2日前までは、中心部はしっかり見えていたとのことです。できるだけ早く復位させる(くっつける)必要があり、緊急入院・翌日手術をさせて頂きました。

本日の画像ですが、きちんと復位(網膜がくっつく)できており経過良好です。今日の矯正視力は幸い0.9まで回復しています。半年などの長期間では1.0に届くかもしれません。ただし、残念ながら、ある程度の歪みや暗さは残ってしまします。本来は網膜剥離は剥離が中心部(黄斑)に及ぶ前に治療を受けることが重要です。

動画の説明を大まかに。
0〜1分:麻酔・止血
1〜6分:白内障手術(50歳以上の多くは同時手術)
6〜8分:硝子体手術の創口作成(27ゲージ)
8〜16分50秒:硝子体の切除
16分50秒〜21分:空気置換
21〜23分:レーザー光凝固(火傷による組織癒着)
23〜24分:閉創など

当院では2014年後半から、網膜剥離を含めて硝子体手術の全てを、27ゲージ(0.4mm)という最小の傷口で手術を行っていますので、術後の痛みも極軽度です。網膜剥離の一般的な手術時間は約30分程度となっています。
| 網膜剥離 | 23:03 | comments(6) | - |
9月16日 予約外の外来は休診になります。
大変申し訳ありませんが、
本日、緊急手術の紹介が多数あったため、
明日、9月16日は
予約外の患者様の診察は休診

とさせて頂きます。
重度の疾患で、緊急性の高いものはお引き受け致しますが、緊急性の低いものは、後日に予約をとって再検査となります。


久しぶりのブログ更新が、こんな内容ですみません。
更新が滞っており、多くの先生方から「体調が悪いのか?」などと、お気遣いのメールを頂きますが至って元気です。元気は元気なのですが、毎日、目の前の臨床・患者さんで手いっぱいという状態です。
ちなみに、宮井先生とあわせてですが、
昨日は、重度の網膜下血腫で緊急手術、その他20件
今日は、18件(ひたちの眼科さんでの網膜剥離の緊急手術含む)
明日は、白内障20件、眼内レンズ縫着2件、脂肪脱1件、緑内障2件、眼瞼下垂2件、硝子体手術7件・・・・計34件?の予定です。
当院は今年から毎週金曜日も手術日となり、そして土曜日も各所で出張手術です。

眼科医としては本当に充実しており、元気いっぱい頑張っています!!
| クリニックのこと | 17:51 | comments(0) | - |
このページの先頭へ